« フリッツ・シュティードリーの《指輪》/非常に悔しいが、高くて買えない(泣) | トップページ | シモーネ・ヤングの《指輪》をちびちび聴く(その1)神々の黄昏(全曲) »

2017年4月14日 (金)

また、クラシック音楽以外のエントリー、すみません/熊本地震(2016年4月14日発生)から1年/仮住まい なお4万8000人/私は福岡市の大学に通学していましたから熊本県出身の同窓生や友人は多い。今、その方々や、その方々のご家族はどうしているだろうか/「制震装置」導入の住宅 被害少なかった/および「ファクト」

Castle
(C) NHK 熊本城 復旧の現状は/修復が必要な「(石垣の)石」は約10万個/気が遠くなります。

そして、熊本城の被災=そのような大きな被害を受けた文化財は、過去にない、とのこと。


「制震装置」導入の住宅 被害少なかった

熊本地震では、熊本県益城町が震度7の激しい揺れに2回襲われ多くの木造住宅が倒壊しましたが、揺れを吸収して抑える制震装置を設置していた住宅には被害が少なかったことがわかりました。専門家は、「制震装置は、繰り返しの揺れでも性能が劣化せず、そのメリットが出た」と分析しています。(2017年4月14日 18時06分 NHK オンラインより)

(下に続く)

(上の続き)

熊本地震 「制震装置」導入の住宅 被害少なかった

熊本地震では、熊本県益城町が震度7の激しい揺れに2回襲われ多くの木造住宅が倒壊しましたが、揺れを吸収して抑える制震装置を設置していた住宅には被害が少なかったことがわかりました。専門家は、「制震装置は、繰り返しの揺れでも性能が劣化せず、そのメリットが出た」と分析しています。

熊本地震では、熊本県益城町が震度7の激しい揺れに2回襲われるなどして、耐震基準を満たした住宅を含む、多くの木造住宅が倒壊しました。

神戸市のメーカー「住友ゴム工業」は、益城町を含む熊本県内の132棟の住宅に特殊なゴムを使った「制震装置」を設置していて、地震のあと被害を調査しました。その結果、制震装置が設置されたすべての住宅で大きな被害はなく、地震のあとも避難せずに住み続けられる状態だったことがわかりました。この制震装置は、柱と「はり」などの間に金属製のダンパーを入れ、内蔵されたゴムで揺れを抑える仕組みになっていて、ゴムの性能は劣化しないため、繰り返しの激しい揺れにも耐えられるということです。

住友ゴム工業の松本達治さんは「制震装置を設置した住宅が熊本地震でも安全だったことを確認できた。今後も普及を進めたい」と話しています。木造住宅の耐震性に詳しい京都大学の五十田博教授は「制震は、繰り返し揺れに襲われても性能が劣化しないことがメリットで、余震が続いていても安心して住める利点がある」と話しています。

実験でも効果 課題も

木造住宅の制震装置の効果について、京都大学の五十田博教授らと、神戸市のメーカー「住友ゴム工業」の研究チームは大型の振動台を使った実験で検証しました。実験では、耐震基準を満たした通常の木造住宅と、特殊なゴムを入れた制震装置を設置した木造住宅に、熊本地震に相当する激しい揺れを繰り返し加え比較しました。

その結果、制震装置を設置していない木造住宅は、1回目の激しい揺れには耐えましたが、2回目の揺れで大きく傾き全壊しました。一方、制震装置を設置した木造住宅は2回の揺れでも住宅の傾きの幅は、設置していない住宅の20分の1程度で、さらに激しい揺れを2回加えても全壊しませんでした。五十田教授は「制震は、繰り返しの地震が来ても性能が劣化しないことがメリットで、余震が続いていても安心して住める利点がある」と話しています。

一方で、五十田教授は、制震装置は木造住宅では比較的新しい技術で、課題もあると指摘しています。木造住宅に設置する際には、構造の計算を行ってバランスよく家の壁に配置する必要があり、計算が不十分な場合、揺れを抑える効果を十分発揮できない可能性があるということです。また、機能が不十分な制震装置が流通している可能性もあるとしていて、五十田教授は「制震装置を設置する際には、信頼できる業者を見つけ、十分な相談をしてほしい」と話しています。

装置導入の住宅では

震度7の揺れを2回観測した熊本県益城町では、神戸市のメーカーが開発した制震装置を導入していたことで被害が少なかったと見られる住宅もありました。

このうち、Mさんの住宅では、3年前に家を建てた際、4か所の壁に制震装置を設置していました。住宅は2回の激しい揺れに襲われましたが一部の壁紙がはがれただけで大きな被害がありませんでした。家族は、余震が続く中でも、この家に住み続けることができ、家の中で近所の人と一緒に食事を作って避難所に避難している人にもふるまったということです。

また、家を建てる費用とは別に、制震装置の取り付けにかかった費用は、合わせて30万円ほどだということです。Mさんは「ふだんどおりに安心して住み続けることができたのが、何より幸せなことでした。コストはかかっても家に制震装置を入れて、本当によかったです」と話しています。

既存の住宅でも設置可能

制震装置は、新築の住宅だけでなく、すでに建っている家の補強のために設置することもできます。

神戸市垂水区の築27年の住宅は、震度6強の揺れで倒壊のおそれがあると診断されたため、耐震補強にも使えるように開発された制震装置を4か所の壁に設置しました。費用は、通常の耐震補強の費用に加え、60万円余分にかかりました。しかし、この家に住み、22年前の阪神・淡路大震災も経験した80歳代の男性は、繰り返しの大地震でも家が壊れないよう、制震装置での補強を行ったということです。男性は「阪神・淡路大震災では、この家のすぐ裏でも全壊した住宅があった。制震装置を設置して、安心して暮らしていければと思う」と話していました。

耐震補強を行う業者などで作る業界団体によりますと、熊本地震のあと、より高い住宅の安全性を求めて、耐震補強に制震装置を用いるケースが増えているということです。(2017年4月14日 18時06分 NHK オンラインより)

私、「制震装置」という用語は初めて聞きましたが、耐震補強としてそれは非常に有効のようです(当ブログ開設者より)。


以下は「ファクト」であり、その他の意味はありません(当ブログ開設者より)。

私は、熊本地震の夜(2016/04/14)(本震ではなくてその前日、つまり前震があった夜)、或るブログのコメント欄に下記のコメントを書き込みました。

>九州で、4月14日午後9時26分ごろ地震発生。熊本県で震度7。私は無事(福岡)。 2016/04/14 11:39 PM

>もう、最初の地震発生(9時26分)後、2時間半ぐらい経っているのに、強い余震が多いよ。←珍しいことだ! 2016/04/15 12:11 AM


【参考】

熊本地震(2016年)/ウィキペディアへのリンク

« フリッツ・シュティードリーの《指輪》/非常に悔しいが、高くて買えない(泣) | トップページ | シモーネ・ヤングの《指輪》をちびちび聴く(その1)神々の黄昏(全曲) »

災害」カテゴリの記事

防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フリッツ・シュティードリーの《指輪》/非常に悔しいが、高くて買えない(泣) | トップページ | シモーネ・ヤングの《指輪》をちびちび聴く(その1)神々の黄昏(全曲) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ