2018年5月22日 (火)

(C) Apple Music バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番、第1番/クリスティアン・テツラフ、ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送交響楽団、および、コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲、ニールセン:ヴァイオリン協奏曲/イ・ジユン、クリスティーナ・ポスカ&オーデンセ交響楽団

Bartok_tetzlaff
(C) Apple Music 検索キーワード:Bartok Tetzlaff

クリスティアン・テツラフは、1966年4月29日生まれ(52歳/2018年5月22日現在)。
彼は、有名なヴァイオリニストであるし、中堅というよりベテランに近いかも・・・。
実は、私は、このヴァイオリニストを知らない。
このアルバムにおいて、テツラフは、手堅い演奏をしていると思うが・・・私の主観では、彼のバルトークに特に魅力はないと思った・・・というか、私の好みに合わない。買わない。


【収録情報】
バルトーク:
● ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz.112
● ヴァイオリン協奏曲第1番 Sz.36

 クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)
 フィンランド放送交響楽団
 ハンヌ・リントゥ(指揮)

 録音時期:2017年10月18,19日
 録音場所:ヘルシンキ・ミュージック・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)





Jiyoon_lee
(C) Apple Music 検索キーワード:Jiyoon Lee

この人は多分上手いのだろう。ところが、コルンゴルトもニールセンも私が苦手な作曲家なので、今回は、チェックだけして買わないことにする。


【収録情報】
● コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
● ニールセン:ヴァイオリン協奏曲

 イ・ジユン(ヴァイオリン)
 オーデンセ交響楽団
 クリスティーナ・ポスカ(指揮)

 録音時期:2017年6月26-28日
 録音場所:デンマーク、オーデンセ、カール・ニールセン・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

2015年11月27日 (金)

バイバ・スクリデのシベリウス&ニールセン:ヴァイオリン協奏曲ほか

Skride

Nielsen, Sibelius: Violin Concertos, 2 Serenades Op.69
Baiba Skride, violin
Tampere Philharmonic Orchestra
Santtu-Matias Rouvali, conductor
2015年録音
ORFEO

--

Disc1
● シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47
● シベリウス:2つのセレナード Op.69

Disc2
● ニールセン:ヴァイオリン協奏曲 Op.33

 バイバ・スクリデ(ヴァイオリン)
 タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団
 サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(指揮)

 録音時期:2015年1月7-9日
 録音場所:フィンランド、タンペレ・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

--

私は、シベリウス、ニールセンは、よく知らないので、下記のレビューは信用しないでください。

私の評価:星1つ

スクリデ、前作のシマノフスキーは良かった。私は、シマノフスキーも、よく知らない。しかし、スクリデが奏するシマノフスキーは良かった。それに対して、このシベリウス&ニールセンにおいて、スクリデが何を言いたいのか分からない(すなわち、スクリデは、シマノフスキーの良さを私に教えてくれたが、彼女は、シベリウス、ニールセンの良さを教えてくれなかった)。

当初、このアルバムの良さが分からなかったので、私は、このアルバムのカスターマーレビューを、書かないことにしようと思っていた。しかし、同アルバムに対する英国アマゾンのカスタマーレビューにて、同アルバムは、悪くない評価を得ているので、私は、この商品を改めて聴き、そのレビューを書く気になった。私は、このアルバムを、改めて、10回ぐらい聴いた。

シベリウス&ニールセンのVn協奏曲は、形式的に変な曲だ。そして、スクリデは、それらの形式を消化していないような気がする。彼女のシベリウス:Vn協奏曲 第2楽章は、よく歌われている。が、彼女が、シベリウスのVn協奏曲の全曲を通して(技巧に走らずに)芯のある濃密な音を楽器に発音をさせているのか、それとも単にヴァイオリンを強音でブイブイ言わせているだけなのか(←ただし、静かな楽想を除く)・・・私は後者だと思う(←この意見に反対の方は、このレビューは参考にならなかったに投票して下さい)・・・少なくとも、スクリデのシベリウス&ニールセンは、前作シマノフスキーに比べて、つかみどころがなく、退屈する。

私の「好み」は、録音当時、弱冠22才だったヴィルデ・フラングのシベリウス(彼女のデビュー盤)である。フラングのシベリウスは、若々しいだけでなく、新鮮で斬新。聴きやすい。←彼女のシベリウス、プロコフィエフは「技巧」も十分。

・最後に

このアルバムの枚数は1枚かと思っていたが、2枚組だった。しかもお値段は、1,690 円だった。←アマゾンJPにて。お買い得。

--

【参考】

Frang

Sibelius: Violin Concerto
Three Humoresques
Prokofiev: Violin Concerto No. 1
Vilde Frang
WDR Sinfonieorchester Köln
Conductor: Thomas Søndergård

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャブリエ, エマニュエル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ, アルフレート | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スカルラッティ, ドメニコ | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ドヴォルザーク | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バツェヴィチ, グラジナ | バルトーク | バーバー | パガニーニ | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フォーレ, ガブリエル | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | ブルッフ, マックス | プロコフィエフ | プーランク, フランシス | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク, アルバン | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペルト, アルヴォ | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | ヴィヴァルディ, アントニオ | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会・時事 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 量子力学 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ