« Bach Marie-Claire Alain Works for Organ, Box set, 14cds; 1990s Digital Recordings | トップページ | 【メモ】 広江克彦著「趣味で相対論 単行本 - 2008/6/16」の「1.5 ローレンツ変換の求め方」における連立方程式(21ページ)を解く »

2015年11月 1日 (日)

Kurtág, György: Kafka-Fragmente Caroline Melzer Nurit Stark 2012年録音

Kafka

Kurtág, György (b. 1926)
Kafka-Fragmente (Editio Musica Budapest)
for soprano and violin, Op. 24 (1985– 87)
Caroline Melzer, soprano
Nurit Stark, violin
2012年録音
BIS Records

Kafka-Fragmente for soprano and violin, Op.24, 1. Teil
1. 1. Die Guten gehn im gleichen Schritt… 1'04
2. 2. Wie ein Weg im Herbst 0'36
3. 3. Verstecke 0'26
4. 4. Ruhelos 0'22
5. 5. Berceuse I 1'01
6. 6. Nimmermehr (Excommunicatio) 1'18
7. 7. „Wenn er mich immer frägt“ 0'23
8. 8. Es zupfte mich jemand am Kleid 0'13
9. 9. Die Weißnäherinnen 0'21
10. 10. Szene am Bahnhof 0'17
11. 11. Sonntag, den 19. Juli 1910 (Berceuse II) (Hommage à Jeney) 1'10
12. 12. Meine Ohrmuschel… 0'15
13. 13. Einmal brach ich mir das Bein (Chassidischer Tanz) 0'37
14. 14. Umpanzert 0'23
15. 15. Zwei Spazierstöcke (Authentisch-plagal) 0'46
16. 16. Keine Rückkehr 1'04
17. 17. Stolz (1910/15. November, Zehn Uhr) 0'43
18. 18. Träumend hing die Blume (Hommage à Schumann) 2'21
19. 19. Nichts dergleichen 1'10

Kafka-Fragmente for soprano and violin, Op.24, 2. Teil
20. 1. Der wahre Weg (Hommage-message à Pierre Boulez) 7'22

Kafka-Fragmente for soprano and violin, Op.24, 3. Teil
21. 1. Haben? Sein? 0'43
22. 2. Der Coitus als Bestrafung (Canticulum Mariae Magdalenae) 0'29
23. 3. Meine Festung 0'52
24. 4. Schmutzig bin ich, Milena… 1'50
25. 5. Elendes Leben (Double) 0'17
26. 6. Der begrenzte Kreis 0'33
27. 7. Ziel, Weg, Zögern 0'43
28. 8. So fest 0'52
29. 9. Verstecke (Double) 1'26
30. 10. Penetrant jüdisch 0'20
31. 11. Staunend sahen wir das grosse Pferd 1'59
32. 12. Szene in der Elektrischen (1910: „Ich bat im Traum die Tänzerin Eduardowa, sie möchte doch den Csárdás noch einmal tanzen…“) 3'56

Kafka-Fragmente for soprano and violin, Op.24, 4. Teil
33. 1. Zu spät (22. Oktober 1913) 3'44
34. 2. Eine lange Geschichte 1'03
35. 3. In memoriam Robert Klein 0'41
36. 4. Aus einem alten Notizbuch 1'19
37. 5. Leoparden 2'13
38. 6. In memoriam Joannis Pilinszky 2'46
39. 7. Wiederum, wiederum 1'42
40. 8. Es blendete uns die Mondnacht … (...a porban kúszó kígyó-páros: Márta, meg én) 6'11

--

クルターグ・ジェルジュ:カフカ断章〜ソプラノとヴァイオリンのための Op.24 (1985-87)
カロリーネ・メルツァー(ソプラノ)
ヌリット・スターク(ヴァイオリン)
2012年録音

--

私の評価:星4つ

コレは、全然期待していなかったけど、良かった。

--


私は、以下、3種類の「カフカ断章」を持っていた。

Kurtag: Kafka-Fragments, Op. 24 Adrienne Csengery Andras Keller 1990年録音
Kurtag: Kafka-Fragments, Op. 24 Anu Komsi Sakari Oramo 1995年
Kurtag: Kafka-Fragments, Op. 24 Juliane Banse, Andras Keller 2005年

私は、Anu Komsi, soprano Sakari Oramo, violin の演奏が気に入っていた。


ユリアーネ・バンゼのクルターグ・ジェルジュ:「カフカ断章」作品24(2005年録音)は、聞きやすい演奏であった。が、あまり、面白い演奏ではなかったと思う。よって、今回、クルターグ:「カフカ断章」の《新しい録音》が発売されて良かったと思う。


このアルバムの魅力の一つは、音の良さである。つまり、SACD であること。このアルバムを大音量で聴くと、聴き応え満点(!)
カロリーネ・メルツァーの美声&わめき声、ヌリット・スタークのヴァイオリンを痛めつけるように擦る音(11曲目「Geschlafen, aufgewacht」のボーイング)、34曲目「長い物語」の強烈なピチカートなどが、オデオ的美音を聞かせ、リスナーの耳を爆音でつんざく。

【注】 メルツァーは、この作品で意外にも美声を聴かせている。コノ作品は美声で歌うと、効果的であることに、初めて私は気づいた。


しかも、コレは、二人の美人が演奏している(HMV.co.jp 参照)


このアルバムは、クルターグの「カフカ断章」を初めて聴く人に、向いている。


コノ「カフカ断章」は、ヴァイオリン演奏が良い。ヴァイオリニストが上手い。ヴァイオリニストのヌリット・スタークが、コノ「カフカ断章」の作品全体の流れをリードしていると思う。


コノ作品は、ヴォーカルとヴァイオリンの旋律の「交じり合い」が面白いと思うのだが、メルツァーとスタークのそれは、うまいと思う。


ヌリット・スタークが弾くヴァイオリンの長い後奏に聴き応えがあり、それは魅力的である(18、20、22、32、33曲目など)。32曲目の「路面電車の中の光景」の後奏は「チャールダーシュ」だろうか?!


40曲目の「目もあやな月夜」において、東洋的なメリスマが聴ける。←メルツァーの歌唱を聴いて、初めて気づいた。

10
しかし、コノ名演も、正直言って、第4部の第1曲あたりで退屈する。

--

【追加】

・Kurtag: Kafka-Fragments, Op. 24 Anu Komsi Sakari Oramo 盤について

解釈がクールである。
一つ一つの曲の特長がとらえられている。
Anu Komsi の解釈は細かい。彼女の歌唱は多様(小声でつぶやいたり、声音を変えたり)・・・だが、同時に、Anu Komsi の歌唱には、一貫性(あるいは統一感?)があると思う。したがって、全体の流れが良い。ただし、コノ名演も少し退屈する。
その理由は、この作品にて取り上げられたカフカのテキストが、ワンパターンだからだと思う。カフカの文章は、ある程度の長さ、コンテキスト、出典がないと、何が何だか分からない・・・。

Kafka

György Kurtág
Kafka fragments
Anu Komsi, soprano
Sakari Oramo, violin
Recorded: 1995
ONDINE

--

【Apple Music にて】

Adrienne Csengery 盤、Anu Komsi 盤を試聴できます。

検索のためのキーワード:Kafka-Fragments

--

【クルターグ:カフカ断章 Op.24 歌詞対訳】

http://koshiro56.la.coocan.jp/ubersetzung/Kafka-Fragmente_20151123.pdf

文字化け消えたかも知れません。(2015−11−23)

« Bach Marie-Claire Alain Works for Organ, Box set, 14cds; 1990s Digital Recordings | トップページ | 【メモ】 広江克彦著「趣味で相対論 単行本 - 2008/6/16」の「1.5 ローレンツ変換の求め方」における連立方程式(21ページ)を解く »

クルターグ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/62315130

この記事へのトラックバック一覧です: Kurtág, György: Kafka-Fragmente Caroline Melzer Nurit Stark 2012年録音:

« Bach Marie-Claire Alain Works for Organ, Box set, 14cds; 1990s Digital Recordings | トップページ | 【メモ】 広江克彦著「趣味で相対論 単行本 - 2008/6/16」の「1.5 ローレンツ変換の求め方」における連立方程式(21ページ)を解く »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ