« 首都直下地震で最大35万人の救助部隊 計画まとまる/「帰宅困難者」は、家族の安否確認、また、自分の無事を家族に伝えるために帰宅しようとする/しかし、そのために「帰宅困難者」が、道に溢れ、道を塞ぎ、消防車や救急車の交通の妨げになってはならない/巨大地震発生時、優先すべきは、遠くの家族の安否確認より、近くの被災者の命を救うこと! | トップページ | トマ・ピケティ著「21世紀の資本」を読んで(11)この世から、タックス・ヘイヴンがなくなっても、お金持ちたちは、屁とも思わないだろう/なぜなら、生涯一日たりとも働いたことがなくても世界一のお金持ちになった、リリアンヌ・ベタンクール(1922生、世界最大の化粧品会社ロレアルの創業者の娘)のような世襲(相続)によるお金持ちの存在自体、今日の相続税は貧富の格差を是正させる機能が機能してない証拠じゃないかな(?)/【メモ】 “パナマ文書”問題 »

2016年3月31日 (木)

Masaaki Suzuki plays Bach Organ Works 2014

Bach_suzuki

Bach: Organ Works
Masaaki Suzuki
2014年録音
BIS-2111

Toccata and Fugue in D minor, BWV565 8'28
1. Toccata 2'26
2. Fugue 6'02

Pastorale (Pastorella) in F major, BWV590 12'48
3. [F major] 2'41
4. [C major] 2'42
5. [C minor] 3'02
6. [F major] 4'21

Partite diverse sopra il Corale 'O Gott, du frommer Gott', BWV767 15'06
7. Partita I 1'05
8. Partita II (a 2 Clav.) 2'39
9. Partita III 1'15
10. Partita IV 0'49
11. Partita V 1'19
12. Partita VI 1'12
13. Partita VII 1'32
14. Partita VIII 2'11
15. Partita IX (a 2 Clav.) 2'59

16. Fantasia (Pièce d'orgue) in G major, BWV572 8'40

Prelude and Fugue in G minor, BWV535 7'08
17. Prelude 2'46
18. Fugue 4'22

Canonic Variations on 'Vom Himmel hoch da komm' ich her', BWV769 11'26
19. I. Canone all' Ottava 1'24
20. II. Alio modo in Canone alla Quinta 1'15
21. III. Canone alla Settima 2'24
22. IV. Canon all' Ottava per augmentationem 3'23
23. V. L'altra sorte del Canone all' rovescio 2'57

Prelude and Fugue in E minor, BWV548 14'25
24. Prelude 6'41
25. Fugue 7'43

Total Time: 79'26

--

【収録情報】

J.S.バッハ:
● トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565
● パストラーレ ヘ長調 BWV 590
● 『おお、汝正しくして善なる神よ』によるパルティータ BWV 767
● 幻想曲 ト長調 BWV 572
● 前奏曲とフーガ ト短調 BWV 535
● 『高き天よりわれは来れり』によるカノン風変奏曲 BWV 769
● 前奏曲とフーガ ホ短調 BWV 548

 鈴木雅明(オルガン/シュニットガー制作、a'=465Hz)

 録音時期:2014年7月
 録音場所:オランダ、フローニンゲン、マルティン教会
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

(HMV.co.jp より)

--

【前置き】

このアルバムを聴いて、まず驚いたことは「トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565」が美しかったこと。

--

このアルバムには、バッハの名曲・傑作が揃っているのだろう(当ブログにコメントを寄せて下さるNさんが、ベストな傑作と言うところの「『高き天よりわれは来れり』によるカノン風変奏曲 BWV 769」も収録されている)。が、残念ながら、私は、バッハ:オルガン曲入門者なので、個々の作品について、それらの演奏の詳細な感想文を書くことはできない。

「トッカータとフーガ 二短調 BWV.565」を「バッハの作品ではないとする説」を説いた「こんな曲、ぼく知らないよ」とバッハいいに、私は感化され、私は(バッハの他のオルガン曲に比べ充実してない作品である)「トッカータとフーガ 二短調 BWV 565」を、バッハの真作であるとは思っていない(誰かが、バッハの名を騙った)。だから私は「BWV 565」を好きではない。しかし・・・驚いたことに、鈴木雅明が弾いた「トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565」は美しい(!)。そして、さらに、このアルバムに収められた他の演奏も、えも言われぬ美音(ただし、前奏曲とフーガ ホ短調 BWV.548 を除く)、それらを、5.0 サラウンドで聴くと、さらに美しいのだろうか。

このアルバムに収められた作品中、唯一、私が嵌っている曲は「前奏曲とフーガ ホ短調 BWV 548」である。この作品は、ヴァルヒャ新旧盤、カール・リヒター、シュトックマイヤー、マリー=クレール・アラン新旧盤、ゲルハルト・ヴァインベルガー、ベルナール・ラガセの演奏を私は繰り返し聴いた(同曲のスコアも購入した)。

当初、鈴木の「BWV 548」を聴いたとき、そのうるさい「音の洪水」に失望した。しかし、鈴木の「BWV 548」を、数回、聴き、この作品の謎めいたところ(?)が、見えて来ると、鈴木の演奏に、私は共感できた・・・とは言っても・・・「BWV 548」は、私の理解を超える難曲(←何度聴いてもそう思う)。だが、ただ一つ、私に理解できるのは、「BWV 548」は、多分、ペダル(バス)が、かっこいい。そして、鈴木が弾く「BWV 548」のペダルは、かっこいい。
そして「BWV 548の前奏曲」の反復は、もしかしたら、まるで、ソナタ形式のような反復効果があるということが分かってきた。
そして、私は、鈴木の「BWV 548」はうるさいとは思わなくなった。←うるさいと思えば、ヴォリュームを小さくして聴けばいい・・・。

« 首都直下地震で最大35万人の救助部隊 計画まとまる/「帰宅困難者」は、家族の安否確認、また、自分の無事を家族に伝えるために帰宅しようとする/しかし、そのために「帰宅困難者」が、道に溢れ、道を塞ぎ、消防車や救急車の交通の妨げになってはならない/巨大地震発生時、優先すべきは、遠くの家族の安否確認より、近くの被災者の命を救うこと! | トップページ | トマ・ピケティ著「21世紀の資本」を読んで(11)この世から、タックス・ヘイヴンがなくなっても、お金持ちたちは、屁とも思わないだろう/なぜなら、生涯一日たりとも働いたことがなくても世界一のお金持ちになった、リリアンヌ・ベタンクール(1922生、世界最大の化粧品会社ロレアルの創業者の娘)のような世襲(相続)によるお金持ちの存在自体、今日の相続税は貧富の格差を是正させる機能が機能してない証拠じゃないかな(?)/【メモ】 “パナマ文書”問題 »

バッハ, ヨハン・ゼバスティアン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/64738141

この記事へのトラックバック一覧です: Masaaki Suzuki plays Bach Organ Works 2014:

« 首都直下地震で最大35万人の救助部隊 計画まとまる/「帰宅困難者」は、家族の安否確認、また、自分の無事を家族に伝えるために帰宅しようとする/しかし、そのために「帰宅困難者」が、道に溢れ、道を塞ぎ、消防車や救急車の交通の妨げになってはならない/巨大地震発生時、優先すべきは、遠くの家族の安否確認より、近くの被災者の命を救うこと! | トップページ | トマ・ピケティ著「21世紀の資本」を読んで(11)この世から、タックス・ヘイヴンがなくなっても、お金持ちたちは、屁とも思わないだろう/なぜなら、生涯一日たりとも働いたことがなくても世界一のお金持ちになった、リリアンヌ・ベタンクール(1922生、世界最大の化粧品会社ロレアルの創業者の娘)のような世襲(相続)によるお金持ちの存在自体、今日の相続税は貧富の格差を是正させる機能が機能してない証拠じゃないかな(?)/【メモ】 “パナマ文書”問題 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ