2015年12月14日 (月)

Cathy Krier plays BERG - SCHÖNBERG - ZIMMERMANN - LISZT / Piano - 20th Century

Krier

BERG - SCHÖNBERG - ZIMMERMANN - LISZT / Piano - 20th Century
CATHY KRIER, Piano
Recording : V 2015, Chamber Music Hall of PHILHARMONIE LUXEMBOURG
2015 Avi-Service for music, Cologne / Germany

Alban Berg (1885-1935)
Sonate für Klavier / Sonata for Piano Op. 1 (1907/08)
1 Mäßig. Bewegt 10 :52

Arnold Schönberg (1874-1951)
3 Klavierstücke / Piano Pieces Op. 11 (1909)
2 Mäßige 04 :19
3 Sehr langsam 08 :49
4 Bewegte 03 :29

Bernd Alois Zimmermann (1918-1971)
Enchiridion . Kleine Stücke für Klavier, Teil I / Small Pieces for Piano, Part I (1949)
5 Introduktion. Andante rappresentativo 02 :02
6 Ekloge. Larghetto, con espressione 03 :11
7 Rondino. Allegro giocoso 00 :52
8 Bourée. Allegro moderato 00 :50
9 Meditation. Adagio molto 03 :38
10 Aria. Andante molto cantabile 01 :27
11 Estampida. Allegro 01 :11
12 Toccata. Allegro feroce 01 :31

Exerzitien – Kleine Stücke für Klavier (Enchiridion Teil II) / Retreat – Small Pieces for Piano (Echiridion Part II) (1952)
13 Vigil. Larghetto molto 02 :24
14 Hora. Moderato 01 :34
15 Ostinato. Presto 01 :10
16 Matutin. Cantabile molto 02 :22
17 Imagination. Sostenuto 02 :02
18 Intermezzo. Andante con moto (1949) 01 :27
19 L’après-midi d’un Puck. Allegro giocoso (1952) 00 :50
20 Hommage à Johann Strauss. Tempo di Valse (1952) 00 :48

Arnold Schönberg
21 Klavierstück Op. 33a 02 :34
22 Klavierstück Op. 33b 03 :34

Franz Liszt (1811-1886)
23 Nuages Gris 04 :00
24 Unstern ! - Sinistre 06 :43

TOTAL TIME 71 :20

--

【収録情報】
● ベルク:ピアノ・ソナタ op.1
● シェーンベルク:3つのピアノ曲 op.11
● シェーンベルク:ピアノ小品集op.33a/33b
● ツィンマーマン:『ささやかな小品』第1集
● ツィンマーマン:『ささやかな小品』第2集
● リスト:暗い雲
● リスト:災厄の星

 キャシー・クリエ(ピアノ)

 録音時期:2015年5月
 録音場所:ルクセンブルク・フィルハーモニー、室内楽ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

※ 上記、HMV.co.jp 商品レビューをご参照下さい。

--

・ベルクのソナタ作品1
怖いもの知らずの爆演・荒っぽい。
エレーヌ・グリモーの丹念な演奏のほうが良いかも知れない。クリエの演奏は、ロマンティックなのは良いが、アナリーゼ不足か。

・シェーンベルク作品11、33a、b
グールド、エドゥアルト・シュトイアーマンと聴き比べると劣る。これもロマンティックなのは良いが、緻密に聞こえない。期待はずれ。

・ベルント・アロイス・ツィンマーマン『ささやかな小品』第1, 2集
このツィンマーマンの二つの作品(第1, 2集合わせて約27分)は、コノアルバムのメインであり、コノアルバムのコンセプトに添う。すなわち、それらの作品は、たしかに、新ウィーン楽派と同じ方向性を持ち、新ウィーン楽派を継承する。しかし、コノ二つの地味な作品たちは、リスナーを触発・満足させないと思う(←つまり、優れた力作ではないと思う。←私の認識が間違えているのか?)。
ドイツの作曲家とはいえ、ある意味、アウトサイダーであるツィンマーマンの作品を、ベルク、シェーンベルクとカップリングしたのは、ヘヴィーだが、『ささやかな小品』第1, 2集は、1950年代の作品でありながら、20世紀初頭のベルク作品1(1907/08年)、シェーンベルクの作品11(1909年)、33a、b(1928/31年)と聴き比べて、作曲技法が進歩してない(←これも私の認識が間違えているのか?)
私の主観では、コノアルバムにて、ツィンマーマンを取り上げたのは、コンセプトとして、間違いない・面白いが、ツィンマーマンにおいて、キャシー・クリエの個性・技巧・秀でた解釈が聞こえないような気がする。退屈する。思いきって、ピエール・ブーレーズあたりを取り上げたほうが良かったのではないか?

【追記】 Apple Music で、試聴して買いましょう。検索キーワード:Cathy Krier

【おまけ】 コノアルバムのライナーノートは、クリエ自身が書いている。その内容は、大したことないが・・・クラシック音楽用語の独語・英語の勉強になった。

die Atonalität, atonality (無調性), das Dodekaphonie, dodecaphonic music (十二音音楽), der Tritononus, tritone (三全音)

【さらに追加】 最後の2曲(フランツ・リスト)を聴き終えたあと、私は、後味悪かった(???)

==

【関連記事】 キャシー・クリエの「スカルラッティ、ハイドン、ショパン、ミュレンバッハ、デュティユー」

2010年5月17日 (月)

ジュリアード弦楽四重奏曲(1950 - 1952)のシェーンベルク

Juilliard

Schoenberg
Complete String Quartets
Juilliard String Quartet
Recording: 1950 -1952
united archives

CD 1
Schoenberg
String Quartet No. 1 opus 7
String Quartet No. 2 opus 10

CD 2
Schoenberg
String Quartet No. 3 opus 30
String Quartet No. 4 opus 37

CD 3
Berg
Lyric Suite
Webern
Five Movements for String Quartet opus 5
Berg
String Quartet opus 3

According to the quartet's leader, Robert Mann, the composer found their playing "wilder" than he expected, but still gave it his sanction. -- MICHAEL DERVAN, Irish Times, 6 June 2008

すなわち、この演奏は、シェーンベルクの御墨付き。

ジュリアード(1950 - 1952)の演奏は、テンポが速くて強烈だが、分かりやすい。この時期のジュリアードは、すごいと思う。

私が、今回買ったシェーンベルク、ベルク、ウェーベルンのなかでは、これが一番気に入った。

【リンク】
http://www.hmv.co.jp/news/article/803260107
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2712382

2010年5月16日 (日)

プソフォス四重奏団のシェーンベルク

Psophos

Webern
Langsamer Satz M78
Berg
Lyrische Suite
Schoenberg
Quatuor nº 4 op. 37
Quatuor Psophos
Ayako Tanaka, violon
Bleuenn Le Maitre, violon
Cécile Grassi, alto
Ingrid Schoenlaub, violoncelle
Enregistré en novembre 2005, mars 2006
ZIG ZAG Territoires

この団体は、弦の音の線が細いように聞こえる。彼女らの「シェーンベルク:弦楽四重奏曲第4番」は、第 1 ヴァイオリニストの田中綾子の強いリーダーシップでまとめられたアンサンブルのように聞こえる。すなわち、他の奏者は、第 1 ヴァイオリンのリードに合わせているように聞こえる。

第 3 楽章冒頭のユニゾンは、非常に息があっている。それは、第 1 ヴァイオリン、第 2 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの4つの楽器によるユニゾンだが、彼女らのユニゾンは、もっと少ない楽器で演奏されているように聞こえるので、私はびっくりしてしまった。

この演奏は、私の好みに合う。

【追記】
Psophos は、ギリシャ語で、sonic event の意。

この CD の気味の悪い graphics は、L'atelier suspendu / GMG/9

2010年5月13日 (木)

シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37の第1楽章(2)

猫大好き様

こういうことでしょうか?

Schoenberg_37_0102
> 譜例2、midi

Schoenberg_37_0102_01

> 「主要主題が原型、完全5度下の反行形、原型の逆行形と3つの異なる型
> をつないで作ってあり、1つのまとまったフレーズ」というのは
>
> 1.基礎音列(6小節目はじめまで)2.基礎音列の5度下を反行させたも
> の〔基礎音列全体をまず5度下げ、短二度下がる動きは短二度上げ、短三
> 度下がる動きは短三度上がる(ゆえに初めのd- cis-aの動きは全体が5度下
> がったg音から始まり、g-as-cという動きになる。〕(6小節目3拍目から
> 9小節目2拍目まで)

【追記】
> (6小節目3拍目から
> 9小節目2拍目まで)

9小節目2拍目(緑の線)は下がり過ぎのような気がするのですが。

Schoenberg_37_0102_02

シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37の第1楽章

「作曲家別名曲解説ライブラリー 16 新ウィーン楽派」によると、

「この全曲の基礎になっている音列を譜例1(midi)に示す。

Schoenberg_37_0101
譜例1


第1楽章
主要主題(譜例2、midi)が原型、完全5度下の反行形、原型の逆行形と3つの異なる型をつないで作ってあり、1つのまとまったフレーズをなしている。」

Schoenberg_37_0102
譜例2

とあるが、

「主要主題が原型、完全5度下の反行形、原型の逆行形と3つの異なる型をつないで作ってあり、1つのまとまったフレーズ」というのは、まさか間違っているわけではないであろうが、私は意味が分からない。
どなたか教えて下さい!!!

2010年5月11日 (火)

ペーターゼン四重奏団のシェーンベルク、ウェーベルン、ベルク

Petersen

Schönberg
Streichquartett Nr. 2 op. 10
Webern
Langsamer Satz für Streichquartett
Berg
"Die geheime Gesangstimme" aus "Lyrische Suite"
Christine Schäfer, sopran
Petersen Quartett
Recording: 2007
DeutschlandRadio Kurtur / Phoenix Edition

これは、企画も演奏も良いと思う。


ライプチヒ弦楽四重奏団のシェーンベルク

Leipziger

Schönberg
String Quartets No. 2 & 4
Christiane Oelze, soprano
Leipziger Streichquartett
MDG 307 0935-2
録音年不明

シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37 について

LaSalle
New Vienna
Psophos
Prazak
Aron Quartet
Leipziger Streichquartett

上記、6種類の中では、Leipziger Streichquartett の演奏が一番気に入った。第2番も良かったと思う。この人たちは、新ウィーン楽派の弦楽四重奏曲全集も出しているので、注文した。

【付記】
ライプチヒ弦楽四重奏団のディスコグラフィー
http://www.leipzigquartet.com/site-en-disco.shtml

2010年5月 7日 (金)

レネケ・ルイテンのモーツァルト&シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37聴き比べ

Ruiten

Mozart
Vorrei spiegarvi, oh Dio K. 418
Ah, lo previdi K. 272
Ah se in ciel, benigne stelle K. 538
Vado, ma dove? oh Dei! K. 583 Aria
Bella mia fiamma, addio K. 528
Se ardire e speranza K. 82 / 73o
Chi sà, chi sà qual sia K. 582 Aria
Exultate, jubilate K. 165
Lenneke Ruiten, soprano
Concertgebouw Chamber Orchestra
conducted by Ed Spanjaard
Recorded: 4 / 2009
PentaTone

上記モーツァルトは気に入った。この人は、非常にうまいとか、個性的であるというわけではないが、私は非常に気に入った。

ーーーー

シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37は、LaSalle, New Vienna, Psophos, Prazak, Aron Quartet の5つを聴き比べしているが、どれも私のイメージに合わない。というか、この作品が、本来どういう作品なのかがわからない。近々、スコアが送ってくる予定。

2010/5/8
シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37
さらに、Leipziger Streichquartett を、買いました。

2010年4月22日 (木)

ピーター・ヒルのシェーンベルク

Hill

Schoenberg
Berg
Webern
Piano Music
Peter Hill, piano
Recorded 1996
NAXOS

Alban Berg:
Sonata, Op. 1

Arnold Schoenberg:
Three Piano Pieces, Op. 11
Six Little Piano Pieces, Op. 19
Five Piano Pieces, Op. 23
Suite For Piano, Op. 25
Piano Piece, Op. 33A
Piano Piece, Op. 33B

Anton Webern:
Variations, Op. 27

シェーンベルクの作品25を聴いた限り、これは聴きやすくて分かりやすい演奏だと思う。

シェーンベルクのピアノ曲の演奏において「聴きやすくて分かりやすい」ということは得難いことではなかろうか。

たとえば、ジャズのリスナーにシェーベルクのピアノ曲を聴かせる時、私は、グールドやポリーニの演奏より、このピーター・ヒルを聴かせるだろう。つまり、この人の演奏は、ポリーニのように技巧に走らず(抽象的な書き方だが)グールドのような自我の表出もない。

この人の演奏は、静寂があるのが、私は好きだ。

(ヒルの演奏はなんとなくジャズっぽい雰囲気がある)

ーーー

猫大好きさんのお薦めと嗜好が、シュトイアーマン(Eduard Steuermann)とポール・ジェイコブス(Paul Jacobs)であるなら、私の嗜好は、このピーター・ヒルである。ポール・ジェイコブスは激し過ぎる。

この三者は、どれも良いと思う。

2010年3月26日 (金)

プラジャーク四重奏団のシェーンベルク

Prazak

Arnold Schoenberg
String Quartet No. 4 Op. 37 (1936)
String Sextet "Verklärte Nacht" Op. 4 (1899)
Prazak Quartet
Vladimir Bukac, viola
Petr Prause, cello
Recorded 2006 / 07
Praga Digitals / harmonia mundi
SACD Hybrid

このシェーンベルク:弦楽四重奏曲第4番については、http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/cds-06f6.htmlに、猫大好きさんのコメントがあり、そのコメントに対し私は異議を唱えないし、完全に同意しますが、プラジャークQの演奏には「毒」がないような気がします。これを、SACD プレーヤと高級オーディオの大音量で聴けばその毒が見つかるかも知れませんが・・・。あと、ラサールQの同曲ほうが、よく研究された演奏のような気がします。

結論:プラジャーク四重奏団のシェーンベルク、お薦めです。

【Amazon.co.uk へのリンク】
Schoenberg - Quartet No 4; Verklärte Nacht Prazak Quartet [Hybrid SACD]

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エッセー、戯言(たわごと) | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ