2015年12月26日 (土)

Valentina Tóth plays Zoltán Kodály and Béla Bartók

Toth

Zoltán Kodály
Béla Bartók
Hungarian Horizon
Valentina Tóth, piano
Label: Challenge Classics ‎- CC72522
Recording dates: July 2012 & January 2013
Released: 22 Mar 2013

==

Tracklist

Béla Bartók (1881 - 1945)
14 Bagatelles (Tizennégy Bagatell Zongorára), Sz.38 Op. 6 (1908)

1 Molto Sostenuto 1:28
2 Allegro Giocoso 0:51
3 Andante 0:47
4 Grave 1:36
5 Vivo 1:09
6 Lento 1:26
7 Allegretto Molto Capriccioso 2:11
8 Andante Sostenuto 1:50
9 Allegretto Grazioso 1:51
10 Allegro 2:30
11 Allegretto Molto Rubato 1:45
12 Rubato 3:48
13 'Elle est morte': Lento Funebre 2:09
14 Valse 'Ma mie qui danse': Presto 2:11

Zoltán Kodály (1882 - 1967)
Seven Piano Pieces (Hét zongoradarab) Op. 11 (1910 -18)

15 Lento 1:36
16 Székely Lament (Székely keserves): Rubato, Parlando 2:01
17 'Il pleure dans mon cœur comme il pleut sur la ville' (Paul Verlaine): Allegretto Malinconico 1:21
18 Epitaph (Sírfelirat): Rubato 6:21
19 Tranquillo 1:57
20 Székely Tune (Székely Nóta): Poco Rubato 3:34
21 Rubato 6:20

22 Dances of Marosszék (Marosszéki Táncok) (1927) 12:12

Béla Bartók
3 Hungarian Folksongs From Csík (Három csíkmegyei népdal), Sz.35a (1907)

23 Rubato 1:29
24 L'istesso Tempo 1:00
25 Poco Vivo 1:02

total time 64:40

--

【収録曲】

バルトーク・ベーラ:
14のバガテル Sz.38 op.6(1908)

コダーイ・ゾルターン:
7つの小品 作品11(1917年 - 1918年)
マロシュセーク舞曲(1927年 ピアノ版)

バルトーク・ベーラ:
シク地方の3つの民謡 Sz.35a (1907年)

 ヴァレンティーナ・トース(ピアノ)
 2012 / 13 年録音
 Challenge Classics

・収録曲は、比較的知られていない作品からなる(←私が知らないだけかも知れない)

--

【私の評価】

私はこのアルバムを気に入ったが、内容が地味なので《商品として》評価は星4つ。

【前置き】

私は、バルトークとコダーイが苦手! バルトークは好きだが、彼の「弦楽四重奏曲」「Vn 協奏曲 No.2」以外は、あまり聞かない。コダーイは全然知らない。したがって、私(=バルトーク苦手=コダーイ知らない人間)は、このアルバムを、もうちょっと聴き込んで、レビューを書くべきだったかも知れない。しかし、聴き込んでも、私は、それらの音楽を理論的に説明できないだろう。

【本文】

このピアニスト(Valentina Tóth)のラストネームの読みがわからない。

ハンガリー、ブダペスト出身のフィギアスケーターに「トース・イヴェット(Tóth Ivett)」という人がいる。その人と同じラストネームだとすれば、このピアニストの名は「ヴァレンティーナ・トース」じゃないかと思う。

彼女のオフィシャルホームページには「Valentina Tóth (1994, Leeuwarden)」とある。1994 年生まれ、レーワルデン オランダ出身! ということは、彼女は、このアルバム録音当時18〜19才だった(?)。彼女は、その若さが発する、ストレートな技巧で、各作品の個性を保ちながらも、ちゃんと、自信・確信をもって《自己主張》しているのではないか・・・と、思われるが・・・どうだろうか。

ただし、私は、バルトークとコダーイ苦手なので、このアルバムの全曲における音楽の流れ・コンセプトの充実・統一感・統一性については、それらがうまく行っているのかどうか分からない。『彼女の音楽は、民族性が生きていない』と、思もわれるリスナーさんもいらっしゃるかも知れない。←しかし、その点において、『彼女の解釈・演奏に不満はない』・・・と、私は、自分勝手に思い込んでいる。

さて、

ラストネームからして、彼女は、ハンガリー系ということか。リーフレットには、

「And take that coming home quite literally, because Valentina is three-eighths Hungarian and five-eighths Dutch; she grew up in a house opposite the church in a village in Fiesland (Oudkerk, or Aldtsjerk in Frisian)(ハンガリー人の血が8分の3、オランダ人の血が8分の5。彼女は、フリースラント州にて育った)」

とある。フリースラント州は、オランダ北部の州。州都はレーワルデン。

しつこいが、上にも書いた通り、私は、バルトークとコダーイが苦手なので、彼女の演奏が、十分に民族的であり、十分にピアノ音楽的であるかどうかは分からない。しかし、このアルバムは、リスナーをバルトークとコダーイの音楽に浸らせてくれるかも知れない・・・もっと言えば、このアルバムは、『バルトーク&コダーイの音楽は、取っ付き難い』と思っていらっしゃるリスナーさん・・・そういうリスナーさんに向いているかも知れない。←このアルバムは、バルトーク&コダーイの音楽を取っ付き易くするかも知れない(←たとえば、このアルバムにおいて、バルトークの「14のバガテル」と、コダーイの「7つの小品」は、組曲的ではない。よって、取っ付き難いかも知れないが・・・実際はそうではない)。←少なくとも私は、この Valentina Tóth の音楽に浸ってしまった。
←さらに言えば、リスナーをして、上記2人の作曲家を、もっと知りたいと思わせるかも知れない・・・このアルバムはそのきっかけを与えるかも知れない。←過大評価か?
←私は、バルトーキアンであられる某クラシック音楽愛好者さんから、ヤーノシュ・カールパーティ著「バルトークの室内楽曲」を、読むように進められたが、私は、それを、ほとんど読んでない(汗)・・・このアルバム購入をきっかけに、それを読むかも知れない(又は、読まないかも知れない)。

要するに、このアルバムは、あなたを、バルトークとコダーイの音楽に、のめり込ませるかも知れない・・・と書いたら、それも、このアルバムに対する過大評価か?

【追加】

それにしても、コダーイの音楽は、東洋的、あるいは、日本的(?)。私は、このアルバムの中で、コダーイの「7つの小品 作品11」が、一番気に入った。←取っ付き易く、(ピアノ奏法が効果的で)美しいと思う。
勿論、その他の作品も悪くないと思う。

--

【Apple Music へのリンク】

・検索キーワード:Bartok Valentina Toth

Valentina
(C) Apple Music

--

【2015−12−27 追加】

このアルバムを、繰り返し聴いてみたが、やはり、ヴァレンティーナ・トースの若さは否めない。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ