2016年6月13日 (月)

ヴァネッサ・ベネリ・モーゼル plays スクリャービン:「24の前奏曲 作品11」「3つの小品 作品2」「練習曲 嬰ニ短調 作品8の12」 シュトックハウゼン:「クラヴィーア曲 XII 『試験』(歌劇『光の木曜日』より)」

Mosell

SCRIABIN | STOCKHAUSEN
LIGHT
Vanessa Benelli Mosell, piano

Producer: Vanessa Benelli Mosell
Recording: November 2015, Prato
Piano: Steinway & Sons, model D
DECCA

ALEXANDER SCRIABIN (1872 - 1915)
24 PRELUDES OP. 11
01 No. 1 in C major - Vivace 1.03
02 No. 2 in A minor - Allegretto 2.09
03 No. 3 in G major - Vivo 0.56
04 No. 4 in E minor - Lento 2.02
05 No. 5 in D major - Andante cantabile 1.44
06 No. 6 in B minor - Allegro 0.45
07 No. 7 in A major - Allegro assai 1.01
08 No. 8 in F-sharp minor - Allegro agitato 1.19
09 No. 9 in E major - Andantino 1.49
10 No. 10 in C-sharp minor - Andante 1.50
11 No. 11 in B major - Allegro assai 1.17
12 No. 12 in G-sharp minor - Andante 1.50
13 No. 13 in G-flat major - Lento 1.33
14 No. 14 in E-flat minor - Presto 0.57
15 No. 15 in D-flat major - Lento 1.58
16 No. 16 in B-flat minor - Misterioso 2.37
17 No. 17 in A-flat major - Allegretto 0.37
18 No. 18 in F minor - Allegro agitato 0.47
19 No. 19 in E-flat major - Affettuoso 1.32
20 No. 20 in C minor - Appassionato 1.07
21 No. 21 in B-flat major - Andante 1.59
22 No. 22 in G minor - Lento 1.10
23 No. 23 in F major - Vivo 0.40
24 No. 24 in D minor - Presto 0.49

3 PIECES OP. 2
25 Etude: Andante 3.16
26 Prelude 0.54
27 Impromptu à la mazur 1.32

ETUDES OP. 8
28 No. 12: Patetico 2.18

KARLHEINZ STOCKHAUSEN (1928 - 2007)
KLAVIERSTÜCK XII: EXAMINATION FROM “THURSDAY FROM LIGHT”
29 1. Examen 7.55
30 2. Examen 2.58
31 3. Examen 10.37

・・・

【収録情報】
● スクリャービン:24の前奏曲 Op.11
● スクリャービン:3つの小品 Op.2
● スクリャービン:練習曲 嬰ニ短調 Op.8-12
● シュトックハウゼン:クラヴィーア曲 XII『試験』(歌劇『光の木曜日』より)

ヴァネッサ・ベネリ・モーゼル(ピアノ)
録音方式:ステレオ(デジタル)

(HMV.co.jp より)

・・・・・・・・・・

【前置き】
私は、もともと、ヴァネッサ・ベネリ・モーゼルのデビュー以来、彼女の技巧や(良い意味での)器用さに、期待していなかった。彼女の《健康的な》パフォーマンスを、私は、気に入っていた。

・・・・・・・・・・

・ヴァネッサ・ベネリ・モーゼルのスクリャービンについて
「スクリャービン:24の前奏曲 Op.11」は、1888年〜1896年(スクリャービン、16才から24才頃)に書かれた作品。当然のことながら、ショパンの「24の前奏曲」に比べると、聴き応えない。

アルゲリッチも小林愛実も腕が太い。ヴァネッサ・ベネリ・モーゼルの腕は、細くはないが、例えば、ヴァレンティナ・リシッツァに比べれば細い。また、リシッツァに比べれば、ヴァネッサ・ベネリの手は大きくない。そのような体形・筋力の人が、スクリャービンを弾く時、その人には、ホロヴィッツのような豪快、かつ、繊細な「スクリャービン」を演奏するのはきついだろう(繊細な音を出すにも筋力は要ると思う)。そして、ヴァネッサは、それを補う裏技を、おそらく持っていない。つまり、辛口の評価だが、彼女には、スクリャービンの詩情を《豊かに流す》表現力が、おそらく、ないのだ(私は、スクリャービンという作曲家は、よく知らないが、ヴァネッサの弾くスクリャービンは、悪く言えば、焦点が合ってないような気がする。彼女は、スクリャービンなど、ロシアの巨匠たちの作品を弾くために、感覚と体力を鍛えねばならないだろう。彼女のスクリャービンは物足りない)。

・シュトックハウゼンについて
全曲演奏にはワーグナーの「ニーベルングの指輪」の倍、約28時間かかる長大な筋書きのないオペラ:「光(ドイツ語: Licht)」の「光の木曜日」から引用されたピアノ独奏ヴァージョン(ウィキペディア参照のこと)

これは、水を得た魚。彼女は、シュトックハウゼンを難無く弾いている。彼女は、シュトックハウゼンを弾くのに十分な腕力を持つ(シュトックハウゼンのこの作品もまた、技巧的だと思うのだが)。
「シュトックハウゼンを弾くヴァネッサ」は「モートン・フェルドマンを弾く高橋アキ」のようだと言えば、それは言い過ぎだが「シュトックハウゼンを弾くヴァネッサ」は、例によって健康的であり、彼女はまるで女子高生のように《はしゃぐ》。それが良い。とにかく、シュトックハウゼンから、御墨付きをいただいた彼女(英語版ウィキペディアには、シュトックハウゼンのモーゼルへの賛辞が紹介されている:『私の音楽をリスナーに正しく理解させる力を持つ "(she) has the power to let people appreciate my music"』)。その演奏に間違いはないのだろう。私は「シュトックハウゼンを弾くヴァネッサ」に、完全に惚れてしまった。


【関連記事】

ヴァネッサ・ベネリ(ベネッリ)・モーゼル、デッカからメジャーデビュー(?!) plays シュトックハウゼン、カロル・ベッファ (1973 - ) 、ストラヴィンスキー


【Apple Music にて試聴するには】

検索キーワード:Vanessa Benelli Mosell


【英語版ウィキペディアへのリンク】

Stockhausen: Klavierstücke XII


【2016−6−13 追加】

>>Producer: Vanessa Benelli Mosell

ヴァネッサは、セルフプロデュースしている。

2015年12月22日 (火)

【天の邪鬼】 ヴァレンティーナ・リシッツァのスクリャービン 2014年録音/Apple Music で試聴、および、ニゴチュウ氏のレビューを読んで、買うの止めた!

Scriabin_lisitsa
(C) Apple Music

Apple Music で試聴し、Amazon.co.jp のニゴチュウ氏のレビューを読んで、買うの止めた!

・Apple Music 検索キーワード:Scriabin Valentina Lisitsa

2015年8月 9日 (日)

Helena Basilova Picturing Scriabin

Basilova

Helena Basilova Picturing Scriabin
2015年録音
QUINTONE

Alexander Scriabin (1872-1915)
01 Mazurka op. 25 no. 3 in E minor (1899) [3:03]
02 Prelude op. 11 no. 2 in A minor (1888-96) [2:21]
03 Prelude op. 11 no. 4 in E minor (1888-96) [2:29]
04 Prelude op. 11 no. 8 F-sharp minor (1888-96) [2:12]
05 Prelude op. 11 no. 9 E major (1888-96) [1:48]
06 Prelude op. 11 no. 11 B major (1888-96) [1:58]
07 Prelude op. 11 no. 17 A-flat major (1888-96) [0:55]

Sonate op .30 no. 4 F-sharp major (1903)
08 Andante [3:28]
09 Prestissimo volando (至って急速に、飛ぶように) [5:49]

10 Poème op. 32 no. 1 F-sharp major (1903) [3:13]
11 Prelude op. 37 no. 1 B-flat minor (1903) [2:09]

Two Pieces op. 57 (1907)
12 Désir (欲望) [1:45]
13 Caresse dansée (舞い踊る愛撫) [2:00]

Two Preludes op. 67 (1912-13)
14 Andante [2:50]
15 Presto [1:06]

16 Sonate op. 68 no. 9 (1912-13) [9:33]

Julian Scriabin

17 Prelude op. 3 no. 1 [1:03]
18 Prelude op. 3 no. 2 [0:41]
19Prelude (1919) [2:55]

Thelonious Monk

20 Ask Me Now [2:58]
arreanged by Roman Rofalski

--

【収録情報】

アレクサンドル・スクリャービン:
● マズルカ ホ短調 Op.25-3
● 前奏曲 イ短調 Op.11-2
● 前奏曲 ホ短調 Op.11-4
● 前奏曲 嬰ヘ短調 Op.11-8
● 前奏曲 ホ長調 Op.11-9
● 前奏曲 ロ長調 Op.11-11
● 前奏曲 変イ長調 Op.11-17
● ピアノ・ソナタ第4番嬰ヘ長調 Op.30
● 詩曲 嬰ヘ長調 Op.32-1
● 前奏曲 変ロ短調 Op.37-1
● 2つの小品 Op.57
● 2つの前奏曲 Op.67
● ピアノ・ソナタ第9番 Op.68『黒ミサ』

ジュリアン・スクリャービン:
● 前奏曲 Op.3-1
● 前奏曲 Op.3-2
● 前奏曲 (1919)

セロニアス・モンク/ロマン・ロファルスキ編:
● アスク・ミー・ナウ

 ヘレナ・バシロヴァ(バシロワ)(ピアノ)

 録音時期:2015年2月28日〜3月3日
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
(HMV.co.jp より)

--

「スクリャービン:ピアノ独奏曲入門」か(?)/私はこのアルバムの中で、ソナタ9番が一番気に入った

【私の評価】 星3.5

--

解説は、HMV レビュー参照のこと。

これは決して期待はずれのアルバムではなかった。ただし、以下のレビューは、スクリャービン入門者(=私)が書いたものとしてお読み下さい(・・・というより、私は、スクリャービンは苦手!)

スクリャービン没後、100年を記念して。
第1曲の「マズルカ ホ短調 Op.25-3」以外は、作曲年の順に曲目が並んでいる(上記、括弧内は作曲年)。

Picturing Scriabin
Picture という動詞は、imagine(心に描く)describe(描写する)という意味を持つが、私は、あえて、Picture を「肖像写真を撮る」と、訳したい。そして「バシロヴァはこのアルバムに収められたスクリャービンの7つ前後の作品群だけ(約50分)で、スクリャービンの肖像写真を撮り得たか?」「バシロヴァは、スクリャービンの全体像をとらえ、それをリスナーに俯瞰させることが出来たか?」

スクリャービンの入門者にとって「ソナタ4番」「詩曲 嬰ヘ長調 Op.32-1」におけるバシロヴァの「無垢」な演奏は聴きやすい。また、彼女が、陰鬱さをストレートに表現した初期の作品(Op.25 および Op.11 の短調の曲)も、聴きやすい(「スクリャービン:24の前奏曲 Op.11」は「ショパン:24の前奏曲 Op.28」に、非常に影響を受けている。24 Preludes Op.11 are heavily influenced by Chopin's 24 Preludes, Op.28. リーフレットより)。

「前奏曲 変ロ短調 Op.37-1」は、作曲家の第2期作品群の困惑した痛ましい結末を演じる(acts as a troubled and mournful conclusion to the composer's second period works on this CD. とリーフレットにある)。「1902年に作曲に専念するとしてモスクワ音楽院を辞職するが、すでに門人タチヤナ・ド・シュリョーツェルと愛人関係を結んでいた。1904年に家庭を捨ててタチヤナとともにスイスに出奔、西欧各地を転々とする。この頃からロマン派の影響を脱し個性的かつ神秘主義的な作風へと向かう。(ウィキペディアより)

「2つの小品 Op.57」の「Désir (欲望)」における未解決の終止、「Caresse dansée (舞い踊る愛撫)」の「a seductive dance(性的魅力のあるダンス)」へと、スクリャービンの音楽は変遷する・・・。【注】あの〜「Caresse dansée」←全然性的じゃないよ。
「このアルバムは、スクリャービンの無垢から経験への旅路の地図を描く(Helena Basilova's Picturing Scriabin maps Scriabin's journey from innocence to experience)」

「2つの前奏曲 Op.67」において、ついに「神秘和音」が現われる。ソナタ9番《黒ミサ》は、「’伝説的な’と記された冒頭の4小節は、半音階的に滑り落ちる、一方で、上昇する・・・(Marked 'legendaire', the first bars chromatically slither downward, and while some upward movement ...)(下記画像参照のこと)」このアルバムのメインであろうバシロヴァのソナタ9番《黒ミサ》は悪くない演奏だと思う(というか、私はこのアルバムの中で、ソナタ9番が一番気に入った! 大音量で聴くと迫力あり。その激しさが良い)。「バシロヴァが、ホロヴィッツの有名な演奏(←カーネギーホールにおけるホロヴィッツ復活コンサートでのソナタ9番)・・・すなわち、ホロヴィッツのおどろおどろしい(ウィキペディア)怪演に、どこまで迫ったか」を、「スクリャービンにうるさいリスナーの皆さん」に、私は、お尋ねしたい。

私は、Apple Music(←キーワード:Basilova で検索可)で、このアルバム全曲を試聴し私の気に入ったので、このアルバムを購入したが、そのことを、このレビューの読者の皆さんにも、おすすめする。なぜなら、このアルバムは、スクリャービンという、つかまえにくい作曲家の作品を「聴きやすく演奏している点は良い」が、スクリャービンにうるさいリスナーには、ソフトで、物足りないかも知れないからである・・・。

デビュー作「ヤナーチェク」と比べて

不思議なことに、ヘレナ・バシロヴァは、ロシア出身なのに、スクリャービンより、ヤナーチェクの方が、しっくりしているような気がする(?)

Sonata_9
スクリャービン:ピアノ・ソナタ第9番 Op.68《黒ミサ》(冒頭)
(C) Sheetmusicplus.com

2014年2月13日 (木)

HJ リムのラヴェル&スクリャービン

Hj_lim

HJ リムのラヴェル&スクリャービン

ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調 作品30
スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第5番 作品53
ラヴェル:ソナティネ
スクリャービン:ワルツ 変イ長調 作品38
スクリャービン:2つの詩曲 作品32
ラヴェル:ラ・ヴァルス

HJ リム(ピアノ)
録音:2012年4月
Yamaha CFX

結論を言えば、このアルバムは、エンターテインメントだと思う。もっと「こわい演奏」を期待したが、こわくなかった。むしろそれが良かったと思う。

ラヴェル(1875 - 1937)とスクリャービン(1872 - 1915)という同時代の作曲家の作品を集めたアルバム(ワルツが多い)。
正直言って私は上記の作曲家は苦手だ。でも、このアルバムを聴くのは楽しかった。

「高雅で感傷的なワルツ」
イヴァーナ・ガヴリクの演奏は流れが良く、モデレ(モデラート、適度な速さ)にスタインウェイしている・・・音に品があり色気があり何度聴いても飽きさせないしたたかさがあると思う(この作品は品がないといけない。題名がノーブルだから)。HJ リムもこの作品の「ユニークさ」を聞かせるが、この作品を構成する8つの高雅で感傷的なワルツの特徴やコントラストを聞かせるのはガヴリクのほうが格上だと思った。私の嗜好では「高雅で感傷的なワルツ」は、HJ リムの「ヤマハ」より「ガヴリク」のスタインウェイのほうが味がある。
HJ リムは、このアルバムにおいて、ベートーヴェン全集ほど過激ではないと思う。リムの「高雅で感傷的なワルツ」は、一応、モデレ(適度な速さ)、アッセ・ラン(十分遅く)、モアン・ヴィフ(より少なく生き生きと)していると思う。

HJ リムのラヴェル、スリャービンは、激しさ、技巧に逸脱はないと思う。彼女のスクリャービンは健康的に聞こえる。「スクリャービン:ソナタ第4番第2楽章」あたりから、リムの技巧が冴える。次のラヴェルの「ソナティネ」は、ソナチネなので、やさしい曲かと思ったら、ピアノ好きを喜ばせる優美さと技巧を生かした名曲だった。しかし、リムの「ソナティネ」は少し粗いと思った。それに比べ、次の「スクリャービン:ワルツ 変イ長調」のほうが粋なワルツ、良い演奏だと思う。次の「スクリャービン:2つの詩曲」は詩的な第1番をリムは美しく弾いている(第2番は曲自体全然詩的じゃない)。このアルバムは、地味な曲(あるいは有名じゃない曲)のほうが私は気に入った。スクリャービンについては「ソナタ」も悪くないが、それ以外の作品が私は気に入った。

「ラ・ヴァルス」
力強く激しいが、すいすい弾いている。この難しい曲を、難しくなさそうに弾いている。さすが実力者だと思う。大音量で聴いても、濁りないヤマハの音。ただし、他のピアニストの演奏と比べてみなければ分からないことがある・・・管弦楽で演奏される「ボレロ」がまさしく「ボレロ」であるのに対し、リムが弾く「ラ・ヴァルス」は、管弦楽で演奏される「ラ・ヴァルス」がまさしく「ウィンナ・ワルツ」であるようにまさしく「ウィンナ・ワルツ」なのだろうか。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ