« Berg: Lyric Suite / Wellesz: Sonnets for Elizabeth Barrett Browning Op. 52 / Zeisl: Komm, süsser Tod performed by Emerson String Quartet & Renée Fleming | トップページ | リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(6)/貴族と商人の力関係が逆転/ゾフィーは、オクタヴィアンの助けが在ったとはいえ、オックスとの結婚を、自由意志で断ることができた »

2015年9月23日 (水)

Morton Feldman: Patterns in a Chromatic Field / Music for cello / Marco Simonacci and Giancarlo Simonacci et al.

Feldman

Morton Feldman (1926-1987)
Patterns in a Chromatic Field
Music for cello
Marco Simonacci and Giancarlo Simonacci et al.
2012年録音
Brilliant Classics


「モートン・フェルドマン:チェロのための作品集」2枚組

【収録情報】

モートン・フェルドマン:
1. 2つの小品 (1948)
2. プロジェクション1 (1950)
3. E.E.カミングスによる4つの歌 (1951)
4. インターセクション4 (1953)
5. 2つのインストゥルメンツ (1958)
6. デュレーションズ2 (1960)
7. 2つの声とチェロ (1973)
8. パターンズ・イン・ア・クロマティック・フィールド (1981)

 マルコ・シモナッチ(チェロ)
 パオラ・ロンチェッティ(ソプラノ:3,7)
 イラリア・セヴェロ(ソプラノ:7)
 ファビオ・フラッパレッリ(ホルン:5)
 ジャンカルロ・シモナッチ(ピアノ:1,3,6,8)

 録音時期:2012年12月
 録音場所:ローマ、コントロフェース・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

--

私は、この商品を1500円以下で買ったような気がする(コレを購入当時、円高だった。今、この商品は、アマゾンJPで、2000円/2015年9月23日現在。最近の円安で、輸入盤CDが高くて、きつい)

--

さて、

←第1曲「2つの小品 (1948)」から第6曲「デュレーションズ2 (1960)」までは、静謐はあっても、フェルドマン独特の《美》は聞けないと思う。それらは、習作に聞こえる。
第7曲「2つの声とチェロ (1973)」←これは、後のフェルドマンの声楽曲に通じるかも・・・。
第8曲「パターンズ・イン・ア・クロマティック・フィールド (1981)」
←やっと、フェルドマン独特の能天気、美しさが聞ける。
←フェルドマン独特の精神安定効果が聞ける。
マルコ・シモナッチ(チェロ)ジャンカルロ・シモナッチ(ピアノ)の演奏は《平凡》に聞こえるかも知れないが、リスナーを退屈させない演奏であると思う(演奏時間約90分)・・・ということは、彼らはうまいのだろう。
←私は、「パターンズ・イン・ア・クロマティック・フィールド (1981)」を、既に2種類(Charles Curtis, cello Aleck Karis, piano Recorded: 2003年録音 TZADIK および Arne Deforce, cello 大宅裕, piano 2007年録音 AEON盤)を持っていたが、それらを聴いて、私はピンと来なかった。
←このシモナッチ盤(Brilliant Classics)が一番聞きやすい。適度に緊張感があり、適度に軽く、適度に激しい。
←小音量で聞くと、眠気を誘う。が、大きめの音量で聞くと、作品の複雑なテクスチュアが、やはり、眠気を誘う。
しかし、繰り返すが、シモナッチ盤(Brilliant Classics)は、退屈させないという点で、良い演奏だと思う。
←この商品「パターンズ・イン・ア・クロマティック・フィールド (1981)/シモナッチ盤(Brilliant Classics)」は「もし廉価で売っているなら買い」だと思う。
なぜなら、このシモナッチらの演奏は、フェルドマンの「パターンズ・イン・ア・クロマティック・フィールド (1981)」という作品を知るのに適した音源だからである。

【参考画像】

Feldman_2
(C) Brilliant Classics

【2015−9−27 追加】

例によって、また、Apple Music ネタ。

このアルバム「モートン・フェルドマン:チェロのための作品集/マルコ・シモナッチ、ジャンカルロ・シモナッチ他」2枚組、
および、Morton Feldman (1926-1987) Patterns in a Chromatic Field Arne Deforce, cello 大宅裕, piano 2007年録音 AEON盤
は、Apple Music で、聴くことができます(2015年9月27日現在)。

・検索のためのキーワード:Patterns in a Chromatic Field

« Berg: Lyric Suite / Wellesz: Sonnets for Elizabeth Barrett Browning Op. 52 / Zeisl: Komm, süsser Tod performed by Emerson String Quartet & Renée Fleming | トップページ | リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(6)/貴族と商人の力関係が逆転/ゾフィーは、オクタヴィアンの助けが在ったとはいえ、オックスとの結婚を、自由意志で断ることができた »

フェルドマン, モートン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

Feldmannもブリリアントから出てるんですね…大いにそそるところ。あとお勧めブログへのリンクへの最新の歌曲会館の網羅ぶりはすごいですね。事典レベル。いろいろ参考になりそうです

>>Feldmann
Feldmanの「n」は1個です。
ドイツ系の姓なら2個ですが。

↓いまこれを、買おうかどうしようか、迷っています

Feldman
Trio [DVD] [Import]
¥ 3,932
http://www.amazon.co.jp/Trio-DVD-Morton-Feldman/dp/B002OVB9R6/

←「Trio」は、私が初めて出会った、フェルドマンの作品です

--

>>梅丘歌曲会館 詩と音楽

このサイトを、大いに活用し、また、このサイトを通して、大いに、学習させて頂きたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/61737419

この記事へのトラックバック一覧です: Morton Feldman: Patterns in a Chromatic Field / Music for cello / Marco Simonacci and Giancarlo Simonacci et al.:

« Berg: Lyric Suite / Wellesz: Sonnets for Elizabeth Barrett Browning Op. 52 / Zeisl: Komm, süsser Tod performed by Emerson String Quartet & Renée Fleming | トップページ | リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(6)/貴族と商人の力関係が逆転/ゾフィーは、オクタヴィアンの助けが在ったとはいえ、オックスとの結婚を、自由意志で断ることができた »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ