« リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(2) | トップページ | わたしの強迫観念 Obsession (スピーカが雨に濡れないか?) »

2015年6月 6日 (土)

リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(3)

このエントリーは、http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-9137.htmlに続きます

このエントリーは、http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-f641.htmlの続きです

--

・第2幕におけるライトモチーフ

14a ファニナル(midi
Rosenkavalier_14a

====================

14b マリアンネ(midi
Rosenkavalier_14b

====================

14c 花婿としてのオックス(midi
Rosenkavalier_14c

====================

15 ゾフィー(midi
Rosenkavalier_15

「(前略)ファニナルが大げさに感動して、ゾフィーに別れを告げる所ではじまるが、ゾフィーが父の手に接吻すると、ゾフィーの動機(15)が現われる。しかしこの感傷的な気分はすぐに消えて、あわただしい調子が続く。ゾフィーの結婚に向かう決心には愛が少しもない。と云って宗教的な諦めの気持でもないことは彼女の歌の数多くの臨時記号のついた旋律が余りロマン的にならないことでも判る。(渡辺護)」

【ブログ開設者より】私は、この動機(15)が、分からない。また、渡辺護氏の解説文「と云って宗教的な諦めの気持でもないことは彼女の歌の数多くの臨時記号のついた旋律が余りロマン的にならないことでも判る。」の意味も分からない。

====================

16a 銀のばら(midi
Rosenkavalier_16a

====================

16b ゾフィー(midi
Rosenkavalier_16b

====================

16c ばらの香り(midi
Rosenkavalier_16c

====================

16d 芽生える恋(midi
Rosenkavalier_16d

====================

17a いとこ(midi
Rosenkavalier_17a

「(前略)二人は腰をおろし、ゾフィーは彼女のよく知っているオクタヴィアンの身の上を語る。その主題を「いとこの動機」(17a)とでも名づけて置こう。(渡辺護)」

====================

17b オクタヴィアンと元帥夫人の愛(midi
Rosenkavalier_17b

「(上の続き)ゾフィーがオクタヴィアンの愛称「カンカン」を口にのぼすと、管弦楽はオクタヴィアンと元帥夫人の愛をほのめかす(17b)。この旋律は憧憬の諸動機(3aなど)を発展させたもの。そしてこの旋律の伴奏に5bの動機が織り込まれているのも面白い。(渡辺護)」

====================

18 浮き立つオックス(midi
Rosenkavalier_18

「(上の続き)やがて変ニ長調となってファニナルとオックスが登場する。からいばりする花婿のうれしそうな動機(14c)はここではっきりした形をとる。しかしこの動機も、歩行するオックスの動機(7a)の変形である。
 人々の対話は次第に緊迫し、オクタヴィアンがコップを押しつぶす所で最高潮となる。ここでは数種の動機が現れるが、その中重要なのは。オックスが『パリでは……若い夫婦のすることを人を呼んで見物させる」と云う所の管弦楽の走句(18)である。この走句は第3幕の大団円で重要な働きをする。ゾフィーもオックスの厚かましさに我慢ができなくなり、身もだえして彼の抱擁からのがれようとする(19)。(渡辺護)」

【ブログ開設者より】私は、動機(18)が、分からない。

====================

19 身もだえするゾフィー(midi
Rosenkavalier_19

====================

20a オックスのワルツ(midi
Rosenkavalier_20a

「(上の続き)やがてオックスはいい気になって小唄を歌う。有名なオックス男爵のワルツ(20a)である。『ばらの騎士』の中の最も有名な、この旋律はシュトラウスの純然たる創作でなくて、ヨーゼフ・シュトラウスの『ディナミーデン』作品173のワルツに拠ったものである。しかし極めてウィーン風の感じのするものである。尚、20cの旋律は一般に『レルヒェナウの幸運』とよばれているものであるが、ウィリアム・マンも指摘しているように、これはレルヒェナウ家の幸運をあらわす場合ではなく、オックスとアンニーナとの交渉がある時に現われる。そして、マックス・ホップの云うように、『レルヒェナウの幸運』を現わす主題は『オックスのワルツ』の旋律につづく別の旋律(20b)である。この旋律はレルヒェナウの幸運を歌っているのである。しかし、20cもこの旋律の終わりの部分を変化させたものであることは事実だ。(渡辺護)」

====================

20b オックスのワルツ(midi
Rosenkavalier_20b


====================

20c オックスのワルツ(midi
Rosenkavalier_20c

====================

21 若き恋人たち(midi
Rosenkavalier_21

「(前略)音楽は『流れるように』と指定された部分になる。ゾフィーのの歌ものびのびとして来る。殊に中心的な部分(変イ長調)は美しく、オクタヴィアンの動機(1a)(Was sie ist)を導入して、この動機を発展させた、若き恋人たちの主題(21)が現われる。これは16cとも関連がある。この二重唱にはトリスタンの夜の歌への依拠が見られる。
 強い不協和音が鳴って、突然イタリア人たちが二人をつかまえる。(以下略)(渡辺護)」

====================

22 不機嫌なオックス(midi
Rosenkavalier_22

(以上、楽劇《ばらの騎士》全曲/商品番号 TOCE-6444 - 46/東芝EMI株式会社(国内盤)リーフレットより)

(続く)

« リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(2) | トップページ | わたしの強迫観念 Obsession (スピーカが雨に濡れないか?) »

シュトラウス, リヒャルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/60268801

この記事へのトラックバック一覧です: リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(3):

« リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(2) | トップページ | わたしの強迫観念 Obsession (スピーカが雨に濡れないか?) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ