2012年4月28日 (土)

サルヴァトーレ・シャリーノ作曲「松尾芭蕉の俳句による12のマドリガル」

12_madrigali

Salvatore Sciarrino (*1947)
12 Madrigali (2007)

Part I
1 Quante isole! - Tempo d'altro spazio 04:13
2 Ecco mormorar l'onde - In attesa (non troppo lento) 04:13
3 La cicala! - Andante 02:51
4 Rosso, così rosso - Con slancio 03:22
5 O lodola - Alto volando 03:03
6 Sole alto - Disteso ma non lento 02:45

Part II (a specchio infedele)
7 Quante isole! - Tempo d'altro mare 03:59
8 Ecco mormorar l'onde - Tempo d'attesa 02:29
9 La cicala! - Andante 02:44
10 Rosso, così rosso - Lentissimo 03:07
11 O lodola - Gocce di parole 02:35
12 Sole alto - Col canto si alterna un tempo stretto 03:33

Total time: 38:54

Neue Vacalsolisten Stuttgart
World premiere live recording
August 3, 2008, Kollegienkirche Salzburg
2009 col legno

【収録情報】(HMV.co.jp より)
・シャリーノ:松尾芭蕉の俳句による12のマドリガル (2007)
 ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルト
  サラ・スン、スザンヌ・ライツ=ロレー(ソプラノ)
  トゥルイケ・ファン・デア・ペル(メゾ・ソプラノ)
  ダニエル・グローガー(カウンターテノール)
  マルティン・ナジ(テノール)
  グリエルモ・アンツォレーナ(バリトン)
  アンドレアス・フィッシャー(バス)

 録音時期:2008年8月3日
 録音場所:ザルツブルク、大学教会
 録音方式:デジタル(ライヴ)






12 Madrigali

Quante isole!
In frantumi
lo specchio del mare

Ecco mormor l'onde
è ritmo
di vento profumato

La cicala!
Assorda nella voce
un'aura di campane

Rosso, così rosso
il sole fugge
vento d'autunno

O lodola
non basta al canto
un lungo giorno

Sole alto
mare di cicale
bevono le rocce

12 Madrigals

How many islands!
Shattered
the mirror of the sea

This murmur of wave
rhythm
of the scented wind

The cicada!
Deafening in sound
an aura of bells

Red, so red
the sun takes flight
autumn wind

Oh skylark
the song is not done
in a long day

Empyrean sun
sea of cicadas
the rocks are drinking

島々や千々に砕きて夏の海(しまじまやちぢにくだきてなつのうみ)松島の島々は自然の力によって夏の海に千々に砕かれている

さざ波や風の薫りの相拍子(さざなみやかぜのかほりのあひびやうし)さざ波が風の薫りに相の手の拍子をつけている

撞鐘もひびくやうなり蝉の声(つきがねもひびくやうなりせみのこゑ)蝉の声に促されてつきがねも響くようだ

あかあかと日は難面くも秋の風(あかあかとひはつれなくもあきのかぜ)明るい太陽の光が無情に差しているなか秋の風が吹いている

永き日も囀り足らぬひばり哉(ながきひもさへづりたらぬひばりかな)長い春の日に一日中さえずってもひばりはさえずり足りないようだ

閑かさや岩にしみ入る蝉の声(しづかさやいはにしみいるせみのこゑ)岩にしみいるほど大声で蝉が鳴いているのがむしろ静かさを感じさせる

最初聴いたときは、シャリーノは芭蕉の句を正しく解釈していないと感じたが、何度か聴くうちに、よくできていると思うようになった。

「さざ波や風の薫りの相拍子」では手拍子のような音が聞こえる。
「あかあかと日は難面くも秋の風」では「fugge(飛ぶ)」という語が強調されていて暑苦しさを表していると思う。
「撞鐘もひびくやうなり蝉の声」「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」では、蝉の声が連続音で模倣されている。

【追加】
パート2の「a specchio infedele(to unfaithful mirror)」は変奏曲のようなもの。

2012年2月28日 (火)

ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲『ガラスを通して聞こえる声』 シャリーノ作曲『無限の闇』

Sciarrino

SALVATORE SCIARRINO (*1947)
Le voci sottovetro
Infinito nero

(01) Salvatore Sciarrino / Carlo Gesualdo (1561 - 1613)
Le voci sottovetro (1999) Gagliarda del Principe di Venosa 1:41
(02) Torquato Tasso(1544 - 1595)
Lettere poetiche (1583) A Girolamo Mercuriale, Padova 3:50
(03) Salvatore Sciarrino / Carlo Gesualdo
Le voci sottovetro, Tu m'uccidi, o crudele 3:27
(04) Torquato Tasso
Lettere poetiche (1585) A Maurizio Cataneo, Roma 5:01
(05) Salvatore Sciarrino / Carlo Gesualdo
Le voci sottovetro Canzon francese del Principe 4:47
(06) Torquato Tasso
Lettere poetiche (1586) A Giovan Battista Cavallara 2:28
(07) Salvatore Sciarrino / Carlo Gesualdo
Le voci sottovetro Moro, Lasso 4:41
(08) Salvatore Sciarrino
Infinito nero Estasi di un atto (1997-98) 26:39

(01) ガラスを通して聞こえる声 - ヴェノーサ公爵のガイヤルド(ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲/器楽曲)1:41
(02) 詩的な手紙 - パドヴァのジローラモ・メルクリアーレ宛(タッソーの手紙の朗読)3:50
(03) ガラスを通して聞こえる声 - あなたはわたしを殺す、おお、残酷な人よ(ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲/声楽曲)3:27
(04) 詩的な手紙 - ローマのマウリツィオ・カターネオ宛(タッソーの手紙の朗読)5:01
(05) ガラスを通して聞こえる声 - 王子のフランスの歌(ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲/器楽曲)4:47
(06) 詩的な手紙 - カヴァッラーラのジョヴァン・バッティスタ宛(タッソーの手紙の朗読)2:28
(07) ガラスを通して聞こえる声 - 苦しみ、もだえ(ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲/声楽曲)4:41
(08) 無限の闇(シャリーノ作曲/声楽曲)26:39

TT: 52:45

Sonia Turchetta, mezzosorano
Carlo Sini, rezitation
ensemble recherche
Recording: 1998 / 99
KAIROS

このアルバムは、第1曲から第7曲までは、シャリーノが編曲したジェズアルドの作品と、トルクァート・タッソー(Torquato Tasso 1544 - 1595)の手紙の朗読(イタリア語)が、交互に収録されている。

(ジェズアルドの原曲は上記ユーチューブで一部聴くことができます)

「ガラスを通して聞こえる声」と名付けられたジェズアルドの作品集と、タッソーの手紙に、どういう関係があるのか、正直言って私には分からない。リーフレットに、タッソーの手紙の英語訳が付いているがよくわからない。

だが、ウィキペディアに、

しかし(タッソーは)『解放されたエルサレム』の内容が異端と見られることを恐れ、一部を書き改めたが、そのことを心痛し精神に異常を来し、公によって1577年に幽閉された。一度脱出したが再び聖アンナ病院に収容され、7年間を過ごした(1579年 - 1586年)ウィキペディアより

とあるので、このアルバムに取り上げられたタッソーの手紙は、彼が精神に異常を来し幽閉されていたときに書かれたものであることが分かる。

--

第8曲「無限の闇」は管弦楽伴奏(8人)を伴うある種のオペラである(ソプラノ独唱)。なぜなら、歌詞に演技やジェスチャーの指示が付いているからである。
歌詞はシャリーノによる。

その歌詞は、サンタ・マリア・マッダレーナ・デ・パッツィ(Saint Maria Magdalene de Pazzi 1566 - 1607) が残した言葉に基づきシャリーノが書いたものである。マリア・マッダレーナ・デ・パッツィは著書を残していないらしい。シャリーノがもとにしたのは、彼女が宗教的なエクスタシー(霊的体験)のときに発した言葉であり、それは口述筆記されたものらしい。「無限の闇」の歌詞ドイツ語訳がリーフレットに付いている(英語訳は付いていない)が、その歌詞はそれほど難しい内容ではない。ある種の幻覚の際に発せられた「うわごと」のようなものに思える(イタリア語が堪能な方は下記をご参照ください)。

シャリーノ曰く:

She did not "speak" - words actually shot out of her like a machine gun and then she fell silent for a long period.
That is really a crazy situation, a very direct form of pathology.
「彼女は話さなかった。彼女の言葉は機関銃を撃つように発せられた。そのあと彼女は長い期間、沈黙した。
それは本当に狂ったシチュエーションであり、まさに典型的な病理の現れである」

--

私がこのアルバムに興味を抱いたきっかけは、第8曲「無限の闇」を kairos-music.com で試聴したことであった。その奇妙な歌唱に魅力を感じたからであった。

なんだか私は最近、よく分からない音楽(あるいは気味の悪い音楽)に惹かれる。
繰り返すが、このアルバムは全部イタリア語で歌われ語られているので、イタリア語が堪能な方は、このアルバムを深く理解することができ、そしてその真の魅力を味わうことができるのかも知れない。

l'anima si trasformava nel sangue, tanto da non intendere poi altro che sangue, non vedere altro che sangue, non gustare altro che sangue, non sentire altro che qangue, non pensare altro che di sangue, non potere pensare se non di sangue. E tutto ciò che operava la sommergeva e profondava in esso sangueinfluirsi influssi influiva rinfluiva e il sangue influiva rinfluiva influssi rinfluire rinfluiscerinfluisce influssi rinfluivono influssi rinfluivono superesaltandoallora il Santo mi versò sul capo un vaso e il sangue mi coperse tutta. Anche la Santa versò. Il latte mescolandosi col sangue mi fa una bellissima veste. Obumbrata la facciao, o, o (silenzio) o, o, o (sil.)o se le piante potessino avere amore, non griderebbero altroo, io non lo so (sil.)timui timore amoris. Timui timore amoris. Timui timore amoris (sil.)ma dillo, ma dillomors intravit per fenestras. Ma tu perchéfigure immagini e facce, aspirazione, inspirazione e respirazione in te (sil.)vienisul corpo tuo aperture a noi incognite. Usci, finestre, buche, celle, forami di cielo, caverne. Senza fondo stillanti. Sono le piaghe dentro cui mi perdovieni, vienicon la corona : le sue spine, lunghe, trapassano il Padre Eterno in cieloegli scrive su di me con il sangue. Tu con il latte della Vergine. Lo Spirito con le lagrimevieninon si aprino le nuvole, si bene il vergineo ventre (sil.) si mavieni, vieni, deh, vieni, o, vieni vieni (sil.)ohimé, vivendo muoio (sil.) o, o, o (sil.)(stando un poco si pone a sedere)orsù eccomi in terra (sil.) non posso ir più giù io (sil.) et sì (sil.) o savia pazzia (sil.)(aprendosi nelle braccia tutta si rilassa, ferma ferma. E poi comincia a divincularsi : gesti e moti che pare si consumi, per un pezzo)io non intendo (sil.) è meglio il tuo, sì, sì (sil.) ohimé (sil.) tu sei senza fine, ma io vorrei veder in te qualche fine

Salvatore Sciarrino nach Maria Maddalena de' Pazzi

【Amazon.de へのリンク】
Salvatore Sciarrino: Infinito Nero / Le Voci Sottovetro
全曲試聴できます。

【2012−2−29 追加】
いま気づいたが、この演奏は指揮者がいない。


2012年2月12日 (日)

アナ・シュピーナの『無伴奏ヴィオラ作品集~アペルギス、シャリーノ、ベルント・アロイス・ツィンマーマン、グリゼー』

Anna_spina

Works for Viola Solo
Anna Spina, viola

Georges Aperghis (*1945)
[01] Volte-Face (2001) 09:53

Salvatore Sciarrino (*1947)
[02] Ai limiti della notte (1979) 09:22

Bernd Alois Zimmermann (1918 - 1970)
[03] Sonate für Viola solo (1955) 09:10

Salvatore Sciarrino (*1947)
Tre notturni brillanti (1974) 09:20
[04] di volo 03:27
[05] scorrevole e animato 03:24
[06] prestissimo precipitando 02:29

Gérard Grisey (1946 - 1998)
[07] Prologue (1976) 16:59

total time 54:45

アペルギス:180度の顔
シャリーノ:夜の果て
ベルント・アロイス・ツィンマーマン:無伴奏ヴィオラ・ソナタ
シャリーノ:3つの華やかな夜想曲
グリゼー:プロローグ
アナ・シュピーナ(ヴィオラ)
2007 / 2008年録音
NEOS

おすすめ度:★★★★

聴き応えあり。だが私の好みにあわなかった。

私は、この CD を、英国アマゾンにて、1,659 円(送料込み)で購入したが、HMV.co.jp では、3,082 円(2012年2月現在)というのは高すぎる。

ホスプロヴァーのアルバムが、チェコの作曲家の作品を集めたものであるのに対し、アナ・シュピーナのは、ギリシャ、イタリア、ドイツ、フランスの作曲家の作品を取り上げている。

HMV.co.jp のユーザーレビューに書いてあるとおり「シャリーノ:夜の果て」が静かで良いと思う。他の曲は、特殊奏法や技巧に走りすぎて趣に欠けるような気がする。

ベルント・アロイス・ツィンマーマンの「無伴奏ヴィオラ・ソナタ」は、生後まもなく亡くなったツィンマーマンの娘の死を悼んだレクイエムである。ルターのコラール「御身はたたえられよ、イエス・キリストよ(Gelobet seist du, Jesu Christ)」が使われている。そのコラールはバッハの「クリスマス・オラトリオ」に使われたコラールである(下記)。

「グリゼー:プロローグ」はやはり「音響空間 Les espaces acoustiques」と繋げて聞かないと面白くないと思った。

Gelobetseistdu07
Bach Cantatas Website より


2011年12月27日 (火)

サルヴァトーレ・シャリーノ作曲『同心円の詩の上で』

Sciarrino

Salvatore Sciarrino (*1947 )
Sui poemi concentrici (1987)
ensemble recherche
Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin / Peter Rundel
Recording: 2004
KAIROS

CD1
(01) Part I 46:51

CD2
(01) Part II 48:48

CD3
(01) Part III 45:29

TT: 02:21:08

【kairos-music.com へのリンク】
SALVATORE SCIARRINO - Sui poemi concentrici

【HMV.co.jp へのリンク】
サルヴァトーレ・シャリーノ『同心円の詩の上で』 アンサンブル・ルシェルシュ、ルンデル&ベルリン放送響(3CD)

【収録情報】
シャリーノ:『同心円の詩の上で』I・II・III (1987) ~独奏者と管弦楽のための
・I:チェロと管弦楽のための
・II:フルート、クラリネット、チェロと管弦楽のための
・III:フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・モーレと管弦楽のための
 アンサンブル・ルシェルシュ:
  ルーカス・フェルス(チェロ)
  マーティン・ファーレンボック(フルート)
  岡静代(クラリネット)
  メリーゼ・メリンガー(ヴァイオリン)
  バーバラ・マウラー(ヴィオラ・ダモーレ)
 ベルリン放送交響楽団
 ペーター・ルンデル(指揮)

 録音時期:2004年1月13-16日
 録音方式:デジタル
(HMV.co.jp より)

なにかと騒がしい世の中なので、こういう静かな音楽は気持ちいい。非常に気に入った。

Amazon.co.jp で買うと安かった。


その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ