2016年3月 6日 (日)

京都リサイタル2011/メジューエワ plays シューマン:「クライスレリアーナ」、ショパン:「舟歌」、メトネル ほか

Mejoueva

京都リサイタル2011/メジューエワ

--

【曲目】

・シューマン:アラベスク op.18
・シューマン:クライスレリアーナ op.16
・ショパン:ノクターン 嬰ヘ長調 op.15の2
・ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 op.60
・メトネル:4つのおとぎ話 op.26
・メトネル:ピアノ・ソナタ 変イ長調 op.11の1(『三部作ソナタ』第1番)
・メトネル:夕べの歌 op.38の6

 イリーナ・メジューエワ(ピアノ)
 録音時期:2011年7月24日
 録音場所:京都コンサートホール・小ホール(アンサンブルホールムラタ)
 録音方式:Digital録音(ライヴ)
 レーベル:若林工房

--

・メジューエワの「クライスレリアーナ」
このアルバムに収められているメジューエワの「クライスレリアーナ」は「爆演」というよりも、私の第一印象は(「クライスレリアーナ」という論理的作品に対して)「破壊的」。
さらに付け加えるなら、破綻しているとか、グロテスクとか、クレージーとか言ってもいいかも知れないと私は思ったが、それらの形容は、彼女のこの演奏を形容するに、適切ではなかった。つまり、メジューエワの「クライスレリアーナ」は激しいのではあるが、微妙に壷を押さえている・・・というか、表現・演奏の激しさが、「作品」に、これまた、微妙にフィットしている・・・。私の主観では、彼女は、声の発声に妙なる声を聞かせる。しかし、同曲において、メジューエワの解釈や表現は、アマチュア並みと言う人があるかも知れない。だが、メジューエワの「クライスレリアーナ」は、ホロヴィッツやアルゲリッチの同曲演奏のように、リスナーに同曲の固定観念(模範)をうえつける演奏ではなく、むしろ、それ(ホロヴィッツやアルゲリッチの同曲演奏)を壊す演奏であることに意義と価値あり(特に、ホロヴィッツの「クライスレリアーナ」は良い演奏なので、彼女が、ホロヴィッツに試合を挑んだのは、勇気の要ったことだろう)。
博多弁に「たまがった(驚いた)」という方言があるが、まさに、その語が当てはまる(やっぱり、クラシック音楽は面白い)。

・ショパンの「舟歌」は粗いが、迫力あり、技巧的であり、いままで聴いたことない解釈を聞かせ、これまた、ある意味、私を昇天させる。

・メトネルについては、私は知らないので、レビューする自信が私にはないのだが、これまた、豪快で迫力ある。

追伸1)大音量で聴くと快感!

追伸2)しかし、この盤は、万人にはすすめられないし、何度も聴くと退屈するかも知れないので、星4つ。

2013年5月19日 (日)

Forgotten Melodies: Polina Leschenko plays Rachmaninov and Medtner

Leschenko

Forgotten Melodies
Polina Leschenko plays Rachmaninov and Medtner
Recorded: 2011

Mischa Levitzki (1898-1941)
01. Valse ‘Amour’, op. 2 (1:46)
02. Arabesque valsante, op. 6 (3:16)

Sergei Rachmaninov (1873-1943)
Piano Sonata no 2, op. 36 - Horowitz Version
03. Allegro Agitato (9:07)
04. Non Allegro (5:55)
05. Allegro Molto (5:54)

Nikolai Medtner (1879-1951)
Forgotten Melodies Cycle 1, op. 38
06. No 1: Sonata-Reminiscenza in A minor. Allegretto tranquillo (12:52)
07. No 2: Danza graziosa. Con moto leggiero (2:24)
08. No 3: Danza festiva. Presto (5:15)
09. No 4: Canzona fluviala. Allegretto con moto (3:23)
10. No 5: Danza rustica. Allegro commodo (2:04)
11. No 6: Canzona serenata in F minor. Moderato (4:17)
12. No 7: Danza silvestra (4:06)
13. No 8: Alla Reminiscenza. Quasi coda (2:17)

これは本来、メトネルがメインだろうが、文字数節約するために、メトネルについては書かない。

これは、2012年の12月に購入したのだが、当時私は、ラフマニノフの良さが分からなかったので、一度しか聴いていなかった。改めて聴いてみると「やっぱりホロヴィッツ版はホロヴィッツの演奏が良い」と感じた。たとえば、ホロヴィッツの演奏は何となくジャズっぽいのがかっこいい。レスチェンコの演奏はそれが後退している。

リストのロ短調ソナタでは「勢い余って土俵を飛び出す演奏」を聴かせたレスチェンコも、ココではホロヴィッツのあのとてつもない演奏に比べ小振りに聞こえる(ただし、レスチェンコが、ホロヴィッツと比較され得るのであれば、それはすごいことです)。

演奏時間は、第1楽章に差がある。

ホロヴィッツ 9分40秒
レスチェンコ 9分07秒

第2、3楽章も、レスチェンコのほうが(十数秒)短いが、その差は聞き取れない。

このアルバムは、やっぱり、メトネルが良かった。私の第一印象は正しかった。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ