« ヘルムート・ヴァルヒャ/バッハ:鍵盤楽器作品集(1958-1962年録音) | トップページ | 【メモ】 トリスタンとイゾルデについての覚え書き/書き直し »

2017年9月 8日 (金)

太陽フレア ピーク過ぎるも数日間は警戒を(2017年9月7日)/太陽で大規模爆発 8日地球に影響出るおそれ(2017年9月7日)

太陽フレア ピーク過ぎるも数日間は警戒を

「太陽フレア」と呼ばれる太陽表面の爆発現象で放出された電気を帯びた粒子が、8日午前中から地球に到達し、日本でも磁場の乱れが観測されました。国立研究開発法人の情報通信研究機構は、今回のフレアによる磁場の乱れは午前中にピークを過ぎたものの、太陽活動は引き続き活発で、新たなフレアの発生も考えられることから「今後、数日間は警戒が必要だ」としています。(2017年9月8日 16時43分 NHK オンラインより)


太陽で大規模爆発 8日地球に影響出るおそれ

Flare
(C) NHK

太陽の表面で「太陽フレア」と呼ばれる大規模な爆発現象が起きた影響で、8日午後から深夜にかけて電気を帯びた微粒子が地球に到達し、GPSや無線通信などに影響が出るおそれがあるとして、国立研究開発法人の情報通信研究機構が注意を呼びかけています。(2017年9月7日 20時05分 NHK オンラインより)

(下に続く)

(上の続き)

太陽フレア ピーク過ぎるも数日間は警戒を

「太陽フレア」と呼ばれる太陽表面の爆発現象で放出された電気を帯びた粒子が、8日午前中から地球に到達し、日本でも磁場の乱れが観測されました。国立研究開発法人の情報通信研究機構は、今回のフレアによる磁場の乱れは午前中にピークを過ぎたものの、太陽活動は引き続き活発で、新たなフレアの発生も考えられることから「今後、数日間は警戒が必要だ」としています。

太陽表面の爆発現象「太陽フレア」は、太陽の「黒点」と呼ばれる場所で起きる現象で、今月に入って中規模や大規模なものが複数回発生し、このうち日本時間の6日午後9時前には2006年以降起きていなかった大規模なフレアが起きました。

情報通信研究機構によりますと、これらのフレアによって放出された電気を帯びた粒子や衝撃波は、予測された午後3時以降よりも早く、8日午前8時から9時ごろにかけて地球に到達し、日本でも磁場の乱れが観測されました。

情報通信研究機構でデータを分析した結果、磁場の乱れは、8日の午前9時から正午までにピークを迎えたと見られるということで、今後影響は小さくなっていくとしています。

また国土地理院のGPSのデータを解析したところ、通常の誤差に加え数メートルほどの位置情報のずれが確認できたということです。

情報通信研究機構の石井守室長は「今回のフレアによる磁場への影響は、あすくらいまで注意が必要だ。さらに太陽活動が引き続き活発なため、新たなフレアが起きる可能性もあり、今後数日間は警戒が必要だ」と話しています。

太陽フレアによる影響は過去にも起きていて、1989年にはカナダで大規模な停電が起きたほか、2003年には日本の人工衛星が故障したこともあり、ふだんは見られないような低緯度地域でオーロラが観測されることもあるということです。今回の太陽フレアは人体には影響がないということです。

磁気嵐とは

GPSや通信衛星などに異常を引き起こすのは、磁気嵐と呼ばれる現象です。太陽で大規模な爆発が起きると、電気を帯びた粒子の塊が爆風のような太陽風として宇宙に放出されます。
この太陽風は、2日ほどで地球に到達し、地球周辺の磁場に作用します。この結果、磁場が弱められるなど乱れる現象が、磁気嵐です。

磁気嵐は半日から数日続くことがあり、2000年7月には、磁気嵐の影響で地球の大気が加熱されて膨張し、その中を日本の人工衛星が通過して姿勢を崩した結果、太陽電池パネルを太陽に向けらなくなり、翌年バッテリー切れで大気に突入し消滅しました。

また、1989年3月にはカナダのケベック州で、磁気嵐に伴って高度100キロの上空で大きな電流が発生し、地上に誘導されて変電所に流れ込んだ結果、600万世帯という大規模な停電が発生しました。

携帯大手3社は影響なし

「太陽フレア」は、無線通信の分野に影響が出る可能性が指摘されていましたが、携帯電話大手3社の「NTTドコモ」と「KDDI」それに「ソフトバンク」によりますと、これまでのところ、携帯電話の通話や通信への影響は確認されていないということです。

GPSの誤差広がる現象確認

土地の測量会社などにGPSを使った位置情報のデータを提供している衛星測位利用推進センターでは、8日の午前中からふだん2メートルほどに収まっている位置情報の誤差が16メートルほどに広がる現象が確認されました。

現在のGPS=位置情報システムのデータでは、実際の位置と数メートルの誤差が出るため東京・港区にある衛星測位利用センターでは、電子基準点と呼ばれる全国に1200ほどある基準点を使い、誤差を数センチのレベルにまで補正した高い精度の位置情報を土地の測量会社や建設機械メーカーなどに提供しています。センターでは、GPSの誤差がどの程度か、常時確認していますが、通常2メートルほどに収まっている誤差が、8日午前中から大きく変動し、16メートルを超えるまでに広がったということです。

センターによりますと現在のシステムでは、誤差が大きくなると電子基準点から離れた場所ではデータを補正できなくなるほか、スマートフォンやカーナビなどの位置情報は、補正がないまま使われているので大きな誤差が出たケースも考えられるということです。

衛星測位利用推進センターの三神泉専務理事は「ここまで大きな誤差が出たのは経験がない。カーナビでは、走っている道とは違う場所を案内するといったケースが出たかもしれない。こうした時は、ふだんよりも位置情報を信用しすぎないことが必要です」と話していました。

漁船に注意呼びかけ

太陽の表面で「太陽フレア」と呼ばれる爆発現象が起きた影響で、GPSや無線通信などに影響が出るおそれがあることを受けて、各地の漁業協同組合では、漁に出ている船などに注意するよう呼びかけています。

このうち、宮城県漁業協同組合は8日午前中、県内に33ある支部に対し、すでに漁に出ている船や出漁する予定の漁業者に注意喚起を行うよう文書で通知しました。

漁協によりますと、所属するほとんどの漁船は連絡手段として無線を使っているほか、GPSで海上での位置の把握を行っているということです。

これまでのところ、無線やGPSに異常が起きたという情報は入っていないということです。宮城県漁業協同組合の大山宏樹主任は「何かしらの影響が出た場合には、速やかに対応できるようにしたい」と話していました。

専門家「代替の通信手段確保を」

「太陽フレア」の影響について東北大学大学院理学研究科の小原隆博教授は、「地球周辺の電離層が大きく乱れて通信が途絶えるおそれがあり、特に短波を使っている漁業無線などは、代替の通信手段を確保しておく必要がある。GPSも精度が悪くなって位置がずれてくる可能性があり、建設現場やボーリングを行っている現場などでは、GPSに頼るような細かい作業は控えるべきだ」と話しています。

オーロラ 日本で観測は?

オーロラに詳しい国立極地研究所の片岡龍邦さんによりますと、磁気嵐が起きると、通常は緯度の高いところでしか見られないオーロラが広い範囲で観測されるほか、緯度の高い地域では通常の100倍もの明るさになることがあるということです。

8日午前中に極地研究所が南極の昭和基地で撮影した映像では、満月で明るい空だったもののそれに負けない明るさでオーロラが輝く様子が捉えられていて、ふだんは見られない紫色のオーロラも見られるなど、磁気嵐の影響が強く現れていたということです。

また、過去の磁気嵐の際には、日本でも北海道などでオーロラが観測されたことがありますが、片岡さんは「もう一度磁気嵐が起きれば見られるかもしれないが、現状ではどちらとも言えない」としたうえで、「もし見られるならば、これまでに観測されたことのないオーロラになる可能性もあり、関心のある人には撮影にも挑戦してもらいたい」と話していました。(2017年9月8日 16時43分 NHK オンラインより)

--

太陽で大規模爆発 8日地球に影響出るおそれ

Flare
(C) NHK

太陽の表面で「太陽フレア」と呼ばれる大規模な爆発現象が起きた影響で、8日午後から深夜にかけて電気を帯びた微粒子が地球に到達し、GPSや無線通信などに影響が出るおそれがあるとして、国立研究開発法人の情報通信研究機構が注意を呼びかけています。

太陽表面の爆発現象「太陽フレア」は、太陽の「黒点」と呼ばれる場所で起きている現象で、日本時間の6日午後9時前、大規模なものが発生しました。

情報通信研究機構によりますと、同じ規模の爆発は11年前の2006年に観測されて以降なかったということで、爆発で放出された電気を帯びた粒子が8日の午後3時ごろから9日の午前0時ごろにかけて地球に到達すると見られています。

これによって地球の磁場が乱れて、スマートフォンなどに使われるGPS=位置情報システムに最大で数十メートルほどの誤差が生じたり、無線通信が通じにくくなったりする影響が出るおそれがあるということで機構が注意を呼びかけています。今回の太陽フレアは人体には影響がないということです。

太陽フレアによる影響は過去にも起きていて、1989年にはカナダで大規模な停電が起きたほか、2003年には日本の人工衛星が故障したこともあり、ふだんは見られないような低緯度地域でオーロラが観測されることもあるということです。

国立天文台「通常の1000倍の強さのX線」

太陽の活動に詳しい国立天文台の矢治健太郎さんは「今回の太陽フレアでは、通常太陽全体から出る1000倍の強さのX線が出たと見られている。よい影響では、南極や北極でオーロラが見えるが、マイナス面では、GPSの位置情報が狂ったりするおそれが考えられる。1989年3月にはカナダのケベック州で600万世帯の大停電も起きた。ただ、影響が出るまでには、通常2日から3日はかかるので注意喚起によってバックアップ体制をとるなどすることで最近は、大きな停電などは起きていない。太陽フレアに関する情報は研究機関などから発信されているので、注意してあらかじめ対策をとってもらいたい」と話しています。

「あす夕方〜真夜中に注意」

太陽活動による地球への影響を予測する「宇宙天気予報」を出している情報通信研究機構の石井守室長は「太陽は今、活動が低下している時期だが、この時期にこれほど大きな爆発が起きたことには正直驚いた。あす夕方から真夜中にかけて短波通信やGPSに影響が出る可能性がある。最近は情報通信技術が非常に高度になっているので、想像していないところで何らかの影響が出る可能性もあり、注意が必要だ」と話しています。(2017年9月7日 20時05分 NHK オンラインより)

« ヘルムート・ヴァルヒャ/バッハ:鍵盤楽器作品集(1958-1962年録音) | トップページ | 【メモ】 トリスタンとイゾルデについての覚え書き/書き直し »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/71644953

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽フレア ピーク過ぎるも数日間は警戒を(2017年9月7日)/太陽で大規模爆発 8日地球に影響出るおそれ(2017年9月7日):

« ヘルムート・ヴァルヒャ/バッハ:鍵盤楽器作品集(1958-1962年録音) | トップページ | 【メモ】 トリスタンとイゾルデについての覚え書き/書き直し »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ