2018年6月22日 (金)

(C) Apple music バッハ:フランス風序曲、ファンタジアとフーガ イ短調 BWV 904、イタリア協奏曲/西山まりえ(チェンバロ)

Marie
(C) Apple music 検索キーワード:西山まりえ

・ファンタジアとフーガ イ短調 BWV 904 は、悪くない。

・イタリア協奏曲
テンポが遅い。ユニークというより、癖がある。
残念ながら、第3楽章プレストのリトルネッロが生きていないと思う。

この人のアルバムは買わない。



2018年6月18日 (月)

(C) Apple Music ヤニク・ネゼ=セガン&ロッテルダム・フィル・コレクション/ライヴ録音集〜ブルックナー:交響曲第8番、ドヴォルザーク:交響曲第8番、バルトーク:管弦楽のための協奏曲、他(6CD)、および、モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番、ピアノ・ソナタ第10番、他/ソン・ヨルム、ネヴィル・マリナー&アカデミー室内管弦楽団

Rotterdam_seguin

(C) Apple Music 検索キーワード:Rotterdam Seguin

ヤニク・ネゼ=セガンのロッテルダム・フィル・ライヴ・コレクション。

ブルックナー:交響曲第8番第4楽章のみ試聴。それは良い演奏だと思った。それは下記(ブルックナー:交響曲全集)より味があるかも知れない。
確かに、このコレクションに、ブルックナー以外、超名演が含まれている可能性はある。だが、このオケ、なんだかアンサンブル綺麗じゃないね。

結論。節約のため買わない。もっと、オケに魅力があれば、良かったのに。


【収録情報】
Disc1
1. ショスタコーヴィチ:交響曲第4番ハ短調 Op.43

Disc2
2. マーラー:交響曲第10番嬰ヘ長調

Disc3
3. ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93
4. チャイコフスキー:幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』 Op.32
5. タネジ:ピアノ協奏曲

Disc4
6. バルトーク:管弦楽のための協奏曲 Sz.116
7. ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調 Op.88

Disc5-6
8. ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB108
9. ドビュッシー:夜想曲
10. ハイドン:交響曲第44番ホ短調 Hob.I-44『悲しみ』

 マルカンドレ・アムラン(ピアノ:5)
 コレギウム・ヴォカーレ・ゲント合唱団(9)
 ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
 ヤニク・ネゼ=セガン(指揮)

 録音時期:2011年6月(6)、2012年11月(10)、2013年10月(5)、2014年12月(9)、2015年11月(4)、2016年2月(8)、4月(2)、12月(1,3,7)
 録音場所:ロッテルダム、デ・ドーレン
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)


【参考】


ブルックナー:交響曲全集(第1番〜第9番)ヤニク・ネゼ=セガン&モントリオール・メトロポリタン管弦楽団(10CD)





Yeol_eum_son
(C) Apple Music 検索キーワード:Yeol Eum Son

ピアノ協奏曲第21番は、第1楽章のカデンツァが、ピンと来ない。
ピアノ・ソナタ第10番は「第1楽章再現部の第2主題が属調で再現するので『アレッ!』と思わせといて、ちゃんと主調で再現するところ」は上手い。
だが、この人の演奏は「Apple Music」で聞けば十分(!)。買わない。


【収録情報】
モーツァルト:
1. ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467
2. ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 K.330
3. ドゼードの「リゾンは眠った」による変奏曲ハ長調 K.264
4. 幻想曲ハ短調 K.475

 ソン・ヨルム(ピアノ)
 アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ(アカデミー室内管弦楽団)(1)
 サー・ネヴィル・マリナー(指揮:1)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

(HMV.co.jp より)

2018年6月16日 (土)

(C) Apple Music モーツァルト:フルート協奏曲第1番、第2番、ミスリヴェチェク:フルート協奏曲/アナ・デ・ラ・ヴェガ、イギリス室内管弦楽団、および、シューマン:森の情景、幻想小曲集、幻想曲/エイナフ・ヤルデン

Ana_de_la_vega
(C) Apple Music 検索キーワード:Ana de la Vega

この人の演奏には、何かが足りないような気がする・・・表現力かな? 買わない。


【収録情報】
● モーツァルト:フルート協奏曲第2番ニ長調 K.314(I. 7:41/ II. 6:20/ III. 5:16 = 19:17)
● モーツァルト:フルート協奏曲第1番ト長調 K.313(I. 8:38/ II. 9:31/ III. 7:16 = 25:25)
● ミスリヴェチェク:フルート協奏曲ニ長調(I. 6:33/ II. 7:41/ III. 3:59 = 18:13)

アナ・デ・ラ・ヴェガ(フルート)
イギリス室内管弦楽団
ステファニー・ゴンリー(リーダー)

録音時期:2016年9月
録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
録音方式:ステレオ(PCM HI-RES/セッション)
SACD Hybrid

(HMV.co.jp より)





Einav_yarden
(C) Apple Music 検索キーワード:Einav Yarden

「シューマン:幻想曲 ハ長調」は上手いよ。ある意味、フレッシュ。アルゲリッチの演奏に少し似ているかな? だが、第2楽章以降は、ちょっと弱いかな・・・。買わない。


【収録情報】
シューマン:
● 3つの幻想小曲集 Op.111
● 幻想曲 ハ長調 Op.17
● 森の情景 Op.82

 エイナフ・ヤルデン(ピアノ)

 録音時期:2017年11月24-27日
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid

(HMV.co.jp より)

2018年6月15日 (金)

(C) Apple Music/J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲/アナ・ゲッケル(2CD)

Anna_gockel
(C) Apple Music 検索キーワード:Anna Göckel

↑Apple Music さん、曲名と中身が合っていないよ! デタラメですよ!


これ、悪くないね。癖がないし、聴きやすい。ただし、もうちょっと、個性があればいいと思った・・・買うべきか、買わざるべきか迷う・・・いや、やっぱり買わない。私、バッハの無伴奏は、名演奏を沢山持っているから。


【収録情報】
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲

Disc1
● ソナタ第1番ト短調 BWV.1001
● パルティータ第1番ロ短調 BWV.1002
● ソナタ第2番イ短調 BWV.1003

Disc2
● パルティータ第2番ニ短調 BWV.1004
● ソナタ第3番ハ長調 BWV.1005
● パルティータ第3番ホ長調 BWV.1006

 アナ・ゲッケル(ヴァイオリン)

 録音時期:2017年6月
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

2018年6月 9日 (土)

(C) Apple Music/J. S. バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番/ダニエル・ロザコヴィチ、バイエルン放送交響楽団室内管弦楽団

Lozakovich
(C) Apple Music 検索キーワード:Lozakovich

まるで、ヴァイオリン教室に通う生徒さんのように演奏する。買わない。


【収録情報】
J.S.バッハ:
1. ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV.1042
2. ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 BWV.1041
3. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV.1004

ダニエル・ロザコヴィチ(ヴァイオリン)
バイエルン放送交響楽団室内管弦楽団(1,2)

録音時期:2017年10月、11月
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp へのリンク)

2018年6月 5日 (火)

(C) Apple Music バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番/ルノー・カプソン、フランソワ=グザヴィエ・ロト&ロンドン交響楽団

Renaud_capucon
(C) Apple Music 検索キーワード:Renaud Capuçon

下手な演奏ではないが、淡々と弾いている・・・こういうのを器用貧乏というのだろうね。買わない。


【収録情報】
バルトーク:
● ヴァイオリン協奏曲第1番 Sz.36, BB48a
● ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz.112, BB117

 ルノー・カプソン(ヴァイオリン)
 ロンドン交響楽団
 フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)

 録音時期:2017年10月
 録音場所:ロンドン、Jerwood Hall of St Lukes
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp へのリンク)

2018年6月 1日 (金)

(C) Apple Music ブルックナー:交響曲第8番/マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団

Bruckner_jansons
(C) Apple Music 検索キーワード:Bruckner Jansons

第1、4楽章のみ試聴。
マリス・ヤンソンスという指揮者は、時々、爆演するので目を離せない指揮者であるが、このブルックナーは平均点以上の演奏ではなく、とてつもない爆演ではなかった。今回は節約のため、買わない。


【収録情報】
● ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB108(1890年稿)

バイエルン放送交響楽団
マリス・ヤンソンス(指揮)

録音時期:2017年11月13-18日
録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー
録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

(HMV.co.jp より)


・別件

それにしても、ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニーというコンサート・ホールは、なんだかすごいね(下記)。

Gasteig

(C) HMV.co.jp

2018年5月28日 (月)

(C) Apple Music ブルックナー:交響曲第7番、ワーグナー:ジークフリートの葬送行進曲/アンドリス・ネルソンス&ゲヴァントハウス管弦楽団

Bruckner_nelsons
(C) Apple Music 検索キーワード:Bruckner Nelsons

私の主観では指揮に深みがなく、うるさい。
なによりも、オケの音、悪いよ。なんで?
買わない。

【収録情報】
● ワーグナー:『神々の黄昏』〜ジークフリートの葬送行進曲
● ブルックナー: 交響曲第7番ホ長調 WAB107

 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2018年3月
 録音場所:ライプツィヒ、ゲヴァントハウス
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)

2018年5月24日 (木)

(C) Apple Music ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番(+パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番)/スム(vn)、マルク&ラインラント=プファルツ州立フィル

Soumm
(C) Apple Music 検索キーワード:Soumm

アルゲリッチも注目する情熱系美女のデビュー盤
アレクサンドラ・ソムが弾くブルッフ&パガニーニ

(HMV.co.jp の商品説明より)

↑まさしくその通りなのだが、この人、品がないし、実力不足に思える。買わない。


・ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調Op.26
・パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調Op.6
 アレクサンドラ・スム(ヴァイオリン)
 ラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー
 ゲオルク・マルク(指揮)
 録音:2007年10月5-9日、ルートヴィヒスハーフェン、フィルハーモニー

(HMV.co.jp より)

2018年5月22日 (火)

(C) Apple Music バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番、第1番/クリスティアン・テツラフ、ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送交響楽団、および、コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲、ニールセン:ヴァイオリン協奏曲/イ・ジユン、クリスティーナ・ポスカ&オーデンセ交響楽団

Bartok_tetzlaff
(C) Apple Music 検索キーワード:Bartok Tetzlaff

クリスティアン・テツラフは、1966年4月29日生まれ(52歳/2018年5月22日現在)。
彼は、有名なヴァイオリニストであるし、中堅というよりベテランに近いかも・・・。
実は、私は、このヴァイオリニストを知らない。
このアルバムにおいて、テツラフは、手堅い演奏をしていると思うが・・・私の主観では、彼のバルトークに特に魅力はないと思った・・・というか、私の好みに合わない。買わない。


【収録情報】
バルトーク:
● ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz.112
● ヴァイオリン協奏曲第1番 Sz.36

 クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)
 フィンランド放送交響楽団
 ハンヌ・リントゥ(指揮)

 録音時期:2017年10月18,19日
 録音場所:ヘルシンキ・ミュージック・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)





Jiyoon_lee
(C) Apple Music 検索キーワード:Jiyoon Lee

この人は多分上手いのだろう。ところが、コルンゴルトもニールセンも私が苦手な作曲家なので、今回は、チェックだけして買わないことにする。


【収録情報】
● コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
● ニールセン:ヴァイオリン協奏曲

 イ・ジユン(ヴァイオリン)
 オーデンセ交響楽団
 クリスティーナ・ポスカ(指揮)

 録音時期:2017年6月26-28日
 録音場所:デンマーク、オーデンセ、カール・ニールセン・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャブリエ, エマニュエル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スカルラッティ, ドメニコ | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ドヴォルザーク | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パガニーニ | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フォーレ, ガブリエル | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | ブルッフ, マックス | プロコフィエフ | プーランク, フランシス | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | ヴィヴァルディ, アントニオ | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会・時事 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 量子力学 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ