« 2016年7月11日放送◇ドキュメンタリー 知られざるピアニスト シュ・シャオメイの音楽と素顔(2016年 ドイツ)◇シュ・シャオメイ ピアノ・リサイタル in 北京/ゴールトベルク変奏曲/トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV 564からアダージョ(←わたしこの番組録画するの忘れた)再放送ないかな | トップページ | クイケンの「モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り(1610)」(その1) »

2016年7月14日 (木)

レイチェル・バートン・パインの「ヨアヒム&ブラームス:ヴァイオリン協奏曲」

Pine

Joseph Joachim and Johannes Brahms
Violin Concertos
Rachel Barton Pine, violin
Carlos Kalmar, conductor
Chicago Symphony Orchestra
Recorded: July 2 & 3, 2002 in Orchestra Hall, Chicago
Violin: “ex-Soldat” Guarneri del Gesu, Cremona, 1742
CEDILLE

・・・

[CD 1]

Joseph Joachim (1831-1907)
Violin Concerto No. 2 in D minor, Op. 11 “In the Hungarian Style” (1857) (47:15)
1. I. Allegro un poco maestoso (26:36)
2. II. Romanze: Andante (9:29)
3. III. Finale alla Zingara: Allegro con spirito (11:00)

[CD 2]

Johannes Brahms (1833-1897)
Violin Concerto in D major, Op. 77 (1878) (43:20)
1. I. Allegro non troppo (24:36)
2. Cadenza by Joseph Joachim - end of first movement (5:25)
3. II. Adagio (10:16)
4. III. Allegro giocoso, ma non troppo vivace (8:20)

5. Bonus Track: Cadenza by Rachel Barton Pine - end of first movement (6:18)

Total Time: 97:15

・・・

私の評価:このアルバムは、企画も演奏も良いし、聴き応えもあるが、万人にすすめられるものではないので、星4.5。

・・・

- ヨーゼフ・ヨアヒム:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ニ短調 作品11《ハンガリー風》
《ハンガリー風》←ヨアヒムはハンガリー出身。技巧的(第3楽章)。饒舌か(第3楽章)。そして、確かに長い。ロマン的。美しい。いかにも、ヴァイオリニストの作品らしく、当然ながらヴァイオリン・ソロが自然(オーケストレーションも特に悪くない)。
ヨアヒムの(やや長くて技巧的な)カデンツァに「ベートーヴェン:Vn 協奏曲」の第1楽章第1主題に似た旋律が聞こえる。
他方、この作品が、1857年に書かれたとすれば、この作品は、むしろ、1878年に書かれた、ブラームスやチャイコフスキーの Vn 協奏曲のお手本になったかも知れない。
レイチェル・バートン・パインの演奏は、この協奏曲の性格を上手く捕まえており、名演・・・気に入った。
レイチェル・バートンというヴァイオリニストは、このヨアヒムの、自己顕示が強い作品を通して、彼女の自己主張の強さを表わしているような気がする。彼女のバッハ:《無伴奏》は、テンション控えめに聞こえたが、このヨアヒムにおいて、彼女は技巧をひけらかしているようだ(第3楽章)。
なお、英語版ウィキペディアによると、この作品は、めったに演奏されない、とある(面白い曲なのでもっと演奏されても良いと、私は思う)。また、英語版ウィキには「This is a very long work (with a playing time over 45 minutes) and thus is a very difficult piece for the soloist. Practicing it has been likened by the violinist Rachel Barton Pine to "training to run a marathon". この作品は非常に長く(演奏時間:45分以上)、演奏するのが非常に難しい作品。レイチェル・バートン・パインは、この作品を練習することを、マラソンを走るためのトレーニングに例えている」とある。

- ヨハネス・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
レイチェル・バートンは(「ヨアヒム:Vn 協奏曲」をよく歌っているが)ブラームスは、もっとよく歌っている・・・もしかしたら、レイチェルのブラームスは、それに尽きるかも知れない(!)
カデンツァは、ヨアヒムによるものとレイチェル・バートンによるものと、二つ録音されてある(後者が意外に良いので驚いた!)
第1楽章は、ゆったりした遅いテンポ。指揮者が上手い。レイチェル・バートンも、おおらかな演奏で応えている。彼女は第1楽章の第2主題以降をよく歌っている。第1楽章の展開部・再現部も技巧的、且つ、よく歌う。カデンツァも、技巧が生きており、全然悪くない。カデンツァの後も、懲りずに歌っている。
第2、3楽章については、特につけ加えることはない、あるいは、ノーコメント。

この商品は、私の嗜好に合う。だが「ブラームス:Vn 協奏曲」にクセがあり、恣意的だと思う人もあるかも知れない。

« 2016年7月11日放送◇ドキュメンタリー 知られざるピアニスト シュ・シャオメイの音楽と素顔(2016年 ドイツ)◇シュ・シャオメイ ピアノ・リサイタル in 北京/ゴールトベルク変奏曲/トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV 564からアダージョ(←わたしこの番組録画するの忘れた)再放送ないかな | トップページ | クイケンの「モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り(1610)」(その1) »

ブラームス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/66470323

この記事へのトラックバック一覧です: レイチェル・バートン・パインの「ヨアヒム&ブラームス:ヴァイオリン協奏曲」:

« 2016年7月11日放送◇ドキュメンタリー 知られざるピアニスト シュ・シャオメイの音楽と素顔(2016年 ドイツ)◇シュ・シャオメイ ピアノ・リサイタル in 北京/ゴールトベルク変奏曲/トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV 564からアダージョ(←わたしこの番組録画するの忘れた)再放送ないかな | トップページ | クイケンの「モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り(1610)」(その1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ