« 昨日、私の iMac の内蔵 HD がクラッシュ。全データが失われた | トップページ | ホワイトアルバムのリマスター盤 »

2014年8月 8日 (金)

チン・ウンスク(陳銀淑)作曲「ロカナ、ヴァイオリン協奏曲」「ピアノ協奏曲、チェロ協奏曲、笙のためのSu」

Unsuk_chin2

Unsuk Chin (1961- )
Rocaná (2008)
Violin Concerto (2001)

Orchestre symphonique de Montréal
Kent Nagano
Viviane Hagner, violin
Recorded 2008

【収録情報および演奏時間】

Rocana (Room of light) 20:57

Violin Concerto
Movement I 10:10
Movement II 7:14
Movement III 3:26
Movement IV 6:08

--

1961年ソウル生まれの女性作曲家なので、応援したいのだが、ダメだ。

・ロカナ(Rocana)
管弦楽曲。内容がない。インパクトない。
弦のクラスタを伴う前奏から、金管のフォルテと打楽器の掛け合いへ。後者が約21分続く。途中、静かな部分があるが(6分44秒あたりなど)《発想》に乏しく、モヤモヤして、ディテールも全体像も見えない。明快さがない。コントラストがない。何を言いたいのかわからない。アイデアがない。コンセプトもない。半端な作品だと思う。

・ヴァイオリン協奏曲
4楽章からなり、一応、第1楽章「イントロ〜急」第2楽章「緩」第3楽章「スケルツォ」第4楽章「急」からなる、ようだ。
第1楽章は静かに始まり、次第に速くなる。それはヴァイオリン独奏に導かれたある種の変奏に聞こえる。第2楽章は、東洋音楽を思わせる。そのような技法を用いながらも、この作品もまた「核」がない。上記「ロカナ」と同様、音楽がリスナーの記憶に残らない。

・まとめ
上記の作品は、つかみ所がない。流れが見えにくい。かと言って、『作品の流れがわかるまで何度も聴こう』という気になれない。
遅いテンポも速いテンポも美しくない。静も動も美しくない。

彼女は、音作りが下手だと思う。半端な小細工が作品全体を貫いている。おそらく、デュティユー、バーンスタイン、ストラヴィンスキーその他、諸々からの借り物。それの寄せ集め。物真似。

例えば、デュティユーを真似ながら、コンセプトやアイデアやセオリーを忘れている。オーケストレーション、独奏(ヴァイオリン)は技巧に走り、それらの「色」が見えない。

要するに彼女の欠点は、音楽の展開の中で『ココは美しい』と思わせる箇所がないこと。それともう一つ、言葉は悪いが、彼女の音楽はマスターベーションだ。チン・ウンスクは自分の世界の中で遊んでいるようだ。

==

Unsuk_chin_1

UNSUK CHIN
Three Concertos

Piano Concerto (1996/1997)
Cello Concerto (2008/2009, rev. 2013)
Su for sheng and orchestra (2009)

Sunwook Kim, piano
Alban Gerhardt, cello
Seoul Philharmonic Orchestra
Myung-Whun Chung
Recorded 2014

【収録情報および演奏時間】

Piano Concerto
Movement I 4:07
Movement II 9:05
Movement III 4:53
Movement IV 4:37

Cello Concerto
Movement I, "Aniri" 9:48
Movement II 2:57
Movement III 8:06
Movement IV 7:16

Su for sheng and orchestra 21:19

--

・ピアノ協奏曲
第1楽章冒頭から激しいミニマルが聞こえる。この曲は、昔のロックミュージシャン、キース・エマーソン(タルカス)を思わせる。4つの楽章は、おおまかに急-緩-緩-急からなり技巧的な作品である。しかし、テクスチュアもアンサンブルも美しくない。
ただし、大音量で聴くと迫力ある・・・ソウルフィルハーモニック(Seoul Philharmonic)が頑張っていると思う。このアルバムにおけるソウル・フィルは上手い。何十年経っても上手くならないN響は完全に負けてる。

・チェロ協奏曲
(冒頭の独奏チェロのレチタティーヴォなど)デュティユーのチェロ協奏曲「遥かなる遠い国へ」に似ている。というか、真似している? 第1楽章は「変イ」の音の持続が楽章を支えている(チンはもしかしてその手法が好きなようだ。しかし、この曲に限らずそれが効果的に聞こえたことはない)。
第2、3、4楽章の「熱演」「激しさ、迫力」「独奏チェロの技巧」それらは被献呈者 Alban Gerhardt によるもの。その熱演は充実している。でも、コノ曲もテクスチュア、アンサンブルは・・・美しくない。

・笙とオーケストラのための『Su』
リーフレットに『Su』は「空気のシンボル」とある(ハングルで、「슈」と書く。多分、シューと読む)。「笙」を扱った日本の作曲家の作品を聞いたことあるけど、それは静謐だった。チンのそれは静謐ではない。リーフレットに「sheng - a mouth organ」とある。小型オルガン並の音量、オケの激しい音量に負けない。
この曲において、もっと民族色を前面に押し出してほしかった。
この曲は、グバイドゥーリナの「In Croce」に雰囲気が似てると思う。

とにかく、ありきたりな言い方だが、チンの作品はワンパターン。独創性に欠ける。すなわち過去の作曲家の作品の物真似。そして気まぐれ。チン・ウンスクはたしかに自分の世界の中で遊んでいるようだ。だが、彼女に《自分らしさはない》。
このアルバムは、オケと独奏者が熱演している。大音量で聞くに〈たえる〉演奏。迫力ある演奏。そして、作曲者と指揮者・演奏者のコラボレーションがうまく行っている演奏、かも知れない、が、コレは美しい演奏だ、とは、私は思わない。

« 昨日、私の iMac の内蔵 HD がクラッシュ。全データが失われた | トップページ | ホワイトアルバムのリマスター盤 »

チン, ウンスク(陳銀淑)」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/57024998

この記事へのトラックバック一覧です: チン・ウンスク(陳銀淑)作曲「ロカナ、ヴァイオリン協奏曲」「ピアノ協奏曲、チェロ協奏曲、笙のためのSu」:

« 昨日、私の iMac の内蔵 HD がクラッシュ。全データが失われた | トップページ | ホワイトアルバムのリマスター盤 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ