« このブログは、なぜ、最近、クラシック音楽以外の記事が多いのか? | トップページ | 電磁ポテンシャル(2)/電磁ポテンシャルの4元ベクトル成分からローレンツ変換式のアナロジーを得る(?) »

2017年5月 5日 (金)

改訂第7版 LaTeX2ε美文書作成入門

Tex

改訂第7版 LaTeX2ε美文書作成入門


「本書も pLaTeX で制作したものです。(改訂第7版 LaTeX2ε美文書作成入門 大型本 - 2017/1/24 序 第1ページより)

私は、28年ぐらい前に「QuarkXPress 2.0J (1989)」で、DTP をやった経験がある。しかしこの20年ぐらいはやってない。

「クラシック音楽のコンパクトディスク輸入盤」のブックレット(仏語、英語、独語)とまったく同じ内容の「pdf ファイル(たとえば「アヴデーエワのシューベルト、ショパン、プロコフィエフ」)がネット上にアップロードされているのを見てその 「pdf ファイル」をどうやって作ったんだろう(?)と私は思う・・・というか・・・もともとその「pdf ファイル」があって、それを印字したものが、その「クラシック音楽輸入盤」に付属されてあると言う方が正確でしょうね。

というわけで、私は「そのような pdf ファイルはどんな DTP ソフトで作ってあるのだろうか」と疑問に思い、わざわざ、アドビに電話で問い合わせてみたけど納得いく返事は得られなかった(つまり、アドビの製品だけでは上記の「pdf ファイル」は作れないと私は思った)。

「改訂第7版 LaTeX2ε美文書作成入門」を購入して私は驚いた。私がそれを購入した目的は美しい数式を書くためだった(下記)。これ(TeX。テックまたはテフと読む)は、400ページを超える同書「LaTeX2ε美文書作成入門」自体を作成できる強力なソフトだった(!)これって、DTP ソフトじゃないか(!)と私は思った。そして「クラシック音楽輸入盤」に付属されているブックレットと、その「pdf ファイル」は、もしかしたら、これ(TeX)で作られているのではないか(!)と思った。

ちなみに、私はこれ(LaTeX2ε)をインストールしたが、うまく動かなかった。私は、一晩中これを(5回ぐらい)「インストール」→「アンインストール」→「インストール」。試行錯誤を繰り返した挙げ句、とうとう動かなかったので、一眠りし、6時間後起床、もう一度動かしてみたら動きました。なんと、私は「TeXShop(Mac)」の編集用画面に「Tex」と書いていた・・・それじゃあ、動く訳ないね。

【私の環境】 Mac OS X 10.9.5 / 2014年購入。「LaTeX2ε(TeXShop Mac 版)」さしあたりちゃんと動いてます。


Amperes_circuital_law_20170504_2

« このブログは、なぜ、最近、クラシック音楽以外の記事が多いのか? | トップページ | 電磁ポテンシャル(2)/電磁ポテンシャルの4元ベクトル成分からローレンツ変換式のアナロジーを得る(?) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/70466207

この記事へのトラックバック一覧です: 改訂第7版 LaTeX2ε美文書作成入門:

« このブログは、なぜ、最近、クラシック音楽以外の記事が多いのか? | トップページ | 電磁ポテンシャル(2)/電磁ポテンシャルの4元ベクトル成分からローレンツ変換式のアナロジーを得る(?) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ