2018年2月19日 (月)

(C) Apple Music Mozart: Don Giovanni Karl Böhm (Conductor),‎ Wiener Philharmoniker (Orchestra) 1977 Salzburg Festival

Don_giovanni_bohm
(C) Apple Music 検索キーワード:Don Giovanni Böhm

晩年のベームを聴くのは難しいと言われるが、それは嘘ではない。ベームの指揮はテンポが遅く、かつ精密さを重んじる・・・次第に熱が入る・・・いつの間にか高揚感・エクスタシーを聴かせる。二重人格者的指揮者カール・ベーム。

同アルバム(1977年録音)は、同時期に録音された《コシ・ファン・トゥッテ》と同様、旋律をなぞるような、歌うようなアンサンブルとアーティキュレーションが魅力。

ところが、タイトル・ロール:シェリル・ミルンズが悪すぎる。男性的魅力、セクシーさが皆無。聴くに耐えませんね。そのほかのキャストが充実しているだけに残念。

買わない。


【収録情報】

・モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全曲

シェリル・ミルンズ(ドン・ジョヴァンニ)
ヴァルター・ベリー(レポレロ)
アンナ・トモワ=シントウ(ドンナ・アンナ)
テレサ・ツィリス=ガラ(ドンナ・エルヴィーラ)
ペーター・シュライヤー(ドン・オッターヴィオ)
エディト・マティス(ツェルリーナ)他
ウィーン国立歌劇場合唱団

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
カール・ベーム(指揮)

録音:1977年、ザルツブルク[ステレオ]

(HMV.co.jp へのリンク)

2018年2月12日 (月)

(C) Apple Music 『ベル・カント・パガニーニ〜24のカプリース、無伴奏ヴァイオリン作品集』 レイチェル・バートン・パイン(2CD)/C. P. E. バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ集 ヨハンナ・ローズ、ハビエル・ニュネス/J. S. バッハ:ヴァイオリン・ソナタ集 イザベル・ファウスト、クリスティアン・ベズイデンホウト(2CD)

Rachel_barton_pine

Rachel_barton_pine_2

同商品「iTunes スタッフメモ」の拡大画像

(C) Apple Music 検索キーワード:rachel barton pine

私の好きなヴァイオリニスト、レイチェル・バートン・パイン。

このアルバムの演奏はうまいと思うのだが、少し退屈する。

買わない。節約する。

「パガニーニ:24のカプリース/神尾真由子」の方が私の好みに合う。

【収録情報】
パガニーニ:
● パイジェッロの歌劇『水車小屋の娘』からの「虚ろな心」による序奏と変奏 ト長調 Op.38
● 24のカプリース Op.1
● 驚異の二重奏曲 Op.6『デュエット・フォー・ワン』
● 別れのカプリース Op.68

レイチェル・バートン・パイン:
● ニュージーランド国歌『神よニュージーランドを守り給え』による序奏、主題と変奏

 レイチェル・バートン・パイン(ヴァイオリン)

 録音時期:2015年8月31日〜9月3,5日、2016年11月28,29日、12月1,2日
 録音場所:シカゴ、セント・ポール・キリスト連合教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)





Johanna_rose
(C) Apple Music 検索キーワード:Johanna Rose

これは良い。買いたいが値段が高い(←アマゾンJPで2018年2月12日現在¥2,636)。

【収録情報】
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ:
● ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ ニ長調 Wq.37
● ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ ハ長調 Wq.36
● ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ ト短調 Wq.88
● チェンバロ・ソナタ イ短調 Wq.50-3

 ヨハンナ・ローズ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 ハビエル・ニュネス(チェンバロ)
 録音方式:ステレオ(デジタル)

(HMV.co.jp より)





Isabelle_faust

Isabelle_faust_2

同商品「iTunes スタッフメモ」の拡大画像

(C) Apple Music 検索キーワード:Bach Isabelle Faust

これは優等生的。しかも、うるさい。買わない。節約します。

【収録情報】
J.S.バッハ:ヴァイオリン・ソナタ集(オブリガート・チェンバロとヴァイオリンのためのソナタ集)

Disc1
● 第1番ロ短調 BWV.1014
● 第2番イ長調 BWV.1015
● 第3番ホ長調 BWV.1016
Disc2
● 第4番ハ短調 BWV.1017
● 第5番ヘ短調 BWV.1018
● 第6番ト長調 BWV.1019

イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)
クリスティアン・ベズイデンホウト(チェンバロ)

【使用楽器】
ヴァイオリン:ヤコブ・シュタイナー 1658年製
チェンバロ:/ジョン・フィリップス、バークレー 2008年製(ヨハン・ハインリヒ・グレープナー(ジ・エルダー)、ドレスデン 1722年製モデル/トレヴァー・ピノックより貸与)

録音時期:2016年8月18-24日
録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

2018年2月 8日 (木)

(C) Apple Music プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番 リサ・バティアシュヴィリ、ヤニク・ネゼ=セガン&ヨーロッパ室内管弦楽団

Batiashvili_2

Batiashvili

同商品「iTunes スタッフメモ」の拡大画像

(C) Apple Music 検索キーワード:Batiashvili

これは買いだな。

【収録情報】
プロコフィエフ:
1. 騎士たちの踊り(『ロメオとジュリエット』から)
2. ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 op.19
3. グラン・ワルツ(『シンデレラ』から)
4. ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調 op.63
5. 行進曲(『3つのオレンジへの恋』から)
 ヴァイオリンとオーケストラのための編曲:タマーシュ・バティアシュヴィリ(1,3,5)

 リサ・バティアシュヴィリ(ヴァイオリン)
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 ヤニク・ネゼ=セガン(指揮)

 録音時期:2015年7月(2)、2017年2月(1,3,4,5)
 録音場所:バーデン=バーデン(2)、トゥールーズ(1,3,4,5)
 録音方式:ステレオ(デジタル)

(HMV.co.jp へのリンク)

(C) Apple Music エルガー:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 レイチェル・バートン・パイン、アンドルー・リットン&BBC交響楽団/エルガー:ヴァイオリン協奏曲、ヴォーン・ウィリアムズ:あげひばり ハーン、デイヴィス&ロンドン響

このエントリーは http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/elgar-bruch-vio.html に続きます。

==

Barton_pine

Barton_pine_2

同商品「iTunes スタッフメモ」の拡大画像

(C) Apple Music 検索キーワード:Barton Pine

私の好きなレイチェル・バートン・パイン(Rachel Barton Pine)の新作。
エルガーのヴァイオリン・コンチェルトは、51分もあるよ。
これは買おうかな。

【収録情報】
● エルガー:ヴァイオリン協奏曲ロ短調 Op.61
● ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26

 レイチェル・バートン・パイン(ヴァイオリン)
 BBC交響楽団
 アンドルー・リットン(指揮)

 録音時期:2017年1月9-11日
 録音場所:ロンドン、BBCメディア・ヴェール・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp へのリンク)






Hahn
(C) Apple Music 検索キーワード:Elgar Hahn

そういえば、エルガーのヴァイオリン協奏曲はヒラリー・ハーン盤もあったな。
私はそれを自宅全焼火災で失った。
ついでに、それも再取得しよう。

【収録情報】
■エルガー:ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 作品61 [49:25]
I. Allegro [17:54]
II. Andante [12:09]
III. Allegro molto [19:22]
■ヴォーン・ウィリアムズ:あげひばり [16:11]

ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)
サー・コリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団

録音:2003年10月、12月 ロンドン〈デジタル録音〉

(HMV.co.jp より)

2018年2月 4日 (日)

(C) Apple Music 『イスラメイ - 100年の時を経て甦る、ピアノの黄金時代』 長富彩

Nagatomi
(C) Apple Music 検索キーワード:長富彩

この人の「ラヴェル:ラ・ヴァルス」は、なかなかうまいと思った。


【収録情報】
1. チャイコフスキー:花のワルツによるパラフレーズ(グレインジャー編曲)
2. サン=サーンス:白鳥(ゴドフスキー編曲)
3. バラキレフ:イスラメイ
4. グリンカ:ひばり(バラキレフ編)
5. ファリャ:アンダルシア幻想曲
6. グリフス:スケルツォOp.6-3
7. スクリャービン:幻想曲Op.28
8. ラヴェル:ラ・ヴァルス

長富彩(ピアノ)
使用楽器:1912製ヴィンテージ・スタインウェイ使用(Steinway CD368)

録音時期:2009年12月3-5日、2010年8月11日
録音場所:千葉県印旛郡栄町、ふれあいプラザさかえ文化ホール
録音方式:デジタル(セッション)

(HMV.co.jp より)

2018年2月 2日 (金)

(C) Apple Music スティーヴ・ライヒ(1936-):『パルス』 『カルテット』 インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル、コリン・カリー・グループ

Reich
(C) Apple Music 検索キーワード:steve reich: pulse / quartet - ep

眠くなる。買わない。


【収録情報】
ライヒ:
1. パルス (2015)
2. カルテット (2013)

 インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル(1)
 コリン・カリー・グループ(2)

 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)

2018年1月16日 (火)

(C) Apple Music マーラー:交響曲第6番『悲劇的』シモーネ・ヤング&ハンブルク・フィル(2CD)/最近、私、スランプです/欲しい音源が少ない

Mahler_6_simone_young
(C) Apple Music 検索キーワード:Mahler 6 Simone Young



シモーネ・ヤングのマーラー第2弾。
2枚組。演奏時間:約85分。
私、マーラー6番は苦手。
このヤングのマーラー6番はなんか騒がしいね。

※この6番を試聴しても、今後の「シモーネ・ヤング/マーラー・ツィクルス(?)」の良し悪しを予想できないと私は思うのだが・・・。

とりあえず、買わない。



【収録情報】
・マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』[85:04]
CD1
・第1楽章:アレグロ・エネルジコ・マ・ノン・トロッポ [24:38]
・第2楽章:アンダンテ・モデラート [16:18]
CD2
・第3楽章:スケルツォ重々しく [13:15]
・第4楽章:フィナーレ、アレグロ・モデラート [30:53]

ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団
シモーネ・ヤング(指揮)

録音時期:2007年4月22,23日
録音場所:ハンブルク、ライスハレ
録音方式:ステレオ(デジタル)

(HMV.co.jp より)




2018年1月12日 (金)

(C) Apple Music Bruckner: Symphony No. 3 / Wagner: Tannhäuser Overture (Live) Gewandhausorchester Leipzig & Andris Nelsons

Nelsons
(C) Apple Music 検索キーワード:Bruckner Nelsons

悪い演奏ではないんだろうけど、なんだか、つかみ所がない。買わない。


【参考】

ブルックナー:交響曲第3番、ワーグナー:『タンホイザー』序曲 アンドリス・ネルソンス&ゲヴァントハウス管弦楽団

(HMV.co.jp へのリンク)

2018年1月11日 (木)

(C) Apple Music/AVE MARIA/寺下真理子

Terashita
(C) Apple Music 検索キーワード:寺下真理子

アマゾンでは、2018年1月11日現在、高値(4,980円/新品)で売られているけど、Apple Music では只で試聴できる(正確には月980円で試聴できる)。



追伸)ミーハー過ぎるか


2018年1月 9日 (火)

(C) Apple Music Beethoven Klaviersonaten op. 78, 101, 111 [Gramola: 99111] ; Bach Goldberg Variations ; Schubert Klaviersonaten Ingrid Marsoner

Marsoner
(C) Apple Music 検索キーワード:Ingrid Marsoner (イングリッド・マルソナー。ドイツ語読みなら、イングリット・マールゾナーか?)

レコード・レーベル「Gramola Vienna」

世の中には、色んなレーベル、色んなピアニストがあるんだなあ。

Ingrid Marsoner さん

演奏は手堅い。Vertuozo 的にも聞こえるが、そうじゃないようにも聴こえる。よく分からない。が、面白そうなピアニストだ・・・購入するべきか・・・いや、やめた。
第32番の第2楽章は良かったが、第28番の最終楽章はイマイチか。


【追加 その1】

彼女の「ゴルトベルク」は悪くないと思うが、売ってない(下記)。

Marsoner


【追加 その2】

シューベルトも悪くないと思うが、これも売ってない(下記)。

このピアニストは不思議な人だと思う。

Marsoner_2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

100万アクセスを超える | 21世紀の資本 | Apple Music | disc of the year | index | おすすめブログへのリンク | その他の作曲家 | アイヴズ, チャールズ | アナログ・レコード購入記 | ウォルフ(または、ウルフ), クリスチャン | ウストヴォーリスカヤ, ガリーナ | エトヴェシュ | エルガー, エドワード | オーディオ | カーター, エリオット | ガーシュイン | ガーランド, ピーター | クセナキス, ヤニス | クルターグ | クーシスト, ヤーッコ | クープラン | グバイドゥーリナ | グラス, フィリップ | グラズノフ | グリゼー, ジェラール | グリーグ | グールド, グレン | ケージ, ジョン | ゲーム | コダーイ, ゾルターン | コリリアーノ, ジョン | コルンゴルト | コンスタンティネスク, パウル | サロネン, エサ=ペッカ | シェルシ, ジャチント | シェーンベルク | シベリウス | シマノフスキ, カロル | シャブリエ, エマニュエル | シャリーノ, サルヴァトーレ | シュトックハウゼン | シュトラウス, リヒャルト | シュニトケ | シュヴィッタース, クルト | シューベルト | シューマン, クラーラ | シューマン, ローベルト | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジャズ | ジャレル, ミカエル | ジョドロフスキ, ピエール | スカルラッティ, ドメニコ | スキャンダル | スクリャービン | ステーンハンマル, ヴィルヘルム | ストラヴィンスキー | スポーツ | ゾーン, ジョン | タヴナー, ジョン | チャイコフスキー | チン, ウンスク(陳銀淑) | デュティユー | トーマス, オーガスタ・リード | ドビュッシー | ドヴォルザーク | ニールセン | ハイドン, フランツ・ヨーゼフ | ハチャトリアン | ハルトマン, カール・アマデウス | バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル | バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン | バルトーク | バーバー | パガニーニ | パソコン・インターネット | ヒグドン | ヒンデミット | フェルドマン, モートン | フランク, セザール | フランチェスコーニ, ルカ | ブクステフーデ | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | ブルッフ, マックス | プロコフィエフ | ヘンデル | ベッファ, カロル | ベリオ, ルチアーノ | ベルク | ベンジャミン, ジョージ | ベートーヴェン | ペンデレツキ | マヌリ, フィリップ | マルタン, フランク | マンケル, ヘニング | マントヴァーニ, ブルーノ | マーラー | ミュライユ, トリスタン | ミュレンバッハ, アレクサンダー | ムソルグスキー | メシアン | メトネル | メンデルスゾーン | モンテヴェルディ | モーツァルト | ヤナーチェク | ユン, イサン(尹伊桑) | ライヒ, スティーヴ | ラフマニノフ | ラモー | ラヴェル | リゲティ, ジェルジュ | リスト | リーム, ヴォルフガング | ロスラヴェッツ, ニコライ | ロック、ポップス | ワーグナー | 上山和樹 | 介護 | 伊福部昭 | 住まい・インテリア | 住宅瑕疵担保履行法 | 原子力発電 | 岡林信康 | 心と体 | 教育 | 文化・芸術 | 新垣隆 | 日本の農業と漁業 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から) | 東日本大震災(2009/12/27に発生した私の家の火災による被災体験の教訓から)というカテゴリーについて | 災害 | 犯罪 | 環境 | 相対性理論 | 社会・時事 | 科学 | 経済・政治・国際 | 衝撃的な報告をしなければなりません(新たに買いたい CD など) | 衝撃的な報告をしなければなりません(買い戻したい CD など) | 被災(2009/12/27 私と私の家族が火災で焼けだされてしまいました) | 親知らず | 訃報 | 近況報告 | 量子力学 | 防災 | 電磁気学 | 音楽

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ