« NHK スペシャル「シリーズ阪神・淡路大震災20年 第1回 大都市再生 20年の模索」(2015年1月17日放送)/たとえば(阪神・淡路大震災や東日本大震災のような大地震によって、まちが被災する前に)行政と住民が、まちの将来像を話し合っておくということが重要 | トップページ | 米国アマゾンにレビューを書く(コパチンスカヤのウストヴォーリスカヤ) »

2015年1月31日 (土)

カール・アマデウス・ハルトマン:交響曲全集 (3 SACDs) 前書き 【収録情報】

Hartmann

カール・アマデウス・ハルトマン(1905-63)作曲
「交響曲全集」
メッツマッハー、ヴァンスカ、シュテンツ、ショーンヴァント、ガフィガン、ポッペン、オランダ放送フィル (3 SACDs)
Challenge Classics

==========

【参考1】

アマゾンの先行レビューアーさん(投稿者 旅の途中さん)のレビューが参考になるので、下に一部引用する。

全部で8つの交響曲があり、初期の作品は、後期ロマン派のマーラーの作風に似ており、聴きやすいですね。CD2枚目に収録されている4〜6番は、どこかショスタコーヴィッチの作風に似ています。最後の7〜8番は、「新ウィーン学派」の系統を感じさせ、この変化が面白いです。Amazon.co.jp より

==========

【参考2】

 ナチの横暴を描く凶暴な音楽と女声による頽廃美(第1番)、バリトン・サックスが延々と東洋風なソロを吹いたり(第2番)、行進曲とフーガがアダージョに沈んでいったり(第3番)、強烈な弦楽合奏が不安をかきたてたり(第4番)、管楽アンサンブルとチェロバスによる協奏音楽で『春の祭典』を直接引用したり(第5番)フーガが打楽器まで交えて異常な迫力で盛り上がったり(第6番)、やはりフーガが多用され二重フーガや快速フーガも登場したり(第7番)、スケルツォが賑やかに炸裂したり(第8番)と、表現主義的濃厚さに彩られた作品群は、悲劇的な魅力を備えたものも多く、たいへん聴きごたえのある力作が揃っています。(HMV)

【収録情報】

Disc1

カール・アマデウス・ハルトマン:

● 交響曲第1番『レクィエムの試み』

 キスマラ・ペッサーティ(アルト)
 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 マルクス・シュテンツ(指揮)

 録音時期:2012年12月22日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

● 交響曲第2番『アダージョ』

 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 ジェイムズ・ガフィガン(指揮)

 録音時期:2013年1月26日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

● 交響曲第3番

 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 ジェイムズ・ガフィガン(指揮)

 録音時期:2012年9月22日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc2

● 交響曲第4番

 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 マルクス・シュテンツ(指揮)

 録音時期:2012年11月12-14日
 録音場所:ファン・デ・オンレープ・ヒルヴェルスム音楽センター、スタジオ5
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

● 交響曲第5番『協奏交響曲』

 オランダ放送室内フィルハーモニー管弦楽団
 ミカエル・ショーンヴァント(指揮)

 録音時期:2012年6月6-8日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

● 交響曲第6番

 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 クリストフ・ポッペン(指揮)

 録音時期:2013年5月11日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc3

● 交響曲第7番

 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 オスモ・ヴァンスカ(指揮)

 録音時期:2013年1月12日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

● 交響曲第8番

 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 インゴ・メッツマッハー(指揮)

 録音時期:2013年3月30日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO

(以上、HMV.co.jp より)

==========

【参考3】

Karl Amadeus Hartmann
Symphonies Nos. 1-8
Netherlands Radio Philharmonic Orchestra
Netherlands Radio Chamber Philharmonic
Gaffigan / Metzmacher / Poppen
Schønwandt / Stenz / Vänskä
Challenge Classics

【収録情報】

[CD 1]

Symphony No.1, ‘Versuch eines Requiems’ (1948 rev. 1954-55)
Whitman, Walt - lyricist

1. I Introduktion: Elend “Ich sitze und schaue aus” 3:19
2. II Frühling - “Als jüngst der Flieder blühte” 4:48
3. III Thema mit vier Variationen 7:32
4. IV Tränen - “In der Nacht der Einsamkeit” 7:43
5. V Epilog: Bitte - “Ich hörte die Allmutter” 2:48

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra,
Kismara Pessati, alto (1,2,4,5) Markus Stenz, conductor
Live recording 22 December 2012, Royal Concertgebouw Amsterdam

--

Symphony No.2, ‘Adagio’ (1945-1946)

6. Adagio 16:55

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - James Gaffigan, conductor
Live recording 26 January 2013, Royal Concertgebouw Amsterdam

--

Symphony No.3 (1948-1949)

7. Largo ma non troppo - Allegro con fuoco (Virtuose Fuge) 16:46
8. Adagio - Andante - Allegro moderato - Andante - Adagio 15:15

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - James Gaffigan, conductor
Live recording 22 September 2012, Royal Concertgebouw Amsterdam

total time 75:26

--

[CD 2]

Symphony No.4 (1947-1948)

1. I Lento assai - Con passione 14:47
2. II Allegro di molto, risoluto 9:19
3. III Adagio appassionato 6:41

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - Markus Stenz, conductor
Studio recording 12-14 November 2012,
Muziekcentrum van de Omroep Hilversum, Studio 5

--

Symphony No.5, ‘Sinfonia concertante’ (1950)

4. Toccata 4:47
5. Melodie 7:00
6. Rondo 4:01

Netherlands Radio Chamber Philharmonic - Michael Schønwandt, conductor
Studio recording 6-8 June 2012, Muziekcentrum van de Omroep Hilversum, Studio 1

--

Symphony No.6 (1951-1953)

7. I Adagio 13:23
8. II Toccata variata 12:01

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - Christoph Poppen, conductor
Live recording 11 May 2013, Royal Concertgebouw Amsterdam

total time 72:19

--

[CD 3]

Symphony No.7 (1957-1958)

1. I Introduction und Ricercare 9:16
2. II Adagio mesto cantanto e tranquillo
Finale: Scherzoso virtuoso 18:16

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - Osmo Vänskä, conductor
Live recording 12 January 2013, Royal Concertgebouw Amsterdam

--

Symphony No.8 (1960-1962)

3. I Cantilene 13:46
4. II Dithyrambe: Scherzo - Fuga 9:50

Netherlands Radio Philharmonic Orchestra - Ingo Metzmacher, conductor
Live recording 30 March 2013, Royal Concertgebouw Amsterdam

total time 51:19

(以上、当該商品のリーフレットより)

============

【参考4】

とりあえず、交響曲 第1番『レクィエムの試み』の歌詞対訳してみたが、悪い訳になってしまった。どなたか正しい訳をご教示下さい。宜しくお願いします。(KM)

カール・アマデウス・ハルトマン作曲 交響曲 第1番『レクィエムの試み』ウォルト・ホイットマンの詩に基づく (1948 rev. 1954 - 55) 歌詞対訳

============

【参考5】

幻想旅人團 後の祭り

Hartmann:交響曲第1番/歌の情景*

« NHK スペシャル「シリーズ阪神・淡路大震災20年 第1回 大都市再生 20年の模索」(2015年1月17日放送)/たとえば(阪神・淡路大震災や東日本大震災のような大地震によって、まちが被災する前に)行政と住民が、まちの将来像を話し合っておくということが重要 | トップページ | 米国アマゾンにレビューを書く(コパチンスカヤのウストヴォーリスカヤ) »

ハルトマン, カール・アマデウス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/58736247

この記事へのトラックバック一覧です: カール・アマデウス・ハルトマン:交響曲全集 (3 SACDs) 前書き 【収録情報】:

« NHK スペシャル「シリーズ阪神・淡路大震災20年 第1回 大都市再生 20年の模索」(2015年1月17日放送)/たとえば(阪神・淡路大震災や東日本大震災のような大地震によって、まちが被災する前に)行政と住民が、まちの将来像を話し合っておくということが重要 | トップページ | 米国アマゾンにレビューを書く(コパチンスカヤのウストヴォーリスカヤ) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ