« 【2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した東日本大震災をめぐって(3)】 2016年3月13日放送 NHK スペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」/2016年3月11日放送 NHK スペシャル「私を襲った津波〜その時 何が起きたのか〜」/CG などによって「映像化」された津波の脅威に、私は言葉を失った | トップページ | 【2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した東日本大震災をめぐって(4)】 2016年3月12日放送 東日本大震災「“26兆円” 復興はどこまで進んだか」/(巨大)災害からの復興は起きてから考えるのは難しく、あらかじめ、どうのような町に再生するのかを想定しておくことが大切/このことは、被災地だけの問題ではない。この5年間で、急速に人口減少や高齢化が進んだ被災地は、日本全体の20年後の姿を現しているとも言われている/被災地の復興を考えることは、日本の将来を考えることに他ならない »

2016年3月16日 (水)

Love in Variations / Ragna Schirmer plays Works of Robert and Clara Schumann and Johannes Brahms

Schirmer

ラグナ・シルマー/愛の変奏曲〜ローベルト&クラーラ(クララ)・シューマン、ブラームス

--

【収録情報】

● クラーラ・シューマン(1819 - 1896):ロマンス変奏曲 Op.3(1833年)
● ローベルト・シューマン(1810 - 1856):クラーラ・ヴィークの主題による10の即興曲 Op.5(1832-33年)
● クラーラ・シューマン:ローベルト・シューマンの主題による変奏曲 Op.20(1853年)
● ブラームス(1833 - 1897):ローベルト・シューマンの主題による変奏曲 Op.9(1854年)

 ラグナ・シルマー Ragna Schirmer(ピアノ)

 録音時期:2015年
 録音方式:セッション録音
 使用楽器:ブリュートナー(Julius Blüthner, Leipzig 1856)
 レーベル:Berlin Classics

--

1856年製のブリュートナー(Julius Blüthner, Leipzig 1856)で弾かれたこのアルバムは、例によって、ラグナ・シルマー(Ragna Schirmer)のこだわりが聞かれる。そのこだわりは、彼女の一人の女性としてのクラーラ・シューマンに対する思い入れかも知れない。

・このアルバムに収められた4つの作品について

クラーラの「作品3」は彼女が13才の時(1833年)に出版され、
ローベルト・シューマンの「作品5」は、その前後、あるいは、その直後(1832-33年)に作曲され、
クラーラの「作品20」は1853年に、
ブラームスの「作品9」は、その翌年(1854年)に書かれた(ブックレットより。ただし私は語学力に自信ないので間違っているかも知れない)。

クラーラ、ローベルト、ブラームス3人の《ヴィルトゥオーゾ(ザ)》の愛と青春の《メッセージ(=作品)》は、いずれも技巧的でチャーミングであり、それらを演奏するヴィルトゥオーザ:ラグナ・シルマーの分かりやすいパフォーマンスを聴くと、それは、インティメート、家庭的なだけでなく、《3人の作曲家兼ピアニスト》のプライバシーを覗き込むことができるような気がする。

ちなみに、クラーラの「作品3」とローベルトの「作品5」の主題は同一であり(←その主題は、もともと、ローベルト・シューマンが書いたものによる)、さらに、クラーラの「作品20」とブラームスの「作品9」の主題も同一である。すなわち、このアルバムに収められた作品は、2つの主題に基づく4つの変奏曲からなる(すなわち、クラーラの2つの作品に対する、ローベルトとブラームスの「応答」からなる)。

それらの作品たちは「変奏曲」という論理的・技巧的性格を持つ作品たちだが(ラグナ・シルマーもそれを自覚しているようだ)、繰り返すが、ラグナ・シルマーの、技巧あり、また、緊張感あるが、聴き易くて分かりやすく、しかも、熱いパフォーマンスは、文字通り愛し合う男女のラブソング(あるいは、ラブレター)に聞こえ、理屈抜きに楽しめる。

【Apple Music で試聴できます】

検索キーワード:Ragna Schirmer

Schirmer_2
(C) Apple Music

« 【2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した東日本大震災をめぐって(3)】 2016年3月13日放送 NHK スペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」/2016年3月11日放送 NHK スペシャル「私を襲った津波〜その時 何が起きたのか〜」/CG などによって「映像化」された津波の脅威に、私は言葉を失った | トップページ | 【2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した東日本大震災をめぐって(4)】 2016年3月12日放送 東日本大震災「“26兆円” 復興はどこまで進んだか」/(巨大)災害からの復興は起きてから考えるのは難しく、あらかじめ、どうのような町に再生するのかを想定しておくことが大切/このことは、被災地だけの問題ではない。この5年間で、急速に人口減少や高齢化が進んだ被災地は、日本全体の20年後の姿を現しているとも言われている/被災地の復興を考えることは、日本の将来を考えることに他ならない »

シューマン, クラーラ」カテゴリの記事

シューマン, ローベルト」カテゴリの記事

ブラームス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/64472381

この記事へのトラックバック一覧です: Love in Variations / Ragna Schirmer plays Works of Robert and Clara Schumann and Johannes Brahms:

« 【2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した東日本大震災をめぐって(3)】 2016年3月13日放送 NHK スペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」/2016年3月11日放送 NHK スペシャル「私を襲った津波〜その時 何が起きたのか〜」/CG などによって「映像化」された津波の脅威に、私は言葉を失った | トップページ | 【2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した東日本大震災をめぐって(4)】 2016年3月12日放送 東日本大震災「“26兆円” 復興はどこまで進んだか」/(巨大)災害からの復興は起きてから考えるのは難しく、あらかじめ、どうのような町に再生するのかを想定しておくことが大切/このことは、被災地だけの問題ではない。この5年間で、急速に人口減少や高齢化が進んだ被災地は、日本全体の20年後の姿を現しているとも言われている/被災地の復興を考えることは、日本の将来を考えることに他ならない »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ