2018年2月15日 (木)

Elgar, Bruch: Violin Concertos / Rachel Barton Pine / BBC Symphony Orchestra & Andrew Litton

このエントリーは http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/c-apple-music-1.html の続きです。

==

Pine

Elgar, Bruch: Violin Concertos
Rachel Barton Pine
BBC Symphony Orchestra
Andrew Litton, conductor
Violin: Guarneri 'del Gesù', Cremona, 1742, the 'ex-Bazzini, ex-Soldat'
2017年セッション録音

・エルガー:ヴァイオリン協奏曲について
第1楽章のアインガングにおいて、レイチェル・バートン・パインは、いきなり真打登場のような貫禄を聴かせる。

「音楽の演奏は肉体労働だ(!)」とのたまう御仁がいらっしゃいますが(←私もまさにその通りだと思う)、バートン・パインは十分な体力を持っている演奏家だと私は思う。なぜなら、彼女の貫禄ある表現、技巧が、この長大な作品において最後まで「持続」されているからである(演奏時間:51分9秒)。尤もこれはセッション録音ではあるが・・・。

だだし、彼女の濃厚な演奏に「自信過剰」「押し付けがましさ」を感じるリスナーがあるかも知れない。

バートン・パインは、バッハの《無伴奏》において「欲」のない演奏を聴かせた。だが、このアルバムにおいて彼女は力(りき)んだか? あるいは色気(野心)が出たか?

以上、バートン・パインの弾く《エルガー:ヴァイオリン協奏曲》を「如何に受け入れるか」は、完全にリスナーの嗜好に依存すると私は思う(←私は彼女のエルガーを、その濃厚さ、聴き応えにおいて気に入ったのだが)。

・ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲について
このブルッフにおけるグァルネリの音に、私は、豊かさ、あるいは雄弁を聴く。

2018年2月 8日 (木)

(C) Apple Music にて試聴/エルガー:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 レイチェル・バートン・パイン、アンドルー・リットン&BBC交響楽団/エルガー:ヴァイオリン協奏曲、ヴォーン・ウィリアムズ:あげひばり ハーン、デイヴィス&ロンドン響

このエントリーは http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/elgar-bruch-vio.html に続きます。

==

Barton_pine

Barton_pine_2

同商品「iTunes スタッフメモ」の拡大画像

(C) Apple Music 検索キーワード:Barton Pine

私の好きなレイチェル・バートン・パイン(Rachel Barton Pine)の新作。
エルガーのヴァイオリン・コンチェルトは、51分もあるよ。
これは買おうかな。

【収録情報】
● エルガー:ヴァイオリン協奏曲ロ短調 Op.61
● ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26

 レイチェル・バートン・パイン(ヴァイオリン)
 BBC交響楽団
 アンドルー・リットン(指揮)

 録音時期:2017年1月9-11日
 録音場所:ロンドン、BBCメディア・ヴェール・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp へのリンク)






Hahn
(C) Apple Music 検索キーワード:Elgar Hahn

そういえば、エルガーのヴァイオリン協奏曲はヒラリー・ハーン盤もあったな。
私はそれを自宅全焼火災で失った。
ついでに、それも再取得しよう。

【収録情報】
■エルガー:ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 作品61 [49:25]
I. Allegro [17:54]
II. Andante [12:09]
III. Allegro molto [19:22]
■ヴォーン・ウィリアムズ:あげひばり [16:11]

ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)
サー・コリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団

録音:2003年10月、12月 ロンドン〈デジタル録音〉

(HMV.co.jp より)

2017年11月27日 (月)

(C) Apple Music にて試聴/エルガー:エニグマ変奏曲(ピアノ版)、レイトン:エレジー、ボウエン:フルート・ソナタ、他 エルペス・ワイリー、ヘッティ・プライス、オーヴァーバリー、他

Wyllie
(C) Apple Music 検索キーワード:Elspeth Wyllie

この人は、バストが大きいことに驚かされてしまったが、演奏の方は、いまいちスリルがないような気がする。←盛り上がりを聴かせる曲は粗いし・・・買わない。


【収録情報】
● エルガー:エニグマ変奏曲(作曲家自身によるピアノ独奏版)
● レイトン:チェロとピアノのためのエレジー
● ボウエン:フルート・ソナタ Op.120
● サックマン:フォリオ I
● ラッブラ:ウィリアム・アラバスターによる2つのソネット Op.87

 エルペス・ワイリー(ピアノ)
 クレール・オーヴァーバリー(フルート)
 ヘッティ・プライス(チェロ)
 キャサリン・バックハウス(メゾ・ソプラノ)
 アレクサ・ビーティー(ヴィオラ)

 録音時期:2016年7月26-28日
 録音場所:イギリス、サウサンプトン、Turner Sims Concert Hall
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション

(HMV.co.jp より)

2016年4月 8日 (金)

1917: Works for Violin and Piano Debussy, Respighi, Sibelius, Elgar Tamsin Waley-Cohen, violin Huw Watkins, piano

Waleycohen

1917: Works for Violin and Piano
Debussy, Respighi, Sibelius, Elgar
Tamsin Waley-Cohen, violin
Huw Watkins, piano
2013年録音

www.signumrecords.com ←クリックすると「Signum Records」のオフィシャルホームページに飛びます。

--

【収録情報】
・ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ ト長調 L.140
・レスピーギ:ヴァイオリン・ソナタ ロ短調 P.110
・シベリウス:5つの小品 Op.81
・エルガー:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 Op.82

 タムシン・ウェーリー=コーエン(ヴァイオリン)
 ヒュー・ワトキンス(ピアノ)

 録音時期:2013年11月25-27日
 録音場所:イギリス、ブリストル、ブランドン・ヒル、セント・ジョージ教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

--

1917年前後に書かれた作品集。

私は、多くのヴァイオリニストの演奏を、CD, SACD で聴いたが、「演奏者による解釈や表現」ではなく「演奏者が弾くヴァイオリンの音そのもの」に酔わされた記憶は、あまりない。SOLI Works for Solo Violin by Bartók, Penderecki, Benjamin, Carter and Kurtág Tamsin Waley-Cohenで、書いた通り、タムシン・ウェーリー=コーエンが弾く、1721年製のストラディヴァリウス「ex-Fenyves」は美しい。
私は、ストラディヴァリウスという楽器を生演奏で聴いたことない(アンネ=ゾフィー・ムターのストラディヴァリを聴くために、彼女の演奏会に行こうとしたら、東日本大震災のために中止になった・・・ちなみに、私は、アルゲリッチが弾くスタインウェイを聴いたことあるが、演奏は超名演だったが、「音」は大したことなかったと記憶している)。

この2枚組(トータル85分11秒)には、「私が嫌いな作曲家、あるいは、どうでもいい作曲家たち」の作品が収められてある:すなわち、ドビュッシー、レスピーギ、シベリウス、エルガー。したがって、それらの作曲家の作品に対するコーエンの解釈のうまさを、客観的にも主観的にも、私は、レビューできない・・・が、しつこいが、いま、コーエンが弾く1721年製のストラディヴァリウス「ex-Fenyves」を聴きながら、この文章を書いていると、私は、彼女の指使い(fingering)とボーイング(bowing)に酔わされる。
そして、ヒュー・ワトキンス(ピアノ)は、うまいと思う。

【Apple Music】 検索キーワード:Tamsin Waley-Cohen

【注意】 この商品は、アマゾンJPで、価格が高くなったり安くなったりしている(2千5百円台〜3千円台)ので、安い時に買いましょう!

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャブリエ, エマニュエル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ, アルフレート | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スカルラッティ, ドメニコ | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラデッラ, アレッサンドロ | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ドヴォルザーク | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | ハーシュ, マイケル | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バツェヴィチ, グラジナ | バルトーク | バーバー | バーンスタイン, レナード | パガニーニ | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | ビートルズ | フェルドマン, モートン | フォーレ, ガブリエル | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | ブルッフ, マックス | プロコフィエフ | プーランク, フランシス | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク, アルバン | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペルト, アルヴォ | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | ヴィヴァルディ, アントニオ | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会・時事 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 量子力学 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ