2018年12月26日 (水)

(C) Apple Music で節約 マーラー:リュッケルト歌曲集、ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集、エルガー:海の絵/ルース・ヴィレムセ、ヴィタリー・スタヒエヴィチ、および、ショパン:前奏曲集、幻想即興曲、夜想曲第2番、第20番、舟歌/ホアキン・アチューカロ、および、Beethoven: Complete Sonatas for Violin and Piano Duo Concertante

Ruth_willemse
(C) Apple Music 検索キーワード:Ruth Willemse

または

https://itunes.apple.com/us/album/elgar-mahler-wagner-where-corals-lie/1441962193


健康的な美声だが、それ以上ではない。買わない。


【収録情報】
● エルガー:海の絵
● マーラー:リュッケルト歌曲集
● ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集

 ルース・ヴィレムセ(メゾ・ソプラノ)
 ヴィタリー・スタヒエヴィチ(ピアノ)

 録音時期:2018年7月16-18日
 録音場所:オランダ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)






Chopin_achucarro
(C) Apple Music 検索キーワード:Chopin Achúcarro

または

https://itunes.apple.com/jp/album/chopin-piano-works/1424968416


上手い下手と言うより、衰えている。買わない。


【収録情報】
ショパン:
● 24の前奏曲 op.28(全24曲)
● 前奏曲 嬰ハ短調 op.45
● 前奏曲 変イ長調(遺作)
● 幻想即興曲 嬰ハ短調(遺作)
● 夜想曲 第2番変ホ長調 op.9-2
● 夜想曲 第20番嬰ハ短調(遺作)
● 舟歌 嬰ヘ長調 op.60

ホアキン・アチューカロ(ピアノ)

録音時期:2017年9月7,8日
録音場所:オックスフォード、聖ステファンの家
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp へのリンク)






Beethoven_duo_concertante
(C) Apple Music 検索キーワード:Beethoven Duo Concertante

または

https://itunes.apple.com/ca/album/beethoven-violin-and-piano-sonatas/605853984




↑ベートーヴェンは人気があるね。コレも良い演奏のようだが…。

↑しかし、私は、ベートーヴェンに飽きてしまった。買わない。

追伸)前にも書きましたが、クラシック音楽愛好者が、ベートーヴェンに飽きてしまったらオシマイ(汗;;


2018年12月23日 (日)

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第15、18、21、30番/バックハウス(1969ステレオ・ライヴ)(2CD)

Backhaus

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第15、18、21、30番/バックハウス(1969ステレオ・ライヴ)(2CD)



私の評価:やっぱりStars5でしょう。


このライブについての情報はアマゾン先行レビューアーさんのレビュー(2014年4月22日)が参考になる。

最近、Shigeru Kawai を購入した私は、バックハウスではなくて Kawai とベヒシュタインの音を聴き比べたくて、この CD を購入。この CD は音が良いので、ベヒシュタインの美音が快い。

このアルバムにおけるバックハウスは、必ずしも指の「動き」が、安定しているとは言えないかも知れないが、彼の2回目のベートーヴェン:ソナタ全集のおおらかさ、エレガントさに加えて、生き生きした演奏を聴かせる。このアルバムは単なる「記録」ではない…全曲が私の感覚をチクリと刺し、私の身体をピクッと反応させる。


【収録情報】
CD1 [68:15]
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第15番ニ長調Op.28『田園』
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調Op.31-3
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番ハ長調Op.53『ワルトシュタイン』
CD2 [17:41]
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調Op.109
ヴィルヘルム・バックハウス(ピアノ:ベヒシュタインE)

録音時期:1969年4月18日
録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
録音方式:ステレオ(ライヴ)

(HMV.co.jp より)

2018年12月18日 (火)

(C) Apple Music 平均律クラヴィーア曲集 第1巻/エヴァ・ポブウォツカ、および、鏡の中の鏡〜ペルト作品集/ミヒャエル・ファン・クリュッカー、カヤコ・ブルックマン、ルネ・ベルマン、および、ラヴェル:夜のガスパール、クープランの墓、前奏曲、水の戯れ、ソナチネ/海老彰子、および、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番『熱情』、リスト:ピアノ・ソナタ、他/アレクセイ・メルニコフ、および、ゴルトベルク変奏曲/イルマ・イサカーゼ

このエントリーは http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/c-apple-music-s.html に続きます

==

Shigeru Kawai SK-3 を購入したので Shigeru Kawai SK-EX の音を聴きたくなった。それで、下の4つの音源を Apple Music にて試聴してみた…が、それらは、いずれも、ピンと来なかった。
これら4つのアルバムは買わない。


Bach_poblocka
(C) Apple Music 検索キーワード:Ewa Poblocka

または

https://itunes.apple.com/us/album/bach-das-wohltemperierte-klavier-i/1441796684


【収録情報】
● J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻 BWV. 846-869

 エヴァ・ポブウォツカ(ピアノ/Shigeru Kawai SK-EX)

 録音時期:2018年6月22-25日、7月9-11日
 録音場所:ワルシャワ、ヴィトルト・ルトスワフスキ・ポーランド放送コンサート・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 日本語解説付き

(HMV.co.jp より)






Michael_von_krucker
(C) Apple Music 検索キーワード:Michael von Krücker

または

https://itunes.apple.com/de/album/p%C3%A4rt-spiegel-im-spiegel/1439434071


【収録情報】
ペルト:
1. 鏡の中の鏡
2. アリーナのために
3. ウクアル・ワルツ
4. フラトレス
5. アンナ・マリアのために
6. アリヌーシュカの癒しによる変奏曲
7. モーツァルト=アダージョ
8. 半音階
9. パッサカリア
10. アンナ・マリアのために
11. フラトレス
12. ウアクル・ワルツ
13. アリーナのために
14. 鏡の中の鏡

 ミヒャエル・ファン・クリュッカー(ピアノ/Shigeru KAWAI SK-EX)
 カヤコ・ブルックマン(ヴァイオリン:4,7,8,9,14)
 ルネ・ベルマン(チェロ:1,7,8,11)

 録音時期:2018年6月
 録音場所:ドイツ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)






Akiko_ebi
(C) Apple Music 検索キーワード:Ravel Akiko Ebi


【収録情報】
ラヴェル:
● クープランの墓
● 前奏曲
● 夜のガスパール
● ソナチネ
● 水の戯れ

 海老彰子(ピアノ/Shigeru Kawai)

 録音時期:2015年3月8-10日
 録音場所:ドイツ、クレーフェルト
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)






Alexei_melnikov
(C) Apple Music 検索キーワード:Beethoven Alexei Melnikov

または

https://itunes.apple.com/jp/album/beethoven-chopin-liszt-piano-works/1328667000


【収録情報】
1. ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調 op.57『熱情』
2. ショパン:夜想曲 ハ短調 op.48-1
3. リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調

 アレクセイ・メルニコフ(ピアノ/SHIGERU KAWAI EX)

 録音時期:2017年3月1-3日
 録音場所:ドイツ、クレーフェルト
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)






【参考】

Shigeru Kawai SK-EX ではないが、コレは多分良いと思う。


Issakadze
(C) Apple Music 検索キーワード:Goldberg Issakadze

または

https://itunes.apple.com/jp/album/bach-j-s-goldberg-variations-bwv-988/392614888


【収録情報】
● J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV.988
Disc1:アリア〜第15変奏 [39:53]
Disc2:第16変奏〜アリア(rep) [45:24]
イルマ・イサカーゼ(ピアノ)
Grand Piano: Shigeru Kawai SK7

(HMV.co.jp より)

2018年12月 1日 (土)

WILHELM BACKHAUS The complete pre-War Beethoven recordings

Backhaus

WILHELM BACKHAUS The complete pre-War Beethoven recordings

CD 1 (65.57)
LUDWIG VAN BEETHOVEN
1-3. Piano Concerto No 4 in G major, Op 58 recorded September 1929 & March 1930
4-6. Piano Concerto No 5 in E flat major, Op 73 ‘Emperor’ recorded January 1927
Royal Albert Hall Orchestra conducted by Landon Ronald

CD 2 (76.21)
LUDWIG VAN BEETHOVEN
1-3. Sonata No 8 in C minor Op 13, ‘Pathétique’ recorded January 1927
4-6. Sonata No 14 in C sharp minor Op 27 No 2, ‘Moonlight’ recorded November 1934
7-9. Sonata No. 26 in E flat major, Op 81a, ‘Les Adieux’ recorded November 1934
10-11. Sonata No. 32 in C minor, Op. 111 recorded May 1937

JOHANN SEBASTIAN BACH
12-13. Prelude and Fugue No 1 in C major, BWV846 (Well-Tempered Clavier, Book 1) recorded May 1937
14-15. Prelude and Fugue No 22 in B flat minor, BWV867 (Well-Tempered Clavier, Book 1) recorded November 1934
16. Pastorale from Christmas Oratorio BWV248 (arr. Clarence Lucas) recorded November 1934


【前置き1】
私はかつて、Amazon.co.jp のカスタマーレビューに以下のように書いた:

バックハウスのベートーヴェン:Pf ソナタ全集新旧録音の技巧の差は小さい
1)もしバックハウスが、40代、50代に、ベートーヴェン:ソナタ全集を完成させていたら、つまり、もし、そんなものが、この世にあったとしたら、それ(つまり40代、50代のバックハウスの技巧)と、60代、70代のバックハウスの技巧の差は『大』だろう。
2)バックハウスの「ベートーヴェン:ソナタ全集」は、いずれも彼の60代以降に録音されている。彼の「ベートーヴェン:ソナタ全集新旧盤」は、いずれも彼の全盛期ではなく、彼が、高齢のとき、すなわち60歳を超えた時に録音されたものである。
3)よって、バックハウスが60代に録音した「旧盤」にも技巧の衰えはあるはず・・・
4)以上をまとめれば、「バックハウスの『ベートーヴェン:ソナタ全集新旧盤』は、いずれも彼が、高齢の時の録音である。したがって、バックハウスの『ベートーヴェン:ソナタ全集新旧盤』いずれにおいても、若い頃のバックハウス(40代、50代)に比べれば、技巧の衰えがあるはず」という意味で、私は上記レビューにて「(新旧演奏の)技巧の差は小さい」と書いたのだった。
(http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-994b.html)

【前置き2】
これ、ベーゼンドルファー・インペリアルを弾いているのかどうか分からないけど…スゴイよ。

【本文】
私は、バックハウス(1884 - 1969)が、40代、50代に「ベートーヴェン:Pf 協奏曲、ソナタ」を弾いた「音源」は無いと思っていたが…あったよ(!)。バックハウス60代以降に録音された「同 Pf 協奏曲、ソナタ集」はおおらか。それに対し、バックハウス40代、50代に録音されたこのベートーヴェン集は、サディスティック(!)。彼は作品と楽器を痛めつけている。殺気立ってる。この「ベートーヴェン:Pf 協奏曲、ソナタ集」は、その荒っぽさが、リスナーの聴覚よりも身体全体を反応させると思う…そしてそれは極まる…「ベートーヴェンはこう弾いて欲しい」と…。




【収録情報再掲】
Disc1
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58(録音:1929年9月25日&1930年3月12,13日)
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』(録音:1927年1月27日)

Disc2
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番ハ短調 Op.13『悲愴』(録音:1927年1月28日)
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調 Op.27-2『月光』(録音:1934年11月6,8日)
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調 Op.81a『告別』(録音:1934年11月6,8日)
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 Op.111(録音:1937年5月13日)
● J.S.バッハ:前奏曲とフーガ第1番ハ長調 BWV.846(録音:1937年5月14日)
● J.S.バッハ:前奏曲とフーガ第22番変ロ短調 BWV.867(録音:1934年11月8日)
● J.S.バッハ/ルーカス編:クリスマス・オラトリオ BWV.248より「パストラーレ」(録音:1934年11月6日)

 ヴィルヘルム・バックハウス(ピアノ)
 ロイヤル・アルバート・ホール管弦楽団
 ランドン・ロナルド(指揮)

 モノラル
 リマスタリング:アンドルー・ハリファックス

(HMV.co.jp より)

2018年11月13日 (火)

(C) Apple Music で節約 ティル・フェルナー〜イン・コンサート/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番、リスト:『巡礼の年』第1年『スイス』

Beethoven_till_fellner
(C) Apple Music 検索キーワード:Beethoven Till Fellner

または

https://itunes.apple.com/jp/album/in-concert-live/1436307863


↑何を言いたいのか分からない。買わない。


【収録情報】
1. リスト:巡礼の年 第1年『スイス』
 ウィリアム・テルの聖堂
 ヴァレンシュタットの湖で
 パストラール
 泉のほとりで
 嵐
 オーベルマンの谷
 牧歌
 郷愁
 ジュネーヴの鐘

2. ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 Op.111

 ティル・フェルナー(ピアノ)

 録音時期:2002年7月10日(1) 2010年10月9日(2)
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール(1) アメリカ、バーモント州ミドルバリー、マハーニー・センター・フォー・ジ・アーツ(2)
 録音場所:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)

2018年10月 9日 (火)

(C) Apple Music にて試聴/4つの幻想曲〜ベートーヴェン(月光ソナタ)、ショパン、シューマン、スクリャービン/アンナ・フェドロヴァ、および、『ミラーズ〜オペラ・アリア集』/エルザ・ドライジグ、ミカエル・ショーンヴァント&モンペリエ国立管弦楽団

Schumann_anna_fedorova
(C) Apple Music 検索キーワード:Schumann Anna Fedorova

痛い。買わない。

【収録情報】
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番(幻想曲風ソナタ)嬰ハ短調 Op.27-2『月光』
● ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49
● シューマン:幻想曲 ハ長調 Op.17
● スクリャービン:ピアノ・ソナタ第2番(幻想ソナタ)嬰ト短調 Op.19

 アンナ・フェドロヴァ(ピアノ)

(HMV.co.jp より)





Elsa_dreisig
(C) Apple Music 検索キーワード:Elsa Dreisig

または

https://itunes.apple.com/us/album/miroirs/1431888369

お上品だが、圧倒的ではないので、買わない。ただし《サロメ》は上手い。

【収録情報】
1. グノー:歌劇『ファウスト』より「何と美しいこの姿(宝石の歌)」
2. マスネ:歌劇『タイス』より「ああ、やっと一人になれた」
3. プッチーニ:歌劇『マノン・レスコー』より「柔らかなレースに包まれて」
4. マスネ:歌劇『マノン』より「さようなら、私たちの小さなテーブル」
5. シュタイベルト:歌劇『ロメオとジュリエット』より「もはや自然の法則などかまうものですか」
6. グノー:歌劇『ロメオとジュリエット』より「冷たい不安が血管を流れて」
7. ロッシーニ:歌劇『セヴィリャの理髪師』より「今の歌声は」
8. モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より「愛の神よ」
9. マスネ:歌劇『エロディアード』より「彼は優しい人」
10. R.シュトラウス:『サロメ』より「ああ、お前はこの口に 接吻をさせなかった」(フランス語歌唱)

エルザ・ドライジグ(ソプラノ)
モンペリエ・オクシタニー・ピレネー=メディテラネ国立管弦楽団
ミカエル・ショーンヴァント(指揮)

録音時期:2018年4月16-21日
録音場所:モンペリエ、ル・コルム
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

2018年10月 6日 (土)

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61/シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47/庄司紗矢香/サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団/ユーリ・テミルカーノフ

Shoji


【収録情報】
1. ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61(カデンツァ:庄司紗矢香)
2. シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47

庄司紗矢香(ヴァイオリン)
サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団
ユーリ・テミルカーノフ(指揮)

録音時期:2017年10月
録音場所:サンクト・ペテルブルク
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション:1、ライヴ:2)

(以上、HMV.co.jp より)


私の評価:期待はずれ。ベートーヴェンは魅力なし。私の評価3.5:Stars3

● ベートーヴェン:Vn 協奏曲
庄司の弾く「ベートーヴェン:Vn 協奏曲/第1楽章の或る意味めまぐるしく変わる調性、すなわち転調」が、上手く行っているのかどうか…残念ながら、私には絶対音感がないから、それが分からない。ベートーヴェン:作品61「ニ長調」はヴァイオリンが良く鳴る調名なので、彼女がそれを生かしているのか、これまた私には相対音感もないから分からない。ただし、一つ言えるのは、犬のマークのレコード屋さんの商品説明『絶大なスタミナと何事にもひるまない精神』は、裏目に出ていると思う…分かりやすく言ってこの演奏は少しうるさい。このベートーヴェンには余韻がない(第1楽章カデンツァの後など)。また、庄司の他(ほか)の演奏に聴かれる「やっぱり庄司は外さない(!)」と思わせる瞬間がない(!)。「絶大なスタミナ」というならヒラリー・ハーンが18才の時に「『普通の』スタミナ」で演奏した録音…42.195キロを『自然体』で走り抜けたヒラリー・ハーンのベートーヴェンの方が、その流れの良さ、ストレートさ、若さ(さらに言えば解釈)において勝っていると思う…ハーンの方が、ずっと分かり易い演奏だと思う。

● シベリウス:Vn 協奏曲の方が、そのユニークさ、ロマン性において、庄司には合っていると思う…庄司によるベートーヴェンよりシベリウスの方がベターな演奏。

【追記】 庄司が弾く「1729年製ストラディヴァリウス“レカミエ(Recamier)”」も特に美しくない。

2018年8月26日 (日)

(C) Apple Music にて試聴 『オルフェウス神話〜モンテヴェルディ、ロッシ、サルトリオ』 フィリップ・ジャルスキー、ディエゴ・ファソリス&イ・バロッキスティ、エメーケ・バラート、および、ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1番、第10番、第5番『春』/ロレンツォ・ガット/ジュリアン・リベール

Philippe_jaroussky
(C) Apple Music 検索キーワード:Philippe Jaroussky

または https://itunes.apple.com/us/album/la-storia-di-orfeo/1207343481

オルフェウス神話に基づく様々な作曲家の作品から。

このカウンターテナーは秀でていると思うが、私の好みの声ではなかった。買わない。


【収録情報】
1. Sartorio: Orfeo Sinfonia
2. Sartorio: Cara e amabile catena (Euridice, Orfeo)
3. Monteverdi: Vieni, Imeneo... Lasciate i monti
4. Monteverdi: Rosa del Ciel (Orfeo, Euridice)
5. Rossi: Mio ben, teco il tormento (Euridice)
6. Rossi: Che dolcezza e la certezza (Euridice, Orfeo)
7. Rossi: Deh, piu lucente (Coro)
8. Monteverdi: Vi ricorda, o boschi ombrosi (Orfeo)
9. Monteverdi: Vieni, Imeneo (Coro)
10. Rossi: M' ami tu?... Se cosi dunque Amor fa (Euridice, Orfeo)/ Deh, pieta! (Coro)
11. A l' imperio d' Amore (Euridice, Coro)
12. Sartorio: Ahime, Numi, son morta (Euridice, Orfeo)
13. Rossi: Ah, piangete! (Coro)
14. Lagrime, dove sete? (Orfeo)
15. Sartorio: E morta Euridice (Orfeo)
16. Rossi: Dormite, begl' occhi, dormite (Coro)
17. Sartorio: Orfeo tu dormi? (Euridice)
18. Sartorio: Se desti pieta (Euridice)
19. Sartorio: Risvegliati, su (Euridice, Orfeo)
20. Monteverdi: Possente spirto (Orfeo)
21. Monteverdi: Pietade oggi e Amore (Coro)
22. Sartorio: Numi, che veggio... Non ti volger (Euridice, Orfeo)
23. Sartorio: Chiuso, ahime, di Cocito... Rendetemi Euridice (Orfeo)
24. Rossi: Lasciate Averno (Orfeo)
25. Rossi: Amor vero e salda fe (Coro)

フィリップ・ジャルスキー(オルフェオ:カウンターテナー)
エメーケ・バラート(エウリディーチェ:ソプラノ)
ルガーノ・スイス・イタリア語放送合唱団
イ・バロッキスティ
ディエゴ・ファソリス(指揮)

録音時期:2016年9月
録音場所:スイス、ルガーノ、Auditorio Stelio Molo RSI
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)





Beethoven_lorenzo_gatto
(C) Apple Music 検索キーワード:Beethoven Lorenzo Gatto

または https://itunes.apple.com/jp/album/beethoven-violin-sonatas-no-1-10-5-spring/1414296859

良い演奏…なのに、私はこれを購入する気力がない。なんと、私、最近、ベートーヴェンを聴かなくなった(ただし、弦楽四重奏曲を除く)。

クラシック音楽の愛好者が、ベートーヴェンを聴かなくなったら、オシマイなのに(!) どうなってしまったのだろうか、この私(?)


【収録情報】
ベートーヴェン:
● ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調 Op.12-1
● ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96
● ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 Op.24『春』

 ロレンツォ・ガット(ヴァイオリン/ストラディヴァリウス「ヨアヒム」1698年製)
 ジュリアン・リベール(ピアノ/平行弦ピアノconcert grand piano (cm017003) 2017年製)

 録音時期:2017年12月3-5日
 録音場所:ヒルフェルスュム、ファン・デ・オンループ音楽会館第1スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

2018年7月21日 (土)

(C) Apple Music にて試聴/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集/クレモナ四重奏団(8SACD)/【私が所有するCD盤】ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集/バルトーク四重奏団(HCD 41004/1969-72年録音)/Ludwig van Beethoven: Complete String Quartets Quatuor Végh (V 4871/1972-1974年録音)←私はこういうCD盤を持っているのだ。聴かないと勿体無い

Beethoven_cremona
(C) Apple Music 検索キーワード:Beethoven Cremona

悪くない演奏なので、安ければ買うのにな・・・。HMV.co.jp で¥7,311。
買わない。

追記)私は、ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集を、多数、持っているのに本格的に、それらを聴いていない。勿体無い。


【収録情報】
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集

Disc1(67:52)
01. 弦楽四重奏曲第6番変ロ長調 Op.18-6(24:08)
02. 弦楽四重奏曲第11番ヘ短調 Op.95『セリオーソ』(20:01)
03. 弦楽四重奏曲第16番ヘ長調 Op.135(23:35)

Disc2(69:42)
04. 弦楽四重奏曲第8番ホ短調 Op.59-2『ラズモフスキー第2番』(34:23)
05. 弦楽四重奏曲第12番変ホ長調 Op.127(35:14)

Disc3(78:39)
06. 弦楽四重奏曲第4番ハ短調 Op.18-4(24:05)
07. 大フーガ 変ロ長調 Op.133(15:13)
08. 弦楽四重奏曲第7番ヘ長調 Op.59-1『ラズモフスキー第1番』(39:13)

Disc4(67:45)
09. 弦楽四重奏曲第1番ヘ長調 Op.18-1(28:48)
10. 弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調 Op.131(38:55)

Disc5(80:47)
11. 弦楽五重奏曲ハ長調 Op.29(35:06)
12. 弦楽四重奏曲第15番イ短調 Op.132(45:24)

Disc6(70:44)
13. 弦楽四重奏第5番イ長調 Op.18-5(27:44)
14. 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 Op.130(42:57)

Disc7(56:05)
15. 弦楽四重奏第2番ト長調 Op.18-2(24:34)
16. 弦楽四重奏曲第9番ハ長調 Op.59-3『ラズモフスキー第3番』(31:28)

Disc8(56:27)
17. 弦楽四重奏第3番ニ長調 Op.18-3(25:41)
18. 弦楽四重奏曲第10番変ホ長調 Op.74『ハープ』(30:41)

クレモナ四重奏団
クリスティアーノ・グアルコ(第1ヴァイオリン 1-8:グァルネリ・デル・ジェス 1733/9-12,15-18:ニコロ・アマティ 1640/13,14:ジョヴァンニ・バティスタ・グァダニーニ 1776)
パオロ・アンドレオーニ(第2ヴァイオリン 1-5,7:ジョヴァンニ・バティスタ・グァダニーニ 1752/6,8:サルヴァトーレ・スカリア 2012/9-18:アントニオ・テストーレ 1750)
シモーネ・グラマーリャ(ヴィオラ/1-3:製作者不詳 c.1680〜ピエモンテ学校所蔵/4,5,7:ピエトロ・ガルジーニ 2012/6,8:アルベルト・ジョルダーノ 1995/9,10:アンサルド・ポッジ 1952/11-18:ジョアキーノ・トラッツィ 1680-1720)
ジョヴァンニ・スカリオーネ(チェロ 1-10:マリノ・カピッチオーニ 1974/11-18:ニコラ・アマティ 1712)
ローレンス・ダットン(第2ヴィオラ:11 サミュエル・ジグムントヴィッツ 2003)

録音時期:2012年9月3-5日(1-5)、2012年6月3-5日(6-8)、2014年3月12-15日(9,10)、2014年11月24-27日(11,12)、2015年11月27-30日(13-18)
録音場所:イタリア、ポイリーノ
録音方式:ステレオ(デジタルPCM 96kHz/24bit/セッション)
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

(HMV.co.jp より)




【追記】

Beethoven

・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集/バルトーク四重奏団(HCD 41004/1969-72年録音)

・Ludwig van Beethoven: Complete String Quartets Quatuor Végh (V 4871/1972-1974年録音)

↑私はこういうCD盤を持っているのだ。聴かないと勿体無い。




【2018-7-30 追記】

ちなみに、バルトーク四重奏団の「ベートーヴェン:全集」は Apple Music で、聴けるよ。


Beethoven_string_quartets_bartok_qu
(C) Apple Music 検索キーワード:beethoven string quartets bartok quartet

2018年6月21日 (木)

カール・ベーム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/1977年日本公演 [DVD]/アマゾンJPへのレビューのコピーです

【これは ASIN: B000H4W96W へのレビューです】


Bohm

カール・ベーム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/1977年日本公演 [DVD]


【収録内容】
●ルートヴィヒ・ファン・ベートーベン 交響曲第6番 ヘ長調 作品68「田園」
●ルートヴィヒ・ファン・ベートーベン 交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」
●ルートヴィヒ・ファン・ベートーベン レオノーレ序曲第3番 作品72a


カール・ベーム(Karl Böhm, 1894年8月28日 - 1981年8月14日)が、82才の時の公演(1977年3月2日公演)。
ベームの『ベートーヴェン:交響曲全集』は、アナログ・レコード(LPレコード)で聴かなければ良くない(つまり、リマスターされたコンパクト・ディスク盤の音はダメということ)。例えば《英雄交響曲》第1楽章展開部の「これでもか、これでもか」というクレッシェンドの迫力は、アナログ・レコードでないと、はっきり聴こえない。それは《田園》《運命》も同様である。

この DVD を聴いてもわかるように、ベームという人は、ほぼインテンポで指揮する(ただし《英雄交響曲》第1楽章ではアッチェレランドする)。
そして、ベームの指揮のもとで演奏した経験を持つ或るオケのメンバーによると「ベームの指揮は、ピアノとフォルテしかない」とのこと。ところが、そんな指揮で、彼は作品を十分に語るのである。それが、ベームの魅力。

この DVD ソフトは、ベームの指揮を、よく伝える。なぜなら、この DVD において視覚的情報が、聴覚的情報を補っているからだ。
芥川也寸志先生が「クラシック音楽の生演奏において、目をつぶって音楽を聴くのは意味がない。なぜなら、クラシック音楽の生演奏において、視覚的情報が大事だから」と言っていた。まさしく、その通り。このベーム指揮ウィーン・フィルの映像は「動くベームと動くオーケストラの視覚的情報」が、その聴覚的情報を、よく補完していると思う。すなわち、この DVD は、リマスターされた「ベーム指揮/ベートーヴェン全集/コンパクト・ディスク盤」より、ずっと良い。

このソフトの映像は鮮明である。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャブリエ, エマニュエル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ, アルフレート | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スカルラッティ, ドメニコ | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラデッラ, アレッサンドロ | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ドヴォルザーク | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | ハーシュ, マイケル | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バツェヴィチ, グラジナ | バルトーク | バーバー | バーンスタイン, レナード | パガニーニ | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | ビートルズ | フェルドマン, モートン | フォーレ, ガブリエル | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | ブルッフ, マックス | プロコフィエフ | プーランク, フランシス | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク, アルバン | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペルト, アルヴォ | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | ヴィヴァルディ, アントニオ | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会・時事 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 量子力学 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ