« ノーベル賞大隅さんから1億円寄付 基金設立(2017年1月25日) | トップページ | 「自分が思っていることを、何でも口に出して言う」という生き方は日本人には合わない »

2017年1月27日 (金)

John Cage (1912-1992): Two3 for shō and five water-filled conch shells by Stefan Hussong, accordion, conch shells & Wu Wei, sheng, conch shells

Cage

John Cage (1912-1992)
Two3 (1991)
for shō and five water-filled conch shells
Stefan Hussong (accordion, conch shells)
Wu Wei (sheng, conch shells)

cd 1
nos. 4 and 7 [12.50]
no. 2 [12.47]
nos. 1 and 6 [11.47]
no. 8 [10.23]

cd 2
no. 3 [14.40]
nos. 3 and 9 [14.14]
no. 9 [13.41]
nos. 5 and 10 [10.44]

Eine Koproduktion mit Deutschlandradio
Aufnahmen: 10.-12. Juni 2013, Deutschlandfunk Kammermusiksall, Köln
WERGO WER67582 [2 CDs: 102:00]


【収録情報】
● ケージ:Two3〜笙、水で満たされた5つの巻貝のための

Disc1
1. 第4番&第7番
2. 第2番
3. 第1番&第6番
4. 第8番

Disc2
1. 第3番
2. 第3番&第9番
3. 第9番
4. 第5番&第10番

 ステファン・フッソング(アコーディオン、巻貝)
 ウー・ウェイ(笙、巻貝)

 録音時期:2013年6月10-12日
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

※ 上記、HMV.co.jp の商品説明が参考になる。


私の評価:Stars5


「笙」のパートは、笙独奏曲「One9」と同一である。この作品は、10の楽章からなり、それらを演奏するのに、121分を要する(英語版ウィキペディア(Number Pieces の項)より)。

「Conch shell」というのは、ホラ貝のことかと思った。しかし、当該商品のブックレットの画像(下記)を見ると、それは、ホラ貝よりも、小さいものを含むようだ。

何かと騒がしい世の中にあって、この作品は、理屈抜きの静寂の音楽。全曲(約120分)に渡って、単調な静寂の音楽が続く。「静寂の音楽」と言えば、モートン・フェルドマンの作品を思い起されるかも知れないが、フェルドマンの作品が、論理的なアイデアに裏打ちされた作品であるのに対し、ケージのこの作品は、それに加え、徹底的に静的。私は、このアルバムを買う前、「笙」や「ホラ貝」の音が賑やかに鳴るのを期待したが、そうではなかった。この作品(Two3)のような音楽への評価は、完全に、リスナーの嗜好に依存すると思うが、私はコノ音楽を好きである。気に入った。私は、これを、真夜中に聴くと、音の美学に聴き惚れ、それに浸ってしまう。しつこいが「音の美学」といっても、この音楽が要求するもの、それは、ケージの一部作品やフェルドマンの音楽が要求するピアノ、ヴァイオリン、チェロなどのメジャーな(楽器の)ヴィルトゥオージティではない。ステファン・フッソング(アコーディオン、巻貝)と、ウー・ウェイ(笙、巻貝):二人のヴィルトゥオージが展開するアンサンブルは、まったく、エキサイトしないものであり、その静けさは、エクスタシーでもあり、また、エクスタシーを超えたものでもある。二人のアンサンブルは、セックスや生死を超え、あらゆる不安、抑うつ、恐怖から完全に解放された解放感、まったくポジティヴな死生観につながると思う。それは、狂気や恐怖とは、まったく縁がない音楽である。そういう体験(受容)をさせてくれるこの作品「Two3」は、今の時代だからこそ貴重であり、その点に価値有りだと思う。

Two3
(C) WERGO

« ノーベル賞大隅さんから1億円寄付 基金設立(2017年1月25日) | トップページ | 「自分が思っていることを、何でも口に出して言う」という生き方は日本人には合わない »

ケージ, ジョン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/69386174

この記事へのトラックバック一覧です: John Cage (1912-1992): Two3 for shō and five water-filled conch shells by Stefan Hussong, accordion, conch shells & Wu Wei, sheng, conch shells:

« ノーベル賞大隅さんから1億円寄付 基金設立(2017年1月25日) | トップページ | 「自分が思っていることを、何でも口に出して言う」という生き方は日本人には合わない »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ