2017年11月21日 (火)

Bohemia Tamsin Waley-Cohen, violin Huw Watkins, piano

Bohemia

Bohemia
Tamsin Waley-Cohen, violin
Huw Watkins, piano
2017年録音


Antonin Dvořák (1841-1904)
Violin Sonata in F Major for Violin and Piano, Op. 57
01 I. Allegro, ma non troppo 11:05
02 II. Poco sostenuto 6:17
03 III. Allegro molto 5:45

Antonin Dvořák
Four Romantic Pieces for Violin and Piano, OP. 75
04 I. Allegro moderato 3:29
05 II. Allegro maestoso 2:36
06 III. Allegro appassionato 2:24
07 IV. Larghetto 5:25

Josef Suk (1874-1935)
Four Pieces for Violin and Piano, Op. 17
08 I. Quasi ballata 5:39
09 II. Appassionato 4:21
10 II. Un poco triste 4:23
11 IV. Burleska 3:29

Leoš Janáček (1854-1928)
Sonata for Violin and Piano
12 I. Con moto 5:31
13 II. Ballada 5:10
14 III. Allegretto 2:39
15 IV. Adagio 5:49

Total timings: 74:06


【収録情報】
● ドヴォルザーク:ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 Op.57
● ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品 Op.75
● スーク:4つのロマンティックな小品 Op.17
● ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ

 タムシン・ウェーリー=コーエン(ヴァイオリン)
 ヒュー・ワトキンス(ピアノ)

 録音時期:2017年3月13-15日
 録音場所:オールドバラ、スネイプ・モルティングス、ブリテン・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)


地味なアルバムだが私の評価は:Stars5


チェコ(ドヴォルザーク、スーク)およびモラヴィア(ヤナーチェク)の作曲家の作品を集めたアルバム。

「民族色溢れるヴァイオリンとピアノのためのレア・レパートリー(HMV.co.jp / 輸入元情報)」とあるが、私は、このアルバムが特別に民族色に溢れているとは思わなかった。

英語版ウィキペディアによるとドヴォルザークのソナタは「所々で、ヨハネス・ブラームスの影響を受けているように見える (and appears in places to be influenced by Johannes Brahms)」と書いてある。確かに第1楽章の複雑なソナタ形式は、ブラームスっぽい。

「チェコの作曲家:ヨセフ・スーク(スク)(1874-1935)」「ヴァイオリニスト:ヨセフ・スーク(1929-2011)」の祖父。

タムシン・ウェーリー=コーエンは、彼女のアルバム:無伴奏ヴァイオリン作品集《SOLI Works for Solo Violin by Bartók, Penderecki, Benjamin, Carter and Kurtág》においてタフな演奏を聴かせた。が、このアルバム《Bohemia》において彼女は適度な技巧(スーク、ヤナーチェク)を聴かせながらも完全にインティメートな演奏を聴かせる。彼女のボーイングは快し、ヴァイオリンの音も快し。
ヤナーチェクではよく歌いその作品の「魅惑」を聴かせる。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャブリエ, エマニュエル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ, アルフレート | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スカルラッティ, ドメニコ | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラデッラ, アレッサンドロ | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ドヴォルザーク | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | ハーシュ, マイケル | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バツェヴィチ, グラジナ | バルトーク | バーバー | バーンスタイン, レナード | パガニーニ | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | ビートルズ | フェルドマン, モートン | フォーレ, ガブリエル | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | ブルッフ, マックス | プロコフィエフ | プーランク, フランシス | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク, アルバン | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペルト, アルヴォ | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | ヴィヴァルディ, アントニオ | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会・時事 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 量子力学 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ