2016年1月 8日 (金)

Lauds and Lamentations - Music of Elliott Carter and Isang Yun by Heinz Holliger, Thomas Zehetmair, Ruth Killius and Thomas Demenga

Lauds_and_lamentations

Lauds and Lamentations - Music of Elliott Carter and Isang Yun
Heinz Holliger, Oboe
Thomas Zehetmair, Violin
Ruth Killius, Viola
Thomas Demenga, Violoncello
2001 / 02 年録音
ECM

==

Track list

CD 1 (46:38)

Elliott Carter (1908 - 2012)

1. Oboe Quartet for oboe, violin, viola, violoncello (2001) 16:38

4 Lauds for violin solo

2. Statement - Remembering Aaron (1999) 03:35
3. Riconoscenza per Goffredo Petrassi (1984) 04:40
4. Rhapsodic Musings (2000) 02:41
5. Fantasy - Remembering Roger (1999) 04:12

6. A 6 letter letter for english horn in F (1996) 04:57

7. Figment for cello alone (1994) 05:35
8. Figment II - Remembering Mr. Ives for cello alone (2001) 03:56

CD 2 (33:49)

Isang Yun (1917 - 1995)

1. Piri for oboe solo (1971) 14:51

Quartet for oboe and string trio (1994)

2. I 05:45
3. II 08:48
4. III 04:17

==

私の評価:星5つ

==

エリオット・カーターの作品も素晴らしいのだが、彼の音楽(たとえば、このアルバムの1曲目)は、その激しさが、マンネリ化していると感じる(エリオット・カーターの新作集であれば、こっちのほうが、面白かったと、私は記憶している)。
ただし、コノアルバム中、「Elliott Carter: 4 Lauds for violin solo」におけるトマス・ツェートマイアーの狂演は素晴らしい(私は、トマス・ツェートマイアーというヴァイオリニストに興味なかったが、このアルバムを聴いて、彼を見直さなければならないと感じた)。
さらに、このアルバムにおける Ruth Killius, Viola (* 20. Juni 1968 in Lahr, Baden-Württemberg), Thomas Demenga, Violoncello (* 12. Juni 1954 in Bern) のサポート、および、ソロは聴き応えがある。

私にとって、このアルバムは、エリオット・カーターより尹伊桑(ユン・イサン)を、そして、衰えを知らぬ巨匠ハインツ・ホリガーよりも、若きトマス・ツェートマイアーらを聴くのが面白かった。
「カーターより尹伊桑(ユン・イサン)が面白かった」と、私は書いたが、しかし、もしかして、尹伊桑(ユン・イサン)の作品に、カーターの影響が聞こえるかも知れん(汗)

ホリガーのヴィルトゥオージティ、巨匠的名演は素晴らしい。だが、ホリガーをサポートする若い演奏者たちの好サポート、および、彼らの、難易度の難しいソロ演奏が在ればこそ、このアルバムは面白い(←それが、このアルバムのコンセプト!)。後者(ツェートマイアーら)の爆演を、私は気に入った。

追伸1)ヴィオラ奏者、Ruth Killius を、ドイツ・ウィキペディアで、調べていて、初めて知ったんですが、ヴィオラ奏者のことを、ドイツ語で、der Bratschist (ブラチスト), die Bratschistin (ブラチスティン), der Bratscher (ブラーチャー) と言うんですね。そして、ヴィオラのことを、ドイツ語で、die Bratsche (ブラーチェ) と言う。

追伸2)このアルバムは、CD2枚組。演奏時間は計約80分。よって、このアルバム全曲を、CD 1枚に詰め込もうと思えば、詰め込むことが不可能ではなかったかも知れない。しかし、ソレを、あえて、CD2枚組にした ECM に、好感が持てる。

追伸3)このアルバム、および、尹伊桑(ユン・イサン)という作曲家を教えて下さった、このブログを訪問される或る読者さんに感謝!

【2016−1−11 蛇足】

蛇足ですが、ホリガーが上手いのは当たり前。
彼のために集った演奏者たちが、まるで、ホリガーが乗り移ったかのように、巧みな演奏をしていると思う。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ