« 【Apple Music で楽曲をあらかじめダウンロード&保存しておき、オフラインで再生する方法】 | トップページ | トマ・ピケティ著「21世紀の資本」を読んで(9)とにかく、金持ちはますます金持ちになり、貧乏人はますます貧乏になる/バルザックの「ゴリオ爺さん」/「ヴォートランのお説教」 »

2015年11月27日 (金)

バイバ・スクリデのシベリウス&ニールセン:ヴァイオリン協奏曲ほか

Skride

Nielsen, Sibelius: Violin Concertos, 2 Serenades Op.69
Baiba Skride, violin
Tampere Philharmonic Orchestra
Santtu-Matias Rouvali, conductor
2015年録音
ORFEO

--

Disc1
● シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47
● シベリウス:2つのセレナード Op.69

Disc2
● ニールセン:ヴァイオリン協奏曲 Op.33

 バイバ・スクリデ(ヴァイオリン)
 タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団
 サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(指揮)

 録音時期:2015年1月7-9日
 録音場所:フィンランド、タンペレ・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

--

私は、シベリウス、ニールセンは、よく知らないので、下記のレビューは信用しないでください。

私の評価:星1つ

スクリデ、前作のシマノフスキーは良かった。私は、シマノフスキーも、よく知らない。しかし、スクリデが奏するシマノフスキーは良かった。それに対して、このシベリウス&ニールセンにおいて、スクリデが何を言いたいのか分からない(すなわち、スクリデは、シマノフスキーの良さを私に教えてくれたが、彼女は、シベリウス、ニールセンの良さを教えてくれなかった)。

当初、このアルバムの良さが分からなかったので、私は、このアルバムのカスターマーレビューを、書かないことにしようと思っていた。しかし、同アルバムに対する英国アマゾンのカスタマーレビューにて、同アルバムは、悪くない評価を得ているので、私は、この商品を改めて聴き、そのレビューを書く気になった。私は、このアルバムを、改めて、10回ぐらい聴いた。

シベリウス&ニールセンのVn協奏曲は、形式的に変な曲だ。そして、スクリデは、それらの形式を消化していないような気がする。彼女のシベリウス:Vn協奏曲 第2楽章は、よく歌われている。が、彼女が、シベリウスのVn協奏曲の全曲を通して(技巧に走らずに)芯のある濃密な音を楽器に発音をさせているのか、それとも単にヴァイオリンを強音でブイブイ言わせているだけなのか(←ただし、静かな楽想を除く)・・・私は後者だと思う(←この意見に反対の方は、このレビューは参考にならなかったに投票して下さい)・・・少なくとも、スクリデのシベリウス&ニールセンは、前作シマノフスキーに比べて、つかみどころがなく、退屈する。

私の「好み」は、録音当時、弱冠22才だったヴィルデ・フラングのシベリウス(彼女のデビュー盤)である。フラングのシベリウスは、若々しいだけでなく、新鮮で斬新。聴きやすい。←彼女のシベリウス、プロコフィエフは「技巧」も十分。

・最後に

このアルバムの枚数は1枚かと思っていたが、2枚組だった。しかもお値段は、1,690 円だった。←アマゾンJPにて。お買い得。

--

【参考】

Frang

Sibelius: Violin Concerto
Three Humoresques
Prokofiev: Violin Concerto No. 1
Vilde Frang
WDR Sinfonieorchester Köln
Conductor: Thomas Søndergård

« 【Apple Music で楽曲をあらかじめダウンロード&保存しておき、オフラインで再生する方法】 | トップページ | トマ・ピケティ著「21世紀の資本」を読んで(9)とにかく、金持ちはますます金持ちになり、貧乏人はますます貧乏になる/バルザックの「ゴリオ爺さん」/「ヴォートランのお説教」 »

シベリウス」カテゴリの記事

ニールセン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/62703514

この記事へのトラックバック一覧です: バイバ・スクリデのシベリウス&ニールセン:ヴァイオリン協奏曲ほか:

« 【Apple Music で楽曲をあらかじめダウンロード&保存しておき、オフラインで再生する方法】 | トップページ | トマ・ピケティ著「21世紀の資本」を読んで(9)とにかく、金持ちはますます金持ちになり、貧乏人はますます貧乏になる/バルザックの「ゴリオ爺さん」/「ヴォートランのお説教」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ