« 65歳以上、5人に1人が認知症に 2025年の推計/10年後、65歳以上。あなたも私も、20%の確率で認知症になる(2015年1月8日) | トップページ | ヴィヴィアン・リーという人は、いつも怒りまくっているスカーレット・オハラを演じた時、その役を地で演じたんじゃないか/「風と共に去りぬ」のヒロインに共感して我思う:苦境にある時、行動の原動力は「怒り」 »

2015年5月 6日 (水)

イディル・ビレットのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集を少しずつ聴く(6)

このエントリーは、http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-ced5.htmlに続きます

--

Biret

BEETHOVEN, L. van:
Piano Sonatas 1-32
Idil Biret, piano
(10-CD Box Set)
Piano Steinway
Idil Biret Archive

[CD 1]
Sonata No. 1 in F Minor, Op. 2, No. 1
Sonata No. 2 in A Major, Op. 2, No. 2
Sonata No. 19 in G Minor, Op. 49, No. 1
Sonata No. 20 in G Major, Op. 49, No. 2
Recorded: 2002

[CD 2]
Sonata No. 3 in C Major, Op. 2, No. 3
Sonata No. 5 in C Minor, Op. 10, No. 1
Sonata No. 18 in E-Flat Major, Op. 31, No. 3, "La Chasse"
Recorded: 2001

[CD 3]
Sonata No. 7 in D Major, Op. 10, No. 3
Sonata No. 21 in C Major, Op. 53, "Waldstein"
Sonata No. 25 in G Major, Op. 79
Recorded: 1994

[CD 4]
Sonata No. 23 in F Minor, Op. 57, "Appassionata"
Sonata No. 28 in A Major, Op. 101
Sonata No. 31 in A-Flat Major, Op. 110
Recorded: 2001

[CD 5]
Sonata No. 9 in E Major, Op. 14, No. 1
Sonata No. 10 in G Major, Op. 14, No. 2
Sonata No. 13 in E-Flat Major, Op. 27, No. 1
Sonata No. 14 in C-Sharp Minor, Op. 27, No. 2, "Moonlight"
Recorded: 2004 / 08

[CD 6]
Sonata No. 4 in E-Flat Major, Op. 7
Sonata No. 8 in C Minor, Op. 13, "Pathetique"
Sonata No. 27 in E Minor, Op. 90
Recorded: 2002 / 04 / 06

[CD 7]
Sonata No. 6 in F Major, Op. 10, No. 2
Sonata No. 12 in A-Flat Major, Op. 26
Sonata No. 15 in D Major, Op. 28, "Pastoral"
Recorded: 2003 / 05

[CD 8]
Sonata No. 11 in B-Flat Major, Op. 22
Sonata No. 16 in G Major, Op. 31, No. 1
Sonata No. 17 in D Minor, Op. 31, No. 2, "Tempest"
Recorded: 2002 / 06

[CD 9]
Sonata No. 26 in E-Flat Major, Op. 81a, "Les adieux"
Sonata No. 30 in E Major, Op. 109
Sonata No. 32 in C Minor, Op. 111
Recorded: 2004 / 05

[CD 10]
Sonata No. 22 in F Major, Op. 54
Sonata No. 24 in F-Sharp Major, Op. 78
Sonata No. 29 in B-Flat Major, Op. 106, "Hammerklavier"
Recorded: 2006 / 08

・ソナタ 第21番 ト長調 作品53《ワルトシュタイン》

第1楽章は、ビレットにしては、癖がなく(ただし、コーダのデュナーミクに若干、癖が聞こえる)、比較的ストレートで、手堅く、良い演奏だと思う。
第2楽章は、癖がない。
第3楽章は、やや技巧的。良い演奏。

※例の第3楽章のコーダ(第464小節)を、ビレットは、アリス=紗良・オットと同様、オクターブ・ユニゾンで弾いてないようだ。←アリス=紗良と同様、ビレットはソレを速く弾いているのが良い。

Beethoven_op_53_3_2
「ワルトシュタイン」第3楽章のコーダ、第464小節(midi

・ソナタ 第22番 ヘ長調 作品54

ソナタ形式の楽章を持たないソナタ。
丁寧な演奏に好感を持てる。
第1主題、イン・テンポ・ドゥン・メヌエット(In tempo d'un Menuetto)。ロンドの第2主題をゆっくり弾いている。
第2楽章、アレグレット。コーダ(ピウ・アレグロ)以外は、遅めのテンポ。テクスチュアがよく聞こえる。

・ソナタ 第23番 ヘ短調 作品57《熱情》

この作品は、わたくし、あまり好きじゃない。
第1楽章、再現部前とコーダの盛り上がるところは、もっと、派手に弾いて欲しかった(←それが私の嗜好です)。
第2楽章。うまいと思う。←手堅い。
第3楽章。《ビレットは技巧的ピアニストだ》と思うが、この楽章において、彼女は技巧をひけらかしてない? もっと、派手に弾いて欲しかった(←それも私の嗜好です)。

・ソナタ 第24番 嬰ヘ長調 作品78《テレーゼ》

第1楽章、アダージョ・カンタービレ。やや癖を感じる。よく言えば、丁寧な演奏。悪く言えば、ぎこちない?
第2楽章、アレグロ・ヴィヴァーチェ(活発に)。同上。ただし、癖はないと思う。

・ソナタ 第25番 ト長調 作品79《かっこう》

第1楽章、プレスト・アラ・テデスカ(アラ・テデスカはドイツ舞曲風の意味)。普通に弾いている。
第2楽章、アンダンテ。《無言歌》。速めのテンポで弾いている。あっさりしている。
第3楽章、ヴィヴァーチェ。あっさりしている。

・ソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a《告別》

第1楽章、アダージョ - アレグロ。冒頭、アダージョを、アレグロへの「序」として、ゆっくり弾いているが、必ずしも、アレグロへの流れは良くない。そして、個性的、癖のあるアレグロ(←(全然)グッド・ジョブじゃないと思う)。
第2楽章、アンダンテ・エスプレッシーヴォ(表情豊かに)。ドイツ語で「ゆるやかに表情をこめて(In gehender Bewegung, doch mit Ausdruck)」。だが、特に表情豊かではない。
第3楽章、ヴィヴァティッシモ(非常に速く)。ドイツ語で「非常に生き生きとした速度で(Im lebhaftesten Zeitmasse)」←ビレットは、ハイテンポで弾いている。彼女が、速いテンポで弾く時、それが、うまく行く場合もあれば、効果的でない場合もある。コノ場合は後者。

・ソナタ 第27番 ホ短調 作品90

良い演奏だと思う。
第1楽章、速く、そして終始感情と表情をもって(Mit Lebhaftigkeit und durchaus mit Empfindung und Ausdruck)。
第2楽章、速すぎないように、そして十分歌うように演奏すること(Nicht zu geschwind und sehr singbar vorgetragen)
私の主観では、上の二つの楽章の対比はうまくいっていると思う。第2楽章の非常に長いロンド(9分33秒。なかなか終わらない)は、やや癖がある演奏だが、情感が伝わってくる。長いロンドだが、退屈しない。美しい。

« 65歳以上、5人に1人が認知症に 2025年の推計/10年後、65歳以上。あなたも私も、20%の確率で認知症になる(2015年1月8日) | トップページ | ヴィヴィアン・リーという人は、いつも怒りまくっているスカーレット・オハラを演じた時、その役を地で演じたんじゃないか/「風と共に去りぬ」のヒロインに共感して我思う:苦境にある時、行動の原動力は「怒り」 »

ベートーヴェン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/59891400

この記事へのトラックバック一覧です: イディル・ビレットのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集を少しずつ聴く(6):

« 65歳以上、5人に1人が認知症に 2025年の推計/10年後、65歳以上。あなたも私も、20%の確率で認知症になる(2015年1月8日) | トップページ | ヴィヴィアン・リーという人は、いつも怒りまくっているスカーレット・オハラを演じた時、その役を地で演じたんじゃないか/「風と共に去りぬ」のヒロインに共感して我思う:苦境にある時、行動の原動力は「怒り」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ