2017年4月20日 (木)

Augusta Read Thomas Resounding Earth Third Coast Percussion

Thomas

Augusta Read Thomas
Resounding Earth (2012)
Third Coast Percussion
2012年録音
University of Notre Dame / DeBartolo Performing Arts Center
Thirdcoastpercussion.com

Members
Owen Clayton Condon
Robert Dillon
Peter Martin
David Skidmore

I. Invocation: Pulse Radiance
II. Prayer: Star Dust Orbits
III. Mantra: Ceremonial Time Shapes
IV. Reverie Carillon: Crystal Lattice
Total Time 32:52


結論から言えば、退屈な作品。

「Resounding Earth (2012)」は金属打楽器のみによる四重奏曲である。「Resounding Earth」は決して駄作ではない。むしろ力作だ。そして、オーガスタ・リード・トーマスはユニークな作品を書ける作曲家だ。たとえば「Resounding Earth」は打楽器のための作品であるにも関わらず強烈なリズムがない。「Resounding Earth」はむしろ静かな作品だ。さらにこのセッションにおける打楽器四重奏団「サード・コースト・パーカッション(Third Coast Percussion)」の演奏は上手い。第2曲のエンディングのグラス・ハーモニカのような持続音は美しい(映像で見ると金属の茶碗のようなものをこすっている)。

しかし「Resounding Earth」は20世紀西洋音楽から、大きくはみ出していないのが面白くない。私は彼女の作曲能力に不安定感を感じる(=彼女の作品は私の満足度においてムラがある)。私はこの作品「Resounding Earth」にクセナキス並みの作曲技法を期待したが、それは間違いだった。そして、このアルバムには「加藤訓子」などに存する録音法・録音技術への試みがないのも面白くない。このアルバムにオーディオ的魅力があれば、その点で私はこのアルバムを楽しめたかも知れない。しかし、期待はずれだった。私はこのアルバムに「ユニークな音楽」を期待しただけではなく「オーディオ的魅力」を大いに期待していたのだが・・・。

【参考1】

Resounding Earth Wikipedia へのリンク

【参考2】

Resounding_earth
(C) Apple Music 検索キーワード:Resounding Earth

【追伸1】

私は上記 Apple Music にて試聴した。そして、良いと思ったのでコレを購入したのに・・・(汗;;

【追伸2】

この商品には、DVD 盤が付属していて、その中身は、同作品の演奏映像(全曲)。その映像を見ると「Resounding Earth」は非常に複雑な作品である事がわかる。だが退屈する(!)

2017年3月 6日 (月)

Augusta Read Thomas Of Being is a Bird

Thomas

【CD-R】 Augusta Read Thomas (born April 24, 1964)
Of Being is a Bird
Release Date: April 8, 2016
Label: Nimbus Records NI6323

Thomas
(C) Nimbus Records


Track Listing

HELIX SPIRALS for string quartet (2014) * 23.06
1. LOCI: memory palace 6.39
2. INTERLACING: twists and threads 7.10
3. SPIRALS: life force 9.17
Parker Quartet

4. SELENE (MOON CHARIOT RITUALS) *
Octet for percussion quartet and string quartet (2014) 16.53
Third Coast Percussion & Spektral Quartet

5. CAPRICIOUS TOCCATA for solo violin (2015) * 8.03
Nathan Giem, violin

OF BEING IS A BIRD (Emily Dickinson Settings) * 15.11
For solo soprano and ensemble (2015)
6. OF BEING IS A BIRD 5.04
7. INTERLUDE - FLOCK OF BIRDS 3.43
8. THE MOST TRIUMPHANT BIRD I EVER KNEW OR MET 6.24
Claire Booth, soprano
Aurora Orchestra
Nicholas Collon, conductor
Live performance recorded at the premiere, Wigmore Hall, London 7 July 2015

9. CAPRICE for solo violin (2005) 3.52
Nathan Cole, violin

10. RUSH or solo violin (2004) 2.25
Nathan Cole, violin

11. LOVE TWITTERS for solo piano (2006) 3.15
Irving Berlin’s ‘they say it is wonderful’ arrangement by Augusta Read Thomas
Nicola Melville, piano

* World Premiere Recordings

Total playing time 72.47


大音量で聴くと迫力有り。ただし、傑作ばかりではない。私の評価:Stars4


最初はピンと来なかったが、よく聴いてみると、このアルバムは、A Portrait of Augusta Read Thomas より良い。なぜなら、このアルバムは、大音量で聴くに耐える精密さと迫力を有するからである。

・HELIX SPIRALS for string quartet (2014)
タイトル「HELIX SPIRALS」の二つの単語はどちらも螺旋を意味する。
第1楽章は、ほぼピチカートだけで奏される。スリリングな楽章。バルトーク・ピチカートらしき音が聴こえる(1分56秒あたりなど)。また、2分13秒に突如アルコが入るが、それによって不意をつかれる。同第2楽章「INTERLACING: twists and threads」は、第1楽章「LOCI: memory palace」に似ている。すなわち、第2楽章は、第1楽章のある種のドゥーブルなのだろうか(twists and threads)。第3楽章「SPIRALS: life force(生命力)」は緩やかながら力強い。螺旋形(?)。高度な作曲技法で書かれてあるような気がする(←聴き応え有り)。
この作品(HELIX SPIRALS)は、第3楽章のみならず、全体が高度な作曲技法で書かれていると思う。

・SELENE (MOON CHARIOT RITUALS) Octet for percussion quartet and string quartet (2014)
パーカッション四重奏と弦楽四重奏を合わせた八重奏曲。四重奏+四重奏のアンサンブルは一応上手く行っていると思う。
全体的に諧謔的な曲である。ただし、中間部(2分50秒あたりと10分00秒〜あたり)に、もだえる。
終盤(14分15秒〜)、パーカッションの激しさ(エネルギー)が解放される。
これも技巧的な作品。

・CAPRICIOUS TOCCATA for solo violin (2015)
・CAPRICE for solo violin (2005)
・RUSH or solo violin (2004)
リード・トーマスの無伴奏ヴァイオリン(Track 5 ,9, 10)は、残念ながら、あまり面白いとは思わなかった。

・OF BEING IS A BIRD (Emily Dickinson Settings) For solo soprano and ensemble (2015)
このアルバム中、唯一の声楽曲。
これは、熱演。しかも、美しい。
エミリー・ディキンソン(1830-1886)についてはウィキペディアを参照のこと。この声楽曲の詩で使われている英単語は難しくないのだが、この詩は、その意味とニュアンスが難しい(下記参照)。そういう時、英語の詩を鑑賞できる語学力がうらやましい:この作品は、音楽と言葉の結びつきが成功しているのか不成功なのかを聴くのが楽しいはずだが…。

Of Being is a Bird
The likest to the Down
An Easy Breeze do put afloat
The General Heavens — upon —

It soars — and shifts — and whirls —
And measures with the Clouds
In easy — even — dazzling pace —
No different the Birds —

Except a Wake of Music
Accompany their feet —
As did the Down emit a Tune —
For Ecstasy — of it
Thomas H. Johnson, Catalogue Number 653

The most triumphant Bird I ever knew or met
Embarked upon a twig today
And till Dominion set
I famish to behold so eminent a sight
And sang for nothing scrutable
But intimate Delight.
Retired, and resumed his transitive Estate —
To what delicious Accident
Does finest Glory fit!
Thomas H. Johnson, Catalogue Number 1265

・LOVE TWITTERS for solo piano (2006)
アーヴィング・バーリンの曲を編曲。これは、ただのジャズです。


Thomas_02
(C) Apple Music 検索キーワード:Augusta Read Thomas Of Being is a Bird

2017年2月28日 (火)

A Portrait of Augusta Read Thomas

Read_thomas

【CD-R】 A Portrait of Augusta Read Thomas (born April 24, 1964)
New Haven Symphony Orchestra
William Boughton, conductor
Recorded 2013/14
Release Date: October 14, 2014
Label: Nimbus Records NI6262

Read_thomas_04
(C) Nimbus Records


Track Listing

Two E.E. Cummings Songs for girls chorus (2008)
Elm City Girls' Choir, Rebecca Rosenbaum and Tom Brand, conductors
1. I sky candy spouting violets 3.55
2. II (kiss me) 5.13

Hemke Concerto "Prisms of Light" for alto saxophone and orchestra (2014)
Fred Hemke, alto saxophone
3. I lluminations 6.50
4. II Sunrise Ballad 7.02
5. III Chasing Radiance 2.51
6. IV Solar Rings 4.02

7. Prayer and Celebration for chamber orchestra (2005) 4.00

Absolute Ocean for soprano, harp obbligato and orchestra (2008)
Tony Arnold, soprano Jennifer Hoult, harp
8. I the moon is hiding in her hair 5.50
9. II who knows if the moon's a balloon 4.57
10. interlude - 3.42
11. III open your heart 6.07

Silent Moon, for violin and cello (2006)
Katie Hyun, violin Mihai Marica, cello
12. I Still: Soulful and Resonant 2.05
13. II Energetic: Majestic and Dramatic 2.08
14. III Suspended: Lyrical and Chant-like 3.11
"When twofold silence was the song of love."

15. Of Paradise and Light for string orchestra (2010) 5.49

16. Spells for chorus (2013) 3.33
The New York Virtuoso Singers, Harold Rosenbaum, conductor

Total playing time: 71.54


このアルバムは買わないことにしていたが、いつの間にか注文してしまっていた。

このアルバムは、21世紀の米国の作曲家オーガスタ・リード・トーマスによる21世紀の作品集。
7曲中3曲が声楽曲。
新鮮さはあるが人畜無害な曲ばかり。
内戦、難民、移民、テロ、弱者が戦争によって殺される、「21世紀の資本主義」が貧富の格差を拡大させる、変な人が米国の大統領になる、21世紀のカオス、不安、それらを表す音楽は、このアルバムからは聴けない(ただし、第3曲「Prayer and Celebration for chamber orchestra (2005)」は、美しいがやや抑うつ的)。
第1曲「Two E.E. Cummings Songs for girls chorus (2008)」は、長調に始まり短調へと移ろう健康的な曲。
(繰り返すが)第3曲「Prayer and Celebration for chamber orchestra (2005)」は、その素朴さと美しさにおいてこのアルバムのベスト・ナンバーじゃなかろうか。
第4曲の歌曲集「Absolute Ocean for soprano, harp obbligato and orchestra (2008)」は、オケとハープ・ソロの間奏曲(演奏時間3分42秒)を含む力作だと思う。
私がオーガスタ・リード・トーマスという作曲家にひかれる理由は「彼女の旺盛な創作意欲」「女性作曲家への期待」そして、なによりも「21世紀に生きる我々は21世紀のクラシック音楽を聴くべしという私の嗜好のため。」

2016年6月13日 (月)

【Apple Music にて試聴】 オーガスタ・リード・トーマスの新しいアルバム。面白そうだけど、パワーがないので、買わない。

Thomas

(C) Apple Music
A Portrait of Augusta Read Thomas
Hemke Concerto "Prisms of Light"
Absolute Ocean


2013年4月16日 (火)

Augusta Read Thomas ...Words of the Sea...

Thomas

Augusta Read Thomas

...Words of the Sea...
1. ...words of the sea... (3:39)
2. ...the ever-hooded, tragic-gestured sea... (4:14)
3. ...beyond the genius of the sea... (2:53)
4. ...mountainous atmospheres of sky and sea... (Homage to Debussy) (6:04)

Pierre Boulez
The Chicago Symphony Orchestra

In My Sky at Twilight
5. Deeper Than All Roses (10:08)
6. Lament (8:27)

Pierre Boulez
Christine Brandes, solo soprano
Chicago MusicNOW Ensemble
Recordrd: 2002

WORDS OF THE SEA
1996年、初演時の録音だと思う。
ブーレーズの指揮はうまいけど新鮮味がない。

IN MY SKY AT TWILIGHT
小野小町「古今集」からはじまって、紀元前11世紀のエジプトの詩や19世紀の詩まで、16個の詩(断片)が続けて歌われる。私はこの作品のほうが好きである。

♪Ablaze with desire, … (欲情に燃えて・・・)
Ono no Komachi
(9th Century) from “Kokinshu”

ただし、Christine Brandes の歌に陰影が欲しい。

【参考】
Augusta Read Thomas Recordings

2013年3月26日 (火)

Augusta Read Thomas Terpsichore's Dream (2007)

Thomas

Augusta Read Thomas
Terpsichore's Dream for chamber orchestra (2007) 15:30
Single
Recorded: 2008

A world premiere recording, conducted by Cliff Colnot, of Augusta Read Thomas' TERPSICHORE'S DREAM for chamber orchestra (2007), as performed by members of the Chicago Symphony Orchestra and Chicago based freelance musicians, Robert Chen, concertmaster. This is Thomas's fifth self-produced recording on her ARTCD label.(オーガスタ・リード・トーマス・オフィシャル・ホームページより)

「Sun Threads, music by Augusta Read Thomas」は、健康的な音楽だったが、この「Terpsichore's Dream」は、20世紀ヨーロッパ音楽に後戻りしているような気がする。ブーレーズとは縁を切って欲しい。

【参考】
Augusta Read Thomas Recordings
試聴できます

2013年3月 8日 (金)

Rhapsodic Musings: 21st century works for solo violin Jennifer Koh

Koh

Rhapsodic Musings: 21st century works for solo violin
Jennifer Koh
Recorded: 2008 / 09

Esa-Pekka Salonen
Lachen Verlernt (2002) (9:43)
video by Tal Rosner

Elliott Carter
Four Lauds (17:22)
Statement - Remembering Aaron (1999) (3:59)
Riconoscenza per Goffredo Petrassi (1984) (5:10)
Rhapsodic Musings (2000) (3:05)
Fantasy (1999) (5:00)

Augusta Read Thomas
Pulsar (2003) (5:33)

John Zorn
Goetia (2002) (19:00)
I (1:24)
II (3:13)
III (1:15)
IV (2:35)
V (1:44)
VI (2:56)
VII (3:45)
VIII (1:52)

Total Time: (52:00)

最初に大音量で聴いたとき、あまりの演奏の激しさに、気分が悪くなったが(注意:このアルバムは最初から大音量で聴いてはならない)、よく聴いてみると、各作品は明確なコンセプトを持っているらしい。

【サロネン】シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」の「ピエロへの祈り」からタイトルをとっている。シャコンヌ様。比較的メロディアス(東洋風?)。【カーター】寄せ集め。題名(着想)が付いている(Aaron はコープランドのこと)。ちゃんと静と動を持つが、カーター独特のつかみどころの無さがあると思う。【トーマス】パルサー。自転する中性子星。美しい曲だ。【ゾーン】この作品は、ジェニファー・コーのために書かれた。John Zorn という人は「フリー・ジャズ、前衛音楽、グラインド・コアなどの様々な音楽を吸収しており、ジャンルを特定するのは困難(ウィキペディアより)」。繰り返すがこの曲を最初に聴いたとき気分が悪くなった。これもちゃんと静と動を持つ。厳格な論理的形式を持つらしい(「the same sequence of 277 pitches」を利用していると書いてあるが何のことか分からない)。

演奏者のジェニファー・コー(Jennifer Choi とは別人)は、パーソナル・ステートメントで、このアルバムのプログラムは「2001年9月11日(同時多発テロ)以後の月日の意味を探すことで生まれた」と書いている。

【2013−3−18 追加】
ゾーンの作品が一番気に入った。

2013年2月26日 (火)

Sun Threads, music by Augusta Read Thomas

Thomas

Sun Threads, music by Augusta Read Thomas (born in 1964 in Glen Cove, New York)

A Circle Around the Sun for piano trio (2000) 5:01
Sun Threads for string quartet (1999-2002) 29:47
Toft Serenade for violin and piano (2006) 7:54
Scat for oboe, string trio, and piano (2007) 6:18
Silent Moon for violin and viola (2006) 9:00
Moon Jig for piano trio (2005) 5:07

The Walden Chamber Players
Recorded: 2008

Nathanniel Bartlett のアルバムに入っている「Augusta Read Thomas: Silhouettes」が気に入ったので購入。

オーガスタ・リード・トーマス。この人のバックグラウンドは、オフィシャルホームページを見たが分からなかった。

最初聴いたとき、20世紀のヨーロッパ音楽、新ウィーン楽派と変わらないじゃないか、と思ったが、それは私の大間違いであった。
この人の音楽は、持続音が美しい(持続音と言っても、モートン・フェルドマンの静寂な音の持続ではない)。この人の音楽には主役がない。第2曲の弦楽四重奏曲「Sun Threads」は第1ヴァイオリンが主役ではない。「Sun Threads」の第1楽章はチェロのレスタチーヴォが主役なのだが、それに他の楽器がからんで団子のようになる。この曲は(他の曲も)ダンゴムシの「のたうちまくり」のように聞こえる(ただし「Scat」「Silent Moon」のように旋律を持つ作品もある)。この弦楽四重奏曲は、左からヴァイオリン、ヴィオラ、チェロになってない。楽器がからみ合ってほとんどモノラル音のように聞こえる(それは、新ウィーン楽派の弦楽四重奏曲にはない)。

ヨーロッパの現代音楽が、エレクトロニクスと結びつこうとしたり、新しい理論・楽派を作り出そうとしているという意味で、特にフランスを中心とする現代音楽の伝統に足を取られているのに対し、アメリカのオーガスタ・リード・トーマスは、ヨーロッパの伝統からフリーであり、ある意味でヨーロッパに対し反逆的に聞こえる。彼女の「のたうちまくり」は大音量で聴くと美しい。そのことも、新ウィーン楽派と違う(新ウィーン楽派を大音量で聴くとうるさいだけ)。

【オフィシャルホームページ】 www.augustareadthomas.com

2013年1月17日 (木)

加藤訓子のスティーヴ・ライヒほか

Kuniko

Kuniko Plays Reich

Steve Reich (b. 1936)

Electric Counterpoint Version for Percussions (1987 / 2009)
Movement I: Fast 06:53
Movement II: Slow 03:22
Movement III: Fast 04:37

Six Marimbas Counterpoint (1986 / 2010) 16:26

Vermont Counterpoint Version for Vibraphone (1982 / 2010) 09:48

Recorded: 2009/10
linnrecords.com

全曲、加藤訓子が編曲している。

エクスタシーを感じる。
So Percussion の「Drumming」を購入したがほとんど聴いてないのに対し、加藤訓子の演奏は聞きやすい。「演奏者が違うと、こうも違うのか」と思った。

この SACD を私のスピーカ(TANNOY Stirling HW)で大音量で鳴らすとスピーカの背面のプラグの辺りからノイズが出る(1曲目の低音部)。私のスピーカの脆弱さが露呈してしまった。TANNOY Stirling HW は「みかん箱」と貶される(泣
(2013−1−17)

チャーリー・パーカーのバップナンバーの強烈なリズム&シンコペーションと比較してはならないのだろうが、2曲目の「Six Marimbas Counterpoint」は、ジャズに比べればリズムがゆるいような気がする。3曲目も同様。
しかし、その「ゆるさ自体」が少しずつ変化することが、リスナーを退屈させない。そのことが、加藤の演奏において、ミニマル・ミュージックというのは、むしろ最も退屈させない高揚感(エクスタシー)の音楽であると感じさせる。この人は、ヴィルトゥオーサだと思う。
(2013-1-27)

--

Nathanniel_bartlett

Precipice
Modern marimba
Nathaniel Bartlett
Recorded: 2005
Albany records

Philip Glass
1. Opening [6' 31]

Allan Schindler
2. Precipice --- for marimba and computer-generated sounds [17: 43]

Greg Wilder
3. Interlude --- for marimba and computer-generated sounds [5: 40]

Augusta Read Thomas
Silhouettes
4. Like Toru Takemitsu crossed with Bill Evans [1: 57]
5. Like Igor Stravinsky crossed with Thelonious Monk [1: 51]
6. Like Pierre Boulez crossed with Oscar Peterson [3: 44]
7. Like Béla Bartók crossed with Art Tatum [2: 36]

Steve Reich
8. Vermont Counterpoint
(marimba version, Nathaniel Bartlett) [11: 20]

この SACD を私の脆弱なスピーカ(TANNOY Stirling HW)で、大音量で聴くと全曲ノイズだらけ。

1曲目「Opening」原曲はメロディアスなピアノ曲。
2曲目「Precipice(2003)」は演奏者による委嘱作品。現代音楽っぽい。
3曲目「Interlude(2005)」も委嘱作品。同上。
4曲目「Silhouettes」は、オーガスタ・リード・トーマスという女性作曲家が書いたギター曲「ダイアログ」から2楽章、および「ピアノ・エチュード」の2曲が原曲である。私はこの作品が気に入った。
5曲目「Vermont Counterpoint」は、加藤訓子も演奏しているライヒの作品(原曲は(それぞれ複数の)フルート、ピッコロ、アルト・フルートための)。加藤訓子よりソフトな演奏をしている(・・・というか、アプローチが違う)。

Nathaniel Bartlett は Vermont Counterpoint を360度マルチ・チャンネル・サラウンドで聞くことを推奨しているようだ(リスナーはそのセンターに位置することができると言っている)。しかし、そんなオーディオ環境持ってる人、少ないでしょう・・・ホームシアター以外では・・・。
(2013−1−27)

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ