« 調について | トップページ | JA全中会長 農協改革案受け入れ表明(2015年2月9日)/漁業者減少 10年間で18漁協が解散(2015年2月8日) »

2015年2月 7日 (土)

「カール・アマデウス・ハルトマン:交響曲集」聴き比べ 〜 インゴ・メッツマッハー EMI 盤 vs. Challenge Classics SACD Hybrid 盤(交響曲第1番『レクィエムの試み』)

このエントリーは、http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-c442.htmlの続きです。

--

【参考4】

とりあえず、交響曲 第1番『レクィエムの試み』の歌詞対訳してみたが、悪い訳になってしまった。どなたか正しい訳をご教示下さい。宜しくお願いします。(KM)

カール・アマデウス・ハルトマン作曲 交響曲 第1番『レクィエムの試み』ウォルト・ホイットマンの詩に基づく (1948 rev. 1954 - 55) 歌詞対訳

==

【参考5】

幻想旅人團 後の祭り ←特にコレは参考になる

Hartmann:交響曲第1番/歌の情景*

============

【交響曲第1番『レクィエムの試み』】

コルネリア・カリッシュ(メゾ・ソプラノ)インゴ・メッツマッハー(指揮)より、キスマラ・ペッサーティ(アルト)マルクス・シュテンツ(指揮)の方が粗いが、後者の方が迫力ある。つまり、(前者も録音は良いが)後者は大音量で聴くと迫力あり、後者のキスマラ・ペッサーティ(アルト)の方が説得力ある歌唱をしていると思う。インゴ・メッツマッハーは、音楽的にまとまりのある指揮をする人である。それに対し、マルクス・シュテンツは、この交響曲第1番で、「爆演」型の指揮をしていると思う。

※「Challenge Classics 盤」は、複数の指揮者に、指揮を分担させたことが、成功していると思う。オケに問題なし。録音は、大音量で聴くに耐えるもの、すなわち、良好だと思います。

============

Metzmacher

Karl Amadeus Hartmann (1905-1963)
Symphonies 1 - 6 (2 CDs)
Bamberger Symphoniker
Ingo Metzmacher, conductor
EMI

【収録情報】

[CD 1]

Symphony No. 1 'Versuch eines Requiems' (1937 - 48)

1. I. Introduktion: Elend 2:57
2. II. Frühling 5:00
3. III. Thema mit vier Variationen 7:22
4. IV. Tränen 8:02
5. V. Epilog: Bitte 3:04

Cornelia Kallisch, mezzo-soprano
Recorded: 3, 6, 9-10 & 12.V.1995, Sinfonie an der Regnitz, Bamberg

--

6. Symphony No. 2 - Adagio für großes Orchester (1946 - 50) 15:27

Arno Bornkamp, saxophone
Recorded 29-30.IV.1996, Joseph-Keilberth-Saal, Bamberg

--

Symphony No. 3 (1948-49)

7. I. Largo ma non troppo - Allegro con fuoco (Virtuose Fuge) 16:12
8. II. Adagio (mit bewegtem Ausdruck) - Andante - Allegro Moderato - Andante - Adagio 14:06

Recorded 7-9.III.1994, Sinfonie an der Regnitz, Bamberg

--

[CD 2]

Symphony No. 4 For String Orchestra (1947)

1. I. Lento assai - Con passione 14:54
2. II. Allegro di molto, risoluto 10:39
3. III. Adagio Appassionato 7:22

Recorded 11-13.II.1993, Kulturraum, Bamberg

--

Symphony No. 5 - Sinfonia Concertante (1950)

4. I. Toccata (Lebhaft) 4:52
5. II. Meldoie 7:21
6. III. Rondo (Lustig - Sehr lebhaft) 3:53

Recorded: 23-24.VI.1995, Joseph-Keilberth-Saal, Bamberg

--

Symphony No. 6 (1951-53)

7. I. Adagio 10:42
8. II. Toccata variata. Presto - Allegro assai 12:05

Recorded: 5-7.IX-1995, Sinfonie an der Regnitz, Bamberg

Bamberger Symphoniker / Ingo Metzmacher
Recorded in cooperation with Bayerischer Rundfunk
Producers: Dr Michael Stille; Gerd Berg (EMI) & Friedrich Welz (BR)
Executive Producer: Wolfgang Schreiner (BR)
Balance engineer: Peter Quantrill for WLP Ltd.

============

Hartmann

Karl Amadeus Hartmann
Symphonies Nos. 1-8
Netherlands Radio Philharmonic Orchestra
Netherlands Radio Chamber Philharmonic
Gaffigan / Metzmacher / Poppen
Schønwandt / Stenz / Vänskä
Challenge Classics

【収録情報】

[CD 1]

Symphony No.1, ‘Versuch eines Requiems’ (1948 rev. 1954-55)
Whitman, Walt - lyricist

1. I Introduktion: Elend “Ich sitze und schaue aus” 3:19
2. II Frühling - “Als jüngst der Flieder blühte” 4:48
3. III Thema mit vier Variationen 7:32
4. IV Tränen - “In der Nacht der Einsamkeit” 7:43
5. V Epilog: Bitte - “Ich hörte die Allmutter” 2:48

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra,
Kismara Pessati, alto (1,2,4,5) Markus Stenz, conductor
Live recording 22 December 2012, Royal Concertgebouw Amsterdam

--

Symphony No.2, ‘Adagio’ (1945-1946)

6. Adagio 16:55

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - James Gaffigan, conductor
Live recording 26 January 2013, Royal Concertgebouw Amsterdam

--

Symphony No.3 (1948-1949)

7. Largo ma non troppo - Allegro con fuoco (Virtuose Fuge) 16:46
8. Adagio - Andante - Allegro moderato - Andante - Adagio 15:15

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - James Gaffigan, conductor
Live recording 22 September 2012, Royal Concertgebouw Amsterdam

total time 75:26

--

[CD 2]

Symphony No.4 (1947-1948)

1. I Lento assai - Con passione 14:47
2. II Allegro di molto, risoluto 9:19
3. III Adagio appassionato 6:41

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - Markus Stenz, conductor
Studio recording 12-14 November 2012,
Muziekcentrum van de Omroep Hilversum, Studio 5

--

Symphony No.5, ‘Sinfonia concertante’ (1950)

4. Toccata 4:47
5. Melodie 7:00
6. Rondo 4:01

Netherlands Radio Chamber Philharmonic - Michael Schønwandt, conductor
Studio recording 6-8 June 2012, Muziekcentrum van de Omroep Hilversum, Studio 1

--

Symphony No.6 (1951-1953)

7. I Adagio 13:23
8. II Toccata variata 12:01

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - Christoph Poppen, conductor
Live recording 11 May 2013, Royal Concertgebouw Amsterdam

total time 72:19

--

[CD 3]

Symphony No.7 (1957-1958)

1. I Introduction und Ricercare 9:16
2. II Adagio mesto cantanto e tranquillo
Finale: Scherzoso virtuoso 18:16

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - Osmo Vänskä, conductor
Live recording 12 January 2013, Royal Concertgebouw Amsterdam

--

Symphony No.8 (1960-1962)

3. I Cantilene 13:46
4. II Dithyrambe: Scherzo - Fuga 9:50

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - Ingo Metzmacher, conductor
Live recording 30 March 2013, Royal Concertgebouw Amsterdam

total time 51:19

« 調について | トップページ | JA全中会長 農協改革案受け入れ表明(2015年2月9日)/漁業者減少 10年間で18漁協が解散(2015年2月8日) »

ハルトマン, カール・アマデウス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

九鬼蛍です。リンクありがとうございます。こちらからのメール、届いてないようですので念の為コメントいたします(o^-^o)

九鬼蛍様

こんばんは

「節操のないクラシック音楽嗜好」の開設者KMです。

リンクの件、快諾して頂き、誠にありがとうございました。最近、私宛に、迷惑メールが1日平均、約700通ぐらい来るので、私の不注意で、九鬼蛍様の私への先のメール見落としていました。すみませんでした。

ハルトマン:交響曲全集、この新しい録音は、なかなか、いいです。私は気に入りました。ただし、コレが、九鬼蛍様のお気に召すかどうかは、わかりません。

私のブログ他、今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/58794798

この記事へのトラックバック一覧です: 「カール・アマデウス・ハルトマン:交響曲集」聴き比べ 〜 インゴ・メッツマッハー EMI 盤 vs. Challenge Classics SACD Hybrid 盤(交響曲第1番『レクィエムの試み』):

« 調について | トップページ | JA全中会長 農協改革案受け入れ表明(2015年2月9日)/漁業者減少 10年間で18漁協が解散(2015年2月8日) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ