« A Portrait of Augusta Read Thomas | トップページ | 東日本大震災(被災者は差別される。日本人は被災者を汚れとみなし忌み嫌う)神奈川県/川崎市/東京・千代田区/新潟市/横浜市/2017年3月8日放送 クローズアップ現代プラス 震災6年 埋もれていた子どもたちの声 〜“原発避難いじめ”の実態/自主避難だった、この家族が東京電力から受け取った賠償金は100万円あまり。避難先で、生活を立て直すために使い果たしていました »

2017年3月 6日 (月)

Augusta Read Thomas Of Being is a Bird

Thomas

【CD-R】 Augusta Read Thomas (born April 24, 1964)
Of Being is a Bird
Release Date: April 8, 2016
Label: Nimbus Records NI6323

Thomas
(C) Nimbus Records


Track Listing

HELIX SPIRALS for string quartet (2014) * 23.06
1. LOCI: memory palace 6.39
2. INTERLACING: twists and threads 7.10
3. SPIRALS: life force 9.17
Parker Quartet

4. SELENE (MOON CHARIOT RITUALS) *
Octet for percussion quartet and string quartet (2014) 16.53
Third Coast Percussion & Spektral Quartet

5. CAPRICIOUS TOCCATA for solo violin (2015) * 8.03
Nathan Giem, violin

OF BEING IS A BIRD (Emily Dickinson Settings) * 15.11
For solo soprano and ensemble (2015)
6. OF BEING IS A BIRD 5.04
7. INTERLUDE - FLOCK OF BIRDS 3.43
8. THE MOST TRIUMPHANT BIRD I EVER KNEW OR MET 6.24
Claire Booth, soprano
Aurora Orchestra
Nicholas Collon, conductor
Live performance recorded at the premiere, Wigmore Hall, London 7 July 2015

9. CAPRICE for solo violin (2005) 3.52
Nathan Cole, violin

10. RUSH or solo violin (2004) 2.25
Nathan Cole, violin

11. LOVE TWITTERS for solo piano (2006) 3.15
Irving Berlin’s ‘they say it is wonderful’ arrangement by Augusta Read Thomas
Nicola Melville, piano

* World Premiere Recordings

Total playing time 72.47


大音量で聴くと迫力有り。ただし、傑作ばかりではない。私の評価:Stars4


最初はピンと来なかったが、よく聴いてみると、このアルバムは、A Portrait of Augusta Read Thomas より良い。なぜなら、このアルバムは、大音量で聴くに耐える精密さと迫力を有するからである。

・HELIX SPIRALS for string quartet (2014)
タイトル「HELIX SPIRALS」の二つの単語はどちらも螺旋を意味する。
第1楽章は、ほぼピチカートだけで奏される。スリリングな楽章。バルトーク・ピチカートらしき音が聴こえる(1分56秒あたりなど)。また、2分13秒に突如アルコが入るが、それによって不意をつかれる。同第2楽章「INTERLACING: twists and threads」は、第1楽章「LOCI: memory palace」に似ている。すなわち、第2楽章は、第1楽章のある種のドゥーブルなのだろうか(twists and threads)。第3楽章「SPIRALS: life force(生命力)」は緩やかながら力強い。螺旋形(?)。高度な作曲技法で書かれてあるような気がする(←聴き応え有り)。
この作品(HELIX SPIRALS)は、第3楽章のみならず、全体が高度な作曲技法で書かれていると思う。

・SELENE (MOON CHARIOT RITUALS) Octet for percussion quartet and string quartet (2014)
パーカッション四重奏と弦楽四重奏を合わせた八重奏曲。四重奏+四重奏のアンサンブルは一応上手く行っていると思う。
全体的に諧謔的な曲である。ただし、中間部(2分50秒あたりと10分00秒〜あたり)に、もだえる。
終盤(14分15秒〜)、パーカッションの激しさ(エネルギー)が解放される。
これも技巧的な作品。

・CAPRICIOUS TOCCATA for solo violin (2015)
・CAPRICE for solo violin (2005)
・RUSH or solo violin (2004)
リード・トーマスの無伴奏ヴァイオリン(Track 5 ,9, 10)は、残念ながら、あまり面白いとは思わなかった。

・OF BEING IS A BIRD (Emily Dickinson Settings) For solo soprano and ensemble (2015)
このアルバム中、唯一の声楽曲。
これは、熱演。しかも、美しい。
エミリー・ディキンソン(1830-1886)についてはウィキペディアを参照のこと。この声楽曲の詩で使われている英単語は難しくないのだが、この詩は、その意味とニュアンスが難しい(下記参照)。そういう時、英語の詩を鑑賞できる語学力がうらやましい:この作品は、音楽と言葉の結びつきが成功しているのか不成功なのかを聴くのが楽しいはずだが…。

Of Being is a Bird
The likest to the Down
An Easy Breeze do put afloat
The General Heavens — upon —

It soars — and shifts — and whirls —
And measures with the Clouds
In easy — even — dazzling pace —
No different the Birds —

Except a Wake of Music
Accompany their feet —
As did the Down emit a Tune —
For Ecstasy — of it
Thomas H. Johnson, Catalogue Number 653

The most triumphant Bird I ever knew or met
Embarked upon a twig today
And till Dominion set
I famish to behold so eminent a sight
And sang for nothing scrutable
But intimate Delight.
Retired, and resumed his transitive Estate —
To what delicious Accident
Does finest Glory fit!
Thomas H. Johnson, Catalogue Number 1265

・LOVE TWITTERS for solo piano (2006)
アーヴィング・バーリンの曲を編曲。これは、ただのジャズです。


Thomas_02
(C) Apple Music 検索キーワード:Augusta Read Thomas Of Being is a Bird

« A Portrait of Augusta Read Thomas | トップページ | 東日本大震災(被災者は差別される。日本人は被災者を汚れとみなし忌み嫌う)神奈川県/川崎市/東京・千代田区/新潟市/横浜市/2017年3月8日放送 クローズアップ現代プラス 震災6年 埋もれていた子どもたちの声 〜“原発避難いじめ”の実態/自主避難だった、この家族が東京電力から受け取った賠償金は100万円あまり。避難先で、生活を立て直すために使い果たしていました »

トーマス, オーガスタ・リード」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/69818030

この記事へのトラックバック一覧です: Augusta Read Thomas Of Being is a Bird:

« A Portrait of Augusta Read Thomas | トップページ | 東日本大震災(被災者は差別される。日本人は被災者を汚れとみなし忌み嫌う)神奈川県/川崎市/東京・千代田区/新潟市/横浜市/2017年3月8日放送 クローズアップ現代プラス 震災6年 埋もれていた子どもたちの声 〜“原発避難いじめ”の実態/自主避難だった、この家族が東京電力から受け取った賠償金は100万円あまり。避難先で、生活を立て直すために使い果たしていました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ