« (C) Apple Music/AVE MARIA/寺下真理子 | トップページ | 2009年12月27日の私の自宅火災で焼損した CD の再取得経費・・・いまだに私はたたられている »

2018年1月11日 (木)

ヴィルヘルム・バックハウスの「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲新旧盤」聴き比べ/ただし、コメント少なめ

【以下、旧盤】

Backhaus_02

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3, 4番
ヴィルヘルム・バックハウス
カール・ベーム/クレメンス・クラウス指揮
1950 / 1951 年モノラル録音

第3番。ベームの堅い指揮。だが、この第3番はおおらかだと思う。← 第1楽章カデンツァ ← および第2楽章。
第4番。指揮も独奏も新盤(1958 年ステレオ録音)よりおおらかじゃないかな。第3楽章は派手なカデンツァ。


Backhaus_01

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2, 5番《皇帝》
ヴィルヘルム・バックハウス
クレメンス・クラウス指揮
1952 / 1953 年モノラル録音

第2番。カデンツァ以外は、力を抜いてモーツァルト的に弾いている。音は悪いが名演。

第5番。手堅い。正確な打鍵。この旧盤も迫力あるが、新盤(1959年ステレオ録音)の方がもっと迫力あるかも知れない。
クレメンス・クラウスが上手いと思う。

なお《皇帝》新旧盤の演奏時間はほとんど変わらない(下記)。
旧盤:19:29 + 7:22 + 10:13
新盤:19:30 + 7:19 + 10:28



【以下、新盤】

Beethoven_backhaus_12

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1, 2番
ヴィルヘルム・バックハウス
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
1958 / 59 年ステレオ録音

第1番。これはイッセルシュテットの指揮が、おおらか過ぎるぐらいおおらか。バックハウスの演奏もまたおおらかであり、多くのピアニストは倣うべきであろう。

第2番。バックハウス、第1楽章アインガングを女性的(?)に演奏をしているのが良い。第2楽章はもともとノーブルな楽章をノーブルに弾いている。


Beethoven_backhaus_34

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3, 4番
ヴィルヘルム・バックハウス
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
1958 年ステレオ録音

第3番。旧盤(1950 年モノラル録音)よりも粗いと思う。第1楽章のカデンツァが良い。第2楽章の静かな美。
第4番。これも、旧盤(1951 年モノラル録音)よりも粗いと思う。第3楽章のカデンツァは技巧的で良い。
ただし、同盤のバックハウスの演奏は少し衰えているように聴こえる(?)


Beethoven_backhaus_5

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番《皇帝》
ヴィルヘルム・バックハウス
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
1959 年ステレオ録音

第5番。75才ごろの録音なのに衰えていない。
おおらかさと迫力において、旧盤(1953年モノラル録音)に勝るだろう。この演奏については、私が書いた「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集/バックハウス」へのレビューが当てはまるだろう(下記)。

新盤は旧盤においてすでに偉業を成し遂げたあとであるためか緊張感よりもリラックスを感じさせる。だが新盤はステレオによる新録音を残したという価値だけではなく旧盤とは違う作品に対するアプローチを示したという意味で価値を持つと思う。つまり新盤は旧盤よりおおらかで、細部の表現や技巧にとらわれない、くったくのない演奏といってもいいかも知れない(ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ全集)。

« (C) Apple Music/AVE MARIA/寺下真理子 | トップページ | 2009年12月27日の私の自宅火災で焼損した CD の再取得経費・・・いまだに私はたたられている »

ベートーヴェン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/72630159

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィルヘルム・バックハウスの「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲新旧盤」聴き比べ/ただし、コメント少なめ:

« (C) Apple Music/AVE MARIA/寺下真理子 | トップページ | 2009年12月27日の私の自宅火災で焼損した CD の再取得経費・・・いまだに私はたたられている »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ