« 中高生の20% 「死にたい」と時々思う 支援の仕組み必要/「“死にたい”は助け求めるSOS」(2017年11月18日) | トップページ | Bohemia Tamsin Waley-Cohen, violin Huw Watkins, piano »

2017年11月18日 (土)

Niccolò Paganini: 24 Capricci Francesca Dego

Capricci

Niccolò Paganini:
24 Capricci
Francesca Dego
2012年録音


私の評価:ちょっと辛いがStars2


【前置きの前置き】 私は、ニコロ・パガニーニという作曲家を知らないし《24のカプリース(奇想曲)》という作品を聴くのは初めて・・・。それなのに、無謀にも私はこのレビューを書く。

【前置き】 この録音は微妙なエコーがかけられてあって、せっかくのデゴの美しい音色が聴けるのかどうか疑問。

フランチェスカ・デゴ(デーゴ)は1989年生まれのイタリア人だし、彼女の使用楽器は、パガニーニと同じくグァルネリ(ex Bower-Soames-Ricci Guarneri del Gesù [Cremona 1734])。それに彼女の技巧は充実している。よって、これは「いかにもパガニーニ」と思わせる演奏であるはずだが、私には、この作品集《24のカプリース》は、バッハの《無伴奏》や《ヴァイオリン・ソナタ BWV1014/1019》を思わせる。すなわち、デゴの演奏はホントにイタリア的(?)

(というか、そもそもバッハのヴァイオリン曲はドイツ的なのかイタリア的なのか)

おそらくデゴは、作品集《24のカプリース》が持つ、各楽曲の多彩な性格、特徴、表情を表していないのだろう。第6曲「アダージョ」で私は退屈してしまった。

この音盤において、私はパガニーニにもパガニーニの作品にも出会うことができなかったと思う。

【結論】 このフランチェスカ・デゴによる《24のカプリース》は、私にとってパガニーニ入門盤ではなかった・・・もとい(彼女は一応パガニーニを優れた技巧で弾いているのだから)それは「『良き』パガニーニ入門盤ではなかった」と言うべきだろう・・・つまり、彼女の演奏は、今後私がどんなパガニーニに出会えるか、どんなパガニーニを聴けるかを楽しみにする・・・そのための参考盤には、なった。

【追加】 ただし、彼女の技巧は素晴らしいと思うので、私はこの音盤を聴くとき彼女の技巧だけを聴くことにする。


【収録情報】
● パガニーニ:24のカプリース Op.1(全曲)

 フランチェスカ・デゴ(ヴァイオリン)

 録音時期:2012年
 録音場所:イタリア
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)



ではホントにうまいのだがれか。
ユリア・フィッシャーか神尾真由子か。
(C) Apple Music でよく聴いてみよう。


Caprices_01
(C) Apple Music 24のカプリース ユリア・フィッシャー 検索キーワード:paganini: 24 caprices, op. 1




Caprices_02
(C) Apple Music 24のカプリース 神尾真由子 検索キーワード:paganini: 24 caprices, op. 1

(続く)

(続き)

これは、神尾真由子盤がいいね。

« 中高生の20% 「死にたい」と時々思う 支援の仕組み必要/「“死にたい”は助け求めるSOS」(2017年11月18日) | トップページ | Bohemia Tamsin Waley-Cohen, violin Huw Watkins, piano »

パガニーニ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/72247306

この記事へのトラックバック一覧です: Niccolò Paganini: 24 Capricci Francesca Dego:

« 中高生の20% 「死にたい」と時々思う 支援の仕組み必要/「“死にたい”は助け求めるSOS」(2017年11月18日) | トップページ | Bohemia Tamsin Waley-Cohen, violin Huw Watkins, piano »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ