2017年9月 8日 (金)

太陽フレア ピーク過ぎるも数日間は警戒を(2017年9月7日)/太陽で大規模爆発 8日地球に影響出るおそれ(2017年9月7日)

太陽フレア ピーク過ぎるも数日間は警戒を

「太陽フレア」と呼ばれる太陽表面の爆発現象で放出された電気を帯びた粒子が、8日午前中から地球に到達し、日本でも磁場の乱れが観測されました。国立研究開発法人の情報通信研究機構は、今回のフレアによる磁場の乱れは午前中にピークを過ぎたものの、太陽活動は引き続き活発で、新たなフレアの発生も考えられることから「今後、数日間は警戒が必要だ」としています。(2017年9月8日 16時43分 NHK オンラインより)


太陽で大規模爆発 8日地球に影響出るおそれ

Flare
(C) NHK

太陽の表面で「太陽フレア」と呼ばれる大規模な爆発現象が起きた影響で、8日午後から深夜にかけて電気を帯びた微粒子が地球に到達し、GPSや無線通信などに影響が出るおそれがあるとして、国立研究開発法人の情報通信研究機構が注意を呼びかけています。(2017年9月7日 20時05分 NHK オンラインより)

(下に続く)

続きを読む "太陽フレア ピーク過ぎるも数日間は警戒を(2017年9月7日)/太陽で大規模爆発 8日地球に影響出るおそれ(2017年9月7日)" »

2017年6月 9日 (金)

77万年前の地層 国際標準地の登録申請 チバニアンか/およそ77万年前に地球の磁場が逆転(?)

77万年前の地層 国際標準地の登録申請 チバニアンか

Chiba
(C) NHK

およそ77万年前に地球の磁場が逆転したときの痕跡を残している千葉県市原市の地層について、茨城大学などのグループは、地球の歴史の一時代を代表する「国際標準地」としての登録を目指し、7日、国際学会に申請しました。申請どおりに認められればこの地層が示す時代に「千葉時代」を意味する「チバニアン」と名付けられる可能性があり、審査の行方が注目されます。(2017年6月7日 21時02分 NHK オンラインより)

(下に続く)

続きを読む "77万年前の地層 国際標準地の登録申請 チバニアンか/およそ77万年前に地球の磁場が逆転(?)" »

2017年6月 8日 (木)

広江克彦先生の『趣味で量子力学2 / オンデマンド(ペーパーバック)』/POD(プリント・オン・デマンド)という出版形態

Quantum_2

広江克彦著『趣味で量子力学2 / オンデマンド(ペーパーバック)』


私は最近、クラシック音楽をあまり聴いてない。最近購入したクラシック音楽の CD はクリスティアン・ティーレマンのブルックナー4番スティーヴン・クレオベリーのメサイアである(いずれも5月末に購入)。そのいずれも名演だが、前者は私のあまり好きではない作品であり私はそれをあまり聴き込んでいない。そして後者メサイアは、それを何度も聴くのは毎度毎度クリスマス気分にさせられるのでたまにしか聴かない(もっともメサイアはクリスマスのために書かれた作品ではないが・・・)。それらより前に購入したのはベームのドン・ジョヴァンニシノーポリのマーラー(4月下旬購入)であるが、それらはいずれも私の自宅の火災(2009年)で焼損したものを買い戻したものであり、私は火災の前にそれらをよく聴いたものだ。上記より前に、新譜としては購入したのはアン=ヘレナ・シュリューターの平均律 第1巻(4月購入)・・・これは全曲を聴き通すのに体力がいるからあまり聴いてない。そしてその前に購入したもので気に入ったものはシモーネ・ヤングの指輪全曲(昨年11月購入)。←私はこれをちびりちびり聴いている。

前置きが長くなったが、要するに、私は、最近、もしかしたら、クラシック音楽の鑑賞より物理学の学習に、より多くの時間を費やしている。そんな中、アマゾンJP より、広江克彦先生の『趣味で量子力学2 / オンデマンド(ペーパーバック)』が発売されたのでそれを予約注文した。この本は一般の書籍とは異なり「POD(プリント・オン・デマンド)」という出版形態で発売されてあり「ご注文をお受けしてから一冊ごとにすぐに印刷製本し、ほとんどお待たせすることなく発送されます(アマゾンより)」という書籍である。私はそれを、本日(発売日の翌日。6月8日)受領した(迅速!)。「この POD(アマゾン・プリント・オン・デマンド)という本はホントに本なのか」という・・・一抹の不安があったが、実物を手に取ると、これは何の変哲もない本だ・・・と、言いたいところだが、この『趣味で量子力学(第2巻)(POD版)』は、広江克彦著『趣味で量子力学(第1巻)(普通の書籍)』に比べると製本は若干もろいと思った。すなわち私の経験上、それ(POD による本)は、洋書(のペーパーバック)の製本に似ていると思った。それ(POD による本)を無理に開くとページが取れるという心配は皆無ではないと思った(勿論、良い子は本を無理に開いたりしないで下さいね)。だが、それ(POD による本)は普通に読むのであればページが取れるということはない。
POD(プリント・オン・デマンド)という出版形態は、この本が最初(の試み)ではないと思うが、もしかしたら、この本『趣味で量子力学(第2巻)』は今後、アマゾンの書籍販売方法として良き先例になりそうだ・・・。(下記画像参照のこと)




Quantum_mechanics
(C) 『趣味で量子力学(第1巻)』と『趣味で量子力学(第2巻)』


Quantum_mechanics_1
(C) 『趣味で量子力学(第1巻)』と『趣味で量子力学(第2巻)』←上の画像、表紙に黒い影のような模様がありますが、それは実物にはありません。


Quantum_mechanics_4
(C) 『趣味で量子力学(第2巻)』 74〜75ページ。文字は美しい(ココをクリックすると大きくなります。ただし、jpg ファイル 972KB)。


Quantum_mechanics_2
本を無理に開くと、ページの縫い目が見えるのが「洋書」(のペーパーバック)の製本に似ているなあと思った(ココをクリックすると大きくなります。ただし、jpg ファイル 1.4MB)。


【参照】

サイト『EMANの物理学』


【しつこく画像を追加しました(2017−6−12)】

Quantum_mechanics_1
『趣味で量子力学(第1巻)』は、ページを強く開いてもページの縫い目は見えない。


Quantum_mechanics_2
上から見た『趣味で量子力学(第2巻)』(左)と『趣味で量子力学(第1巻)』(右)
『趣味で量子力学(第1巻)』(右)のほうが複雑で丁寧な製本に見える。
一方『趣味で量子力学(第2巻)』(左)は洋書のペーパーバックの製本のように見える。←しかしそれは普通に見かけられる製本である。それは普通に利用すれば破損しない。


【2017年8月22日 追加】

私は『趣味で量子力学(第2巻)POD版』を、2017年6月8日に入手しその日から読み始めたが2017年8月22日現在、その本はページが取れたりしていないし、且つ破損していない。

2017年3月20日 (月)

国内の重力値の基準 約40年ぶりに改定(2017年3月20日)/私は宇宙に行って無重力を体感するより地球に居て重力を体感するほうがよっぽど楽しい

国内の重力値の基準 約40年ぶりに改定

Gravity
(C) NHK 「この測量標を移転き損すると測量法により罰せられます」と書いてある

ものの重さや土地の標高などを決める際に使われる国内の重力値の基準が、最新のデータなどをもとに、およそ40年ぶりに改定されました。新たな基準では、広い範囲で重力値が小さくなり、大人では髪の毛数本分ほど体重が軽くなる変化になるということです。(2017年3月20日 4時34分 NHK オンラインより)

(下に続く)

続きを読む "国内の重力値の基準 約40年ぶりに改定(2017年3月20日)/私は宇宙に行って無重力を体感するより地球に居て重力を体感するほうがよっぽど楽しい" »

2017年2月18日 (土)

【メモ】 ダニエル・フライシュ著「物理のためのベクトルとテンソル」より「テンソルの応用」「慣性テンソル」をコピーする/このエントリーは完結しない/そして不完全

このエントリーは完結しない。そして不完全。
だがメモとして。
とにかく、ブログに掲載し、それを眺めていると、分からないことが分かるかも知れない。
手段として。


ダニエル・フライシュ(Daniel Fleisch)著「物理のためのベクトルとテンソル」181ページの「6 テンソルの応用」「6.1 慣性テンソル」より。

慣性モーメント = (回転運動の場合の)質量のアナロジー

位置(x) = 角度(θ)
速度(v) = 角速度(ω
加速度(a) = 角加速度(α
力(F) = トルク(τ
質量(m) = 慣性モーメント(I)
運動量(p) = 角運動量(L


ニュートンの運動方程式
F = ma ---> τ = Iα


並進運動の運動量  p = mv
角運動量      Lz = Iω


v = ωr (角速度×半径)なので
角運動量 Lz = mvr は
Lz = mvr = mr2ω
mr2 をこの1粒子の慣性モーメント(I)として
Lz = Iω
ただし、この角運動量の2つの式に含まれる v と ω は速度ベクトルではなくスカラー


速度 v と角速度 ω と 位置ベクトル r の間にはベクトル積で表される

v = ω×r

という一般的な関係があります。この×印はベクトル積

また、角運動量 L を運動量 p(あるいは速度 v と質量 m)に関係づける式は

L = r×p = r×(mv) = mr×v・・・(6.2)

今日はここまで。

(下に続く)

続きを読む "【メモ】 ダニエル・フライシュ著「物理のためのベクトルとテンソル」より「テンソルの応用」「慣性テンソル」をコピーする/このエントリーは完結しない/そして不完全" »

2017年1月25日 (水)

ノーベル賞大隅さんから1億円寄付 基金設立(2017年1月25日)

ノーベル賞大隅さんから1億円寄付 基金設立

東京工業大学は、ノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典さんが基礎研究の重要性を訴えていることを受け、若手の研究者や学生を支援する新たな基金を設立したと発表しました。基金には大隅さん自身もノーベル賞の賞金とほぼ同額の1億円を寄付したということで、基礎研究の振興が全国に広まるきっかけになってほしいとしています。(2017年1月25日 17時18分 NHK オンラインより)

(下に続く)

続きを読む "ノーベル賞大隅さんから1億円寄付 基金設立(2017年1月25日)" »

2017年1月 5日 (木)

量子コンピューター実現に不可欠な技術開発 東大(2016年1月3日)/【参考1】 量子テレポーテーションとは?/【参考2】 アインシュタインと量子テレポーテーション

量子コンピューター実現に不可欠な技術開発 東大

現代のスーパーコンピューターでは何千年もかかると言われる極めて複雑な計算を、わずか数時間で解くという、夢の超高速コンピューター「量子コンピューター」の実現に向けて、東京大学のグループが世界的に注目されている「量子テレポーテーション」と呼ばれる現象をめぐり、重要な成果を得たことがわかりました。超高速コンピューターの実現に欠かせない、情報の瞬間移動を無制限に繰り返せるようにする新たな技術の開発の成功で、グループではことしから大規模な計算を精度高く行うための研究を本格化させることにしています。(2016年1月3日 18時37分 NHK オンラインより)

(下に続く)

続きを読む "量子コンピューター実現に不可欠な技術開発 東大(2016年1月3日)/【参考1】 量子テレポーテーションとは?/【参考2】 アインシュタインと量子テレポーテーション" »

2016年8月16日 (火)

相対性理論応用 標高差の精密測量に成功 世界初(2016年8月16日)

相対性理論応用 標高差の精密測量に成功 世界初

Altitude
(C) NHK

アインシュタインの一般相対性理論を応用し、時間が流れる速さの極めてわずかな違いから、2つの場所の標高の差を精密に測ることに、東京大学などの研究チームが世界で初めて成功しました。将来、標高の変化をリアルタイムで把握できれば、火山災害などの予測につながるとしています。(2016年8月16日 4時41分 NHK オンラインより)

(下に続く)

続きを読む "相対性理論応用 標高差の精密測量に成功 世界初(2016年8月16日)" »

2016年8月 7日 (日)

「反物質」が消えた謎に迫る手がかりか(2016年8月7日)

「反物質」が消えた謎に迫る手がかりか

宇宙が誕生したときの「ビッグバン」でできたとされる「物質」と反対の性質をもつ「反物質」がその後、ほとんど消えてしまった謎を解く手がかりが得られたと、素粒子を使った実験を行っている京都大学などのグループが発表し、宇宙の成り立ちに関わる理論の証明につながると期待されています。(2016年8月7日 5時42分 NHK オンラインより)

(下に続く)

続きを読む "「反物質」が消えた謎に迫る手がかりか(2016年8月7日)" »

2016年6月25日 (土)

小学生が見つけた化石 1億2000万年前の哺乳類(2016年6月25日)

小学生が見つけた化石 1億2000万年前の哺乳類

Fossil
(C) NHK

おととし、福井県勝山市で小学生が見つけた化石が、およそ1億2000万年前の哺乳類のもので、全身の骨格の半分以上が残る、極めて珍しいものであることが分かりました。

この化石は、岐阜市に住む小学6年生の舩渡翔琉くん(11)が、おととし6月、福井県勝山市の施設で化石発掘の体験中に見つけました。
石の表面に哺乳類の歯があり、福井県立恐竜博物館が調べたところ、およそ1億2000万年前の、ネズミに似た特徴を持つ「多臼歯類」のものであることが分かりました。
さらに石の内部をCTで調べたところ、頭の後ろから腹の部分までの骨格が、長さ5センチ、幅2.6センチ、厚さ1.3センチの大きさで確認されたということです。元の体長はおよそ13センチと推定され、骨格の半分以上が残っているとみられるということです。
恐竜博物館によりますと、恐竜が生きていた時代の哺乳類の化石は全国で11例見つかっていますが、多くは歯やあごの一部だけで、骨格の多くが保たれているのは極めて珍しいということです。恐竜博物館の宮田和周主任研究員は「生きていた当時の姿をそのまま見ることができる貴重な資料だ」と話しています。
化石を見つけた舩渡くんは「すごく貴重な化石だと聞いて、とてもびっくりしました。恐竜が好きなので、次は恐竜の化石を見つけたいです」と話しています。
(2016年6月25日 18時08分 NHK オンラインより)

>石の表面に哺乳類の歯があり、福井県立恐竜博物館が調べたところ、およそ1億2000万年前の、ネズミに似た特徴を持つ「多臼歯類」のものであることが分かりました。

>恐竜博物館によりますと、恐竜が生きていた時代の哺乳類の化石は全国で11例見つかっていますが、多くは歯やあごの一部だけで、骨格の多くが保たれているのは極めて珍しいということです。恐竜博物館の宮田和周主任研究員は「生きていた当時の姿をそのまま見ることができる貴重な資料だ」と話しています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スカルラッティ, ドメニコ | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ