« Galina Ustvolskaya: Piano Sonatas Nos.1-6 Antonii Baryshevskyi | トップページ | 【復習】 光時計 »

2017年8月29日 (火)

カール・ベームの《ドン・ジョヴァンニ》を聴き比べる

Don_giovanni_1

Wolfgang Amadeus Mozart:
Don Giovanni

George London (Don Giovanni)
Ludwig Weber (Commendatore)
Lisa Della Casa (Donna Anna)
Anton Dermota (Don Ottavio)
Sena Jurinac (Donna Elvira)
Erich Kunz (Leporello)
Irmgard Seefried (Zerlina)
Walter Berry (Masetto)

Chorus of the Wiener Staatsoper
Orchestra of the Wiener Staatsoper
Karl Böhm
1955年ライブ録音
歌唱:ドイツ語

1955年、ウィーン国立歌劇場再建こけら落しでのライブであるということで、祝祭的で迫力あるが、ベームの指揮はきめ細かくもある。そして、歌劇《ドン・ジョヴァンニ》が持つ悪魔的性格においては『Metropolitan 1959年ライブ盤(下記)』に勝ると思う。
歌手陣はドリームチーム:どの歌手も「主役を歌うことができる実力者たち」である・・・が、それらの歌手たちは、皆、歌が上手過ぎるし、それらの歌手たちの歌は聴き慣れているから、意外性がなく・・・面白くない。←極めて贅沢な不満。

録音は悪くない。

ちなみに私は、リーザ・デラ・カーザはドンナ・アンナに合ってないと思う。すなわち:

【最終幕最終場】

ドン・オッターヴィオ:私をもうこれ以上苦しめないでください
ドンナ・アンナ:待って下さい 愛しい人 あと一年

オッターヴィオのアンナへの「すぐに結婚して欲しい」という求めに対してアンナはそれを断る。私は、ドンナ・アンナという人は謎めいた人だと思う。デラ・カーザのある意味清楚な歌唱はドンナ・アンナに合わないと思う。
それよりも、デラ・カーザに愛に狂うエルヴィーラを歌わせると脇がしまると思う。




Don_giovanni_2

Wolfgang Amadeus Mozart:
Don Giovanni

George London (Don Giovanni)
William Wilderman (Commendatore)
Eleanor Steber (Donna Anna)
Cesare Valletti (Don Ottavio)
Lisa della Casa (Donna Elvira)
Ezio Flagello (Leporello)
Laurel Hurley (Zerlina)
Theodor Uppman (Masetto)

Orchestra and Chorus of the Metropolitan Opera House
Karl Böhm
1959年ライブ録音

音はあまり良くないが鑑賞に耐える。ベームにしては例外的にテンポが速く、微妙なテンポ・ルバートが緊張感・迫力を高めている。レチタティーヴォ(朗唱)もテンポが速く推進力がある。
アメリカ出身のエレナー・スティーバーがドンナ・アンナを怪演している。スティーバーだけではなく他の歌手も古臭い歌唱・・・だがドラマティック。そして、さすが、リーザ・デラ・カーザ(ドンナ・エルヴィーラ)・・・彼女の一頭地を抜く歌唱が、脇を固めている。この演奏はベームにしては例外的にスピーディーな演奏がリスナーの感覚を刺すだろう。ただ、歌劇《ドン・ジョヴァンニ》が持つ悪魔的性格においては『Wiener Staatsoper 1955年ライブ盤(上記)』に劣るだろう。

なお、この CD-DA には、オットー・クレンペラー指揮、ジョージ・ロンドン歌唱の『マーラー:亡き子をしのぶ歌』がオマケについている(1955年録音)。




Don_giovanni_3

Wolfgang Amadeus Mozart:
Don Giovanni

Dietrich Fischer-Dieskau (Don Giovanni)
Birgit Nilsson (Donna Anna)
Peter Schreier (Don Ottavio)
Martti Talvela (Il Commendatore)
Martina Arroyo (Donna Elvira)
Ezio Flagello (Leporello)
Alfredo Mariotti (Masetto)
Reri Grist (Zerlina)

Orchester des Nationaltheaters Prag
Karl Böhm
1967年セッション録音

これは以上3つのベームの《ドン・ジョヴァンニ》の中で最も精密な演奏。
ただし、フィッシャー=ディースカウはセクシーではないし、ビルギット・ニルソンはやはりブリュンヒルデを思い出させる。
一方、シュライアーは完璧。そして、Ezio Flagello (Leporello) と Reri Grist (Zerlina) まさに適役だ。




【関連記事】

Wolfgang Amadeus Mozart: Don Giovanni Dietrich Fischer-Dieskau, Ezio Flagello, Birgit Nilsson, Peter Schreier, Martina Arroyo, Martti Talvela, Reri Grist, Alfredo Mariotti, Orchester des Nationaltheaters Prag / Karl Böhm

« Galina Ustvolskaya: Piano Sonatas Nos.1-6 Antonii Baryshevskyi | トップページ | 【復習】 光時計 »

モーツァルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/71550516

この記事へのトラックバック一覧です: カール・ベームの《ドン・ジョヴァンニ》を聴き比べる:

« Galina Ustvolskaya: Piano Sonatas Nos.1-6 Antonii Baryshevskyi | トップページ | 【復習】 光時計 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ