« キム・カシュカシャンのヒンデミット | トップページ | index »

2014年9月24日 (水)

イトカ・ホスプロヴァーのヒンデミット

このエントリーは、http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-d49e.htmlの続きです。

==

Hosprova

Paul Hindemith (1895-1963)
Music for Viola
Jitka Hosprova, viola
Jitka Cechova, piano
Prague Chamber Orchestra
2014年録音
SUPRAPHON

【収録情報】

Sonata for Viola and Piano Op. 11 No. 4 (1919) [18:41]
01. I. Phantiasie ファンタジー [3:19]
02. II. Thema mit Variationen 主題と変奏 [4:31]
03. III. Finale (mit Variationen) フィナーレと変奏 [10:51]

Sonata for Viola Solo Op. 25 No. 1 (1922) [14:10]
04. I. Breit. Viertel 広がりをもって、四分音符(あるいは4分の4拍子) [1:59]
05. II. Sehr frisch und straff (Viertel) 非常に溌剌かつ張りつめて (四分音符)[2:03]
06. III. Sehr langsam 非常に遅く [4:36]
07. IV. Rasendes Zeitmaß. Wild. Tonschönheit ist Nebensache 疾走するテンポで。野性的に。音の美しさを気にせずに [1:32]
08. V. Langsam, mit viel Ausdruck 遅く、表情豊かに [3:59]

Sonata for Viola Solo Op. 11 No. 5 (1919) [20:10]
09. I. Lebhaft, aber nicht geeillt 生き生きと、しかし、急がずに [3:16]
10. II. Mäßig schnell, mit viel Wärme vorgetragen 速く、ただし節度をもって、大いに温かみをもって演奏すること [3:46]
11. III. Scherzo. Schnell スケルツォ、速く [3:28]
12. IV. In Form und Zeitmaß einer Passacaglia. Das Thema sehr gehalten パッサカリアの形式とテンポで、主題を大いに保って [9:35]

Trauermusik for Viola and String Orchestra (1936) [7:48]
13. I. Langsam. Lento 遅く、レント [3:38]
14. II. Ruhig bewegt. Poco mosso 静かな動きで、少し速く [0:46]
15. III. Lebhaft. Vivo 生き生きと、速く [1:18]
16. IV. Choral Vor deinen Thron tret ich hiermit. Sehr langsam. Largo コラール「われ汝の御座の前に進み出て」、非常に遅く、ラルゴ [2:05]

==

結論から言うと:
1
もしかしたら録音が新しいせいか、カシュカシャン盤よりホスプロヴァー盤の方が、ヴィオラらしい音が聞ける。特に、大音量で聞くと、ヴィオラの迫力が伝わってくる。とにかく、ホスプロヴァーが弾くヴィオラは、ド迫力がある。
2
カシュカシャンの繊細さに比べ、ホスプロヴァーは大味で粗い。だが、ホスプロヴァーが弾くヴィオラは、その「音量」「低音の豊かさ」、彼女の奏法における「鋭さ」「迫力ある重音」が良い。また「彼女のヴィオラの響きは、チェロっぽい」と思わせられるところが良い。しかし、コノアルバムは、彼女のデビュー盤「モノローグ〜20世紀チェコの無伴奏ヴィオラ作品集 ホスプロヴァー」に比べるとインパクトが弱いと思う。すなわち、彼女のデビュー盤のほうが、彼女の個性にマッチしていたと思う。

==

・第1曲「作品11の4」(1919年)
カシュカシャンより演奏時間が長い。そして、テンポの揺れが大きいようだ。
「モノローグ〜20世紀チェコの無伴奏ヴィオラ作品集 ホスプロヴァー」で書いた通り、ホスプロヴァーは手が大きく指が長い。ソノこと(彼女のヴィオリストとしての有利な点)を含め、彼女のビブラートのかけ方、音量、テンポの揺れなどにより、彼女はヴィオラの特性を生かしていると思う。そして、このソナタ「作品11の4」の冒頭の響きはチェロっぽいと言ってもいいかも知れない・・・私は、そう思う。ソレは私の好みに合う。

・第2曲「作品25の1」(1922年)
第2楽章『III. Sehr langsam 非常に遅く [4:36]』および第5楽章『V. Langsam, mit viel Ausdruck 遅く、表情豊かに [3:59]』(いずれもテンポが遅い楽章):カシュカシャンより演奏時間が短い。それらの楽章は、ホスプロヴァーもまた朗々と弾いているのだが、《痛切さ》の表現においてはカシュカシャンのほうが繊細。
第4楽章『IV. Rasendes Zeitmaß. Wild. Tonschönheit ist Nebensache 疾走するテンポで。野性的に。音の美しさを気にせずに [1:32]』:その指示の通り、ホスプロヴァーは、音の美しさを気にせずにアクロバティックに疾走している。カシュカシャンの同楽章も迫力あるが、ホスプロヴァーのほうが、より荒々しく、より超絶技巧を感じさせる。

※両者の技巧は拮抗していると思うが、演奏法は、ホスプロヴァーのほうが技巧に重きを置いているように思える。

・第3曲「作品11の5」(1919年)
第4楽章「パッサカリア」:カシュカシャンより演奏時間が短い(カシュカシャンの10分59秒に対し、ホスプロヴァー9分35秒)。ホスプロヴァーは技巧に走っている。一方、カシュカシャンの演奏は、流れが良くしかも堂々たるパッサカリア。<すなわち、その点で、ホスプロヴァーのパッサカリアは、カシュカシャンのそれに負けると思う。
よく聞いてみたら、このパッサカリアの冒頭は、第1楽章の冒頭と同じ音形である(もしかしたら、このソナタ全体が、同一モチーフに基づいているのかも知れない)。

・第4曲「ヴィオラと弦楽合奏のための葬送音楽」(1936年)
第1曲と同様、おおらか、あるいは、自然体。
最終楽章はバッハのコラール「われ汝の御座の前に進み出て(BWV 668)」の「和声(harmonisation)」を引用している。

【参考/ユーチューブ】
J.S. Bach - BWV 668 - Vor deinen Thron tret' ich hiermit

« キム・カシュカシャンのヒンデミット | トップページ | index »

ヒンデミット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/57457332

この記事へのトラックバック一覧です: イトカ・ホスプロヴァーのヒンデミット:

« キム・カシュカシャンのヒンデミット | トップページ | index »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ