« 【熊本地震】 今後少なくとも1か月程度は、熊本県で最大で震度6弱程度、大分県で最大で震度5強程度の揺れに注意/熊本県から大分県にかけて、今後少なくとも2か月程度は震度6弱以上の激しい揺れを伴う別の地震にも注意(2016年5月16日)/死者の4分の1 いったん避難も自宅に戻り死亡/内陸の地震では特に余震が多い/建物の安全性が確認されるまでは戻らないことが必要!(2016年5月1日)/ご注意下さい!そしてこの災いを乗り越えて下さい! | トップページ | ハチャトゥリアン/プロコフィエフ/グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲集(ユリア・フィッシャー/ロシア・ナショナル/クライツベルク)/この人のアルバムは、結局、これが一番良かった・・・という、面白くない結論に至った »

2016年6月13日 (月)

Szymanowski & Hahn: Violin Sonatas played by Tamsin Waley-Cohen (violin) Huw Watkins (piano) Recorded in Saffron Hall, Saffron Walden, Essex, UK from 1st to 3rd April 2015

Cohen

Szymanowski & Hahn: Violin Sonatas
Tamsin Waley-Cohen (violin)
Huw Watkins (piano)
Recorded in Saffron Hall, Saffron Walden, Essex, UK from 1st to 3rd April 2015
Signum Records

Karol Szymanowksi (1882-1937)
Violin Sonata in D Minor, Op. 9
I. Allegro moderato, patetico [9.34]
II. Andantino tranquillo e dolce - Scherzando - Tempo primo [7.45]
III. Finale: Allegro molto, quasi presto [5.06]

Reynaldo Hahn (1874-1947)
Romance in A Major [5.12]

Reynaldo Hahn
Sonata for Violin & Piano in C Major
I. Sans lenteur, tendrement [10.06]
II. Véloce [2.59]
III. Modéré, très à l'aise, au gré de l'interprète [9.41]

Reynaldo Hahn
Nocturne in E-Flat Major [6.42]

Karol Szymanowksi
Nocturne and Tarantella, Op. 28
I. Nocturne: Lento assai [6.36]
II. Tarantella: Presto appassionato [5.50]

Total timings [69.31]

--

【収録情報】
● カロル・シマノフスキ:ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op.9
● レイナルド・アーン:ロマンス イ長調
● レイナルド・アーン:ヴァイオリン・ソナタ ハ長調
● レイナルド・アーン:夜想曲 変ホ長調
● カロル・シマノフスキ:夜想曲とタランテラ Op.28

 タムシン・ウェーリー=コーエン(ヴァイオリン)
 ヒュー・ワトキンス(ピアノ)

 録音時期:2015年4月1-3日
 録音場所:イギリス、エセックス、サフラン・ウェルデン、サフラン・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

--

私の評価:星3.5

--

私は、1721年製のストラディヴァリウス「ex-Fenyves」を弾くヴァイオリニスト、タムシン・ウェーリー=コーエンに、惚れてしまった。

・カロル・シマノフスキ:ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op.9
これは、1904年、シマノフスキー、22才頃の意欲作。このOp.9 は、多分、ピアノ・パートも含めて演奏するのが難しい・技巧的作品。しかし、その「技巧」が、この Op.9 において、十分、開花していないような気がする。

この作品は、イヴラギモヴァのほうが、うまくやっていると思う。

ユーチューブの Karol Szymanowski - Violin Sonata, Op. 9 (1904) [Score-Video]、すなわち、演奏の音声とスコアの画像が同期している動画で聴いてみると、確かに、この作品の第1、3楽章は、多分、ソナタ形式で書かれているようだが、その形式(コーエン盤のリーフレットにはサイクリックと書いてある。フランクの Vn ソナタ様)は、言わば・・・若書きゆえの稚拙か、奇抜さゆえの秀でた形式か(?)(第2楽章も、第1楽章の主題を用いている?)。この作品、例えば、第1楽章の第1主題と第2主題は見えにくい【注】。それを補うように、イヴラギモヴァは、そのコントラスト(フォルテとピアノの対比や音楽の流れ)を、コーエンより自然に弾いているのに対し、コーエンの演奏には、対照性の破れが観測され形式が見えにくいと思う(第1、3楽章は、力入れ過ぎか)。第2楽章は、スケルツァンド付き(Andantino tranquillo e dolce - Scherzando - Tempo primo)。第2、3楽章も、イヴラギモヴァのほうが自然体に聞こえる。
ただし、コーエンの演奏は、(カデンツァ部など)例の美音が聞こえるので、彼女に惚れた私は、コーエン盤に、一応、満足。

【注】 ユーチューブの Karol Szymanowski - Violin Sonata, Op. 9 (1904) [Score-Video] において、多分、第1楽章:第2主題は(1分54秒)、第2楽章:第2主題は(18分01秒)あたり。←間違っているかも知れない。

・レイナルド・アーン:ヴァイオリン・ソナタ ハ長調ほか
アーンのソナタは、基本的に、サロンの音楽。それは、インティメートな魅力はあるが、サロン音楽以上ではない。コーエンがこれを弾くのは《役不足》(←能力に対して、役目が軽すぎること)

・カロル・シマノフスキ:夜想曲とタランテラ Op.28
これも、力入り過ぎかも。

・コーエンの演奏について
ヴィブラートかけ過ぎの嫌いがあった(ある)コーエン。彼女は、もしかして、このアルバムで、「1917」に比して、ほんのちょっとだけ、彼女の美音を殺しているかも知れない・・・気のせいか・・・。

【Apple Music】

検索キーワード:Tamsin Waley-Cohen

« 【熊本地震】 今後少なくとも1か月程度は、熊本県で最大で震度6弱程度、大分県で最大で震度5強程度の揺れに注意/熊本県から大分県にかけて、今後少なくとも2か月程度は震度6弱以上の激しい揺れを伴う別の地震にも注意(2016年5月16日)/死者の4分の1 いったん避難も自宅に戻り死亡/内陸の地震では特に余震が多い/建物の安全性が確認されるまでは戻らないことが必要!(2016年5月1日)/ご注意下さい!そしてこの災いを乗り越えて下さい! | トップページ | ハチャトゥリアン/プロコフィエフ/グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲集(ユリア・フィッシャー/ロシア・ナショナル/クライツベルク)/この人のアルバムは、結局、これが一番良かった・・・という、面白くない結論に至った »

シマノフスキ, カロル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/65211218

この記事へのトラックバック一覧です: Szymanowski & Hahn: Violin Sonatas played by Tamsin Waley-Cohen (violin) Huw Watkins (piano) Recorded in Saffron Hall, Saffron Walden, Essex, UK from 1st to 3rd April 2015:

« 【熊本地震】 今後少なくとも1か月程度は、熊本県で最大で震度6弱程度、大分県で最大で震度5強程度の揺れに注意/熊本県から大分県にかけて、今後少なくとも2か月程度は震度6弱以上の激しい揺れを伴う別の地震にも注意(2016年5月16日)/死者の4分の1 いったん避難も自宅に戻り死亡/内陸の地震では特に余震が多い/建物の安全性が確認されるまでは戻らないことが必要!(2016年5月1日)/ご注意下さい!そしてこの災いを乗り越えて下さい! | トップページ | ハチャトゥリアン/プロコフィエフ/グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲集(ユリア・フィッシャー/ロシア・ナショナル/クライツベルク)/この人のアルバムは、結局、これが一番良かった・・・という、面白くない結論に至った »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ