2017年7月 4日 (火)

都議選大敗 安倍首相「深く反省 初心に立ち返る」(2017年7月3日)/私は安倍首相に同情する/私は不祥事等に巻き込まれ辛い思いをしている人を見てそれを面白おかしく思っていたがいまそんな気持ちは失せその人に同情するようになった/私の考えは180度変わった

都議選大敗 安倍首相「深く反省 初心に立ち返る」

東京都議会議員選挙で、自民党が大敗してから安倍総理大臣が初めて記者団の取材に応じ、今回の敗因には、政権の緩みに対する有権者の厳しい批判があったとしたうえで、深く反省し、初心に立ち返って信頼回復に全力を挙げる考えを示しました。(2017年7月3日 9時08分 NHK オンラインより)


私は、不祥事やスキャンダルに巻き込まれ辛い思いをしている人を見て、それを面白おかしく思っていたが、いまはそんな気持ちは失せ、その人に同情するようになった。私の考えは180度変わった。なぜなら、私自身、私の父の介護に追い詰められ非常に苦しんでいるから・・・他人の苦しみが分かるから・・・。

(下に続く)

続きを読む "都議選大敗 安倍首相「深く反省 初心に立ち返る」(2017年7月3日)/私は安倍首相に同情する/私は不祥事等に巻き込まれ辛い思いをしている人を見てそれを面白おかしく思っていたがいまそんな気持ちは失せその人に同情するようになった/私の考えは180度変わった" »

2017年5月 1日 (月)

このブログは、なぜ、最近、クラシック音楽以外の記事が多いのか?

「このブログは、なぜ、最近、クラシック音楽以外の記事が多いのか?」と言う読者の問いに答えます(って、誰もそんなこと言ってないか(汗;;

私のブログは、最近、クラシック音楽以外の話題(特に物理学についての話題)が増えましたが、その訳は、まあ、分かりやすく言って、Apple Music で試聴する音源で気に入らない音源が多くなった。そして、私はそれらを買わなくなった。

すなわち、悪い表現だが触手を伸ばすべき音源が減った。その結果、新たな音盤を買わなくなった。その結果、新規購入音盤に対する感想文を書かなくなった(いまだに、2009年の火災で焼損した音盤を少なからず買い直している・・・)。だから、クラシック音楽についてのエントリーは一時的に減少・・・です。

2017年1月29日 (日)

「自分が思っていることを、何でも口に出して言う」という生き方は日本人には合わない

結論から言えば、自分が思っていることを、何でも口に出して言うという生き方は、孤独以外の何ももたらさない。
私は、2009年12月の自分の家の火事(被災体験)の教訓から「自分が思っていることを、何でも口に出して言う」という生き方を(今日まで)してきましたが、結局・・・友情、絆で結び付いた親しかった人々、ネット上の仲間、すべての人々・・・私は、その人達と口論し、その人達を罵倒し、その人達と絶縁をし、その人達を、失いました。
いま、私は、ひどい孤独感に苦しめられています。その孤独感は、頑固な吐き気と希死念慮を伴います。

「自分が思っていることを、何でも口に出して言う」という生き方は日本人には合わない。

==

昔、ドイツ語会話の本を読んだとき「ドイツ人は自分の思っていることを、何でも口に出して言うので、初めてドイツで生活する日本人は、ドイツ人のその強い言動や態度に当惑させられます」と書いてあった。

==

そして、2009年12月27日に発生した私の家の火災のとき、そしてそれからの日々、私は・・・こう思った:

「くそ! くたばっちまえ! 
「我が人生における最大の屈辱だ! あの時(自分が)思っていたことをはっきり口に出して言っておけば、こんな屈辱を味わうことはなかった!
「こんな屈辱は生まれて初めてだ〜! くそったれめ!
「我が人生における最大の屈辱を味わわされるとは!
「これからの人生において私は、自分の思っていることは、何でも口に出して、はっきり言うことにする。
「なぜなら、こんな屈辱は二度と味わいたくないから!

==

少し具体的に書けば:

Aさん曰く:私に任せておけば大丈夫! ○月○日までに、それを、やり遂げてあげるよ。
私:宜しくお願い致します。

そして、来る(きたる)○月○日が来たとき:

Aさん曰く:私はそんなこと言った覚えないよ。
私:・・・

↑これは、ましな方です。←すなわち「本当に大丈夫ですか?」と、Aさんに、しっかり確認しなかった私が甘かった(←しかし、被災者は、被災者を支援する支援者に「本当に大丈夫ですか?」と聞く立場にありません。←なぜなら、被災者は支援される立場であり、それは弱い立場だからです。←というか、そもそも、被災直後の被災者は『それどころじゃない』)。

==

私の人生における最大の屈辱:「私が2009年12月27日焼けだされた時、私の父が、私の母方の叔父から貸してもらった衣服について」&「その叔父が私を怠慢であると責めたことについて」

私は、私の父と二人暮らしです。男所帯です。火事のときも今も。

さて、

私と私の父は火災の日の夜(近所に住む)私の親戚さん宅=私の母方の叔父さん宅に一泊させてもらった(←それは良かったんですが、しかしその叔父さんに案内された部屋は寒くて私たちは一睡もできなかった)。そして、火災の約20日後に(私がその叔父さんに用があって)私がその叔父さんに電話すると、

その叔父曰く:お前、火事の日から20日以上経つのに、私に、何の連絡もしないとは、けしからん! お前、まだ「家」の取り壊しも終わってないじゃないか! 何、やってるんだ! 用がある時だけ電話するな! 火事の時に貸した服を、クリーニングに出して持って来い!
私:・・・
私の父曰く:服、借りてないよ・・・いや、待てよ・・・いま着ているこの服・・・これのことか? これ、借りたんじゃなくて、貰ったと思っていた。

私は、その叔父に反論せず、その服を洗濯して、その服を、1万円札と一緒に、その叔父に郵送しましたが・・・
私は、後日、彼に、こう言うべきだった(屈辱を晴らすために):「被災者を支援する者(=あなた)がその被災者(=私たち)に衣服などを渡したら、その渡された衣服などはその支援者(=あなた)からその被災者(=私たち)に無償で譲渡された物(無償で与えられた物)と看做されるのがフツーでしょう。そして、もし、その衣服が、大事な物であったなら、あなたは『すまんが、返して欲しい』と言うべきでしょう。あなたは、私たち被災者に対する考え方を全面的に改めるべきです」と。

【参考】

カレンダーを見れば分かるが、火災に遭ってから、まだ、ウィークデイは、13日しか経っていない。だから、燃えた家屋の取り壊しはまだ、日取りも決まってない。それを私の怠慢であると責める人がいる

2016年10月30日 (日)

2016年10月23日、今度は、私の彼女のアパートが、ほぼ全焼しました/私は火事に縁があるようです/共依存症

Fire
(C) ANN

2016年10月23日、今度は、私の彼女のアパートが、半焼(あるいは、ほぼ全焼しました)。

私の彼女は、無事でした。しかし、この火災によって、一人が死亡。

彼女の部屋は、燃えてなかったので、私が彼女宅に預けていたもの、すなわち:

・ゲゲゲの鬼太郎 60’s 全巻 & 70’s 全巻(DVD)
・小津安二郎「秋刀魚の味」など5巻(DVD)
・ジブリ作品・刑事コロンボ・ホームズの冒険・巨人の星をエアチェックした DVD 多数
・1万円の私のウールのガウン
・相対性理論関連の図書など、およそ、数万円分

を、救出してきました(2016−10−30 現在)。←臭い。少し濡れてる(下記)。

それにしても私は火事に縁があるようです。

私のガールフレンドは、火災の翌日(10/24)から現在(11/3)まで、私の家に、寝泊まりしています。

彼女の引っ越し先はまだ決まっておりません。

追伸)

という訳で、私は、当分、落ち着いて、音楽を聴くことが、できません。

・・・

Recovered_20161025_02

・救出された物品を乾かしている(ココをクリックすると大きくなります。ただし、4.8MB JPGファイル)。

(下に続く)

続きを読む "2016年10月23日、今度は、私の彼女のアパートが、ほぼ全焼しました/私は火事に縁があるようです/共依存症" »

2016年7月26日 (火)

近況報告(2016年7月26日)

私の世帯は、私の父(86才)と私(56才)の二人暮らしです。私の父も私も無職です(私は、若年退職しました)。私の父と私の(私の父の持ち家である)『自宅』における同居生活(共同生活)は破綻しています。すなわち、私の父(現在要介護1)の衰えによって彼が引き起こすトラブルによるストレスにより、私は心身ともに押しつぶされています(私は慢性のストレスによる慢性不眠、慢性便秘、そして、失禁に苦しめられています)。

私は、私のガールフレンドのボロアパート(12kmも離れている)に週に平均3〜4日泊ることで、私の父から逃げています。私が『自宅』に泊る日は、週に平均3〜4日です(ちなみに、私のインターネット環境、および、オデオ環境は『自宅』に在ります)。
私のガールフレンドのアパートにはインターネット環境はなく、私はモバイル環境を持ちません。よって、彼女のアパートに泊る日は、インターネットはできません。
彼女のアパートにはオデオ環境ありません。ただし、私は、必要に応じて、CD, DVD, Blu-ray Disc を、彼女のアパートに持っていって、彼女のラジカセや、Blu-ray Player で、それらを視聴します。

以上。

なお、私の「近況報告」は、今後も続けるつもりです。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ