« カサンドラ・ワイスのステーンハンマル&シベリウス | トップページ | TANNOY Stirling / HW の高音域レベル調整、および、低域調整装置 »

2015年4月12日 (日)

ヴァレンティーナ・リシッツァ・プレイズ・フィリップ・グラス

Valentina_lisitsa

Valentina Lisitsa Plays Philip Glass
Recording Location: Reitstadel, Neumarkt, 1-4 September 2014

[CD 1] 75:57

01 Glassworks: Opening 6:08
02 Truman Sleeps (from "The Truman Show") [Short version] 2:40
03 The Hours: The Poet Acts (arr. Michael Riesman) 4:01
04 The Hours: Morning Passages (arr. Michael Riesman) 6:09
05 How Now 29:52
06 The Hours: Something She Has to Do (arr. Michael Riesman) 3:59
07 The Hours: I'm Going to Make a Cake (arr. Michael Riesman) 3:20
08 Olympian: Lighting of the Torch 3:31
09 Mad Rush 16:17

[CD 2] 74:53

01 The Hours: Dead Things (arr. Michael Riesman) 4:41
02 The Hours: Tearing Herself Away (arr. Michael Riesman) 5:14
03 Wichita Sutra Vortex 7:22
04 The Hours: Escape! (arr. Michael Riesman) 4:34
05 The Hours: Chosing Life (arr. Michael Riesman) 4:42
06 The Hours: The Hours (arr. Michael Riesman) 7:46
07 Metamorphosis I 7:40
08 Metamorphosis II 8:25
09 Metamorphosis III 5:39
10 Metamorphosis IV 8:28
11 Metamorphosis V 6:45
12 Closing ("Mishima" arr. Michael Riesman) 3:37

←これらの作品群は、ある意味、ポップな感じで、良き BGM。
←だが、このアルバムは、(私事で悪いが)私が今まで聴いたことがないタイプの「ピアノ作品集」
←すなわち、このアルバム(に収められてある音楽)は、《私にとって》未知であり、《私にとって》その美しさ・新鮮さ・新しさにおいて、私はそれらの音楽を堪能・満喫できる。
←そして、リシッツァは、うまいと思う。

追伸)このアルバムを聴くとき、ミニマル・ミュージックという先入観はないほうがいい、と、私は思う。

私が聴いた限りでは、CD 1 に、移調が美しいものが在る。

【追加】

各楽曲の解説については、アマゾンJPカスタマーレビュー、先行レビューア「ニゴチュウ」さんのレビューが参考になります。

【参考】

ヴァレンティーナ・リシッツァ・プレイズ・フィリップ・グラス(2CD)HMV.co.jp

« カサンドラ・ワイスのステーンハンマル&シベリウス | トップページ | TANNOY Stirling / HW の高音域レベル調整、および、低域調整装置 »

グラス, フィリップ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/59616142

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレンティーナ・リシッツァ・プレイズ・フィリップ・グラス:

« カサンドラ・ワイスのステーンハンマル&シベリウス | トップページ | TANNOY Stirling / HW の高音域レベル調整、および、低域調整装置 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ