2015年6月14日 (日)

Wolfgang Rihm: Et Lux für Vokalensemble und Streichquartett (2009)

Et_lux

Wolfgang Rihm (*1952 )

ET LUX
Für Vokalensemble und Streichquartett (2009) [61:32)

Huelgas Ensemble

Axelle Bernage, Sabine Lutzenberger, Sopran
Terry Wey, Achim Schultz, Tenor
Stefan Berghammer, Matthew Vine, Tenor
Tim Scott Whiteley, Guillaume Olry, Bass

Minguet Quartett

Ulrich Isfort, Violine
Annette Reisinger, Violine
Aroa Sorin, Viola
Matthias Diener, Violoncello

Paul Van Nevel, Leitung

--

【前置き】

ヴォルフガング・リーム:『エト・ルクス(そして光)』
ネーヴェル&ウエルガス・アンサンブル、ミンゲット四重奏団

ドイツの作曲家ヴォルフガング・リーム[1952- ]による美しい部分が印象深い作品『エト・ルクス』が、増員ヴァージョンで登場します。
 もともとこの作品はカウンターテノール1名、テノール2名、バス1名の声楽4名と、弦楽四重奏のために書かれていますが、今回のヴァージョンでは、ソプラノ2名、テノール4名、バス2名の声楽8名と、弦楽四重奏で演奏されています。
 声楽パートの人数が2倍になり、上声部がより高い声質にシフトしたため、ルネッサンスっぽい部分の響きの透明度や力強い部分の迫力はさらに増しているものと思われます。
 2009年に書かれたこの『エト・ルクス』は、レクィエムを踏まえ、「そして絶えざる光で照らしたまえ」というラテン語テキストの断片を用いて構成された作品で、そのため今回はベルギーのルネッサンス専門の声楽グループであるウエルガス・アンサンブルが起用されたのかもしれません。弦楽四重奏はドイツのミンゲット四重奏団が受け持っており、この組み合わせでバッハ・フェスティヴァルなどで『エト・ルクス』のコンサートもおこなっています。
 ちなみにミンゲット四重奏団は、芸術は大衆に愛されるものであるべき、と唱えた18世紀スペインの哲学者パブロ・ミンゲットの名を冠したカルテットで、リームの弦楽四重奏作品の全曲録音プロジェクトを手掛けるほか、ルジツカやイェルク・ヴィトマンの弦楽四重奏全曲演奏もおこない、さらにゲルハーヘルなど声楽との共演も重ねるなど多方面で活躍するアンサンブルです。
 パウル・ファン・ネーヴェルは、バーゼル・スコラ・カントルムで学んだベルギーの指揮者。調査・研究も含めてルネッサンス・ポリフォニーの権威としても有名な存在で、手兵のウエルガス・アンサンブルを指揮してこれまで見事な成果を上げてきました。
 8人の声楽と弦楽四重奏によるルネッサンス風現代作品、ECMならではの心地よいサウンドが期待できそうです。(HMV)

【収録情報】

● ヴォルフガング・リーム:『エト・ルクス(Et Lux)』(声楽アンサンブルと弦楽四重奏のための)

 ウエルガス・アンサンブル
 ミンゲット四重奏団
 パウル・ファン・ネーヴェル(指揮)

 録音時期:2014年2月9-10日
 録音場所:アントワープ、Augustinus Muziekcentrum
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

--

ET LUX

In dieser Komposition erklingen Textfragmente der römischen Requiem-Liturgie. Sie erscheinen jedoch nicht "intakt" und in liturgisch korrekter Folge. Eher tauchen sie auf als erinnerte Bestandteile eines - wie in einer Anamnese - schrittweise vergegenwärtigten Zusammenhanges.

Es sind einzelne Wortverbindungen, die - immer wiederkehrend - zentrale Bedeutung ausstrahlen. Ganz im Zentrum: "... et lux perpetua luceat ...". In kreisendem Reflektieren werden die sowohl tröstlichen als auch tief beunruhigenden Schichten dieser Worte vielleicht spürbar.

Wolfgang Rihm

【訳/大意】

この作品では、ローマ(カトリック)のレクイエム典礼文が断片的に歌われる。しかし、それは「完全」ではなく、典礼上の正しい順番に則っていない。むしろ、それらは、一つのアナムネーシス(想起)の中で、少しずつ思い浮かべられた繋がり(文脈)の、回想された成分として浮かび上がる。

何度も繰り返し中心的意味を発するのは、言葉と言葉の結合である。(その繰り返しの)ド真ん中に「絶えざる光でお照らしください ... et lux perpetua luceat ...」が据えられている。それは循環しつつはね返されるが、その際、この(絶えざる光でお照らしくださいという)言葉の積み重ねは、慰めでもあり、また、もしかしたら深く不安をかき立てるものであると、感じられるかも知れない。

ヴォルフガング・リーム

(当該商品リーフレットより)

--

このアイテム(作品)は、コンセプトは良い・・・が、私の主観的感想は、残念ながら肝心の合唱が美しくない・・・もっと神秘的に、そして、むしろ、非ロマン的・非表現主義的に歌われ、演奏されたほうが良かったかも知れない。

2015年3月24日 (火)

グバイドゥーリナとペンデレツキを聴くきっかけは、アンネ=ゾフィー・ムター!!!

Gubaidulina

Bach, J.S.: Violin Concertos BWV1041 & BWV1042; Gubaidulina: Violin Concerto In tempus praesens Anne-Sophie Mutter Valery Gergiev 2007/08年録音

Penderecki

Krzysztof Penderecki: Violin Concerto No.2; Bartok: Violin Sonata No.2 Anne-Sophie Mutter Conducted by Krzysztof Penderecki Lambert Orkis 1995年録音

考えてみれば、私に、グバイドゥーリナとペンデレツキを聴くきっかけを作ってくれたのは、アンネ=ゾフィー・ムターだった。

もしかしたら、ヴォルフガング・リームも?

Rihm

Alban Berg & Wolfgang Rihm: Violin Concertos Anne-Sphie Mutter Chicago Symphony Orchestra James Levine1992年録音

2012年3月31日 (土)

ヴォルフガング・リームの合唱曲集

Astralis

Wolfgang Rihm (*1952 )
Astralis, Fragmenta passionis, Sieben Passions-Texte

Sieben Passions-Texte für sechs Stimmen (2001-2006)
1 I. Tristis est anima mea 2'38
2 II. Ecce vidimus eum 4'19
3 III. Velum templi scissum est 3'36
4 IV. Tenebrae factae sunt 5'33
5 V. Caligaverunt oculi mei 4'29
6 VI. Recessit pastor noster 2'50
7 VII. Aestimatus sum 4'46

8 Astralis ("Über die Linie" III) für kleinen Chor, Violoncello und 2 Pauken (2001) 29'29

Fragmenta passionis
Fünf Motetten für gemischten Chor a cappella (1968)
9 I. Da verliessen ihn 1'20
10 II. Da schrien alle 2'46
11 III. Vater, vergib ihnen 1'27
12 IV. Jesus schrie nochmals 1'35
13 V. Wahrhaftig dieser war Gottes Sohn 2'52

RIAS Kammerchor
Hans-Christoph Rademann, conductor
harmonia mundi s.a.

ヴォルフガング・リーム作曲
6声のための「7つの受難」(2001-2006)
小合唱、チェロと2つのティンパニのための「アストラリス」(ノヴァーリスの「線の上で」より)(2001)
無伴奏混声合唱のための5つのモテット「受難の断片」(1968)

RIAS室内合唱団
ハンス=クリストフ・ラーデマン(指揮)

録音時期:2011年9-11月
録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
録音方式:デジタル(セッション)

「7つの受難」は、マドリガルの伝統に倣う作品。「アストラリス」は、ロマン的、現実逃避が魅力の大作(29分29秒)。「受難の断片」はこのアルバムにおいてボーナストラック的「オマケ」。だが、魅力的断片である。

【歌詞大意】
7つの受難 (2001-2006)
第1曲 私は死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、私と共に目を覚ましていなさい。やがて群衆が来て私を取り囲むだろう。するとあなたがたは逃げるだろう。私はあなた方のためにいけにえとなる。

第2曲 見よ! 汚された御姿を。彼は私たちの罪を負い苦しむ。私たちの咎のため彼は打ち砕かれた。彼の受けた傷によって、私たちは癒された。彼が担ったのは私たちの苦しみ、彼が負ったのは私たちの痛みであった。

第3曲 そのとき、神殿の垂れ幕が真っ二つに裂け、地震が起こった。キリストとともに十字架につけられた盗賊が「主よ、あなたが御国に行かれるときは私のことを思って下さい」と叫んだ。岩が裂け、墓が開いて、多くの聖なる者たちの体が生き返った。

第4曲 ユダヤ人がイエスを十字架につけたとき全地は暗くなった。三時ごろ、イエスは大声で「神よ!なぜわたしをお見捨てになったのですか?」と叫ばれた。イエスは頭を垂れ、息を引き取られた。イエスは大声で「父よ、あなたの御手に私の魂を委ねます」と叫ばれた。

第5曲 私の目は涙にくもります。私の慰めだった人が遠くに行かれたからです。あなた方の悲しみは私の悲しみと同じぐらい悲しいはずです。

第6曲 私たちの羊飼い、命の泉は去って行った。彼が去って行ったので太陽は光を失った。彼は人を虜にするために縛めにつながれた。しかし私たちの救い主は死の門とかんぬきを砕かれた。彼は地獄の牢をこわし悪魔の力を屈服させた。

第7曲 私は、墓穴へと向かう者の一人と数えられる。私は途方にくれ死者となり朽ち果てる。私は奈落に投げ込まれ、死の闇と影に入る。

「アストラリス」(ノヴァーリスの「線の上で」より)(2001)
新しい世界がやって来る。太陽の光が暗くなる。コケむした廃墟に未来は美しく輝く。かつて日常だったものは見慣れぬものに思える。万物は一つになる。時空に秩序はなく、未来と過去に区別がない。愛の国が開く。おとぎの国の走馬灯。自然はいっせいに太古の遊戯を始める。万物が結びつき繁殖し熟し、影を落とし、混ざり合い、深淵を渇望し、本性を回復し、無数の新しい思考を保つ。世界は夢となり、夢は世界となる。そして人は、過ぎ去ったと思われたことが遠くからやってくるのを見る。悲哀も欲情も死も生も深く共鳴する。至高の愛に屈する者は愛の傷を癒すことはない。内なる目に巻かれた縛めは痛みをもって引き裂かれなければならない。純粋な心は孤児となって憂鬱な世界から逃げねばならない。肉体は涙に溶け、世界は巨大な墓となる。心は不安な憧れにやつれ灰となりその墓に落ちる。。

「受難の断片」(1968)
第1曲 弟子たちは皆、イエスを見捨てて逃げてしまった。マルコ 14-50
第2曲 皆は「十字架につけろ」と言った。マタイ 27-22
第3曲 父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。ルカ 23-34
第4曲 イエスは再び大声で叫び、息を引き取られた。マタイ 27-50 成し遂げられた。ヨハネ 19-30
第5曲 本当に、この人は神の子だった。マタイ 27-54

【追加】
「7つの受難」歌詞対訳(注意:誤訳あり)
「アストラリス」歌詞対訳(注意:誤訳あり)

2011年4月16日 (土)

ヴォルフガング・リーム作曲「ルカ受難曲」(1)

Rihm

Wolfgang Rihm
Deus Passus
Passions - Stücke nach Lukas
Juliane Banse
Iris Vermillion
Cornelia Kallisch
Christoph Prégardien
Andreas Schmidt
Gächinger Kantorei
Bach - Collegium Stuttgart
Helmuth Rilling
2000 年ライヴ録音

1. 結論から言うと、これは、作品・演奏ともに、非常に気に入った。リリングは作曲者の意図を完全に表していると思う。この作品は、グバイドゥーリナの「ヨハネ受難曲」と同じく、西暦 2000 年のバッハ没後 250 年を記念して、シュトゥットガルト国際バッハ・アカデミーの委嘱によって書かれた作品である。しかし、この作品は、バッハから遠い作品だと思う。すなわち作曲者の独自性が強い作品だと思う。音楽的には、ベルクを思わせる。ところどころ、ワーグナーを思わせるところもある。

2. 受難曲をオラトリオ(音楽劇)と捕らえるならば、この作品は、劇的効果に乏しい。全体的に遅いテンポで演奏され激しい部分が少ない(モデラートより速いテンポで演奏されるところは、1箇所ぐらいしかない)。

3. 独唱者、合唱者たちの役割も独特である。福音史家、イエスのパートを、複数の歌手が同時に歌う。たとえば、第 16b 曲のイエスの言葉「エルサレムの娘たち、わたしのために泣くな」は、独唱者たち全員と合唱によって歌われる。しかし、この作品の歌唱において、ポリフォニーは、おそらく使われていない。歌手たちは、入れ替わり立ち替わり歌うという感じで、複数の人がなんとなく同時に歌っているという感じである。その点に、私は、バッハのパロディーを感じた。第 14 曲のピラトの「あなたたちは、この男を、わたしのところに連れて来た」は、バスとテノールで歌われるが、まるで、ピラトが二人いるかように歌われる。唯一、バッハを思わせる点は、メゾ・ソプラノとアルトに重要な役割が与えられている点だと思う。メゾ・ソプラノとアルトはかなり低い声で歌うことが求められている。

4. この作品には、音楽を理論的にまとめあげる形式がないようだ。その点で、ベルクの「ヴォツェック」とは違う。しかし、それでも音楽の雰囲気は何となく、ベルクに似ている。

5. この作品は、劇的効果に乏しいと書いたが、劇的描写がないわけではない。第 17 曲「そこで人々はイエスを十字架につけた」では打楽器が強く演奏されるが、それは、キリストを十字架につける時の釘を打ち付ける音を思わせる。

6. テキストは、ルカ福音書によるが、断片的であり、ルカにユニークな場面、たとえば、十字架上のキリストが、善き盗賊に語りかける「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。ルカ 23, 43」はない。しかし、よく見てみると、(同じルカ受難曲なので当たり前だが)ペンデレツキの「ルカ受難曲」とほぼ同じ部分からなっているようだ。ただし、繰り返すが、福音書に基づく部分は、断片的である。この作品は「ルカ福音書の断片からなる受難曲」と呼ばれる場合もあるようだ。

7. 第 17 曲「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」の前で、アルトが長い「Ah」を歌うのは印象的だ。しかし、この曲におけるイエスの言葉も合唱と独唱者たちによって歌われるのは独特であると思う。この辺りから、音楽が次第に盛り上がっていく(リリング盤では、ちょうど Disc 2 から)。

9. この作品には、ラテン語の典礼文が用いられているが、その部分だけは、独唱者たちの普通の独唱が聴ける。このリリング盤における独唱者たちの歌唱は、良い演奏だと思う。特に女声は非常にすぐれており、聴き応えがある。

10. 第 22b 曲「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」から、この作品は普通の音楽になる。スターバト・マーテルも挿入される。そして、第 25b 曲「彼が担ったのはわたしたちの病」で、初めて長く、活気がある合唱曲が聴かれる。

11. この作品は、キリストの死を冷静に回想する。劇的・神秘的というより、観念的といってよいと思う(その意味ではドイツ的だ)。その観念は最後の曲、パウル・ツェラン(Paul Celan)作の「Tenebrae」に集約されていると思う。すなわち、キリストおよびその受難の像(イメージ)に、聴衆(リスナー)を近づけること。その点に、この作品のコンセプトがあり、その点において、この作品は、統一感がある。そのことが「受難曲の目的である」と考えれば、この作品は、受難曲として異色作品ではない。

12. 第1曲が「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である。この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である」に始まり、最後の曲がパウル・ツェランの「Wir haben getrunken, Herr. / Das Blut und das Bild, das im Blut war, Herr. (私たちは、飲みました、主よ / あなたの血と、血の中にあるあなたの像を飲みました、主よ)」で終わる。最初の曲と最後の曲が、共に「キリスト者が飲むキリストの血」を歌っている。

ヴォルフガング・リーム作曲「ルカ受難曲」歌詞対訳

Bosch
ジャケットに使われているヒエロニムス・ボスの絵が痛々しい

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | アイヴズ, チャールズ | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | ケージ, ジョン | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドニゼッティ | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ, ディートリヒ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | レスピーギ | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 防災 | 音楽

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ