« 改訂第7版 LaTeX2ε美文書作成入門 | トップページ | いまさらながら、静電場の満たす2つの重要な式(微分形のガウスの法則と rot E = 0)が分からなくなった(汗; »

2017年5月 7日 (日)

電磁ポテンシャル(2)/電磁ポテンシャルの4元ベクトル成分からローレンツ変換式のアナロジーを得る(?)

やっぱり、下の説明が分かりやすいので、再度掲示します(2度目)。

Index

Vector_potential1_2

Vector_potential2

Electromagnetic_fourpotential_2_3

Vector_potential3

Index1

Index2

(C) 前野昌弘先生による「ベクトルポテンシャルとは何ぞや?」より


Electromagnetic_fourpotential_2_3


Electromagnetic_fourpotential_2_3

(下に続く)

(上の続き)

【2017−5−10 追加】

そもそも、

Electric_field

(広江克彦著「趣味で物理学」168ページより)


« 改訂第7版 LaTeX2ε美文書作成入門 | トップページ | いまさらながら、静電場の満たす2つの重要な式(微分形のガウスの法則と rot E = 0)が分からなくなった(汗; »

電磁気学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/70488661

この記事へのトラックバック一覧です: 電磁ポテンシャル(2)/電磁ポテンシャルの4元ベクトル成分からローレンツ変換式のアナロジーを得る(?):

« 改訂第7版 LaTeX2ε美文書作成入門 | トップページ | いまさらながら、静電場の満たす2つの重要な式(微分形のガウスの法則と rot E = 0)が分からなくなった(汗; »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ