« 北朝鮮 ミサイル発射計画「日本の上空通過 グアム島周辺海上に」/小野寺防衛大臣曰く「日本の存立の危機にあたる可能性がないとは言えない」/(核)戦争勃発しないでくれ!(2017年8月10日) | トップページ | Domenico Scarlatti: Piano Sonatas Claire Huangci »

2017年8月10日 (木)

『ブルックナー:交響曲全集(ただし00番と0番を除く)/イム・ホンジョン(Hun-Joung Lim)指揮/韓国交響楽団(10cds)』を少しずつ聴く/交響曲第5番変ロ長調

http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/http.htmlに続く

http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/00010cds-988d.htmlの続き

==

Hunjoung_lim

Anton Bruckner
9 Symphonies
Korean Symphony Orchestra
Hun-Joung Lim
(P) 2017 Universal Music Korea


【収録情報】
● 交響曲第1番ハ短調 WAB.101(1891年ウィーン稿 G.ブロッシェ版)
● 交響曲第2番ハ短調 WAB.102(1877年稿 ノヴァーク版)
● 交響曲第3番ニ短調 WAB.103(1889年稿 ノヴァーク版)
● 交響曲第4番変ホ長調 WAB.104『ロマンティック』(1881年稿 ハース版)
● 交響曲第5番変ロ長調 WAB.105(シャルク改訂版)
● 交響曲第6番イ長調 WAB.106(ノヴァーク版)
● 交響曲第7番ホ長調 WAB.107(1885年稿 ハース版)
● 交響曲第8番ハ短調 WAB.108(1887年稿&1890年稿 ハース版)
● 交響曲第9番ニ短調 WAB.109(1894年初稿 オーレル版)

 韓国交響楽団
 イム・ホンジョン(Hun-Joung Lim)(指揮)

 録音時期:2015年10月29日(第1番)、2016年4月26日(第2番)、2015年5月12日(第3番)、2016年2月25日(第4番)、2016年9月9日(第5番)、2015年2月26日(第6番)、2014年11月21日(第7番)、2015年12月15日(第8番)、2016年12月1日(第9番)
 録音場所:ソウル・アーツ・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)



【交響曲第5番変ロ長調 WAB.105】

【譜例】

以下、作曲家別名曲解説ライブラリー5「ブルックナー」より引用。

・ 第1楽章 導入部 アダージョ 変ロ長調 2分の2拍子 - アレグロ。この楽章には導入部が置かれているが、これはブルックナー交響曲としては、はじめてのことである。

Bruckner_05_1_adagio_1
【譜例1】 第1楽章 導入部 1 (midi


Bruckner_05_1_adagio_2_2
【譜例2】 第1楽章 導入部 2 (midi


Bruckner_05_1_adagio_3
【譜例3】 第1楽章 導入部 3 (midi


Bruckner_05_1_adagio_4
【譜例4】 第1楽章 導入部 4(midi


Bruckner_05_1_aregro
【譜例5】 第1楽章 第1主題に向かう特徴的なパッセージ。←私はここが好き。(midi


Bruckner_05_1_1
【譜例6】 第1楽章 第1主題 (midi


Bruckner_05_1_2
【譜例7】 第1楽章 第2主題 (中略)そのあとに第2主題(譜例7)が、弦5部のピッツィカートによって密やか(ひそやか)に始まり、やがて第1ヴァイオリンによって幾分不気味な感じの、転調に富んだ楽句が開始される。この主題の1回目の呈示はヘ短調に始まり変イ短調の半終止にいたるが、2回目はト短調に始まり、変ニ長調に到達する。そして移行的な楽段が形成されたのちに、もう一度第2主題が呈示され、ヴァイオリンのシンコペーションの楽句として静かに流れてゆく。(midi


Bruckner_05_1_3
【譜例8】 第1楽章 第3主題 (midi


Bruckner_05_2_1
【譜例9】 または、

Bruckner_05_2_1_temp_temp
【譜例9】 第2楽章 (冒頭)まず4小節間、弦5部のピッツィカートによって前奏的な楽句が示されたのち、これを背景としてオーボエによって憂いをおびたような旋律が呈示される(譜例9)。この旋律の4拍子的な動きと、弦の3連音符の進行とが、ポリリズム的な面白さを見せている。(midi←ピアノのみの演奏では音がずれる)(mp3←パートに楽器を指定すると、何故か、ずれないように聞こえる)


Bruckner_05_2_2
【譜例10】 第2楽章 第2主題 ヴァイオリンG線による(midi


Bruckner_05_3_3
【譜例11】 第3楽章 トリオ 第1楽章の冒頭の楽句から由来する。←このトリオのフレーズ、私は好きだ。(midi


・第4楽章 フィナーレ アダージョ、変ロ長調、2分の2拍子 - アレグロ・モデラート

Bruckner_05_4_1
【譜例12】 第4楽章 フーガの主題 (中略)さて、フィナーレ主部はフーガによって開始されるが、結論を先取りして言えば、この楽章もソナタ形式を基礎に置いている。まず、すでにクラリネットで予示されたフーガ主題が、低弦に始まり(譜例12)、ヴィオラ、第2ヴァイオリン、第1ヴァイオリンによって次々に導入されるが、そのフーガ的構成も16小節で終わり、その後はバスの半音階的上昇の上に組み立てられた部分、次いでヘ音オルゲルプンクトの部分を経て、半終止に達する。以上の部分は、フーガ的に構成された第1主題部と形容される。(midi


Bruckner_05_4_2_temp
【譜例13】 第4楽章 第2主題(midi


Bruckner_05_4_3_2
【譜例14】 第4楽章 中間楽節(midi


Bruckner_05_4_4_2
【譜例15】 第4楽章 7度下行(midi


Bruckner_05_4_5
【譜例16】 第4楽章 コラール(midi


イム・ホンジョンの『ブル5』は私の主観では美しい演奏だと思う。適度に濃厚なのが良い。快い。
ただし、第4楽章後半のフーガは奇麗にまとめ上げられていると思うが、その後の第1楽章第1主題が回想されるところはちょっと雑か・・・。

【演奏時間】

19:56 + 16:59 + 13:02 + 23:23 = 73:23(シモーネ・ヤング)
20:31 + 15:36 + 09:42 + 18:16 = 64:05(イム・ホンジョン)

« 北朝鮮 ミサイル発射計画「日本の上空通過 グアム島周辺海上に」/小野寺防衛大臣曰く「日本の存立の危機にあたる可能性がないとは言えない」/(核)戦争勃発しないでくれ!(2017年8月10日) | トップページ | Domenico Scarlatti: Piano Sonatas Claire Huangci »

ブルックナー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/71384657

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブルックナー:交響曲全集(ただし00番と0番を除く)/イム・ホンジョン(Hun-Joung Lim)指揮/韓国交響楽団(10cds)』を少しずつ聴く/交響曲第5番変ロ長調:

« 北朝鮮 ミサイル発射計画「日本の上空通過 グアム島周辺海上に」/小野寺防衛大臣曰く「日本の存立の危機にあたる可能性がないとは言えない」/(核)戦争勃発しないでくれ!(2017年8月10日) | トップページ | Domenico Scarlatti: Piano Sonatas Claire Huangci »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ