2011年2月20日 (日)

Eötvös As I Crossed a Bridge of Dreams

Sarashina

Péter Eötvös
As I Crossed a Bridge of Dreams (CD and Audio DVD)
Sound theatre (in English)
Tex from diary of Lady Sarashina, born in 1008, Japan
English translation: Ivan Morris, Penguin Classics Ed. 1975
Libretto: Mari Mezei
Elizabeth Laurence, recitation
Mike Svoboda, alto trombone with double - bell
Gérard Buquet, cb. trombone with double - bell, sousaphone
UMZE Chamber Ensemble
Gergely Vajada, conductor
Recorded: 2001 - 2008

「As I Crossed a Bridge of Dreams」は、ペーター・エトヴェシュが、更級日記を題材にして書いた朗読による音楽劇。この作品およびこの録音の魅力は、音楽よりむしろ朗読にある。台本を書いた Mari Mezei およびエトヴェシュの更級日記理解は、むしろ日本人よりも上手な解釈を実現していると思う(私は更級日記を読み直してみたが、原作だけを読むよりイヴァン・モリスの英訳やエトヴェシュの解釈によって、この作品の面白さが強く伝わると思った)。私は、この作品の台本のもとになっているイヴァン・モリス(Ivan Morris)英訳の「As I Crossed a Bridge of Dreams」に一通り目を通してみたが、それは原文に忠実な訳であった。そして、それをもとに、私は、例によって歌詞対訳を作成した(下記)。

イヴァン・モリス、エトヴェシュが、なぜ、更級日記に興味を示したか。それは、この作品が持つ幽玄とか仏教的無常観よりも、作者菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)の女としての強さ、そして、少女の初々しさを 50 代まで(死ぬまで)失わなかった彼女の生命感だと思う。孝標女は、51 才で夫を亡くしたのをきっかけに更級日記を執筆したとあるが、この更級日記は失意や悔恨や仏教的懺悔より、彼女の生き方の肯定的側面で構成されていると思う。彼女はこの日記に、少女時代の情熱を、新鮮な観察眼・感受性を、まるでリアルタイムに書いていることからして、彼女は老いても若い生命感を失っていなかったと感じることができると私は思う。

第2曲「猫と夢と」で猫が火事で死んだと書いてあるが、それがあっさりと語られるのに、私はびっくりする(やっぱり女は強いなあ。私は火事が恐い)。また、孝標女は、多くの人と死別しているが、夫の死以外はあまり引きずっていないような気がする。その点にも彼女の強さを感じる。

「更級日記」の山場が、エトヴェシュの「As I Crossed a Bridge of Dreams」の第5曲で取り上げられている「時雨の夜の思い出」であることは、日本の古典文学者も認めるところであろう。その場面における源資通(みなもとのすけみち)との邂逅(この源資通という人は、凡人父菅原孝標や夫橘俊通よりはるかに才人であった)。その邂逅だけが、菅原孝標女、つまりすぐれたセンスの持ち主である才女「レディー・サラシナ」に似つかわしい。そのことを理解している Mari Mezei およびエトヴェシュに、私は、彼らの作品理解の深さを感じる。

私は日本の古典文学が好きなので、このアルバムは非常に気に入ったが、このアルバムは、日本の古典文学が好きな人、あるいは、エトヴェシュが好きな人以外には私は薦めない。なぜなら、上でも書いたとおり「As I Crossed a Bridge of Dreams」の魅力は、音より、演劇的要素(音楽劇的演出とか朗読)にあるからだ。

【付記】
冒頭にささやかれる言葉は、

Cross it, and trouble lies ahead.
Do not cross, and still you're trouble - bound.
Truly a troublous place
In the Ford of Shikasuga

に基づく。

更級日記第11章「三河、尾張へ」の

「三河と尾張のとの国境にある『しかすがの渡り』は、なるほど古歌に詠まれる通り、渡ろうか渡るまいかと思い悩んでしまいそうでおもしろい。」

と、ある。その古歌とは、

行けばあり 行かねば苦し しかすがの 渡りに来てぞ 思ひわづらふ

上記は、この古歌の英訳である。

ペーター・エトヴェシュ作曲 朗読による音楽劇『夢の橋を渡るように』(As I Crossed a Bridge of Dreams) 歌詞対訳

2011年1月19日 (水)

Eötvös: Snatches

Snatches

Péter Eötvös
Snatches
BMC

Snatches of a conversation (2001) (10:46)
for double-bell trumpet solo, speaker and ensemble
Marco Blaauw (double-bell trumpet)
Omar Ebrahim (speaker)
musikFabrik | Ensemble für Neue Musik
Conducted by Péter Eötvös
Recorded 2002 / 03

Jet stream (2002) (21:23)
for trumpet solo and orchestra
Markus Stockhausen (trumpet)
BBC Symphony Orchestra
Conducted by Péter Eötvös
Recorded Live 2003

Paris-Dakar (2000) (7:13)
for trombone solo and big band
László Göz (double-bell trombone with harmonizer)
Budapest Jazz Orchestra
Conducted by Gergely Vajda

Jazz improvisations on themes from
Péter Eötvös' opera Le Balcon

Béla Szakcsi (piano) (8:23)
Gábor Gadó (electric guitar) (6:04)
Recorded 2003

1曲目の「スナッチズ」は、非常に気に入ったが、それ以外は良くない。

エトヴェシュは、これらの作品を、ジャズリスナーへのメッセージとして書いた。

The three composed pieces are a "message in a bottle" from my world to those who like jazz. - Péter Eötvös

1曲目の「スナッチズ」の Omar Ebrahim の語りは、音楽だけを聴きたいジャズリスナーにとってはノイズでしかないだろう。しかし、Omar Ebrahim の語りは Marco Blaauw のダブルベル・トランペットに、むしろあってるし、アンサンブルにもあってる。それらは調和している。Omar Ebrahim の語りは非音楽的であるがそれでも音楽に調和している。この技法は「月に憑かれたピエロ」「カフカの審判による習作」とも違う。黒人音楽のラップでもない。とても、面白い技法だと思う。このような技法をジャズ音楽も取り入れるべきだ。ジャズがいつまでも古い音楽にとどまっているのは、新しい手法に対し臆病だからだ。

2曲目は、トランペットのマルクス・シュトックハウゼン(カールハインツ・シュトックハウゼンの息子)が下手だ。もっとまともなジャズトランぺッターを起用すべきだっただろう。もし仮に、たとえこの曲を、一流のジャズ・トランぺッターが吹いたとしても、この作品は良くない。この曲には1曲目の「スナッチズ」におけるエトヴェシュのうまさがまったく聴かれない。これはジャズ音楽とクラシック音楽の下手な融合だ。

3曲目は、下手なジャズ音楽になってしまっている。

あとの曲もだめだ。

2011年1月17日 (月)

Eötvös: Intervalles - Intérieurs Windsequenzen

Eotvos

Péter Eötvös
Intervalles - Intérieurs
Windsequenzen
BMC

Intervalles - Intérieurs (1974/1981) (30:01)
UMZE Chamber Ensemble:
Csaba Klenyàn (clarinet)
Aurél Holló (cowbells)
Anna Mérey (violin)
György Déri (violoncello)
Guest:
Michael Svoboda (trombone)
Conducted by Péter Eötvös
Original pre - recorded tape made by Péter Eötvös and Mesias Maiguashca (1972-74)

Windsequenzen (1975/2002)
Windless I (2:52)
Three sequences of the montain wind (5:16)
Seven sequences of the whirlwind (2:34)
Sequence of the morning breeze (4:38)
Four sequences of the sea wind - North wind (1:51)
Four sequences of the sea wind - South wind (1:42)
Four sequences of the sea wind - East-west wind (3:07)
Windless II (5:38)
Klangforum Wien:
Eva Furrer (flute, piccolo, alto flute)
Markus Deuter (oboe, English horn, windimitation)
Donna Wagner Molinari (clarinet)
Bernhard Zachhuber (clarinet)
Ernesto Molinari (bass clarinet)
Gérard Buquet (tuba)
Uli Fussenegger (double bass)
Krassimir Sterev (accordion)
Lukas Schiske (percussion)
Conducted by Péter Eötvös

Intervalles - Intérieurs
出だしは、昔のチンドン屋さんみたいで親しめるし懐かしい感じがある。これも無調音楽の一種であろうが、大抵の無調音楽が暗い感じがするのに対して、これは明るい。これは長調で書かれているのだろうか。2分 15 秒あたりから電子ノイズが入る。その辺りから音楽が若干暗くなる。しかし、深刻な音楽ではない。エトヴェシュのうまいところは反復をうまく利用しているところであろう。曲想が変わる度に、音の反復がある。よって、音楽が落ち着いて聞こえる。

Windsequenzen
これは、つかみどころのない音楽。悪くない。というか、わからない。

ーー

私が、エトヴェシュを知ったきっかけは、カシュカシャン(Kim Kashkashian)の「バルトーク:ヴィオラ協奏曲(エトヴェシュ指揮、および自作自演)」。これは、火災前から持っていたが、ほとんど聴かないまま燃えてしまった。再取得済み。

次は、シュトックハウゼンの「グルッペン(Gruppen)」をエトヴェシュ指揮アバド指揮で比較したところ、エトヴェシュのほうがうまいと思った。私は、シュトックハウゼンの作品「グルッペン」より、エトヴェシュの指揮が気に入った。

その後、もう一度、カシュカシャンの「バルトーク:ヴィオラ協奏曲」に入っていた彼の作品「Replica for Viola and Orchestra」を聴いて彼の作品に興味を持った。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | アイヴズ, チャールズ | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | ケージ, ジョン | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドニゼッティ | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ, ディートリヒ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | レスピーギ | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 防災 | 音楽

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ