2014年3月31日 (月)

新垣隆作曲 交響曲第1番《HIROSHIMA》

Hiroshima

新垣隆作曲 交響曲第1番《HIROSHIMA》

【収録情報】

新垣隆作曲
交響曲第1番《HIROSHIMA》[81:34]

1. 第1楽章 [19:58]
2. 第2楽章 [34:33]
3. 第3楽章 [26:53]

東京交響楽団
指揮 大友直人

録音:2011年4月11-12日 パルテノン多摩(大ホール)

--

【譜例】

Hiroshima_1
譜例1 第1楽章 第1主題「ペザンテ(重厚に)」トラック1の2分57秒(midi。midi をクリックすると音が出ます)

Hiroshima_2
譜例2 第1楽章「アレグロ・コン・ブリオ(生き生きと)」7分23秒(midi

Hiroshima_3
譜例3 第1楽章 第2主題 クラリネットとファゴットに「コラール」と題された「レリジョーソ」10分27秒(midi

Hiroshima_4
譜例4 第1楽章「アンダンテ・グラーヴェ(おごそかに)」12分58秒(midi

Hiroshima_5
譜例5 第2楽章(midi

Hiroshima_6
譜例6 第2楽章「アンダンテ・センプリーチェ(素朴なアンダンテ)トラック2の3分15秒(midi

Hiroshima_7
譜例7 第2楽章「パティメント(苦悩)」10分27秒(midi

Hiroshima_8
譜例8 第2楽章「アレグロ・フェローチェ(凶暴なアレグロ)12分53秒(midi

Hiroshima_9
譜例9 第2楽章 27分13秒(midi

以上の譜例は、交響曲第1番《HIROSHIMA》リーフレットより

--

新垣隆作曲 交響曲第1番《HIROSHIMA》は下記のとおり、「広島」とは何の関係もない。したがって、それを前提に、私はこの作品の感想文を書く。

「交響曲第1番《HIROSHIMA》」は、最初「現代典礼」というタイトルで作曲者(新垣隆)が書いたものを、数年後に佐村河内が「HIROSHIMA」と名づけた。(ウィキペディアより)

結論から言えば、新垣隆作曲 交響曲第1番《HIROSHIMA》は魅力ない作品だと思う。何度も聞いていると、吐き気がしてくる。

・第1楽章
このアルバムは、大音量で聴くと、オケも指揮も熱演しているので迫力ある・・・音もいい(セッション録音)。

序奏は「嬰ヘ」のオスティナートで重々しく開始される。序奏における低い弦の持続音は、R.シュトラウスの《ツァラトストラ》を思わせるかも知れない。それは、リスナーに期待を抱かせる。第1楽章の序奏は悪くない。
オケのクラスターっぽい音で序奏が終わり、第1主題へ。

この交響曲の欠陥は「耳に残る音型、動機、主題、旋律がないこと」と言っていいと思う。それを示すために私は上に譜例を示した。しかし、読者の皆さんの中には、上記の「音」が、「面白そう」に聞こえる人があるかも知れない(midi をクリックすると音が出ます)。そして、それらの音型、動機、主題、旋律から、素晴らしい交響曲を「連想」するかも知れない。また、このアルバムをすでに持っている皆さんは、この交響曲において、上記の譜例の音たちが、巧みに展開されていることに好感を持つかも知れない。この交響曲の特徴は、多数の、シンプルなモチーフたちがそつがなくまとめられていることであり、リスナーはそのことに好感を持つかも知れない(新垣氏の対位法に対して・・・)。だが、その好感は、あなたがこの作品を聴けば聴くほど「吐き気」へと変わっていくだろう。

この交響曲に限って言えば、新垣氏はメロディーメイカーとしての素質、資質に欠けると思う。

勿論、世の中にはメロディアスな交響曲もあれば(例えばマーラーで言えば歌曲・歌謡に基づく交響曲や第5番のアダージェット)、メロディアスでない交響曲もある(マーラー6、7番は比較的メロディアスじゃないと思う)。しかし、世に残る交響曲は必ず、私たちの耳に「像」を残す・・・それは例えば、世に残る「名画」が、私たちの目に焼き付くように、である。しかし、新垣隆作曲「交響曲第1番」には、そのような「像」がない。

新垣氏の交響曲第1番において、私の主観では、上記の譜例4は、ストラヴィンスキーの「火の鳥」を思わせる。しかし、この交響曲において、「譜例4」は「面白い旋律や新しいサウンド」に発展しない。さらに・・・例えば、R.シュトラウスの場合・・・彼のジャンルは交響曲ではなく主に交響詩だが・・・R.シュトラウスの交響詩の像は、耳に残ると同時に、詩的・物語的・文学的意味を持つ。

新垣氏の交響曲第1番は標題やライトモチーフを持たない。したがって、詩的・物語的・文学的意味や素材を持たない。彼は、詩的なものやストーリーを排し、音楽の構造や論理だけで勝負している(言葉は適切でないが「絶対音楽」の構造や論理)。ところが、彼の交響曲第1番は、論理的に稚拙である。

21世紀の交響曲というのはどうあるべきか?
特に長大な交響曲を書くのは、今日、難しいのか?

「長大な交響曲を書くためには、3つの主題を持つ(第1〜3主題を持つ)ソナタ形式を用いてもいいんじゃないか」

と、私が言えば、あなたは、

「それは古い」

と、言うだろう。しかし、それなら、私は、あなたに、

「3つの主題を持つソナタ形式に取って代わる形式と美が欲しい」

と、言うだろう。

今日の交響曲の像と理論と形式と美と・・・それらについて、考える時、新垣氏の交響曲第1番は役に立たない。私は「アイヴズの交響曲のほうが良い。聴きたい!」と、この交響曲を聴きながら思った。

ただし、私は、池辺晋一郎の交響曲やその他の日本の作曲家の交響曲を聴いたことないので、私の考えと主張は、的を外しているかも知れない。

第1楽章、再現部前の15分50秒あたりにてオケがクラスターっぽい音を出す。そのあと、盛り上がる。そこは悪くない。17分10秒あたりで、再現部に行く。再現部は悪くない。
「再現部前〜再現部〜第1楽章の終わり」は、悪くない。最後は、持続音「ハ音」で閉められる(詳しくは下記リーフレットをご参照ください)。

・第2楽章
第2楽章は演奏時間34分もある長大な楽章。ホルンの短い導入のあと、譜例5が奏される。それは、ショスタコーヴィチ第7交響曲の第2楽章を思わせる(それもまたリスナーに期待を抱かせるのだが・・・)。
この交響曲は、第1楽章が、第2、3楽章の「序」ではないかと思われるぐらい、第1楽章において、ほとんどの素材が提示され、それが他の楽章にて再現される。
この長い第2楽章は、音楽、または、楽想が《だらだらして、弛緩して、リスナーを退屈させそうになると、「どこかで聞いたことあるような親しみやすい楽想」が始まり、ある種のノスタルジー(ワーグナーや19世紀末から20世紀の交響曲)に「逃げている」》ような気がする。または、《現代の作曲家ペンデレツキの「調性音楽」と「強烈で効果的響き」が借用され挿入される》。そうして、新垣氏は、自らの不完全、稚拙、未熟、非論理性を包み隠そうとしている。新垣氏の努力は虚しい。この長大な楽章に、ブルックナー第8番の第3楽章の美しさは見当たらない・・・というか・・・そもそも新垣氏のこの交響曲とブルックナーの8番を比べることに意味がない。
第2楽章において、23分00秒に出てくるコラール(譜例8)のあとは、なくても良い(削除しても良い)。
ついでに言えば、この交響曲には、「レリジョーソ」(譜例3)、そして、その他にも、宗教音楽のケーデンス(宗教曲の終止形。例えば、モンテヴェルディ、グレゴリオ聖歌の和声を思わせる)がある。一方、この交響曲は「調性のあやふやさ(ある種の無調性)」を持つ。しかし、両者は、「両立していない」と思える。つまり、新垣氏が、両者を用いたのは不自然に思える。上記の宗教的和声は「神聖にして犯すべからざるもの」を「顕示」しているだけに聞こえる。

・第3楽章
「欽ちゃんのどこまでやるの!?」を好きな人でも、このどんちゃん騒ぎは好きになれないだろう。
冒頭は激しく始まる。いまさら、そんなことしても無駄。
言うのが遅れたが、この交響曲の第1、2楽章は地味だ。第3楽章だけ派手に盛り上げても、つながらない(私の主観では、この交響曲には3つの楽章に起承転結がない。悪い意味で恣意的。不自然。不必然)。
そして、またも繰り返しばっかり・・・それは過去における巨匠たちの交響曲の「屍」に聞こえる。
環境にやさしいリサイクルの楽章。すなわち、この楽章もまた、使い回しの手法で書かれている。最終楽章で、かくも無意味に、前の楽章の旋律や主題を繰り返す作品を、私は初めて聴いた。
12分25秒あたりで、センチメンタルな、親しみやすい旋律が鳴るが、それもノスタルジーにしか聞こえない。

第3楽章の冒頭の「ターン・ターン・タタタ」はベートーヴェンの運命の動機を逆にしたもの?
1分58秒のトランペットは、最後の審判のラッパか?
「ターン・タタタ」と「最後の審判」は、適切というより、私には、やっぱり「わざとらしい」。

【まとめ】

この作品は、桐朋学園出身の新垣氏が卒業制作に作った交響曲を転用したか、書き直したのではなかろうか。
それは、新しくもなければ、昔の巨匠たちへのオマージュでもない・・・それは新垣氏の習作をリサイクルしたものだ。

【2014−3−31 追加】

大事なこと書き忘れてました。
この交響曲には、ブルックナーやマーラーなどの巨匠たちが書いた長大な交響曲が持つエクスタシーがない。

【参考】

Samuragochi_hiroshima_0_3

「佐村河内守:交響曲第1番《HIROSHIMA》」のリーフレットより(著作権者:長木誠司、2011 NIPPON COLUMBIA CO., LTD. )

続きを読む "新垣隆作曲 交響曲第1番《HIROSHIMA》" »

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 音楽

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ