« 「ワルキューレ」第2幕第1場&「ジークフリート第3幕」/シモーネ・ヤング vs. ピエール・ブーレーズ | トップページ | フリッツ・シュティードリーの《指輪》/非常に悔しいが、高くて買えない(泣) »

2017年4月11日 (火)

アリス・イン・ワンダーランド

Gavric

Grieg Piano Works
Ivana Gavrić, piano
2012/13年録音

01 Ballade in G minor Op.24 [18:48]

Lyric Pieces
02 Butterfly Op.43 No.1 [01:48]
03 Waltz Op.38 No.7 [01:03]
04 Little Bird Op.43 No.4 [02:03]
05 Notturno Op.54 No.4 [03:57]
06 Peasant's Song Op.65 No.2 [01:33]
07 Wedding Day at Troldhaugen Op.65 No.6 [06:29]

Slåtter Op.72 (Norwegian Peasant Dances)
08 The Goblin's Bridal Procession, No.14 [02:25]
09 Halling from the Hills, No.4 [03:58]
10 The Girls of Kivledal Folk Dance, No.17 [01:44]
11 John Vaestafae's Dance, No.2 [02:18]

Piano Sonata in E minor Op.7
12 Allegro moderato [04:34]
13 Andante molto [03:53]
14 Alla Menuetto, ma poco piu lento [02:55]
15 Finale molto allegro [06:14]

Cheryl Frances-Hoad (born 1980)
16 Contemplation (Lyric Piece in homage to Grieg) [02:18]


Sara_ott

Edvard Grieg (1843-1907)
Alice Sara Ott, piano
Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks
Esa-Pekka Salonen, conductor
2015/16年録音
Deutsche Grammophon

Edvard Grieg
Concerto for Piano and Orchestra in A minor op. 16
01 Allegro molto moderato 13:13
02 Adagio 6:38
03 Allegro moderato molto e marcato 10:21

Lyric Pieces / Pieces from Peer Gynt
04 Once Upon a Time op. 71/1 4:33
05 Butterfly op. 43/1 1:33
06 Album Leaf op. 12/7 1:20
07 Solveig's Song / No. 4 from Peer Gynt Suite No. 2, op. 55, version for piano solo by Grieg 4:37
08 Elves' Dance op. 12/4 0:47
09 To Spring op. 43/6 3:19
10 March of the Trolls op. 54/3 2:56
11 Notturno op. 54/4 3:52
12 Brooklet, op. 62/4 1:43
13 In the Hall of the Mountain King / No. 4 from Peer Gynt Suite No. 1 op. 46, version for piano solo by Grieg 2:29
14 Ballad, op. 65/5 3:29
15 Wedding Day at Troldhaugen op. 65/6 5:19


上記、イヴァーナ・ガヴリク(サラエヴォ出身)の「グリーグ:ピアノ独奏曲集」に収められた曲と、上記、アリス=紗良・オットの「ワンダーランド」に収められた曲を比較する。共通する曲はアリス盤の『蝶々 Op.43 No.1(05 Butterfly)』『夜想曲 Op.54 No.4(11 Notturno)』『トロールハウゲンの婚礼の日 Op.65 No.6(15 Wedding Day at Troldhaugen)』の3曲。それら3曲を中心にイヴァーナ・ガヴリクと紗良・オットのグリーグを聴き比べると・・・

私は、アリス=紗良・オットというピアニストが好きなので、以下の感想文は、多分にえこひいきがあるかも知れません。

・紗良・オットという人は選曲が上手く、しかも、その選曲の良さは演奏にも反映し、その演奏も上手いです。

・そして、その点において、このアルバムは成功していると思います。

・イヴァーナ・ガヴリクの「グリーグ:ピアノ独奏曲集」は、上手いがやや堅いと思います。

・紗良・オットの「グリーグ:抒情小曲集」&「ペール・ギュント」は、ある意味多様な表現が不思議の国に誘ってくれると思います。

・「グリーグ:抒情小曲集」の「標題と音楽の関係性」の面白さはムソルグスキーの《展覧会の絵》を思わせます。

追伸)同アルバム日本盤にはボーナス・トラックとして「小妖精 作品71の3(Puck op. 71/3)」が付いていますが、輸入盤には残念ながら付いていませんのでお気を付け下さい。

This album represents the pianist's personal journey though Grieg's magical "wonderland". (同商品ジャケットより)

« 「ワルキューレ」第2幕第1場&「ジークフリート第3幕」/シモーネ・ヤング vs. ピエール・ブーレーズ | トップページ | フリッツ・シュティードリーの《指輪》/非常に悔しいが、高くて買えない(泣) »

グリーグ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/70219500

この記事へのトラックバック一覧です: アリス・イン・ワンダーランド:

« 「ワルキューレ」第2幕第1場&「ジークフリート第3幕」/シモーネ・ヤング vs. ピエール・ブーレーズ | トップページ | フリッツ・シュティードリーの《指輪》/非常に悔しいが、高くて買えない(泣) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ