2018年9月16日 (日)

Mirror in Mirror Anne Akiko Meyers, violin Akira Eguchi, piano Philharmonia Orchestra Kristjan Järvi, conductor

Meyers

Mirror in Mirror
Anne Akiko Meyers, violin
Akira Eguchi, piano
Philharmonia Orchestra
Kristjan Järvi, conductor
2016/18年録音

01 Philip Glass: Metamorphosis II (1988) Arr. for Violin and Piano [7:15]
02 Arvo Pärt: Fratres (1977) [10:44]
03 Arvo Pärt: Spiegel im Spiegel (1978) [7:17]
04 Maurice Ravel: Tzigane (1924) original luthéal versin [9:46]
05 John Corigliano: Lullaby for Natalie (2010) [4:51]
06 Jakub Ciupinski: Edo Lullaby (2009) violin/electronics [6:21]
07 Jakub Ciupinski: Wreck of the Umbria (2009) [10:46]
08 Morten Lauridsen: O magnum mysterium (1994) [6:43]
Philharmonia Orchetra / Kristjan Järvi


私の評価:Stars3

このアルバムにおける「エレクトロニクス・サウンド」は要らなかったのじゃないだろうか? このアルバムは、アコースティックだけで演奏しても良かったのじゃないかな? なぜなら、アン・アキコ・マイヤースのヴィオリン演奏は灰汁が強い…それだけでも聴き応えがあるからだ…したがって「エレクトロニクス」は邪魔だろう(ヴァイオリンとエレクトロニクスのコラボ、上手いってないよ)。だが、それでも、このアルバムにおいて、彼女の魅力は生きていると思う。ただし(褒めてすぐ貶すのは私の悪い癖だが)このアルバムのさらなる欠点は、そのコンセプトが分からないこと…。繰り返すが聴き応えはある。よって、私の評価:星3.5。


【収録情報】
1. グラス:メタモルフォーシスII(1988)
2. ペルト:フラトレス(1977)
3. ペルト:鏡の中の鏡(1978)
4. ラヴェル:ツィガーヌ(1924/オリジナル・リュテアル版)
5. コリリアーノ:ナタリーのための子守歌(2010)
6. ヤクブ・チュピンスキ:エド・ララバイ(2018)(ヴァイオリン/エレクトロニクス)
7. チュピンスキ:海の底のウンブリア号(2009)(ヴァイオリン/エレクトロニクス)
8. ローリゼン:おお、大いなる神秘(1994)

アン・アキコ・マイヤース(ヴァイオリン)
江口 玲(ピアノ:1,2,3,5)
エリザベス・プリジェン(キーボード:4)
ヤクブ・チュピンスキ(リュテアル・リプロダクション:4)
クリスチャン・ヤルヴィ指揮、フィルハーモニア管弦楽団(8)

録音時期:2018年5月3日(1,2,3,5)、2016年5月31日(4,6,7)、2016年5月9日(8)
録音場所:ニューヨーク(1-7) ロンドン(8)
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
世界初録音 or このバージョンによる世界初録音(1,5,6,7,8)

(HMV.co.jp より)


【追記1】
M2. アルヴォ・ペルト:ヴァイオリンとピアノのための『フラトレス』 (1977/1980) をジジョン・ワンの同曲演奏と、聴き比べてみたが、その聴き比べは、あまり面白くなかった。この作品を面白く演奏するのは難しいのかな?

【追記2】
M3. ペルト:鏡の中の鏡(1978)はピアノ・アルペジオ(3連符?)の合間に入る低音が、作品を引き締めていると思う。

2015年9月 9日 (水)

アン・アキコ・マイヤースのバーバー、ジョン・コリリアーノ、メイソン・ベイツ

Meyers_1

The American Masters

Samuel Barber (1910-1081)
Concerto for Violin and Orchestra, Op. 14 (1939)

John Corigliano (b. 1938)
Lullaby for Natalie (2010)

Mason Bates (b. 1977)
Violin Concerto (2012)

Anne Akiko Meyers, violin
London Symphony Orchestra
Leonard Slatkin, conductor
Recorded September, 2013 at LSO
eOne Music

ヒラリー・ハーンが、19才のときの録音した、若々しいバーバー(1999年録音)に対して、私は、熟女アン・アキコ・マイヤースに、熟したバーバーを期待したが、マイヤースのバーバーはそれほど熟してなかった。

2曲目の「Lullaby for Natalie」は、ジョン・コリリアーノが、アキコ・マイヤースの娘ナタリーのために書いた作品だが、これもまた、うっとりさせられるほどの曲ではない。

そして、このアルバムのメインであるメイソン・ベイツの Vn 協奏曲も、パッとしない(←なんだかダラダラしている)。

このアルバムは、Apple Music で、試聴して、購入するのが良いと思う。

==

【APPLE MUSIC 検索のためのキーワード】 Anne Akiko Meyers

Meyers_2
(C) Apple Music のウィンドウ

【追加】このアルバムは、ジョン・コリリアーノが、ライナーノートを書いている(While I have written many program notes for my own CDs, this is the first time that I have done so for other composers. / 私は私自身の CD ために多くのプログラムノートを書いたが、これは、私が、初めて他の作曲家たちのために書いたプログラムノートである)。

2013年11月15日 (金)

エリナ・ヴァハラの「クーシスト」「コリリアーノ」

Vahala

The Red Violin
concertos by
Corigliano & Kuusisto
Elina Vähälä, violin
Lahti Symphony Orchestra
Jaakko Kuusisto, conductor
2012年録音

Jaakko Kuusisto:
Leika for symphony orchestra, Op.24 (2010) [11'35]
Concerto for Violin and Orchestra, Op.28 (2011-12) [30'38]

John Corigliano:
Concerto for Violin and Orchestra "The Red Violin" (2003) [33:53]

「ヤーッコ・クーシスト (*1974):ライカ op.24」
管弦楽曲。これは特に面白くなかった。ただし、クーシストという人は全曲を通して指揮はうまいと思う。

「ヤーッコ・クーシスト : ヴァイオリン協奏曲 op.28」
アマゾンの商品の説明に書いてあるとおり「演奏開始から3分半ほどまでヴァイオリンの独奏で始まる」。
第1楽章と第2楽章はアタッカで繋がっており(合わせて約24分)、長大な幻想曲のように聞こえる。作曲者自身が名ヴァイオリニストなので(アマゾン商品説明より)、独奏ヴァイオリンのパートは充実している。
エリナ・ヴァハラ独奏、ヤーッコ・クーシスト指揮。前者も後者も躍動的で豪快な演奏。前者のアクロバティック・・・というよりむしろ「鮮やさ」と、後者の技巧的な指揮は、バランスがとれていると思う。
作曲者ヤーッコ・クーシストの作風は、新ウィーン楽派のような20世紀の難解さより、たとえば、バーンスタインのような親しみやすさ・エンターテインメントが聞こえると思う。

「ジョン・コリリアーノ (*1938):ヴァイオリン協奏曲 ''レッド・バイオリン''」
上記の商品の説明に書いてあるとおり、映画「レッド・バイオリン」の音楽を引用したヴァイオリン協奏曲。

第1楽章「Chaconne」
いきなり「シャコンヌ」であるが、それは「ショスタコーヴィチ:Vn 協奏曲第1番」第3楽章「パッサカリア」と違って、「主題と変奏が分かりにくいシャコンヌ」である。クレッシェンド、アッチェレランドがものすごい。第1楽章は前半と後半に分かれている。前半と後半の間でいったん音楽が静まり、その後カデンツァに行って、その後また盛り上がり、ド迫力で終わる。

第2楽章「Pianissimo Scherzo」
木管の後、独奏ヴァイオリンのクラスターのような音で開始。その音が「ピアニシモ」であり「スケルツォ」を導くのか。前半、オケの弦にバルトークピチカートのような音が聞こえる。

第3楽章「Andante Flautando」
コリリアーノについて「最近ナクソスでコリリアーノの弦楽四重奏曲を買ったら大当たりでした。尖鋭性とアメリカの作曲家らしいねっちりとした抒情性が絡み合って聞き飽きません」というご意見がありましたが、エリナ・ヴァハラの叙情性から、コリリアーノの叙情性が見えない私は耳が悪いのか?

第4楽章「Accelerando Finale」
この楽章において、エリナ・ヴァハラの狂ったような演奏が聞ける(弦を強くこすったり・・・)。ただし中間部は第3楽章の旋律に似た叙情的で静かな普通の旋律(シャコンヌの主題再現か?)。カデンツァ。その後また狂う。フォルテッシモで破裂するように終わる(ここもシャコンヌの主題再現か?)。

【まとめ】
健闘していると思う。
クーシストの作品は自作自演であり、それなりに面白い。
コリリアーノのほうは、作品自体、複雑。そして大袈裟な技法。擬古的ロマンティシズム。冗漫。暴力的またはハイな部分は、殴り合いの相撲を見ているように粗いと思った。
このアルバムは、商品説明にあるとおり、ダイナミックなサウンドがオーディオ・ファンには気持ち良い。

2009年12月 3日 (木)

ラグナ・シルマーのショパンとシューマン


Chopin


Frédéric Chopin
Etüden op. 10

John Corigliano
Etude Fantasy for solo Piano (1976)
Fantasia on an Ostinato for solo Piano (1985)

Ragna Schirmer, Piano
Recording: August 2002, Freylinghausensaal der Franckeschen Stiftung, Halle / Saale - Steinway D
Berlin Classics


Schumann


Schumann
Etüden in Form freier Variationen über ein Thema von Beethoven, WoO 31
Sinfonische Etüden in Form von Variationen, op. 13

Ragna Schirmer, Piano
Recording: 14. - 19. 08. 2005, Franckesche Stiftungen, Freylinghausensaal der Halle / Saale - Steinway D
Berlin Classics

ジョン・コリリアーノ(John Corigliano)の2つの作品のうち、2つ目の "Fantasia on an Ostinato" に、ベートーヴェンの交響曲第7番の第2楽章が出て来る。シューマンの "Etüden in Form freier Variationen über ein Thema von Beethoven, WoO 31(ベートーヴェンの主題に基づく自由な変奏形式による練習曲)" は、同じくベートーヴェンの交響曲第7番の第2楽章のテーマに基づく変奏曲(未完成)であるので、上記2枚のアルバムは、その点において共通している。しかし、上記2枚のアルバムは面白くなかった。「私は一応ロマン派も弾けるぞ」ということを彼女は言いたかったのかな。コリリアーノだけは、良かったので、彼女のシュニトケを聴いてみたくなった。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャブリエ, エマニュエル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ, アルフレート | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スカルラッティ, ドメニコ | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラデッラ, アレッサンドロ | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ドヴォルザーク | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | ハーシュ, マイケル | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バツェヴィチ, グラジナ | バルトーク | バーバー | バーンスタイン, レナード | パガニーニ | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | ビートルズ | フェルドマン, モートン | フォーレ, ガブリエル | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | ブルッフ, マックス | プロコフィエフ | プーランク, フランシス | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク, アルバン | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペルト, アルヴォ | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | ヴィヴァルディ, アントニオ | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会・時事 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 量子力学 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ