2016年6月13日 (月)

【Apple Music で聴けば十分だった】 「ジャチント・シェルシのピアノのための組曲第9番、第10番 by ザビーネ・リープナー」は買わない

ジャチント・シェルシ(1905 - 1988)
ピアノのための組曲第9番『Ttai』 (1953) 全9楽章 [36:30]
ピアノのための組曲第10番『ka』 (1954) 全7楽章 [22:55]
ザビーネ・リープナー(ピアノ)
録音時期:2014年3月7-9日、5月2-4日
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

・・・

Scelsi

(C) Apple Music:検索キーワード:Scelsi Liebner

2011年3月26日 (土)

ジャチント・シェルシの『やぎ座のうた』

ジャチント・シェルシの『やぎ座のうた』は、非常に気に入ったので、旧盤新盤、それぞれ2枚買った。
1枚は、このコンパクトディスク『やぎ座のうた』を持ち歩くため。

こんなことができる私は、しあわせだ。

Scelsi

2011年1月29日 (土)

ジャチント・シェルシの『やぎ座のうた』新盤

Scelsi

Giacinto Scelsi
Canti del Capricorno
Michiko Hirayama
Recorded: 2006

私は、カール・ベーム指揮のベートーヴェンおよびモーツァルト交響曲全集のアナログ盤(LPレコード)を火事で失ったわけだが、ベームのモーツァルトとベートーヴェンはコンパクトディスクで聴いても、彼の本当のうまさは聴けない。専門家(つまり、プロのレコーディング・エンジニア)に「なぜ、昔のアナログの音は、コンパクトディスクでは再現不可能なのか」を尋ねてみたことがある。その人いわく「オープンリールのアナログテープに録音されたアナログ音と、コンパクトディスクに複製されるデジタル音は、まったく異なる性質を持つ。よってアナログのオープンリールテープに記録されたアナログ音は、音を変えなければ、コンパクトディスク用のデジタル信号に成ることはできない。その変換の際に、音が変わる」という主旨のことを言っていた。

平山美智子の『やぎ座のうた』も、とうとうデジタル録音されるためにレコーディング・エンジニアによってスタジオのハードディスクに記録され(旧盤はプライベート・レコーディングだった)、コンパクトディスクという媒体に複製され、世に流通してしまった。しかし、それで良かったと思う。平山の歌唱は、デジタル録音の良い音で聴くと、アナログ録音の旧盤とは違う印象を受ける。旧盤は表現がきつく冷たく正直言って聴くのがつらかった。新盤は、音が良くなったことで平山の声が美しく豊かに聞こえるような気がする。そしてその表現は、より広く、より深いと思うし、齢80代にして彼女の歌唱力はまったく衰えていないと思う。

私は『やぎ座のうた』の前の記事で、平山の歌唱はヴィブラートやメリスマの原点であるとか、その他諸々の的外れなことを書いてしまった。

この人の歌は、21世紀から、100年後の22世紀にかけて聞き継がれていく音楽だと思う。そして、アナログから、デジタルへ、デジタルから、さらに未来の音楽のあり方を示唆していると思う(変な話が、彼女の歌はテープの逆回しのように聞こえることがある)。

どんなに技術が進歩しても、楽器も電子音も、どんなにすぐれた技術で加工された音も、人間の声の発声以上に革新的なものはないし、人間の声に戻ってしまう(人間の声は録音技術に依存しない)。平山美智子の『やぎ座のうた』を聴くと私はそう思う。私も、このコンパクトディスク『やぎ座のうた』を持ち歩くことにしよう。

ジャチント・シェルシの『やぎ座のうた』新盤

Scelsi

Giacinto Scelsi
Canti del Capricorno
Michiko Hirayama
Recorded: 2006

私は、カール・ベーム指揮のベートーヴェンおよびモーツァルト交響曲全集のアナログ盤(LPレコード)を火事で失ったわけだが、ベームのモーツァルトとベートーヴェンはコンパクトディスクで聴いても、彼の本当のうまさは聴けない。専門家(つまり、プロのレコーディング・エンジニア)に「なぜ、昔のアナログの音は、コンパクトディスクでは再現不可能なのか」を尋ねてみたことがある。その人いわく「オープンリールのアナログテープに録音されたアナログ音と、コンパクトディスクに複製されるデジタル音は、まったく異なる性質を持つ。よってアナログのオープンリールテープに記録されたアナログ音は、音を変えなければ、コンパクトディスク用のデジタル信号に成ることはできない。その変換の際に、音が変わる」という主旨のことを言っていた。

平山美智子の『やぎ座のうた』も、とうとうデジタル録音されるためにレコーディング・エンジニアによってスタジオのハードディスクに記録され(旧盤はプライベート・レコーディングだった)、コンパクトディスクという媒体に複製され、世に流通してしまった。しかし、それで良かったと思う。平山の歌唱は、デジタル録音の良い音で聴くと、アナログ録音の旧盤とは違う印象を受ける。旧盤は表現がきつく冷たく正直言って聴くのがつらかった。新盤は、音が良くなったことで平山の声が美しく豊かに聞こえるような気がする。そしてその表現は、より広く、より深いと思うし、齢80代にして彼女の歌唱力はまったく衰えていないと思う。

私は『やぎ座のうた』の前の記事で、平山の歌唱はヴィブラートやメリスマの原点であるとか、その他諸々の的外れなことを書いてしまった。

この人の歌は、21世紀から、100年後の22世紀にかけて聞き継がれていく音楽だと思う。そして、アナログから、デジタルへ、デジタルから、さらに未来の音楽のあり方を示唆していると思う(変な話が、彼女の歌はテープの逆回しのように聞こえることがある)。

どんなに技術が進歩しても、楽器も電子音も、どんなにすぐれた技術で加工された音も、人間の声の発声以上に革新的なものはないし、人間の声に戻ってしまう(人間の声は録音技術に依存しない)。平山美智子の『やぎ座のうた』を聴くと私はそう思う。私も、このコンパクトディスク『やぎ座のうた』を持ち歩くことにしよう。

2011年1月16日 (日)

ジャチント・シェルシの『やぎ座のうた』

Scelsi

Giacinto Scelsi (1905 - 1988)
Canti del Capricorno 1 - 19 [1962-1972]
Michiko Hirayama, voice
Alvin Curran, thai - gong (No. 1)
Masami Nakagawa, saxophone (No. 5 & 7)
Sumire Yoshihara / Yasunori Yamaguchi, percussion (No. 14 & 18)
Michiko Hirayama, bass recorder (No. 19)
No. 1 & 19 Private recordings, 1969
No. 2 - 18 Private recordings, 1981 / 82
WERGO

猫大好きさんおすすめの、平山美智子によるジャチント・シェルシの声楽曲『やぎ座のうた』を聴いてみた。最初聴いたときは、小野洋子の声に似ていると思ったが、両者をよく比較してみると全然違う。

小野洋子の声は平和運動のイヴェントとの結びつきがなければその価値はない。また、ビートルズの人気の否定、ジョン・レノンの名声の否定として聴くとき、我々はその価値を見出す。小野洋子の声が、アヴァンギャルド芸術が持つスキャンダラスとそれを逆手に利用した平和運動のための表現手段であったのに対し、平山美智子の声は、むしろ過去を向いていると思う。しかも(東洋と西洋の区別なく)かなり原始的な時代にまで遡らなければならないと思う。

平山美智子の『やぎ座のうた』は呪術的なもの、シャーマニズムを連想させるが、それとも違うと思う。平山美智子の『やぎ座のうた』の原点は、西洋音楽においてはメリスマの原点、日本音楽においては日本民謡の小節(こぶし)の原点と一致しているのではないかと思う。

さて、メリスマとヴィブラートの違いとは何か。私は、シュトックハウゼンの「Stimmung」で「人間の声の中で最も原始的なものは、赤ちゃんの泣き声だろう。そして、最も人工的なものは、カストラートのソプラノの歌声だろう」と書いた。メリスマは子どもの泣き声に近いと思う。一方、ヴィブラートはカストラートの強力な武器であっただろう。メリスマは子どもにも歌えるが、ヴィブラートは子どもには歌えない(バッハのカンタータのボーイソプラノを聴けばすぐ分かる)。

平山美智子は日本民謡にはないはずのヴィブラートも使う(第3曲など)。これはヴィブラートの原点とも言っていいかも知れない。それは音程が不安定なヴィブラートであり、文字通り声の震えでしかないのであり、ヴィブラートとは言えないのかも知れない。また、これを聴くと、ヴィブラートは声を遠くに飛ばすための手段だったのかも知れないと思わせられる。

(話はそれるが、バッハやヘンデルの宗教曲をカストラートが歌ったとき、彼らはヴィブラートを使ったのかという疑問を私は抱く。現在、古学アンサンブルの器楽はノンヴィブラート奏法をしているが歌唱はヴィブラートで歌っている。あれは正しいのだろうか。)

さらに、平山はホーミー(倍音唱法)も使っているようだ。

こういう音楽を聴くと「歌ってそもそも何?」「楽器がうまい人は歌もうまいから、歌は楽器を弾ける人やちゃんとした音楽教育を受けた人のほうがうまいのか?」などなど、疑問が出てくるが、きりがないので今は書かない。

こういう音楽を聴く時に大事なことは「それを聴いて楽しいか、また美しいか」ということである。が、平山美智子の『やぎ座のうた』は間違いなく「美」である。しかし、平山美智子の声は、あまりに原始的なものに遡り過ぎていて、楽しい音楽とは違うような気がする(もっと楽しい音楽はクルターグの声楽作品であろう)。ただこれは、日々、ストレスに悩まされている現代人には、ストレス解消にはなる。しかし、それなら小野洋子の歌もまたストレス解消にはなる。

平山美智子は『やぎ座のうた』を再録音しているが、私は再録音のほうは聴いてない。

【HMV.co.jp へのリンク】
Canti Del Capricorno: Curran Hirayama Nakagawa Yamaguchi Yoshihara

ジャチント・シェルシ『やぎ座のうた』 平山美智子(声、ゴング、リコーダー)グレーツィンガー(打楽器)、他

【追記】
第15曲以降で、平山は小野洋子の影響を受けているのではないかという印象を受ける。

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | アイヴズ, チャールズ | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドニゼッティ | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ, ディートリヒ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | レスピーギ | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 音楽

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ