« 不正アクセスで年金情報125万件が流出か/日本年金機構さまへ、あなたは甘かった(2015年6月1日) | トップページ | リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(2) »

2015年6月 2日 (火)

リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(1)

このエントリーは、http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-f641.htmlに続きます

--

Rosenkavalier

R.シュトラウス:楽劇《ばらの騎士》全曲
エリーザベト・シュワルツコップ(元帥夫人)
オットー・エーデルマン(オックス)
クリスタ・ルートヴィヒ(オクタヴィアン)
エバーハルト・ヴェヒター(ファニナル)
テレサ・シュティッヒ=ランデル(ゾフィー)
フィルハーモニア管弦楽団および合唱団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
1956年録音(セッション)
商品番号 TOCE-6444 - 46
東芝EMI株式会社(国内盤)
1990年9月27日発売

==

Rosenkavalier_score_1
R.シュトラウス:楽劇《ばらの騎士》全曲/商品番号 TOCE-6444 - 46/東芝EMI株式会社(国内盤)には、「ばらの騎士」の示導動機(ライトモチーフ)の譜例が、約60記載・添付されている(表面)

Rosenkavalier_score_3
同上(裏面)

==

「ばらの騎士」の示導動機(ライトモチーフ)の充実した譜例が、どこかにないか、探してみたら見つかった(上記)。そこで、まず、上記の資料から、同作品の示導動機(ライトモチーフ)を、ピックアップしてみよう。

※なお、以下、譜例および解説の著作権は渡辺護氏と東芝EMI株式会社に帰属する。

楽曲の解説(渡辺護)

■第1幕

 短い導入曲に於いてシュトラウスは元帥夫人とオクタヴィアンの愛の行為を描いている。このようなかなりあからさまな音画、シュトラウスは「火の飢饉」や「アラベラ」でも用いている。このような描写が卑猥にならずに行なわれ得るのも音楽の役得というべきか。ここではオクタヴィアンの若さと元帥夫人の複雑な情感が描写の対象である。先ず最初の上昇し、突き進むようなホルンの楽句(1a)はオクタヴィアンである。それを包み込む元帥夫人の動機(1b)は女性的で柔軟で、自ら陶酔を求めるようである。オクタヴィアンは経験が浅く、少し猪突的だが、元帥夫人は快楽を熟知していて、期待したものを実現させようとする。(中略)だからウィリアム・マンが見たように、この最高潮は経験の浅いオクタヴィアンに早すぎる最高潮が来てしまい、元帥夫人の取り残された感じが彼女のあきらめの動機(2a)を導き出すのである。

・第1幕 序奏におけるライトモチーフ

1a オクタヴィアン(midi
Rosenkavalier_1a

====================

1b 元帥夫人(midi
Rosenkavalier_1b_2

====================

1c オクタヴィアン(midi
Rosenkavalier_1c
【ブログ開設者より】この動機は、上記のカラヤン盤では、1分20秒あたりで、初めて明確に聞こえる。

====================

1d 愛の抱擁(midi
Rosenkavalier_1d

====================

2a 元帥夫人(あきらめ)(midi

Rosenkavalier_2a

====================

2b 元帥夫人(愛の幸福の思い出)(midi
Rosenkavalier_2b

====================

2c 元帥夫人(愛の陶酔と断念の苦痛)(midi
Rosenkavalier_2c

(以上、上記商品リーフレットより)

(続く)

« 不正アクセスで年金情報125万件が流出か/日本年金機構さまへ、あなたは甘かった(2015年6月1日) | トップページ | リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(2) »

シュトラウス, リヒャルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/60248328

この記事へのトラックバック一覧です: リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(1):

« 不正アクセスで年金情報125万件が流出か/日本年金機構さまへ、あなたは甘かった(2015年6月1日) | トップページ | リヒャルト・シュトラウス作曲:楽劇《バラの騎士》の感想文を、だらだら書く(2) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ