« 私のオデオ・システムでロック・ミュージックやポップスがちゃんと鳴ってくれないのは LUXMAN L-560 のせいらしい(泣)/LUXMAN L-560 で大滝詠一や小川美潮を鳴らすのは無理か(?)/我思う「クラシックは面白くない。ロックは聴けない。ならば私は何を聴けばいいのか?」 | トップページ | スヴャトスラフ・リヒテルの「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第7、9、12番」/演奏の良し悪しは別にして、私が昔、NHK で放送されたものを VHS テープに録画して、その後、それを火災で焼損した映像が見つかりました »

2017年6月15日 (木)

ダヴィッド・オイストラフの芸術~ヴァイオリン協奏曲&室内楽曲集(30CD)

Oistrakh

ダヴィッド・オイストラフの芸術~ヴァイオリン協奏曲&室内楽曲集(30CD)


私はダヴィッド・オイストラフを20世紀最大のヴァイオリニストだと思っているのですが、上記商品はステレオ録音が少ないし、値段高いし、私が聴きたいのは下記だけであるし・・・買わない。


Disc30
●プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 へ短調 Op. 80
1 I. Andante assai
2 II. Allegro brusco
3 III. Andante
4 IV. Allegrissimo

Recording: 1953-1954

レフ・オボーリン(ピアノ)

●プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番 ニ長調 Op. 94
5 I. Moderato
6 II. Scherzo (Presto)
7 III. Andante
8 IV. Allegro con brio

Recording: May 22, 1955

ヴラディミール・ヤンポリスキー(ピアノ)

« 私のオデオ・システムでロック・ミュージックやポップスがちゃんと鳴ってくれないのは LUXMAN L-560 のせいらしい(泣)/LUXMAN L-560 で大滝詠一や小川美潮を鳴らすのは無理か(?)/我思う「クラシックは面白くない。ロックは聴けない。ならば私は何を聴けばいいのか?」 | トップページ | スヴャトスラフ・リヒテルの「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第7、9、12番」/演奏の良し悪しは別にして、私が昔、NHK で放送されたものを VHS テープに録画して、その後、それを火災で焼損した映像が見つかりました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=9lhhwarV5vY

オイストラフは知る限り、バッハのヴァイオリンソナタが絶品なのだが、どうも入ってないようですね
このノーブルさ、ムラヴィンスキーに通じるものがある
今の演奏は技術的にも解釈的にも圧倒的に進んでいるが、こうした余裕、高貴さはもうないですね

あと、シュレーディンガーの猫理論を思いっきり拡大解釈したグレッグ・イーガンの「宇宙消失」のSF作品は傑作です

Complete Sonatas for Violin and Harpsichord BWV 1014-1019
David Oistrakh-Violin
Hans Pischner-Harsichord
Rec. 1965
http://www.youtube.com/watch?v=9lhhwarV5vY
なるほど、これは名演だ!
しかし、この 30cds には入ってないですね。

←欲しいな。手に入りますか?

情報、ご意見ありがとうございました。

あらら、オイストラフが動く姿を私は初めて見た:
http://youtu.be/DJh6i-t_I1Q
Menuhin もカッコいいですね

いや、実はこれ、ブックオフで誰かが処分したらしくバッハコレクションが大量にあった時、2枚バラでそれぞれ280円であったんですよ
大いに迷ったんですが、あまりに買う物多すぎて持ち合わせ足りない&古いチェンバロ伴奏&ひょっとしたら巨大ボックスに入ってるかもということでスルーしたのですが、一応ゆちゅぶで聴いてみたらとんでもない名演で、悔いました…
当然売れてしまっていた

アマゾンで見ると一枚5000円以上とかついてますが、まあこれは縁ですね
上手くいけばまた安くで出会いがあるかも

とはいっても、改めて聴きなおしてみて、このノーブルさ…つくづく惜しかったです

>2枚バラでそれぞれ280円
>改めて聴きなおしてみて、このノーブルさ…つくづく惜しかったです
本当に惜しかったですね

これは、例の Apple Music にアップロードされてます
検索キーワード:Bach Sonatas Oistrakh Hans Pischner
多分、これ(下記URL)だと思うんですが・・・

http://koshiro56.la.coocan.jp/files/Bach_Sonatas_Oistrakh_Hans_Pischner.jpg

長調の曲のみならず短調の曲も晴れやかな演奏ですね。こころ癒されます。

(続き)

>アマゾンで見ると一枚5000円以上とかついてます

>>Bach Sonatas Oistrakh Hans Pischner

AmazonJP では見つけることが出来ませんでした

http://www.youtube.com/watch?v=9fU40nXwQts

前お勧めしたフェインベルクは聴かれたんでしょうか?
これまた非常な名演なんですが

>前お勧めしたフェインベルク
この人の名前はなぜか全然私の記憶にありません
しかし、フェインベルク、あ〜、うまいですね!

サムイル・フェインベルク(1890-1962)
ロザリン・テューレック(1914-2003)
グレン・グールド(1932-1982)
と、続く系譜(?)を見たような気がしました。
つまり、アグレッシブな技巧と耽美性。
良い音源を紹介下さって有難うございました。

ただ、私がブコフで見た別会社の海外盤では確かライブだったような…
複数種類演奏があるのかどうか、
ゆちゅぶでは先に出したのと、このDG盤が両方アップされてるので、比較すればわかりますか

・オイストラフ&ピシュナーのバッハ:Vn ソナタ集
よくぞ見つけて下さいました。整理すると
[1] ユーチューブ
http://youtu.be/9lhhwarV5vY
(←ノイジーだが、ノーブル。)
[2] アップル・ミュージック
http://koshiro56.la.coocan.jp/files/Bach_Sonatas_Oistrakh_Hans_Pischner.jpg
(←ノイジーじゃないがうるさい。ノーブルじゃない。幻滅。)
[3] タワーレコード盤
http://amzn.to/2tArIqi
(不明。だが、2と同一音源であるとすれば多分良くない。←これは幻滅させられるかも知れない。買わない方が良いかも知れない)
[4] ライブ盤(不明)

2(アップル・ミュージック)3(アマゾンJP)は同一音源じゃないかなあ(?)
不思議なのは、1(ユーチューブ)は音が良いのに対して、2(アップル・ミュージック)は・・・録音当時の音色の良さが失われているようだ。2は音、美しくない。1は、なぜか飛び抜けて音が良いと思われる。
3のジャケット(裏)を見てみると、録音年が、1961、1963、1966年、とびとびですね。
4は見当たりませんでした。


追伸1)ついでに、私が火災で焼損したシェリング&ヴァルヒャの同曲も買いかな。
http://amzn.to/2tfj2WS

追伸2)同じく火災で焼損したコーガン&カール・リヒターの同曲は私の気に入りませんでした
http://amzn.to/2tfsvxq

まあ何だかんだ、今は新しく魅力的な演奏がバンバン出てますからね
ノーブルさは貴重だが、やはり古楽の新録音SACDを狙いまくった方がいいんでしょうね
私もここ一月で100枚以上は買って、ほとんどが当たりなのだが、なかなかブログ更新する気も起らず…

KMさんには代わりに頑張っていただきたいと思います

たしかに最初に出したゆちゅぶにくらべて、ゆちゅぶでのDG盤はもこもこしてますね

復刻も会社ごとに特性があっていろいろ難しい…

>私もここ一月で100枚以上は買って、ほとんどが当たり
いいな〜。私ははずれが多いというより、買う前に Apple Music で試聴することによってその演奏に失望しそもそも「音盤を買う気になれない」

> http://youtu.be/9lhhwarV5vY
↑この音源なら買うが
> http://amzn.to/2tArIqi
↑この音源は買わない。
繰り返しますが・・・結局、まさに・・・試聴することによってそもそも音盤を買う気になれない。

http://www.amazon.co.jp/Handel-Solomon-George-Frideric/dp/B000UYWG7Q/ref=sr_1_5?s=music&ie=UTF8&qid=1497855625&sr=1-5&keywords=carus+handel

最近の大当たりはこのCarusレーベルのヘンデルのオペラ、オラトリオのSACDですね
音質も演奏も超一級

私はバッハよりヘンデルの方が断然好きです

http://www.youtube.com/watch?v=OEsmCC-KVl0
ただ、洗練さではロカテッリの方がさらに勝ると思うが…

http://www.youtube.com/watch?v=cLCqY2ljrGI

あと、トーマス・ファイのハイドンも絶品と思います

サイモン・ラトルは「過去の作曲家一人と友達になるならハイドン」と言ったそうだが、ユーモアと論理性で、精神を健全に矯正してくれる感じが好きです。無理に変革するんでなく

Handel - Solomon Hybrid SACD
George Frideric Handel (作曲), Nicholas McGegan (指揮)
中古でも¥ 3,486するんですか。
3枚組だから致し方ないですね。
Apple Music で少しだけ試聴してみました。
Amazonショッピングカートに入れました。

http://wprb.com/

そういえば現代曲を開拓するにはこのネットラジオが最適です
選者のMarvin Rosenさんはツイッターで流れてる曲リアルタイムで教えてくれるが、センスが良すぎる

> http://wprb.com/

このラジオは時刻によって放送される音楽のジャンルが違うんですか?

いま、ロサンジェルス時で午前9時40分。ニューヨーク時で午後12時40分。

いま、クラシック音楽のコンテンポラリーではなくて、ロック・ミュージックみたいな音楽やってますが・・・

時間帯によって違うのです…
また気の向いた時にでも触っていただけたら、うまく時間が合うかも

Marvin Rosenさんの垢がこれですが、これを追っていただければ、普段どんなもの流しているかわかるかと
http://twitter.com/MarvinRosen

有難うございます
> http://twitter.com/MarvinRosen
なるほど。私の知らないコンテンツばかりだ。
フォローしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/70872334

この記事へのトラックバック一覧です: ダヴィッド・オイストラフの芸術~ヴァイオリン協奏曲&室内楽曲集(30CD):

« 私のオデオ・システムでロック・ミュージックやポップスがちゃんと鳴ってくれないのは LUXMAN L-560 のせいらしい(泣)/LUXMAN L-560 で大滝詠一や小川美潮を鳴らすのは無理か(?)/我思う「クラシックは面白くない。ロックは聴けない。ならば私は何を聴けばいいのか?」 | トップページ | スヴャトスラフ・リヒテルの「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第7、9、12番」/演奏の良し悪しは別にして、私が昔、NHK で放送されたものを VHS テープに録画して、その後、それを火災で焼損した映像が見つかりました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ