« 【メモ】 一番簡単な E=mc2の導き方。ただし「テイラー展開」を使う。広江克彦先生の「趣味で相対論」より(2016年6月29日)/【2017−2−27 追加】 佐藤勝彦先生の相対性理論(岩波基礎物理シリーズ 9)より/このエントリーはこんがらがってしまった(汗;; | トップページ | Augusta Read Thomas Of Being is a Bird »

2017年2月28日 (火)

A Portrait of Augusta Read Thomas

Read_thomas

【CD-R】 A Portrait of Augusta Read Thomas (born April 24, 1964)
New Haven Symphony Orchestra
William Boughton, conductor
Recorded 2013/14
Release Date: October 14, 2014
Label: Nimbus Records NI6262

Read_thomas_04
(C) Nimbus Records


Track Listing

Two E.E. Cummings Songs for girls chorus (2008)
Elm City Girls' Choir, Rebecca Rosenbaum and Tom Brand, conductors
1. I sky candy spouting violets 3.55
2. II (kiss me) 5.13

Hemke Concerto "Prisms of Light" for alto saxophone and orchestra (2014)
Fred Hemke, alto saxophone
3. I lluminations 6.50
4. II Sunrise Ballad 7.02
5. III Chasing Radiance 2.51
6. IV Solar Rings 4.02

7. Prayer and Celebration for chamber orchestra (2005) 4.00

Absolute Ocean for soprano, harp obbligato and orchestra (2008)
Tony Arnold, soprano Jennifer Hoult, harp
8. I the moon is hiding in her hair 5.50
9. II who knows if the moon's a balloon 4.57
10. interlude - 3.42
11. III open your heart 6.07

Silent Moon, for violin and cello (2006)
Katie Hyun, violin Mihai Marica, cello
12. I Still: Soulful and Resonant 2.05
13. II Energetic: Majestic and Dramatic 2.08
14. III Suspended: Lyrical and Chant-like 3.11
"When twofold silence was the song of love."

15. Of Paradise and Light for string orchestra (2010) 5.49

16. Spells for chorus (2013) 3.33
The New York Virtuoso Singers, Harold Rosenbaum, conductor

Total playing time: 71.54


このアルバムは買わないことにしていたが、いつの間にか注文してしまっていた。

このアルバムは、21世紀の米国の作曲家オーガスタ・リード・トーマスによる21世紀の作品集。
7曲中3曲が声楽曲。
新鮮さはあるが人畜無害な曲ばかり。
内戦、難民、移民、テロ、弱者が戦争によって殺される、「21世紀の資本主義」が貧富の格差を拡大させる、変な人が米国の大統領になる、21世紀のカオス、不安、それらを表す音楽は、このアルバムからは聴けない(ただし、第3曲「Prayer and Celebration for chamber orchestra (2005)」は、美しいがやや抑うつ的)。
第1曲「Two E.E. Cummings Songs for girls chorus (2008)」は、長調に始まり短調へと移ろう健康的な曲。
(繰り返すが)第3曲「Prayer and Celebration for chamber orchestra (2005)」は、その素朴さと美しさにおいてこのアルバムのベスト・ナンバーじゃなかろうか。
第4曲の歌曲集「Absolute Ocean for soprano, harp obbligato and orchestra (2008)」は、オケとハープ・ソロの間奏曲(演奏時間3分42秒)を含む力作だと思う。
私がオーガスタ・リード・トーマスという作曲家にひかれる理由は「彼女の旺盛な創作意欲」「女性作曲家への期待」そして、なによりも「21世紀に生きる我々は21世紀のクラシック音楽を聴くべしという私の嗜好のため。」

« 【メモ】 一番簡単な E=mc2の導き方。ただし「テイラー展開」を使う。広江克彦先生の「趣味で相対論」より(2016年6月29日)/【2017−2−27 追加】 佐藤勝彦先生の相対性理論(岩波基礎物理シリーズ 9)より/このエントリーはこんがらがってしまった(汗;; | トップページ | Augusta Read Thomas Of Being is a Bird »

トーマス, オーガスタ・リード」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/69480839

この記事へのトラックバック一覧です: A Portrait of Augusta Read Thomas:

« 【メモ】 一番簡単な E=mc2の導き方。ただし「テイラー展開」を使う。広江克彦先生の「趣味で相対論」より(2016年6月29日)/【2017−2−27 追加】 佐藤勝彦先生の相対性理論(岩波基礎物理シリーズ 9)より/このエントリーはこんがらがってしまった(汗;; | トップページ | Augusta Read Thomas Of Being is a Bird »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ