« チャック・ベリーの「30デイズ」ほか | トップページ | 「晒し者」および「テロ等準備罪」 »

2017年3月23日 (木)

(C) Apple Music Shostakovich: Violin Concerto No. 1 - Gubaidulina: In tempus praesens, Simone Lamsma, Netherlands Radio Philharmonic Orchestra, James Gaffigan & Reinbert de Leeuw

Lamsma
(C) Apple Music 検索キーワード:Lamsma

このブログの読者様は、私が美人演奏家ばかり買っていると思っていらっしゃるかも知れませんが、実は、その通りです。冗談はさておき(ショスタコとグバイドゥーリナ、2つの重い作品を取り上げた)シモーネ・ラムスマさんを試聴しました。線が細い。下手じゃないだけど、既存の演奏と比べて特に個性的ではない(だが、こういう比較的フツーの、瑕疵のないショスタコを1枚持っていてもいいかも知れない)。指揮者が上手い。そして、この商品は SACD 盤であり、それを大音量で聴きたい。グバイドゥーリナは面白そう・・・なので買おうかな。むしろ、グバイドゥーリナがお目当て。


【収録情報】

● ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 Op.77

シモーネ・ラムスマ(ヴァイオリン/ストラディヴァリウス「Mlynarski」 1718)
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
ジェイムズ・ガフィガン(指揮)

録音時期:2016年5月12,14日
録音場所:ヒルフェルスム
録音方式:ステレオ(DSD/セッション)

● グバイドゥーリナ:ヴァイオリン協奏曲『今この時の中で』

シモーネ・ラムスマ(ヴァイオリン/ストラディヴァリウス「ex Chanot-Chardon」 1718)
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
ラインベルト・デ・レーウ(指揮)

録音時期:2011年10月22日
録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)

SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

(HMV.co.jp より)


【2017−4−27 追加】

↑結局、買わなかった。

« チャック・ベリーの「30デイズ」ほか | トップページ | 「晒し者」および「テロ等準備罪」 »

Apple Music」カテゴリの記事

グバイドゥーリナ」カテゴリの記事

ショスタコーヴィチ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/70021298

この記事へのトラックバック一覧です: (C) Apple Music Shostakovich: Violin Concerto No. 1 - Gubaidulina: In tempus praesens, Simone Lamsma, Netherlands Radio Philharmonic Orchestra, James Gaffigan & Reinbert de Leeuw:

« チャック・ベリーの「30デイズ」ほか | トップページ | 「晒し者」および「テロ等準備罪」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ