2016年7月26日 (火)

ニコラ・ベネデッティのショスタコーヴィチ&グラズノフ

Benedetti

Shostakovich / Glazunov
Shostakovich Violin Concerto No. 1, Op. 99
Glazunov Violin Concerto, Op. 82
Nicola Benedetti, violin
Bournemouth Symphony Orchestra
Kirill Karabits, conductor
2015年録音
DECCA


【収録情報】

● ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 Op.99
● グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲イ短調 Op.82

 ニコラ・ベネデッティ(ヴァイオリン)
 ボーンマス交響楽団
 キリル・カラビツ(指揮)

 録音時期:2015年4月
 録音場所:ボーンマス、ライトハウス
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)


ショスタコ1番の私の一番のお気に入りは「悪寒と熱」が混じっている庄司紗矢香盤である。ただし、ショスタコ1番のパフォーマンスにおいて、その非献呈者であり初演者であるオイストラフのパフォーマンス(1956年録音)を超えることは、未来永劫できないと私は思っている(←そうではないことを祈っている)。その理由は、そもそも、この作品が、オイストラフの技巧や特長に合わせて書かれた作品であること。そのユダヤ(音楽)性(池辺晋一郎先生がこの作品はユダヤ音楽の影響があると言ってました)。古典的な第3楽章「パッサカリア」。カデンツァのおける「バロック時代の無伴奏ソナタのおもむき」(作曲家別名曲解説ライブラリー ショスタコーヴィチより)など。

ベネデッティは、ジョン・タブナーを美しく弾くことができるヴァイオリニストである。しかし、彼女は、タブナーにおいて歌ってはいない。他方、このアルバムにおいて、ベネデッティは、ショスタコーヴィチを、半ば歌っている。だが、彼女のショスタコが、ユダヤ的なのかどうかは、分からない。このアルバムは、音のディテールが、よく録音されている。←第1楽章で、タムタム(どら)が鳴る音を、私は初めて聴いた(9分00秒あたり。←多分、どらの音だと思う)。その第1楽章のディテールの中で、ベネデッティは、三部形式(弱音器なし、弱音器あり、弱音器なし)を、明示できていないような気がする。

しかし、オケと指揮者とベネデッティの相性は良いようである。彼らは、ショスタコーヴィチにおいて、息が合っているし、彼らの(ある意味)アグレッシヴで激しい解釈は、上記(第1楽章への私の不満)と矛盾するが、悪くない・・・それどころか、なかなか聴き応えがある。
ベネデッティの芸風は、ショスタコーヴィチよりもグラズノフに合っていると思う。彼女は、グラズノフを、よく歌っていると思う。自然体。
とにかく、このアルバムは期待はずれではなかった(もしかしたら、ベネデッティが、これまで発表したアルバム中、ベストではなかろうか)。

2016年6月13日 (月)

ハチャトゥリアン/プロコフィエフ/グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲集(ユリア・フィッシャー/ロシア・ナショナル/クライツベルク)/この人のアルバムは、結局、これが一番良かった・・・という、面白くない結論に至った

Russische_konzerte

Russian Violin Concertos
Julia Fischer, Violin
Russian National Orchestra
Conducted by Yakov Kreizberg

Recorded at DZZ Studio 5, Moscow, May 12th & 13th, 2004
PTC 5186059
Pentatone

Aram Khachaturian (1903-1978)
Violin Concerto in D minor (1940)

Serge Prokofiev (1891 - 1953)
Violin Concerto No. 1 in D, Op. 19 (1916-1917)

Alexander Glazunov (1865-1936)
Violin Concerto in A minor, Op. 82 (1906)

--

私の中では、この人のアルバムは、結局、彼女が、20才の時に録音した、この盤が一番良かった・・・という、面白くない結論に至ってしまった。

--

【Apple Music】 検索キーワード:Julia Fischer

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | アイヴズ, チャールズ | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドニゼッティ | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ, ディートリヒ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | レスピーギ | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 音楽

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ