2011年9月20日 (火)

スザンナ・マルッキ指揮 ブルーノ・マントヴァーニ作曲「7つの教会 (2002)」ほか

Le_sette_chiese

ブルーノ・マントヴァーニ(Bruno Mantovani 1974 - )
7つの教会 Le Sette Chiese (2002) [40' 17]
ストリート Streets (2007) [15' 01]
月の閃光 Eclair de Lune (2006) [20' 45]
IRCAM / Ensemble Intercontemporain
Susanna Mälkki, conductor
Recording: 2007
KAIROS

これは、「月の閃光」のみが良い。

「7つの教会」は標題音楽なのだが、その標題と音楽がうまくつながっていない。マントヴァーニの解説を読んでも、標題の意味、標題と音楽の関係は、正直言って私にはわからん。

「ストリート」は、マントヴァーニ自身が「私の音楽言語におけるラディカルな『問い』である」と言ってる割には、ラディカルじゃないし、やはり面白くない。

「月の閃光」は、「ピアノ・ソナタ」「生楽器のアンサンブルとエレクトロニック」「3つのブリキの太鼓のための協奏曲」であり、それら3つのグループが空間的に割り当てられた作品(a study on the spatial distribution of instrumental groups)であり、シンプルで聴きやすいし面白い。この曲でピアノを弾いている Hideki Nagano という人は、うまいと思う。

スザンナ・マルッキの指揮は、どの作品も丁寧で悪くないが、「7つの教会」は、ジャズのドラマーを使ったほうが良かったのではないだろうか。

【追加】
ブルーノ・マントヴァーニ(1974 - )は、2010年8月2日より、36歳と言う異例の若さでパリ国立高等音楽・舞踊学校院長に就任した(ウィキペディアより)

2011年9月 9日 (金)

ブルーノ・マントヴァーニ作曲 瞑想された死(La Morte Meditata)ほか

Troisime_round

Bruno Mantovani (*1974 )
Troisième Round (2001) pour saxophone et ensemble [20' 29]
La Morte Meditata (1999) pour mezzo-soprano et ensemble instrumental [28' 31]
Turbulences (1998) pour ensemble [11' 01]
Sylvia Marini - Vadimova (mezzo - soprano)
Vincent David (saxophone)
Laurent Cuniot (direction)
Ensemble TM+
Recording: 2003
Aeon

最近私は、音楽より、音を聞くようになった。

大音量で聞いて良くないものは聞きたくない。
この CD は、大音量で聞いても面白くない。

Troisième Round (2001)
これは、小協奏曲のような曲(ソロを除いて 12 人のアンサンブルによる)。
フルート、オーボエ、弦、打楽器の前奏のあと、サクソフォンが、まず、自由なジャズっぽいソロを演奏し、次に、統一的な音形(モチーフのようなもの)を演奏する。この曲は、独奏者がテナー、アルト、ソプラノ、バリトン・サックスを持ち替えて演奏する。曲の終わりの最後の1分ぐらいのところでようやく盛り上がるが、やっぱり、マントヴァーニの未熟さが感じられる。

La Morte Meditata (1999)
ジュゼッペ・ウンガレッティ(1888 - 1970)の詩による。
この詩は翻訳不能なのか翻訳禁止なのか知らないないが、ブックレットに対訳が載ってない。
フランス語の対訳を見つけたので転載する。
http://www.arsmusica.be/archive/cms/aoeuvre_en.php?oobj=artoe&iobj=279¬ice=y より







Giuseppe Ungaretti,
La Morte Meditata (1932), extraite du recueil: Sentimento del Tempo, in : Vita d'un uomo (Tutte le poesie)


CANTO PRIMO

O sorella dell'ombra,
Notturna quanto più la luce ha forza,
M'insegui, morte.

In un giardino puro
Alla luce ti diè l'ingenua brama
E la pace fu persa,
Pensosa morte,
Sulla tua bocca.

Da quel momento
Ti odo nel fluire della mente
Approfondire lontananze,
Emula sofferente dell'eterno.

Madre velenosa degli evi
Nella paura del palpito
E della solitudine,

Bellezza punita e ridente,

Nell'assopirsi della carne
Sognatrice fuggente,

Atleta senza sonno
Della nostra grandezza,

Quando m'avrai domato, dimmi:

Nella malinconia dei vivi
Volerà a lungo la mia ombra?


CANTO SECONDO

Scava le intime vite
Della nostra infelice maschera
(Clausura d'infinito)
Con blandizia fanatica
La buia veglia dei padri.

Morte, muta parola,
Sabbia deposta come un letto
Dal sangue,
Ti odo cantare come una cicala
Nella rosa abbrunata dei riflessi.


CANTO TERZO

Incide le rughe segrete
Della nostra infelice maschera
La beffa infinita dei padri.

Tu, nella luce fonda,
O confuso silenzio,
Insisti come le cicale irose.


CANTO QUARTO

Mi presero per mano nuvole.

Brucio sul colle spazio e tempo,
Come un tuo messaggero,
Come il sogno, divina morte.


CANTO QUINTO

Hai chiuso gli occhi.

Nasce una notte
Piena di finte buche,
Di suoni morti
Come di sugheri
Di reti calate nell'acqua.

Le tue mani si fanno come un soffio
D'inviolabili lontananze,
Inafferrabili come le idee,

E l'equivoco della luna
E il dondolio, dolcissimi,
Se vuoi posarmele sugli occhi,
Toccano l'anima.

Sei la donna che passa
Come una foglia

E lasci agli alberi un fuoco d'autunno.


CANTO SESTO

O bella preda,
Voce notturna,
Le tue movenze
Fomentano la febbre.

Solo tu, memoria demente,
La libertà potevi catturare.

Sulla tua carne inafferrabile
E vacillante dentro specchi torbidi,
Quali delitti, sogno,
Non m'insegnasti a consumare?

Con voi, fantasmi, non ho mai ritegno,

E dei vostri rimorsi ho pieno il cuore
Quando fa giorno.


La Mort Méditée (1932) - extraite du recueil Sentiment du Temps, du recueil Vie d'un homme (Poésie 1914-1970)
Editions de Minuit/ Gallimard, 1973


CHANT PREMIER

O toi soeur de l'ombre,
Nocturne, d'autant plus que le jour a de force,
Tu me poursuis, ô mort.

C'est dans un jardin pur
Qu'une convoitise ingénue te donna le jour
Et la paix sur ta bouche
Fut perdue, mort pensive.

Et depuis ce moment, dans le flux de l'esprit
Je t'entends
Approfondir les distances,
Émule souffrante de l'éternel.

Mère venimeuse des temps
Dans la peur du battement de coeur
La peur de la solitude,

Beauté punie et riante,
Songeuse fuyante
En l'assoupissement de la chair,

Et de la grandeur humaine
Athlète sans aucun sommeil!

Quand tu m'auras dompté, dis-moi:
Dans la tristesse des vivants
L'ombre volera-t-elle longtemps?

Traduction: Pierre Jean Jouve

CHANT SECOND

Elle creuse l'intime vie
De notre masque de malheur
D'une caresse fanatique,
La sombre veillée des pères
Ou prison d'infini.

Mort, ô mot très muet
Sable laissé comme un lit
Par le sang,
Je t'entends chanter comme une cigale
Dans la rose veuve de reflets.

Traduction: Pierre Jean Jouve

CHANT TROISIEME

Grave les secrètes rides
De notre masque de malheur
Le sarcasme sans fin des pères.

Toi dans la lumière profonde,
O silence confus,
Insistant comme les cigales irritées.

Traduction: Philippe Jaccottet

CHANT QUATRIEME

Des nuages m'ont pris par la main.

Je brûle espace et temps sur la colline
Tel un de tes messagers,
Tel le rêve, divine mort.

Traduction: Philippe Jaccottet

CHANT CINQUIEME

Tu as fermé les yeux.

Et naît une nuit vague
Pleine d'irréels creux,
De sons morts, comme bruit de liège,
De filets descendus dans l'eau.

Tes mains se transforment en souffle
D'inviolables lointains
Imprenables comme les images;

Et l'équivoque de la lune
Et le balancement, très doux,
Si tu me les poses tes mains
Sur les yeux, atteignent l'âme.

Tu es la femme qui passe
Comme une feuille
Et qui laisse aux arbres un feu d'automne.

Traduction: Pierre Jean Jouve

CHANT SIXIEME

O belle proie,
Nocturne voix,
Tes mouvements
Meuvent l'ardeur de soif!

O mémoire démente, rêve,
Tu captures la liberté.

Et dans les yeux tu fais trembler
Des brisures de miroir.

Sur ton insaisissable chair
Quels crimes ne m'as-tu pas enseignés?

Fantômes, avec vous je n'ai nulle réserve,
Quand on ouvre les yeux
L'éclat du jour est plein de vos remords.

Traduction: Pierre-Jean Jouve

フランス語を読める人なら、上記フランス語訳を読めばその難解さが分ると思う。ウィキペディアのジュゼッペ・ウンガレッティの項に「簡潔でありながら従来の詩の伝統を越え出る新たな詩表現」とあるが、この詩は、イタリア語のニュアンスを読める人でないと読めない詩ではないかと思う。そういう詩に、たとえ、良い音楽をつけたとしても鑑賞するのは難しいのでないだろうか(少なくとも私には無理)。ルカ・フランチェスコーニの「エティモ」を聴いて「悪の華」を改めて読んでみたくなったが、マントヴァーニの「La Morte Meditata」を聴いてウンガレッティの詩を読みたくはならなかった。題材が難解すぎる。マントヴァーニは、ウンガレッティの詩に創意工夫して付曲していると思うが、この題材を取り上げたのは彼の勇み足ではなかったのか、と私は思う。


2011年9月 6日 (火)

ブルーノ・マントヴァーニ作曲 2つのヴィオラのための協奏曲 (2007 - 2008)

Mantovani

Bruno Mantovani (*1974 )
Concerto (2007 - 2008) pour deux altos et orchestre [38' 36]
Time Stretch (on Gesualdo) (2005) pour orchestre [15' 54]
Finale (2007) pour orchestre [14' 48]
Tabea Zimmermann, alto
Antoine Tamestit, alto
Orechestre Philharmonique Royal de Liège
Pascal Rophé, direction
Recording: 6 - 10 / 07/ 2009
Aeon

現代作曲家の作品に迷い込んでしまった。

スザンナ・マルッキが指揮した「7つの教会 (2002)」は未熟さを感じさせるが、このアルバムの「2つのヴィオラのための協奏曲」「タイム・ストレッチ」「フィナーレ」において、ブルーノ・マントヴァーニは暴力的になった。「2つのヴィオラのための協奏曲」は、独奏楽器が作品に若干の軟らかさを与えていると思うが、「タイム・ストレッチ」「フィナーレ」は暴力的なだけじゃないかと思う。「2つのヴィオラのための協奏曲」は大きな規模の作品であり聴き応えがあるが、大音量で聴くと激しすぎて美しくない。パスカル・ロフェが指揮するリエージュ・フィルハーモニー管弦楽団は、デュティユーのチェロ協奏曲「遥かなる遠い国へ」において明快な演奏を聴かせていたが、このアルバムは(繰り返すが)激しすぎて美しくない。

A very obvious musical coherence unites the three pieces of this recording. The most notable aspect is doubtless the evolution of my concertante writing and the relationship to the soloist within the orchestra, even in works that are not a priori concertante: thus, Finale brings the solo flute to the fore, and Time Stretch, the clarinet.

非常に明白な音楽の一貫性が、この録音の3作品を結びつけています。最も注目に値する側面は、疑いなく、私のコンチェルタンテ書法の発展と、オーケストラ内部の独奏者と私との関係の発展です。ア・プリオリなコンチェルタンテではない作品においてもそのことが言えます。すなわち「フィナーレ」においてはフルート独奏が、「タイム・ストレッチ」においてはクラリネットが独奏がそれに当たります。(ブックレットのインタビューより)

2曲目「ジェズアルドによるタイム・ストレッチ(Time Stretch on Gesualdo」が、ジェズアルドの音楽とどんな関係があるのか私には分らないが、そんな伝統がイタリア作曲家の魅力であると思う。

In addition, this madrigal, S'io non miro non moro, lends itself superbly to my exercise, from a formal as well as a harmonic point of view. Filtered of its redundant harmonies, it gives an extremely modern harmonic grid.

加えて、(ジェズアルドの)マドリガル「S'io non miro non moro」は、すばらしい練習になりました。形式的な視点においても、和声的な視点においてもです。余剰なハーモニーというフィルターを通して、その作品は超モダン的和声のグリッドを与えます。(ブックレットのインタビューより)

【訂正】ブルーノ・マントヴァーニは、フランスの作曲家でした。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ